西條キロク作曲の歌詞一覧リスト  53曲中 1-53曲を表示

全1ページ中 1ページを表示
53曲中 1-53曲を表示
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
他人ばかりの東京でおおい大輔おおい大輔池田充男西條キロク他人ばかりの 東京で あかりひとすじ 見えてきた 赤い提燈(ちょうちん) ゆきずり酒場 おちょこ一杯 のみほして おまえにっこり おまえにっこり 笑ったなァ  上着かぶって 駆けぬけた 雨の夜みちを 忘れまい 俺とゆくのか 覚悟はいゝか なにもやれない そのかわり いのちひろげて いのちひろげて 守りきる  もえて十日の 恋じゃない 契りかわした 人生さ 二年がまんの この冬越せば 春だ 春だよ その春に でかく咲かせる でかく咲かせる ふたり花
夜霧船・泊り船おおい大輔おおい大輔池田充男西條キロク泣いて おんなは 行くなとひきとめる 旅をいそぐ男は ほそい指をはらう 夜霧船 泊り船 わかれ港町 けんかしたって 男とおんな 波止場通りを ホテルに消えてゆく  赤いコートで ヒールの高い靴 ギターケース片手に ぬれた影がふたつ 夜霧船 泊り船 恋の港町 俺もあのころ 死ぬ気でほれて 陸(おか)にかえれず わかれた女(やつ)がいる  霧笛 よぶなよ 呼ばれりゃ辛くなる 海をすてた俺だぜ みれんなどないが 夜霧船 泊り船 むせぶ港町 はなし 上手(じょうず)な おんながいたら 酒がのみたい 今夜は唄いたい
むさし野恋唄朝倉由美子朝倉由美子井上敏夫・補作詞:円香乃西條キロク小さな冬の 陽だまりで 春を待ってる 福寿草 ついておいでと 上水小橋(じょうすいこばし) 優しい指に すがりつく 乱されて ああ… このまま乱されて 燃えて むさし野 恋の道  二人で ずっと 寄り添って 夢のほとりを 歩きたい 指をからめて ふれあい橋を 渡れば春が 見えますか 流されて ああ… このまま流されて ほろり むさし野 なみだ道  むすんだ指の ぬくもりも きっと いつかは 消えてゆく 茜 暮れゆく 九道(くどう)の辻は 女の愛の 捨て場所ね 恋しくて ああ… それでも恋しくて ゆらり むさし野 迷い道
紅桜真咲よう子真咲よう子水木れいじ西條キロク大丈夫よ あなたなら きっといいこと 待ってると 生きる元気を くれるやつ おまえひとりさ おまえだけ―― 抱けばほんのり ほほ染める 俺の花だよ おまえは紅桜  淋(さみ)しい日は 月見酒 ツキのない夜は 祭り唄 いつも人情(なさけ)で 酔わせたね おまえひとりさ おまえだけ―― どんな時でも その笑顔 俺が守るよ おまえは紅桜  これからです 人生は 言って無邪気に またはしゃぎ 明日(あす)の灯(あか)りを ともすのか おまえひとりさ おまえだけ―― 春よ倖せ つれて来い 俺の花だよ おまえは紅桜
藤十郎の恋鏡五郎&真木柚布子鏡五郎&真木柚布子下地亜記子西條キロク聞いてくだされ この胸のうち 秘めて幾年(いくとせ) せつない恋よ 女心に 火をつけ燃やす 甘い言葉の 愛しさ憎さ 鴨川(かも)の川風 祇園の夜風 嘘が彩(いろど)る 恋ざんげ  お梶どの 嘘や偽りで この様なことが打ち明けられようか… わしが二十歳、そなたが十六の祇園祭の夜 出会(でお)うた時から 一日も忘れた日はない 心が焼けるように 恋焦がれていたのじゃ… この想い 哀れと思うてくだされ…のう お梶どの… 藤十郎様…それはみな本心かえ あなたは京歌舞伎 当代随一の 誉れも高い立役者。それが人妻の私のような者を好いて下さるとは… あぁ…でも それが真実(まこと)ならば 梶は三国一の果報者…嬉しゅうございます…  人目逃れの 離れの座敷 女泣かせの 偽(いつわ)り芝居 妻という名も 操(みさお)も捨てて ついてゆきたい 地獄へなりと そっと吹き消す 絹行燈(きぬあんどん)よ 闇に溶けゆく 恋ざんげ  あ…許して下され 不義密通は天下のご法度。 とんでもない事を言うてしまった… 心の奥に隠して 耐えて忍んできたものを…忘れて下され お梶どの… 何を今更 もう私の心は後戻りできませぬ たとえ水火(すいか)の苦しみも 死出の三途の道なりと 梶は藤十郎様とならば厭(いと)いませぬ… どうぞ抱いてくださりませ…  芸のためなら命もかける 恋もしかける 涙も流す たとえ嘘でも 恨みはしない 夢の一夜(ひとよ)が 冥途(めいど)の土産(みやげ) 響く拍子木(ひょうしぎ) 散る夕ざくら 罪な花道 恋ざんげ
おしどり道中鏡五郎&真木柚布子鏡五郎&真木柚布子下地亜記子西條キロク富士のお山が 雪白粉(ゆきおしろい)で 笑って見送る 東海道 好きなあなたと 手に手を取って お伊勢参りの 青い空 相惚(あいぼ)れ おか惚れ ひと目惚れ おしどり道中 えェ…ふたりづれ  三保(みほ)の松原(まつばら) 潮風うけて 輪を描くトンビも 夫婦旅 波の華散る 遠州灘の 沖に白帆(しらほ)の 船が行く 相惚れ おか惚れ ひと目惚れ おしどり道中 えェ…ふたりづれ  長脇差(どす)じゃ斬れない 絆の糸を 心に結べば 春の風 虹がまたいだ 天竜川に 唄が流れる 花が咲く 相惚れ おか惚れ ひと目惚れ おしどり道中 えェ…ふたりづれ
人生勝負!!おおい大輔おおい大輔すずき信子西條キロク金は天下の 回りもの 明日(あした)の夢は 掴(つか)むもの 七つ転んで 八つで起きる 世間知らずで 不器用だけど 真心(まごころ)ひとつ 絆を深め 俺は世間に 勝負をかける  人生舞台 花も咲く 肩書(かたがき)よりも 心意気 騙されやすい お人好しでも たった一度の 人生ならば 我慢辛抱 運命(さだめ)を越えて 俺は世間に 勝負をかける  笑顔と涙 沁み込んだ 苦労は夜明け 朝日(ひ)の光 裸ひとつで 歩いた人生(みち)は 意地と根性の 幸福(しあわせ)街道 待ってましたと 決めての出番 俺は世間に 勝負をかける
君に幸せあげたい俺さおおい大輔おおい大輔すずき信子西條キロクやっと逢えたね 逢いたかったよ 涙浮かべて 笑顔を見せる そんなおまえが 愛しいよ 過去を忘れて 出直すふたり 君に幸せ あげたい俺さ  二度とこの手を 離しはしない 夢の終わりに 別れて泣いた 未練(みれん)断(た)ち切(き)る 雨(あめ)の夜(よる) あの日恨まず 信じた心 君に幸せ あげたい俺さ  決(き)めたおまえに 散(ち)るまで一緒(いっしょ) 少し遅れた 花咲く季節 いのち燃やして 惚れてます 泣くも人生 笑うも人生 君に幸せ あげたい俺さ
海峡つばめ服部浩子服部浩子たきのえいじ西條キロク霧に隠れて 行く船の 波が別れの 文字になる 追えばあなたを 苦しめる 思い切るには 辛すぎる 耐える私の 身がわりに 鳴いて悲しい 海峡つばめ  どうか聞かせて 欲しかった ついて来いとの ひと言を 壁に煤(すす)けた 時刻表 あなた教えて 行き先を 船の明かりが 尾を引いて ひとり泣かせる 海峡つばめ  北へ行く人 戻る人 船を乗り継ぎ 帰る人 待っていたなら くれますか せめて葉書きの 一枚を 夢で今夜は 逢いに行く 海を渡って 海峡つばめ
月の雨真咲よう子真咲よう子池田充男西條キロクおなじ苗字で なまえ書き 宿をかさねる 恋路です ねえあなた ふたりは夫婦(めおと)に みえるでしょうか これが最後の あゝ旅ひと夜 月もうるんで 白い雨  しだれ桜と 武家屋敷 奥の細道 たどりゆく できるなら 時計をとめたい 幸福(しあわせ)のまゝ 杜(もり)の都も あゝ松島も 墨絵ぼかしの 霧の夜  おんなせつなや 湯を浴びて そっとあなたの 胸のなか ついなみだ 今夜のわたしは カタクリの花 咲いて愛され あゝ眠りたい 明日はどうなる 月の雨
さよなら岬大城バネサ大城バネサ上田紅葉西條キロク辛くなるから 捨てて下さい 涙の紅が ついたハンカチは 海の彼方に 飛び立つ鳥は 未練残しちゃ いけないわ ああっ さよなら岬 貴方にあげた 恋の命が…恋の命が… ひらひら舞う…  汚し切れない 愛の背中よ 振り向かないで いいのもうあなた 風に飛ばした ハンカチだけが 秘めた想いを 知ればいい ああっ さよなら岬 波間の青に 白い別れが…白い別れが… 泣き泣き散る…  どんな別れも 悲しみじゃない 人を愛した 痛みなら ああっ さよなら岬 翼を広げ 愛よ羽ばたく…愛よ羽ばたく… 鴎になれ…
空蝉しぐれ真咲よう子真咲よう子池田充男西條キロク好きになったら 思いのまゝに 愛したいのが おんなです 情け一途は 罪ですか 人の噂は 身勝手だから あなた この道 ゆきましょう 降りみ降らずみ 空蝉しぐれ  恋の迷いは 脱ぎすてました 顔のやつれを いたわって 紅も艶よく かえました これでいゝのよ 振りむかないわ みんな 昨日の わるい夢 秋のしずくか 空蝉しぐれ  足を滑らせ あなたにすがる こゝは鎌倉 化粧坂(けわいざか) いゝえ弱音は はきません 誰も気にせず 落葉に抱かれ ひとつ 咲いてる りんどうの 花を泣かすな 空蝉しぐれ
湯島恋もよう西尾夕紀西尾夕紀池田充男西條キロクあなたと わたしの おみくじは 仲よく吉です 恋の仲 ふたり合わせて 大吉なのね 初の願かけ 天神さまは 梅もほのぼの 三分咲き 春の湯島の 恋もよう  わかれておくれと たのまれて お蔦は死ぬ気で 身をひいた みんな泣いたわ あのお芝居に 義理も情けも きりりと〆て ついてゆきます どこまでも 歌の湯島の 恋もよう  あなたは しんどい 男坂 わたしは やさしい 女坂 登り下りして また惚れなおす おちょこ 熱燗 あの薮そばを 食べてぽつぽつ 歩きましょ 宵の湯島の 恋もよう
津軽・花いちもんめ西尾夕紀西尾夕紀池田充男西條キロク誰かの嫁コに なるからと 両手をまるめ 叫んだら お岩木おろしに 頬たゝかれて あつい涙が こぼれ出す 津軽は夕焼け 東京も小焼け わたしの思いは 届いたか あんたがほしいよ 花いちもんめ  ストーブ列車が 着くたびに ときめく胸を 抱きしめて あんたを迎える うす紅化粧 だけど汽笛が しみただけ 都会のくらしに 馴れたと言うが 綺麗なおひとが できたやら 心配ふくらむ 花いちもんめ  ねぶたが終って 寒い空 ちらちら雪も 降るだろに 何処までゆくのか あの渡り鳥 恋も深々 冬支度 今夜も炉端で じょんから聞いて しあわせ呼ぶ春 待ってます さびしさまとめて 花いちもんめ
ふるさと祭りおおい大輔おおい大輔すずき信子西條キロク耐えて忍んで 雪解け流れ 桜吹雪の 花が舞う 春の訪れ 喜び祝う 祭りだ祭りだ ふるさと祭りだ 天地ゆさぶれ 御輿(みこし)を担(かつ)げ 飛び散る汗が 男の宝  風に叩(たた)かれ かたむく船も 無事に戻った 祝いだね 沖の一の瀬 真赤に染めて 祭りだ祭りだ 龍神祭りだ 波よゆさぶれ 大漁旗を 海の土俵で 男を磨け  山はくれない 色付く紅葉(もみじ) 心ひとつに 結ばれて 町は総出(そうで)で 篝火(かがりび)もやす 祭りだ祭りだ ふるさと祭りだ 夢をゆさぶれ 松明(たいまつ)背負(せお)え 度胸一番 男を飾れ
誘われて浜松三沢あけみ三沢あけみ浜松雄踏西條キロク何処か似た様な うしろ姿(かげ) 捜す鍛治町 広小路 未練が言わせた 言葉が憎い 浜松・はままつ・逢いたくて浜松  恋の炎が 燃えた夜 ひとり浜名湖 舘山寺 追って行きたい 涙が熱い 浜松・はままつ・追いかけて浜松  凧揚げ祭りに 見たという 噂 天竜川(てんりゅう) 中田島 逢えぬ辛さの 火の酒苦い 浜松・はままつ・泣きぬれて浜松  知っちゃいないと 横向いた テールライトが 瞳(め)に痛い 雨の浜北 佐久間秋葉街道(さくまあきはみち) 浜松・はままつ・誘われて浜松
紅帯西尾夕紀西尾夕紀池田光男西條キロク襟あし きれいに 剃(そ)ってねと 湯あがりに うしろむき わたし あまえて くらしてた 未練の深さよ やるせなさ きょうもこの手に 触(ふ)れるのは あなたが好きな あなたが好きな 紅のつゞれ帯  さだめか ふたつの 落ち椿 奥伊豆の 旅のやど 雨にしくしく 濡れていた あなたのためです わかれます 酒のちからで 切りだして ほどけば絡(から)む ほどけば絡む 紅のつゞれ帯  幸福 どうして ふしあわせ たゞ細く やせた顔 鏡にうらみ ないものを 空似のお方を ふと見れば 居ないあなたに 逢いたくて なみだでしめる なみだでしめる 紅のつゞれ帯
ヤンザラエ西尾夕紀西尾夕紀池田充男西條キロク浜のおんなが 地団駄ふんでとめたって 聞かぬひとだよ 根っから漁師だよ あんたの船は おんぼろだから 小泊しければ 気がもめる ヤンザラエ ヤンザラエ 所詮かよわい おんなの負けよ あんた魚群(さかな)を 追いかける わたしゃ一日 浜に立つ  津軽 西浦 北前船のゆめみなと 乾したスルメに 東風(やませ)の風が吹く わたしを後家に しないでおくれ かもめよつたえて きておくれ ヤンザラエ ヤンザラエ 海の天気を ラジオで聞いて やぶれはじけた 網を縫う 浜の番屋の 祈りうた  ヤンザラエ ヤンザラエ 熱いこの肌 ほしくはないか あんた荒くれ 波まくら わたしゃ一人寝 夢まくら ヤンレサヤンレサエ ヤンレサヤンレサエ ヤンレサヤンレサエ ヤンザラエ
おんな霧笛町西尾夕紀西尾夕紀池田光男西條キロクつらくなったら 迷わずに 北国へ 来いとみだれ文字 みだれ文字 その手紙あたゝめて 海を越えたのに 迎えてくれない あのひとよ あゝ桟橋がわたしを泣かせる 霧笛町  鴎 おまえにゃ わからない いのちさえ捨てる 恋ごころ 恋ごころ 遠くまでよく来たと 抱いてほしかった おさえる涙が 張りさけて あゝ指に散る海鳴りばかりの 霧笛町  赤い鞄(かばん)が ひとつだけ ゆきずりの 宿のたよりなさ たよりなさ 窓にみる漁(いさ)り火が せめて道しるべ お酒よ情けが あるならば あゝあの人に逢わせてください 霧笛町
俺が笑顔に変えてやるおおい大輔おおい大輔すずき信子西條キロク苦労したのか やつれたおまえ 夢を追いかけ 生きていた 強がり・泣き癖(ぐせ)変わらない 俺が笑顔に 変えてやる 後ろ見ないで 明日を信じ ふたりで幸せ 探そうよ  めぐり合わせの 別れと出会い 細いその肩 震(ふる)わせて お酒に溺(おぼ)れて 泣く女 俺が笑顔に 変えてやる 過去を忘れて 心を重ね ふたりで幸せ 探そうよ  桜吹雪(さくらふぶき)の 花道あるき ついてこいよと 抱きしめた からめた小指が 愛しくて 俺が笑顔に 変えてやる 惚れた同志(どうし)で 灯りを点(とも)し ふたりで幸せ 探そうよ
おしどり海峡おおい大輔おおい大輔すずき信子西條キロク燃える朝日が おまえを照らし 俺は舵取(かじと)り 網を引く おしどり海峡 心の海さ ふたり手を取り 生きて来た いのち賭けてる 夫婦船 待てば花咲く 春が来る  番屋暮(ばんやぐ)らしの 辛さも耐えて 愚痴(ぐち)もこぼさぬ いじらしさ おしどり海峡 炎の海さ 遠く海鳴り 聞きながら 心寄せ合い 夫婦酒 待てば何時(いつ)かは 春が来る  俺が歌えば 三味(しゃみ)弾くおまえ 苦労(くろう)笑顔(えがお)で 越えてきた おしどり海峡 希望の海さ 捕れた魚で 祝い酒 酔えばいつかは 膝枕(ひざまくら) 待てば花咲く 春が来る
渚のビギン真木柚布子真木柚布子上田紅葉西條キロク恋は…二人だけのものだから 心の…時計外して今は 渚に身を寄せ 椰の木陰甘く ときめき感じるままに 風のウクレレ 魅惑のリズム 素肌も酔わせる恋よ どうぞ 何も言わずにいてね 踊りたいのよ あなたとこのまま…  空に…燃える太陽はひとつ 真っ赤な…恋の命もひとつ 引き潮みたいに いつか覚める夢も 今夜の二人はひとつ 熟(う)れたパパイヤ 南国の夜 涙もとけゆく恋よ いいの 明日(あす)のことなど今は 忘れたいのよ 悲しい別れも…  風のウクレレ 魅惑のリズム 素肌も酔わせる恋よ どうぞ 何も言わずにいてね 踊りたいのよ あなたとこのまま…  
会津街道ふたり旅鏡五郎・磯部さゆり鏡五郎・磯部さゆり水木れいじ西條キロク雪を抱いた 磐梯山が なぜか立派な あんたに見える 照れて振りむきゃ おまえはまるで 梅の小枝の うぐいすなんて… 浮き世忘れて 鶴ヶ城をあとに 会津街道恋巡礼 ああ ああ ふたり旅  ひとつ越えても 山また山の まるでふたりの 人生暦 湯の香懐かし ランプの里で いのち洗って 呑みましょあなた 鐘がなるなる 観音寺の 会津街道たそがれて ああ ああ ふたり宿  紅もほんのり おまえも酔って ここが故郷 大内宿よ 今度来る日は 三人づれで 猪苗代湖の 桜を見たい… 先は長いが よろしく頼む 会津街道十五夜の ああ ああ ふたり酒
お梅哀歌真木柚布子真木柚布子下地亜記子西條キロク雪が舞い散る 浜町河岸を つらい運命が 通せんぼ 欺すつもりは なかったけれど 恋の未練が 夜叉にする お梅 血染めの 蛇の目傘  巳之さん堪忍しておくれー 最初から欺すつもりじゃなかったんだ… でも大夫とは どうしても別れられない… あぁ…巳之さん、お前一人を死なせやしない 大夫の襲名披露が終わったら、 きっときっと梅も後から行くから… どうぞ許しておくれ…  罪の重さに 身を凍らせて 逃れやつれた 乱れ髪 せめてあなたの 夢晴れ舞台 一目見させて たのみます お梅 せつない 除夜の鐘  大夫、女房と呼んで下さって…梅は幸せ者です。 波に千鳥のあの艶姿、あの拍手、 あぁ…これでもう思い残すことはない… 津の国屋ァ…津の国屋ァ…  涙かくして 門出の切火 あなた見送る 楽屋口 妻と呼ばれた この幸せを 抱いて死ねれば それでいい お梅 はかなく 散る命
じょんから恋歌おおい大輔おおい大輔すずき信子西條キロク辛(つら)い涙も ふたりで耐えて 暖簾(のれん)かかげた 五所川原(ごしょかわら) 津軽三味線 じょんから酒場 おまえ太鼓で 俺はバチ アイヤ・アイヤの ひびき合わせる めおと節  寒い心に ぬくもりくれる 酒は憂き世の 忘れ水 外は地吹雪 じょんから酒場 十三(とさ)の砂山 よされ節 アイヤ・アイヤの なぜか泣けそな 口説(くど)き節  情け三(み)すじの 絃(いと)よりあわせ 思い深浦(ふかうら) この絆 心合わせて じょんから酒場 間口二間(まぐちにけん)の この店が アイヤ・アイヤの 俺とおまえの 夢舞台
黄昏海峡おおい大輔おおい大輔すずき信子西條キロク赤い夕陽に 翼を染めて どこへ帰るか 鴎どり 海峡越えて 行ったなら おまえの側に 行けるだろうか 波か泣く 風が泣く 俺も泣きたい 黄昏海峡 流れてひとり  「陰(かげ)であなたを 支えていたい」 云った言葉が 聞こえるよ こんなに深い 恋心 離れたあとで きづいた俺さ 夢を追い 過去を追い おまえ追いかけ 黄昏海峡 流れてひとり  霧に抱かれて 滲んで見える おまえ住んでる 町の灯(ひ)が 凍える胸の その隙間 やさしい腕で 温(ぬく)めておくれ 影が揺れ 汽笛揺れ 心揺れるよ 黄昏海峡 流れてひとり
悲しい意地宮史郎宮史郎石本美由記西條キロク女の愛は いのちでも 男の愛は 出来ごころ 惚れて捧げて 尽くして燃えて 後は切なさ 残るだけ 意地でこらえる この悔しさも 浮気ネオンにゃ わかるまい  捨てたら嫌と すがりつく その手を払う 罪な奴 嘘か真実(まこと)か こころの彩(いろ)に 見分けられない 恋でした 意地でこらえる 涙の裏に にじむ悲しさ 情けなさ  唇 寒い 秋が来て 私の青春(はる)は 返らない 命ぎりぎり 運命(さだめ)を預け 愛に溺れた お馬鹿さん 意地でこらえる 溜息さえも 胸に隠した 傷にしむ
宝船真木柚布子真木柚布子下地亜記子西條キロク富士に白波 朝日を浴びて 今日はめでたい 二人の門出 人生海原 まっしぐら どんと漕ぎ出せ 初航路 祝い寿 宝船  心重ねて 舵取り合って 浮世苦労の 荒海越える たとえ嵐が こようとも 夫婦絆は ほどけない 華は寿 宝船  恵比寿大黒 七福神の 千両万両の 笑顔が積荷 空につがいの 鶴が舞う 海にゃ孫亀 親子亀 夢は寿 宝船  
京都…そして嵯峨野近藤はるみ近藤はるみ篠瑠美子西條キロク紅葉の裏で くちづけ交わす ふたりの肩に 濡れ落葉 誰に見られても もういいの 嵯峨野 嵐山 渡月橋 一緒に並んで 歩きたい  死ぬほど好きで 愛していても 生きては行けぬ 恋むくろ どこに埋めましょ 流しましょう 雨の 保津川 桂川 今夜は泣かせて この胸で  あいあい傘に 寄り添いながら 明日を思えば すくむ下駄 二度としたくない 恋なんて 嵯峨野 はらはら 竹の道 かなしい運命が 未練です
さくら さくら服部浩子服部浩子菅麻貴子西條キロク女ですもの こぼれた花を 両手に包んで また散らす 惚れた数から ふられた数を ひいて私の 倖せいくつ  たったひとつの 人生だから ねぇ そうでしょ 男と女 空の青さに 心を染めて きっと綺麗な 花になる   さくらさくら 咲け咲け さくら 思いどおりに 咲いて散れ  別れ言葉を 背中で聞けば 面影濡らして 雨が降る 傘にひとひら 花びらのせて 歩くこの道 想い出いくつ  涙つづりの 人生だって ねぇ そうでしょ 男と女 逢って別れて 涙のあとに きっと綺麗な 花になる  さくらさくら 咲け咲け さくら 思いどおりに 咲いて散れ  さくらさくら 咲け咲け さくら 思いどおりに 咲いて散れ   思いどおりに 咲いて散れ
海峡かもめ真木柚布子真木柚布子石本美由起西條キロク人の別れを 遠くする 船の憎さよ つれなさよ あなたなしでは 生きられないの 私を捨てて 行かないで 女 一羽の 海峡かもめ  波の数ほど 逢いたさが 胸の波止場に 打ち寄せる 好きな人なら この世にひとり 甘えて燃えて すがりたい 夢にはぐれた 海峡かもめ  遅い春でも 忘れずに 咲いて椿は 化粧する 雪と一緒に みれんが積もる 情けの糸を 切らないで 飛ぶに飛べない 海峡かもめ 
終着みなと佐野文香佐野文香仁井谷俊也西條キロク今日から俺の おまえだと お猪口差しだし 夢を酌ぐ あなたの笑顔が 嬉しくて 思わず涙が こぼれたの 浮草みたいな 女だけれど あなた…あなたが… 終着みなと  苦労に痩せた 泣き癖は 俺が癒すと 肩を抱く あなたの大きな 胸の中 忘れた故郷の 匂いです 女の過去さえ 許してくれる あなた…あなたが… 終着みなと  漁火みえる この部屋で ふたり一から 出直すの あなたのやさしさ 思いやり しみじみ伝わる 腕まくら 女の倖せ 教えてくれた あなた…あなたが… 終着みなと
貴方といきる天童よしみ天童よしみ仁井谷俊也西條キロクひと雨ごとに 彩づく花に おんなは夢を 見るのです おまえを一生 守ってゆくと はんぶん照れて 云うあなた 恋に…いのち… あずけて… あなたと 生きる  世間を拗ねて お酒に逃げた 半年まえが 嘘のよう そぼ降る小雨に 無邪気にはしゃぐ わたしをそっと 抱き寄せた ほろり…涙… ひとすじ… あなたと 生きる  ふたりでいると 故郷のような やすらぎ胸に 感じます 手さぐりするよな 生活の中で 初めて知った 倖せよ 花の…いのち… 炎やして… あなたと 生きる
ソーラン挽歌金田たつえ金田たつえ石本美由起西條キロク景気に湧いたあの頃は 夜は篝火燃えていた 母は番屋で飯を炊き 父は鰊の群れを追う ヤン衆相手に日本海 今じゃ寂れた漁師町 ヤンレ 海猫鳴くばかり  兄妹そろい声あげて 焼いた大漁の祝い餅 母が自慢の手料理に 父は手拍子うなり節 酒を相手に夜を明かす 遠い夢だね船着場 ヤンレ 昔の物語り  瞼に浮かぶ想い出は 人の心の宝物 父母も今では歳を取り 兄や私や妹も 浜の仕事にゃ縁がない 涙曇りの日本海 ヤンレ ソーラン 夢挽歌 ヤーレン ソーラン ソーラン ソーラン ソーラン 夢挽歌
海峡夜明け前服部浩子服部浩子仁井谷俊也西條キロク港の霧笛に 急かされながら 無口に改札 くぐります 昨日届いた あなたの手紙 読んで何度も 泣きました 手荷物ひとつで 船に乗る 海峡は 海峡は あゝ夜明け前…  こころの迷いを 振りきるように 岬の灯台 見ています 待っているよと 書かれた文字が 胸のなみだを また誘う 帰ってゆけない 戻れない 故郷へ 故郷へ あゝあの町へ…  飛沫がとび散る 船室の窓で 口紅も一度 引き直す 好きなあなたに 寄り添いながら 生きてゆくのよ 明日から 逢いたい想いが こみあげる 海峡は 海峡は あゝ夜明け前…
雨の空港森進一森進一木下龍太郎西條キロクドアに挟んだ 別れのメモを 読んでいるはず いま頃は ごめんなさいね あなた こんな別れ方しか 出来なくて ひとり身を引く 女の旅は 空も泣いてる 雨の空港  いまは小いさな 年の差だけど いつか重荷に なるはずよ 初めて知ったの あなた 長さだけじゃないのね しあわせは 愛の残りと 想い出詰めた こころ重たい 雨の空港  遠く消えてく 灯火の中に ふたり暮した 部屋がある 捜しなさいね あなた 同じ夢を見られる いい女を 空に飛び立つ 翼の窓を 濡らす未練の 雨の空港 
汐騒天童よしみ天童よしみもず唱平西條キロク飛ぶことに 疲れたと云う鳥の 羽根を休める とまり木か 好いて好かれた お前とオレの 夢待ち酒場 あれが馴れ染め 寒い日で 外じゃ汐騒 泣いていた  故郷に児がいると 俯いて やっと切り出す 辛い過去 今日も十八番の “枯葉”を聴かす 夢待ち酒場 別れ話しが 肴では 歌も悲しく なるばかり  サイコロを転がして決めようか 船に乗る番 先か後 背中向けたら 二度とは逢えぬ 夢待ち酒場 せめて手を振れ 最後まで 涙見せるな いい女
千夜一夜天童よしみ天童よしみ麻こよみ西條キロク女の胸の 真ん中に 涙の涙の 河がある 頬杖とまり木 降り出すこぬか雨 果実酒に酔うより 優しさに… 酔って泣きたい こんな夜  女の胸の 裏側に 思い出浮かべる 海がある 面影ぬくもり 別れたあの人よ 膝で甘えた 幸せを… ひとり吐息に 揺らす夜  女の胸の 片隅に 明日に続く 道がある 裏窓雨だれ かすかな店灯り 茉莉花の香りに 包まれて… 夢を心に 越える夜
終列車森進一森進一木下龍太郎西條キロク女の明日を 一枚の 切符に賭ける はずでした どうぞ叱って ねぇあなた ついて行けない 弱虫を なみだで送る 赤い灯は 乗るはずだった 終列車  私がもう少し 強ければ 捨てられました 世間まで どうぞ信じて ねぇあなた 嘘じゃないのよ いまだって 遊びの恋が できるほど 器用じゃないの 初めから  ひっそり生きてく この町で 夢から覚める その日から どうぞ忘れて ねぇあなた こんな女の いたことは 想い出ひとつ 置き去りに 瞼に消える 終列車 
冬桜真木柚布子真木柚布子石本美由起西條キロク肩寄せあっても 寒いのに わたしの相手は お酒だけ 咲いて淋しい 冬桜 あんたが欲しいと ひとり言 つぶやく女の みれんが あ…しみる  ひとりの男に 惚れ抜いて 預けた命に 悔いはない 荒れる 潮鳴り 日本海 素肌を許した あの夜の 漁り火 灯りが 逢いたさ あ…さそう  寒さに唇 凍るとも あんたに見せたい 薄化粧 咲いて 春待つ 冬桜 この世のえにしが 結べたら 死ぬまで愛して 離れは あ… しない 
港町ひとり真木柚布子真木柚布子石本美由起西條キロク行かないで 行かないで 引き止めて いたいのに 情ないね 背を向けて あなたの 船が出る港町 素肌を重ねて 温もりを あげる 夢も 覚めて凍る 切なさよ  このままで このままで ひと冬を 待つだけの 運命なら 眠れない 未練が  身を焦がす港町 淋しさお酒に まぎらわせて いつか 逢える 恋に縋る 女です  まだ嫌やよ まだ嫌やよ 独りでは 死ぬよりも 悲しいの 愛し合う 恋など 叶わない港町 漁り火みたいな この命 燃やし 続け 好きなひとに 抱かれたい
