なぁ…友よ

この曲の表示回数 12,641
歌手:

坂上二郎


作詞:

石本美由起


作曲:

水森英夫


旅の夕陽の 淋しさは
旅で 暮らして わかるもの
母と別れた 秋の駅
野菊は今も 咲いてるだろうか
軒端雀は 鳴くだろか
あゝある里は なぁ…友よ
遠く 離れて 忍ぶもの……。

緑 したゝる 山峡の
川の流れに 光る水
幼馴染の あの女は
嫁いで 母に なってるだろか
今の暮らしは 幸せか
あゝある里は なぁ…友よ
風に 思い出 唄うもの……。

子供 育てゝ 生き抜いて
人は 昔を 振り返る
俺を いつでも 励ました
千年杉は 親父のように
夢を 待てよと 繁るだろ
あゝある里は なぁ…友よ
独り 瞼に 描くもの……。
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:なぁ…友よ 歌手:坂上二郎

坂上二郎の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP