霧の宿

野中さおり

霧の宿

作詞:松井由利夫
作曲:岡千秋
編曲:丸山雅仁
発売日:1998/02/25
この曲の表示回数:13,607回

霧の宿
川の狭霧が 深くなる
つらい別れも 近くなる
見てはいけない おんなの夢は
伊豆の湯舟の 上り湯で
洗いながした 筈なのに
人目を避ければ 避けるほど
恋が身を灼く 離れ宿
湯の香移り香 静寂の中で
肩に残した 歯のあとを
指でおさえて 瞼ですがる
雨戸締めても すき間から
来てはいけない 朝が来る
駅へ行かずに いつものように
町のはずれの 踏切りで
影を追います いつまでも

コトバのキモチ 投稿フォーム

ココでは、アナタのお気に入りの歌詞のフレーズを募集しています。
下記の投稿フォームに必要事項を記入の上、アナタの「熱い想い」を添えてドシドシ送って下さい。

推薦者:アナタのお名前(ペンネーム可)
性別:
 
年齢:
 歳
投稿フレーズ:
曲名:
歌手名:
コメント:
歌ネットに一言あれば:

※歌詞間違いのご指摘、歌ネットへのご要望、
その他返信希望のお問い合わせなどは
コチラからどうぞ。→ 問い合わせフォーム

リアルタイムランキング更新:16:45

  1. Subtitle
  2. KICK BACK
  3. Forever or Never
  4. サウダージ
  5. ツキヨミ

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照

注目度ランキング

  1. 転生したら王子様だった件!
  2. Ready Go!!
  3. 倶に
  4. Blue Moon
  5. FROG MAN

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照