恋岬

この曲の表示回数 1,501
歌手:

永井みゆき


作詞:

たかたかし


作曲:

岡千秋


凍える指に 息をふきかけ
待てば岬の 燈台(ひ)がともる
好きでひと秋、
待ってふた秋…‥
投げてもあなたに とどかない
胸の想いに 泣けてくる

都会の水に あなたは慣れて
羽根をのばして いるのでしょう
待ってひと秋、
泣いてふた秋…‥
恋する心の おろかさで
あなただけしか 見えません

季節が来たら 渡り鳥さえ
海峡(うみ)を渡って 帰るのに
泣いてひと秋、
痩せてふた秋…‥
着物の袂を 手でおさえ
しぼる涙が 雪になる
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:恋岬 歌手:永井みゆき

永井みゆきの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1997/11/01
商品番号:SRCL-4109
ソニー・ミュージックレコーズ

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP