試聴する

学校の先生

この曲の表示回数 59,562
歌手:

坂上二郎


作詞:

山上路夫


作曲:

大川光久


みなさん、このたびこのクラスをうけもつことに
なりました坂上です。仲良くやりましょう……。

小さな町の 中学校に
はじめて来たのは 春のこと
あれからいくたび 校庭に
桜の花は 咲いたろう
教えた子供は 数え切れない

安江は、生徒会費もなかなかはらえない
貧しい家の子供でした。
秋の遠足の時でしたが、私は安江のために
お菓子を少し買っていったことがあります。
彼女はお菓子の袋を持って目にいっぱいの涙を
ためておりました。いまも忘れておりません。
しかし今は元気に工場につとめ夜は定時制高校に通って
いる安江「生きていることは楽しい」と
この間来た彼女の手紙に書いてありました。

生まれた時は 誰でも同じ
裸で産声 あげるのに
子供の時から それぞれに
違った道を 歩きだす
私の力じゃ どうにもできない

孝夫は非行少年でした。
悪い仲間と付き合って 学校にも
なかなか出て来ませんでした。
私も 何度か説教しましたが
聞くような子じゃありません。
ところがある日 彼が何人かの少年にかこまれて
喧嘩しているところに出合いました。
私は孝夫をかばいましたが、
映画のようにかっこよくはいきません。たちまち少年たちに、
なぐられたりけられたりして、私はのびてしまいました。
「先生、あんまりかっこつけるんじゃねぇよ」
孝夫はそう云って私に肩をかしながら
家まで送ってくれました。
それからです。孝夫と仲良くなったのは。
今でも時々家に遊びに来ます。
運送会社につとめているそうです。

小さな町の 中学校に
いつしか月日は 流れゆく
今年も近づく 卆(そつ)業が
螢の光に 送られて
巣立ってゆくだろ 教え子たちが

洋子(ひろこ)という子は大変頭の良い子でしたが早く死にました。
結婚をして別れた子もいます。酒場づとめをしている子
もいます。大学受験を三回も失敗した子もいます。
どうも幸せな子より不幸(ふしあわせ)な子の方が、
よくおぼえているようです。
考えてみると、人間ていう奴は、誰だって多かれ少なかれ
不幸を背負って生きているようです。
より良い明日を願って一生懸命生きているもののようです。
みんな負けるなよ、みんな負けるなよ……と、
私はそっと呟くだけです。
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:学校の先生 歌手:坂上二郎

坂上二郎の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2011/06/29
商品番号:MHCL-1918
ソニー・ミュージックダイレクト

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP