キャラバン哀歌

この曲の表示回数 3,294
歌手:

曽根史郎


作詞:

吉川静夫


作曲:

利根一郎


遠い喇麻(ラマ)塔の 灯が見える
ゴビの砂漠は 果てもない
包(パオ)の一夜(ひとよ)の 想い出抱いて
越える砂丘の 國ざかい。

きのうテントで 見た夢は
いとしせつなや 君のゆめ
風にゆられる 駱駝の背(せな)で
せめてうたおよ 故郷(くに)の唄。

月に胡弓が 咽び泣く
唄も哀しや モンゴリヤ
旅のキャラバン 鈴の音のこし
どこへゆくやら 國ざかい。
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:キャラバン哀歌 歌手:曽根史郎

曽根史郎の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2011-04-27
商品番号:VICL-63732
ビクターエンタテインメント

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP