試聴する

ソーラン挽歌

この曲の表示回数 7,851

景気に湧いたあの頃は 夜は篝火燃えていた
母は番屋で飯を炊き 父は鰊の群れを追う
ヤン衆相手に日本海 今じゃ寂れた漁師町
ヤンレ 海猫鳴くばかり

兄妹そろい声あげて 焼いた大漁の祝い餅
母が自慢の手料理に 父は手拍子うなり節
酒を相手に夜を明かす 遠い夢だね船着場
ヤンレ 昔の物語り

瞼に浮かぶ想い出は 人の心の宝物
父母も今では歳を取り 兄や私や妹も
浜の仕事にゃ縁がない 涙曇りの日本海
ヤンレ ソーラン 夢挽歌
ヤーレン ソーラン ソーラン
ソーラン ソーラン 夢挽歌
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:ソーラン挽歌 歌手:金田たつえ

金田たつえの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2002/03/20
商品番号:CODA-2037
日本コロムビア

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP