永井みゆきの歌詞一覧リスト  68曲中 1-68曲を表示

並び順: []
全1ページ中 1ページを表示
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 歌い出し
秘螢新曲長谷寺のあまた咲く永井みゆきたかたかし弦哲也長谷寺のあまた咲く
阿賀町ひとり新曲どんなに月日が過ぎようと永井みゆき麻こよみ桧原さとしどんなに月日が過ぎようと
愛縁坂春夏秋冬風受けて永井みゆき砂川風子弦哲也春夏秋冬風受けて
愛がこわいのはじめて逢った逢ったその日から永井みゆきたかたかし檜原さとしはじめて逢った逢ったその日から
愛に恋別れはすませたひとだから永井みゆきたかたかし弦哲也別れはすませたひとだから
愛を一輪そよ風に揺れている永井みゆき及川眠子山口美央子そよ風に揺れている
あじさい挽歌あなたを愛した夏がゆき永井みゆきたかたかし弦哲也あなたを愛した夏がゆき
あなたの北国へ北の街では桜が咲いたと永井みゆきたかたかし平尾昌晃北の街では桜が咲いたと
雨おんなあなたに注がれて飲んだ日の永井みゆきたかたかし伊藤雪彦あなたに注がれて飲んだ日の
雨椿あなたあなたあなたの永井みゆき三浦康照深谷昭あなたあなたあなたの
雨の越後路紅いホタルの提灯ふたつ永井みゆきたかたかし弦哲也紅いホタルの提灯ふたつ
雨の木次線あなた忘れるはずなのに永井みゆき佐藤史朗弦哲也あなた忘れるはずなのに
雨の酒場窓に汽笛がしぐれる夜は永井みゆきたかたかし伊藤雪彦窓に汽笛がしぐれる夜は
荒川峡から赤いコートの女がひとり永井みゆきたかたかし弦哲也赤いコートの女がひとり
うず潮海峡は春盛り光りの粒が永井みゆきたかたかし弦哲也海峡は春盛り光りの粒が
江戸三景 えー、じれったい桜見物ご新造さんは永井みゆきたかたかし弦哲也桜見物ご新造さんは
応援歌でヨイショ!とーんとご無沙汰 ご贔屓様よ永井みゆきたかたかし岡千秋とーんとご無沙汰 ご贔屓様よ
大阪恋あかり桜ヒラヒラ花びら追いかけて永井みゆき建石一徳久広司桜ヒラヒラ花びら追いかけて
大阪すずめGOLD LYLICおしゃべり夜風に誘われながらGOLD LYLIC永井みゆきたかたかし弦哲也おしゃべり夜風に誘われながら
大阪慕情水に七色ネオンの街は永井みゆきたかたかし弦哲也水に七色ネオンの街は
大阪やどり人の運命の綾見るように永井みゆき坂口照幸岡千秋人の運命の綾見るように
お龍恋唄京都はいまごろ雪ふる頃か永井みゆき牧島功弦哲也京都はいまごろ雪ふる頃か
お別れ終列車好きになるんじゃなかったと永井みゆきたかたかし伊藤雪彦好きになるんじゃなかったと
おんな泣き港船を乗り継ぎ噂を追って永井みゆき麻こよみ徳久広司船を乗り継ぎ噂を追って
女のお酒あなた追いかけ降り立つ駅は永井みゆきかず翼水森英夫あなた追いかけ降り立つ駅は
女の時計氷雨が窓に降る夜は永井みゆきたかたかし弦哲也氷雨が窓に降る夜は
かざぐるまお母さんに買ってもらった永井みゆき森川ゆう水森英夫お母さんに買ってもらった
吉備路ひとり罪な恋だと知りながら永井みゆき麻こよみ徳久広司罪な恋だと知りながら
希望の星言い訳ばかりがめだちます永井みゆきたかたかし橋本くにたか言い訳ばかりがめだちます
恋心花の蕾が雨にぬれ紅もほんのり永井みゆきたかたかし猪俣公章花の蕾が雨にぬれ紅もほんのり
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 歌い出し
恋して大丈夫惚れたはれたの一言で永井みゆき及川眠子山口美央子惚れたはれたの一言で
恋路ヶ浜風がひゅるひゅるこの胸永井みゆき仁井谷俊也四方章人風がひゅるひゅるこの胸
恋する大阪銀杏並木に噂のつばめが飛んで永井みゆきたかたかし水森英夫銀杏並木に噂のつばめが飛んで
恋花火誰かの身代わりそれもいい永井みゆき下地亜記子弦哲也誰かの身代わりそれもいい
恋岬凍える指に息をふきかけ永井みゆきたかたかし岡千秋凍える指に息をふきかけ
笹川流れ背いた貴方を恋しがる弱さ永井みゆき木下龍太郎岡千秋背いた貴方を恋しがる弱さ
しあわせさんひとりぼっちの淋しさに涙永井みゆき麻こよみ弦哲也ひとりぼっちの淋しさに涙
しあわせ岬しあわせになりたいなァ永井みゆきたかたかし岩久茂しあわせになりたいなァ
しぐれ舟宿飲ませてごめんと言うあなた永井みゆき石本美由起弦哲也飲ませてごめんと言うあなた
信濃路の雨恋を失くした女はなぜか永井みゆきかず翼弦哲也恋を失くした女はなぜか
志摩の夕波誰を探して啼く浜千鳥啼けば永井みゆきかず翼水森英夫誰を探して啼く浜千鳥啼けば
地吹雪情話初めて履いたカンジキに永井みゆき木下龍太郎岡千秋初めて履いたカンジキに
蛇の目小紋の女小雨がふるふるふる永井みゆきたかたかし平尾昌晃小雨がふるふるふる
十九の港岬はるかに船がゆく永井みゆきたかたかし弦哲也岬はるかに船がゆく
洲崎みれん胸の寒さか恋しさなのか永井みゆき波丘ひろし徳久広司胸の寒さか恋しさなのか
すみれ草今日から俺のおまえだと永井みゆき仁井谷俊也四方章人今日から俺のおまえだと
だんじりの女房浜風吹くたび稲穂も揺れて永井みゆき紙中礼子弦哲也浜風吹くたび稲穂も揺れて
つぐみ夏至を過ぎれば鳴かなくなる永井みゆきいとう彩岡千秋夏至を過ぎれば鳴かなくなる
菜の花恋唄情けの深さと気風よさ永井みゆき波丘ひろし徳久広司情けの深さと気風よさ
涙の終列車別れせつない夜汽車の窓に永井みゆきたかたかし徳久広司別れせつない夜汽車の窓に
鳴り砂の女逃げてきました棄ててきました永井みゆき建石一徳久広司逃げてきました棄ててきました
花かげろう空の徳利に待宵草を一輪挿した永井みゆき森坂とも弦哲也空の徳利に待宵草を一輪挿した
はまなす旅情はまなす咲いてる知床の永井みゆきたかたかし四方章人はまなす咲いてる知床の
ひと月に一度は幸せあげるよと私を見つめて永井みゆき合田道人桧原さとし幸せあげるよと私を見つめて
ひとり大阪頬を優しく濡らすのは雨も吐息の永井みゆき坂口照幸岡千秋頬を優しく濡らすのは雨も吐息の
ふたり秋日和仲のいい夫婦を世間では永井みゆきたかたかし弦哲也仲のいい夫婦を世間では
ふるさと館山さざ波寄せる鏡ヶ浦の永井みゆき波丘ひろし畠山由紀夫さざ波寄せる鏡ヶ浦の
触れもせず淡くほのかに触れもせず永井みゆきたかたかし弦哲也淡くほのかに触れもせず
ほの字だね昔恋しい深川は江戸の気分が永井みゆきたかたかし弦哲也昔恋しい深川は江戸の気分が
微笑みさがし都会のくらしに心がやせて永井みゆきたかたかし弦哲也都会のくらしに心がやせて
本気たった一日逢うために永井みゆき麻こよみ岡千秋たった一日逢うために
街角の歌花咲く春も凍てつく冬も永井みゆき志賀大介弦哲也花咲く春も凍てつく冬も
港でひとりかもめなぜ鳴く波の上永井みゆきたかたかし弦哲也かもめなぜ鳴く波の上
夫婦花あかりひょんなことからひとの縁永井みゆき坂口照幸岡千秋ひょんなことからひとの縁
夕月の恋どうぞ私に下さいますか長い一生永井みゆき坂口照幸岡千秋どうぞ私に下さいますか長い一生
夢ごよみあなたの胸に抱かれると春の永井みゆきたかたかし岡千秋あなたの胸に抱かれると春の
よさこい時雨酒の優しさぬくもり借りて永井みゆき下地亜記子水森英夫酒の優しさぬくもり借りて
りんどうの雨好きと言われて傘の中永井みゆきたかたかし弦哲也好きと言われて傘の中
全1ページ中 1ページを表示

リアルタイムランキング

  1. Habit
  2. ミックスナッツ
  3. 裏町
  4. ロミエット
  5. 長編歌謡浪曲 元禄花の兄弟 赤垣源蔵

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照

注目度ランキング

  1. ダンスホール
  2. ブルーアンビエンス (feat. asmi)
  3. Plan B (Funk'n'Bass mix)
  4. 君を想う
  5. Apple (Pandora Ver.)

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照