恋に拍手を西尾夕紀西尾夕紀池田男西條キロクちょっとなにして 好きになり 胸はときめき なみだも熱い これが恋です 皆様方よ お許しください いのちがけ 恋に拍手を 色気三分に まごころ足して アアン アン わたし あいつに 惚れました  あんな男と 言うけれど こんな女を 掴んでくれた 花をいたぶる ちまたの夜風 怪我などさせぬと 通せんぼ 恋に拍手を すてて身を張る かっこの良さに アアン アン わたし あいつに 泣けました  どうせ二人は 艶歌恋 軽くゆきます にっこり笑顔 今日も情けの 一節抱いて しあわせさがしの 夢街道 恋に拍手を やぼな説教は まっぴらごめん アアン アン わたし あいつに 決めました
酒場さすらい宮史郎宮史郎池田充男西條キロク男も女も 肩よせる 浮世通りの 吹き溜まり いいじゃないのよ 明日があれば 歌にしましょか お客さん 小樽 ぬくもり 小樽ぬくもり 雪虫酒場  命を鞄に つめこんで 旅のお方と 逃げたのは ばかな二十才よ むかしのことよ わたし幾つに なったのか 根室 さいはて  根室さいはて 海猫酒場  港の灯りが 波にゆれ 夢という名の 酒を注ぐ こんなわたしの 笑顔でよけりゃ すててください 溜息を 釧路 夜霧の 釧路夜霧の 幣舞酒場 
夜明け天童よしみ天童よしみ池田充男西條キロク恋がひとつ冷(さ)めて 暗い夜が明ける ながれない掘割に 光る朝がきたわ 出て行った あいつには 一から十まで だまされた 世話をして 夢を見て ひとりにさせられた たかが別れじゃないの 泣いてることはない ことはない  せまい部屋のすみに 使い捨てのライター 窓あけて投げようか 空にむけて遠く この胸の なぐさめに あてない旅など してみよう お金なら 五、六枚 財布にのこってる たかが別れじゃないの 泣いてることはない ことはない  出て行った あいつには 一から十まで だまされた 世話をして 夢を見て ひとりにさせられた たかが別れじゃないの 泣いてることはない ことはない
東京時雨花田真衣花田真衣池田充男西條キロク俺が欲しけりゃおまえにやると 肩に上着をはおってくれた あれからあなたと一緒になって 愛を育てた 駅うらの ああ… あの頃を あの頃を 雨は知ってる 東京時雨  泣いた月日も笑顔にかわり ひとの情けが身にしみました おんなの春・秋 がまんの涙 いまは命の ひとがいる ああ… ふたりなら ふたりなら 傘はいらない 東京時雨  廻り舞台の芝居のすじは むかし馴染みのお蔦と主税 のぞいてみましょか 泣かされそうね 腕につかまり 雨やどり ああ… このひとに このひとに つくしきります 東京時雨 
舞姫松山恵子松山恵子石本美由起西條キロクもしも 愛人(こいびと) いようとも 愛に順序は ない筈(はず)よ 私を夢中に させたの誰(だあ)れ 明日(あした)の生き方 教えて欲しい あゝ! 涙で唄う 恋の模様 いつもあなたの 両手に抱かれ おなじ夢見て これからは 春・夏・秋・冬 過(くら)したい  心(こころ) あずけて 夢(ゆめ)ン中 愛をみつけた まぶしさよ 私にため息 くれたの誰(だあ)れ あなたの匂いに 包まれながら あゝ! 涙で唄う 恋の模様 いつも見馴れた 街並だけど 赤い夕日も 星空も 燃(も)えて きらめく ものばかり  あゝ! 涙で唄う 恋の模様 いつもあなたの 両手に抱かれ おなじ夢見て これからは 春・夏・秋・冬 過(くら)したい
長崎ワルツ服部浩子服部浩子荒木とよひさ西條キロク和蘭陀しぐれの 雨が降る あの人 こぬかの 洗い髪 鏡よ 鏡 綺麗でしょうか 抱かれる だけでは いけないですか 惚れて 惚れて 長崎ワルツ  小指で紅さす 宵化粧 ひとりで 咲かせる 水中花 涙よ 涙 逢えるでしょうか 乱れる 慕いは 嫌われますか 惚れて 惚れて 長崎ワルツ  Radioに流れる バイオリンの 心に 悲しや 銀の糸 小鳩よ 小鳩 飛べるでしょうか あしたは 青空 見えるでしょうか 惚れて 惚れて 長崎ワルツ 
上海ボレロ服部浩子服部浩子荒木とよひさ西條キロク夜霧の波止場 嘆きのボレロ 誰がために 歌うや 愁いの麗人よ 上海の 港のダンサー 赤い靴 何故に悲しや 遠い 故郷は 大連か それとも リラの 花咲く街か 嘆きのボレロ  唇淋し 恋しきボレロ 君知るや 万里の 心の慕い 上海の 霧の四馬路で 追憶よ 何故にちぎれる 今は 彼の人 忘れてか それとも 夢に さまようままか 恋しきボレロ  涙の夜露 嘆きのボレロ 誰ぞ知る あしたの 我が身のゆくえ 上海の 港のホテル ドラの音よ 何故に切ない 遥か たどるは 想い出か それとも あすは 異国の船か 嘆きのボレロ 
