お俊恋唄

この曲の表示回数 11,282
歌手:

島津亜矢


作詞:

吉川静夫


作曲:

佐々木俊一


「女は恋に生きるもの
憎らしいねぇ 新太郎さんは
夢まで見させて
女ごころを掴んでおいて
今は何処かの空の下
だっ嫌いだよ 旅鴉なんか」

忍び泣きして からだもやせて
結ぶ帯にも 女の泪
こんなわたしに したまま気まま
旅に出た人 旅に 旅に
旅に出た人 恨みはせぬが
思いすごしか 茶碗酒

ぬれた枕に 頬すり寄せて
呼んですがって 両手を合わせ
夢になりとも 逢いたいものと
泣けば雨風 泣けば 泣けば
泣けば雨風 夜明けのからす
女泣かせの 鐘がなる

「おんな心は情けの小枝
とまれば夜露もしのげるものを
それはどうして あの人には
判ってもらえないンだろうねぇ」

神にねがいを 新太郎さんに
茶だち塩だち お百度詣り
またの逢う瀬を 命にかけて
待ってこがれて 待って 待って
待ってこがれて 五年はおろか
柳新芽の 枯れるまで
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:お俊恋唄 歌手:島津亜矢

島津亜矢の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2009/07/22
商品番号:TECE-30844
テイチクエンタテインメント

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP