歌詞を

ヘルプ

藤島桓夫の歌詞一覧リスト

16 曲中 1-16 曲を表示
2020年9月18日(金)更新
並び順:
全1ページ中 1ページを表示
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 歌い出し
アンコなぜ泣く藤島桓夫松村又一遠藤実燃える三原の御神火眺め
大阪みれん藤島桓夫高橋直人花笠薫滲む灯りがこぼれて揺れる
お月さん今晩は藤島桓夫松村又一遠藤実こんな淋しい田舎の村で
思い川藤島桓夫星野哲郎船村徹寒いでしょうねふるさとは
帰って来たぜ藤島桓夫杉紀彦岸本健介何年ぶりだろ故郷の夕陽出迎え
かえりの港藤島桓夫豊田一雄豊田一雄島へ寄らずにこのままゆこか
さよなら港藤島桓夫豊田一雄豊田一雄錨をあげて船は離れて行くよ
凧凧あがれ藤島桓夫松村又一遠藤実村の噂がつらいなら飛んで
たった一言なぜ云えぬ藤島桓夫小池青磁小池青磁雨の銀座の街角でわざと
小さな喫茶店藤島桓夫瀬沼喜久雄レイモンド服部それは去年のことだった星の
月の法善寺横丁藤島桓夫十二村哲飯田景応庖丁一本さらしに巻いて
嫁ぐ娘に藤島桓夫佐藤信・加藤登紀子加藤登紀子小さかったお前がいつの間にか
のれん藤島桓夫ふかせかずを四方章人花ののれんに夢が咲きおまえが
初めて来た港藤島桓夫豊田一雄豊田一雄初めて来たこの港たった短い
波止場気質藤島桓夫島田磬也飯田景応別れ惜しむな銅鑼の音に沖は
村の駐在所藤島桓夫松井由利夫原六郎村のな村の駐在所に若い

藤島 桓夫(ふじしま たけお、1927年9月18日 - 1994年2月1日)は大阪府大阪市西成区出身の演歌歌手。本名:坂本義明。愛称はオブさん。藤島恒夫と表記されることがあるが誤り。鼻から頭の先に抜けるような独特の高音と渋みのある低音を織り交ぜた歌唱、粋なマドロス姿や着流し姿で多くのファンに愛された。 wikipedia