舞踏曲PARTII服部浩子・嘉納ひろし服部浩子・嘉納ひろし荒木とよひさ西條キロク(女)時間よ このまま 口唇に (女)愛じゃなくても それでいい (男)逢えば別れの 男と女 (男)夢の続きを 引止めるけど (男女)白い夜明けに 最後の煙草 (女)悲しい合図に 火をつける (男)せめて心に 小さなあしたを (男女)いつか涙の 別れのタンゴ  (女)時間よ このまま 恋人で (女)生れ変われる その日まで (男)そっと抱き合う 男と女 (男)夢のベットで 漂うけれど (男女)心眠らす どこかの場所へ (女)悲しい背中を 連れてゆく (男)せめて心に 小さな青空 (男女)いつか涙の 別れのタンゴ  (男女)白い夜明けに 最後の煙草 (女)悲しい合図に 火をつける (男)せめて心に 小さなあしたを (男女)いつか涙の 別れのタンゴ
舞踏曲服部浩子服部浩子荒木とよひさ西條キロク花の いのちは 短くて 恋の いのちも 短くて 山の湖畔の 静かな窓辺 かすか ラヂオの 涙の舞踏曲 ランプの灯に 綴る手紙の 青い インクの 悲しさよ 今は帰らぬ 思い出の貴方 熱き 唇に ふれもせず  ひとり 夢二の 詩を真似 ひとり 夜更けの ペンの音 寒い心に 暖炉の灯影 ゆれて 踊るは 涙の舞踏曲 緑の黒髪 白いカチューシャ 映す 手鏡の 悲しさよ 今は帰らぬ 面影の貴方 胸に 抱きしめる 寂しさよ  ランプの灯りに 綴る手紙の 青い インクの 悲しさよ 今は帰らぬ 思い出の貴方 熱き 唇に ふれもせず 
黒髪天童よしみ天童よしみ池田充男西條キロクながい黒髪 まかせることは 女にとって 命あずけた 証です 一生一度のネェ 恋ならわたし もえてきれいに ほろびたい  化粧している 鏡の顔が にじんでゆれて いつかあなたの顔になる 今日もせつないネェ この衿あたり きっと受けます 唇を  逢えばそれだけ 苦しむものを 我慢の糸が きれて二夜は待てないの よわい女とネェ 見ないでほしい 風に恥らう ほつれ髪
ねぇ貴方加納吾朗加納吾朗里村龍一西條キロク来るか来ないか分からぬ ひとを待ちわびる 小指が淋しい 小雨の夜は 今日もまた今日もまた あなたの止まり木空けたまま ビール冷やして 紬の着物で待ってます ついででいいから 必ず来てよね 灯り早目におとして ふたりで飲みたい ネェあなた  店の暖簾は愛しい あなたの名前よ こうすりゃ他人に 見えないでしょう 辛くても辛くても あなたに迷惑かけません めぐり逢うのが もう少し早けりや良かったわ 他人目を気にせず 尽くしたでしょう 馬鹿ね私は今更 夢みて泣いてさ ネェあなた  外は雨だし今頃 何処にいるのでしょう あなたの身体が 心配なのよ 私にも私にも 昔はいい人いたけれど 別れて今日まで 一人で暮らして来たんです 生命のすべてを あなたに生きたい こんな私のわがまま 分って下さい ネェあなた 
川口松太郎 原作「明治一代女」より お梅哀歌真木柚布子真木柚布子下地亜記子西條キロク雪が舞い散る 浜町河岸を つらい運命が 通せんぼ 欺すつもりは なかったけれど 恋の未練が 夜叉にする お梅 血染めの 蛇の目傘  (セリフ)巳之さん 堪忍しておくれ! 最初から欺すつもりじゃなかったんだ… でも大夫とはどうしても別れられない… あぁ…巳之さん、お前一人を死なせやしない 大夫の襲名披露が終わったら、 きっときっと 梅も後から行くから… どうぞ許しておくれ…  罪の重さに 身を凍らせて 逃れやつれた 乱れ髪 せめてあなたの 夢晴れ舞台 一目見させて たのみます お梅 せつない 除夜の鐘  (セリフ)大夫、女房と呼んで下さって… 梅は幸せ者です。 波に千鳥のあの艶姿、あの拍手、 あぁ…これでもう思い残すことはない… 津の国屋ァ… 津の国屋ァ…  涙かくして 門出の切火 あなた見送る 楽屋口 妻と呼ばれた この幸せを 抱いて死ねれば それでいい お梅 はかなく 散る命
全1ページ中 1ページを表示

リアルタイムランキング

  1. 新時代
  2. Tot Musica
  3. ウタカタララバイ
  4. 風のゆくえ
  5. 世界のつづき

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照

注目度ランキング

  1. 新時代
  2. ウタカタララバイ
  3. Scream
  4. 逆光
  5. 私は最強

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照