幻を止めて

この曲の表示回数 8,307
歌手:

徳永英明


作詞:

秋谷銀四郎


作曲:

徳永英明


ああ 夢だよと
今 いいきかせて
そう 嘘だよと
ただ つぶやいても

帰りたくないと
とまどってみても
決めるのは 君だから

ふたり 夕暮れの渚で
出会った 予感のままに
君は 濡れた髪のままで
女神の姿をしてた 幻

夢を 重ねては眠った
最後の 言葉をかくし
君の ひそやかな寝顔に
確かな時間の 吐息さがした

幻を止めて
幻を止めて

ふたり 理由(わけ)のある恋でも
離しは しないさずっと
胸に つかまえて抱いたら
にじんだ涙もやがて乾く
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:幻を止めて 歌手:徳永英明

徳永英明の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2003-02-27
商品番号:UMCK-1128
ユニバーサルJ

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP