歌詞を

ヘルプ

西條キロク作曲の歌詞一覧リスト

53 曲中 1-53 曲を表示
2019年9月18日(水)更新
並び順:
全1ページ中 1ページを表示
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 歌い出し
他人ばかりの東京でおおい大輔池田充男西條キロク他人ばかりの東京で
夜霧船・泊り船おおい大輔池田充男西條キロク泣いておんなは
むさし野恋唄朝倉由美子井上敏夫・補作詞:円香乃西條キロク小さな冬の陽だまりで
紅桜真咲よう子水木れいじ西條キロク大丈夫よあなたなら
藤十郎の恋鏡五郎&真木柚布子下地亜記子西條キロク聞いてくだされこの胸のうち
おしどり道中鏡五郎&真木柚布子下地亜記子西條キロク富士のお山が雪白粉で
人生勝負!!おおい大輔すずき信子西條キロク金は天下の回りもの
君に幸せあげたい俺さおおい大輔すずき信子西條キロクやっと逢えたね逢いたかったよ
海峡つばめ服部浩子たきのえいじ西條キロク霧に隠れて行く船の波が
月の雨真咲よう子池田充男西條キロクおなじ苗字でなまえ書き
さよなら岬大城バネサ上田紅葉西條キロク辛くなるから捨てて下さい
空蝉しぐれ真咲よう子池田充男西條キロク好きになったら思いのまゝに
湯島恋もよう西尾夕紀池田充男西條キロクあなたとわたしのおみくじは
津軽・花いちもんめ西尾夕紀池田充男西條キロク誰かの嫁コになるからと両手を
ふるさと祭りおおい大輔すずき信子西條キロク耐えて忍んで雪解け流れ
誘われて浜松三沢あけみ浜松雄踏西條キロク何処か似た様なうしろ姿
紅帯西尾夕紀池田光男西條キロク襟あしきれいに剃ってねと
ヤンザラエ西尾夕紀池田充男西條キロク浜のおんなが
おんな霧笛町西尾夕紀池田光男西條キロクつらくなったら迷わずに
俺が笑顔に変えてやるおおい大輔すずき信子西條キロク苦労したのかやつれたおまえ
おしどり海峡おおい大輔すずき信子西條キロク燃える朝日がおまえを照らし
渚のビギン真木柚布子上田紅葉西條キロク恋は…二人だけのものだから
会津街道ふたり旅鏡五郎・磯部さゆり水木れいじ西條キロク雪を抱いた磐梯山がなぜか
お梅哀歌真木柚布子下地亜記子西條キロク雪が舞い散る浜町河岸を
じょんから恋歌おおい大輔すずき信子西條キロク辛い涙もふたりで耐えて
黄昏海峡おおい大輔すずき信子西條キロク赤い夕陽に翼を染めて
悲しい意地宮史郎石本美由記西條キロク女の愛はいのちでも男の愛は
宝船真木柚布子下地亜記子西條キロク富士に白波朝日を浴びて
京都…そして嵯峨野近藤はるみ篠瑠美子西條キロク紅葉の裏でくちづけ交わす
さくら さくら服部浩子菅麻貴子西條キロク女ですものこぼれた花を
海峡かもめ真木柚布子石本美由起西條キロク人の別れを遠くする
終着みなと佐野文香仁井谷俊也西條キロク今日から俺のおまえだと
貴方といきる天童よしみ仁井谷俊也西條キロクひと雨ごとに彩づく花に
ソーラン挽歌金田たつえ石本美由起西條キロク景気に湧いたあの頃は
海峡夜明け前服部浩子仁井谷俊也西條キロク港の霧笛に急かされながら
雨の空港森進一木下龍太郎西條キロクドアに挟んだ別れのメモを
汐騒天童よしみもず唱平西條キロク飛ぶことに疲れたと云う鳥の
千夜一夜天童よしみ麻こよみ西條キロク女の胸の真ん中に
終列車森進一木下龍太郎西條キロク女の明日を一枚の
冬桜真木柚布子石本美由起西條キロク肩寄せあっても寒いのに
港町ひとり真木柚布子石本美由起西條キロク行かないで行かないで
恋に拍手を西尾夕紀池田男西條キロクちょっとなにして好きになり
酒場さすらい宮史郎池田充男西條キロク男も女も肩よせる
夜明け天童よしみ池田充男西條キロク恋がひとつ冷めて
東京時雨花田真衣池田充男西條キロク俺が欲しけりゃ
舞姫松山恵子石本美由起西條キロクもしも愛人いようとも愛に
長崎ワルツ服部浩子荒木とよひさ西條キロク和蘭陀しぐれの雨が降る
上海ボレロ服部浩子荒木とよひさ西條キロク夜霧の波止場嘆きのボレロ
舞踏曲PARTII服部浩子・嘉納ひろし荒木とよひさ西條キロク時間よこのまま口唇に
舞踏曲服部浩子荒木とよひさ西條キロク花の いのちは短くて
黒髪天童よしみ池田充男西條キロクながい黒髪まかせることは
ねぇ貴方加納吾朗里村龍一西條キロク来るか来ないか分からぬひとを
川口松太郎 原作「明治一代女」より お梅哀歌真木柚布子下地亜記子西條キロク雪が舞い散る浜町河岸を