試聴する

おんな霧笛町

この曲の表示回数 4,938
歌手:

西尾夕紀


作詞:

池田光男


作曲:

西條キロク


つらくなったら 迷わずに
北国へ 来いとみだれ文字 みだれ文字
その手紙あたゝめて 海を越えたのに
迎えてくれない あのひとよ
あゝ桟橋がわたしを泣かせる 霧笛町

鴎 おまえにゃ わからない
いのちさえ捨てる 恋ごころ 恋ごころ
遠くまでよく来たと 抱いてほしかった
おさえる涙が 張りさけて
あゝ指に散る海鳴りばかりの 霧笛町

赤い鞄(かばん)が ひとつだけ
ゆきずりの 宿のたよりなさ たよりなさ
窓にみる漁(いさ)り火が せめて道しるべ
お酒よ情けが あるならば
あゝあの人に逢わせてください 霧笛町
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:おんな霧笛町 歌手:西尾夕紀

西尾夕紀の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2007-07-18
商品番号:COCA-16003
日本コロムビア

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP