試聴する

洲崎みれん

この曲の表示回数 2,104
歌手:

永井みゆき


作詞:

波丘ひろし


作曲:

徳久広司


胸の寒さか 恋しさなのか
夜汽車に揺られて 館山駅(たてやま)に
燈台灯かり 靄(もや)のなか
酔えば 酔えば 洲崎みれん
あの日泊まった 舟宿で
ひとり手酌で 呑んでます

惚れているから 諦められず
はまゆう一輪 差して待つ
霧笛の帯が 沁みるよな
追えば 追えば 洲崎みれん
いつか逢える日 祈るよに
風につぶやく おんなです

空は時雨れて 面影濡れて
想い出数えりゃ またなみだ
蛇の目の傘に 身を寄せて
泣けば 泣けば 洲崎みれん
募る想いを 抱きしめて
明日の潮路に 託します
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:洲崎みれん 歌手:永井みゆき

永井みゆきの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2018-05-16
商品番号:TECA-13840
テイチクエンタテインメント

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP