信濃路ひとり

この曲の表示回数 15,066
歌手:

原田悠里


作詞:

仁井谷俊也


作曲:

伊藤雪彦


ひとつの恋が 終わるとき
おんなは旅に 出るのでしょうか
信越本線(せん)で 小諸(こもろ)まで
千曲川(ちくま)の流れ 見ています
こんなに遠く 離れても
逢いたいこころが 乱れます
あゝ 風の中 振り向けば
やさしいあなたの 想い出ばかり…

おんなは愛の その深さ
別れたあとで 知るのでしょうか
あなたのいない 蓼科(たてしな)は
寂しさだけが 肩を抱く
黄昏色の 湖に
こぼした涙は 誰のため
あゝ 出来るなら 白樺(しらかば)の
小径(こみち)をふたりで 歩きたかった…

窓辺に頬を 押しあてて
倖せ指で なぞる夜
お酒に酔って 眠ったら
明日(あした)は東京へ 帰ります
あゝ 星の降る 八ヶ岳(やつがたけ)
あなたが恋しい 信濃路ひとり
icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:信濃路ひとり 歌手:原田悠里

原田悠里の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2003-06-04
商品番号:KICM-8005
キングレコード

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP