国境の船唄

この曲の表示回数 6,152
歌手:

竹山逸郎


作詞:

吉川静夫


作曲:

吉田正


磯の千鳥か 身は浮舟の
夢もかなしや 荒波まくら
あゝ国境の
国境の港の灯り
燃えてしみゞ 誰をまつ

月のデッキに 飛沫(しぶき)を浴びて
見れば果てない 千里の潮路
あゝふるさとの
ふるさとのあの娘(こ)の便り
抱けば瞼(まぶた)が 熱くなる

暗いランタン 酒場は更けて
醉えば未練な 別れのグラス
あゝ嵐よぶ
嵐よぶ男の胸に
汽笛鳴らすな警備船
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:国境の船唄 歌手:竹山逸郎

竹山逸郎の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2011-04-27
商品番号:VICL-63730
ビクターエンタテインメント

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP