女の暦

金田たつえ

女の暦

作詞:一ツ橋雪
作曲:池田八声
発売日:1998/08/21
この曲の表示回数:26,416回

女の暦
愛することに 疲れても
それでも二人は 夫婦です
色恋沙汰に 泣かされたって
あなたと私の いとし児のため
耐えて 咲いてる 冬桜
寒の入りです あゝ 女の暦

形式ばかりの 夫婦にも
遊び心も 嘘さえも
悲しいものね 仕草で解る
そうね一度は 命も賭けた
夢にひとひら 残り雪
春まだ遠い あゝ 女の暦

褪せた夫婦の 暮らしでも
あなたに絡む 子供等の
声ききながら 夕飼の支度
こだわり捨てよか 添いとげましょうか
心揺れます 紫陽花に
梅雨の晴れ間の あゝ 女の暦

コトバのキモチ 投稿フォーム

ココでは、アナタのお気に入りの歌詞のフレーズを募集しています。
下記の投稿フォームに必要事項を記入の上、アナタの「熱い想い」を添えてドシドシ送って下さい。

推薦者:アナタのお名前(ペンネーム可)
性別:
 
年齢:
 歳
投稿フレーズ:
曲名:
歌手名:
コメント:
歌ネットに一言あれば:

※歌詞間違いのご指摘、歌ネットへのご要望、
その他返信希望のお問い合わせなどは
コチラからどうぞ。→ 問い合わせフォーム

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません