藤竜之介作曲の歌詞一覧リスト  24曲中 1-24曲を表示

全1ページ中 1ページを表示
24曲中 1-24曲を表示
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
花の命門松みゆき門松みゆき石原信一藤竜之介きれいなだけでは 花じゃない 真心咲かせ つくして花よ 咲いてみせます 信じた人に 恋の一文字 色染めて エンヤさ こんな命でも あなたと生きて 花になる エンヤさ こんな命でも あなたと生きて 花になる  見た目を気にする 花よりも 泥んこ水を 浴びても花よ 上手い世渡り できなくたって 月の明かりが なぐさめる エンヤさ こんな命でも 情けを受けて 花になる エンヤさ こんな命でも 情けを受けて 花になる  女は飾りの 花じゃない いとしい影に 寄り添う花よ 胸に木枯らし 泣く夜は抱いて せめてぬくもり もらえたら エンヤさ こんな命でも あなたのそばで 花になる エンヤさ こんな命でも あなたのそばで 花になる  あなたと生きて 花になる
浜木綿しぐれ門松みゆき門松みゆき石原信一藤竜之介浮かれ鴎の あの人は どこの港に いるのやら おんな心の 海峡を ひらり渡って それっきり 恋は一夜の 花火じゃないよ 肌にちりちり 未練が燃える 濡れて桟橋 浜木綿しぐれ  波の彼方に 消えたのか 風の噂も 途絶えがち あんな男と 思っても どんな暮らしか 気にかかる 化粧落とした 素顔が好きと 憎い言葉で 抱かれて泣いた 夢がそぼ降る 浜木綿しぐれ  沖のいさり火 帰るのに 海をながめて 待ちぼうけ 時化た夜には 想い出を ひとり肴(さかな)に 酔いしれる いいの名もない 港の花が やせてやつれて 一途に生きる 惚れた弱みの 浜木綿しぐれ
ふるさと横丁に灯がともる門松みゆき門松みゆき石原信一藤竜之介花の都に なみだ雨 ぎゅっとくちびる 噛みしめた みんなこの街 夢追い迷子 どこか似ている 寒い肩 ああ ひとりじゃないよ 淋しかないよ 空に強がり 投げつけりゃ ふるさと横丁に 灯がともる  浮き世舞台を 見渡せば 上手い言葉も 嘘もある 生まれついての 不器用者は 汗を流して まわり道 ああ 元気でいるよ 心配ないよ 盆の頃にも 帰れずに ふるさと横丁に 偲ぶ影  お国自慢が 飛び交えば 歌のひとつも 口に出る 胸に聞こえる 泣き三味線に じんとまぶたが 熱くなる ああ 半端(はんぱ)は嫌(や)だよ 逃げたら負けよ ネオン明かりが 映し出す ふるさと横丁は 情け川
あんたがええねん、好きやねん桜井くみ子桜井くみ子伊藤美和藤竜之介悲しい時には 甘えてええよ 優しい言葉は よう言わんけど 振られたくらいで 泣いたらあかん あんたの良さが わからんなんて ほんまにあほな 女やね  携帯片手に 酔いつぶれてる 寝顔を見守る 夜(よ)が明けるまで 男はめったに 泣いたらあかん あんたの良さは 誰よりうちが わかってるから 痛いほど  うちでええなら そばにおらせて あんたがええねん 好きやねん 黙っとくから そばにおらせて あんたがええねん 好きやねん  うちでええなら そばにおらせて あんたがええねん 好きやねん どうか気づいて ずっと前から あんたがええねん 好きやねん
みちのく望郷歌門松みゆき門松みゆき石原信一藤竜之介北にひとすじ あかね雲 遠く呼ぶのは 母の声 恋を失くした 眼がしらに なんでふるさと 浮かぶのか アー ホーヤレホー 帰りたい ホーヤレホー 帰れない 生まれついての 意地っ張り みちのく育ちはヨー 耐えて咲く  はずし忘れた 風鈴が 鳴れば祭りを 連れて来る そろい浴衣で 盆踊り 幼馴染みは いまどこに アー ホーヤレホー 逢いたいよ ホーヤレホー がまんだよ 夢で今夜も 遠花火(とおはなび) みちのく仕込みのヨー 辛抱さ  こぶし咲く駅 あとにした うぶな十五に もどれない 泣いて転んで 見上げれば 星が流れる 東京さ アー ホーヤレホー しんどいね ホーヤレホー 頑張るね 雪を跳ねのけ 起きあがる みちのく女はヨー 春を呼ぶ
濡れてめぐり雨門松みゆき門松みゆき石原信一藤竜之介濡れてみたいの このままふたり 水の都は 小雨に煙る 傘はなくても あなたがいれば こぬか雨さえ うれしくて 恋のしずくが ふたりを結ぶ めぐり逢えたの この人に  おんな浮き草 ただよいながら 胸のやすらぎ さがしていたの 雨に包まれ あなたのそばに 離さないでと 身を寄せた 恋がどこへも 行かないように 願いかけます この人に  川がいくつも 流れる街は 雨も痛みも 流れて行くの あなた生まれた この街だから きっと私も 好きになる 恋のしずくが まぶたを伝う 春をたずねる この人に  恋のしずくが ふたりを結ぶ めぐり逢えたの この人に
愛の足音西麻由美西麻由美円香乃藤竜之介夕暮れが淋しくないのは 何故? 冷たい雨が嬉しいのは 何故? あなたが見つめて くれるから ただ それだけ… あぁ 愛には 足音があるのね 甘くトキメキ 運んでくるわ あぁ きっと出逢いには 季節があって だから今日まで 逢えずにいたの  逢いたくて泣きたくなるのは 何故? 名前を呼びたくなるのは 何故? あなたの優しい くちづけが すぐ 欲しくて… あぁ 愛には 足音があるのね こんな近くに 聞こえているわ あぁ 女友達が 近頃聞くの なにか良いこと あったでしょうと  あぁ 愛には 足音があるのね ずっと忘れて 暮らしていたわ あぁ 過ぎた過去なんて 涙と捨てて 違う生き方 選びましょうよ
あと5キロ西麻由美西麻由美島敏光藤竜之介都会の朝はコーヒーと パソコン・チェックで始まるの いつか見つけたカラスウリ ムラサキツユクサ、シロツメクサ 探しに行くのはたやすいけれど だけど仕事はさぼれない 本社のオフィスで会議があるわ  あと5キロ あと5キロ アカツメクサに背を向けて 急いで行かなきゃ あと5キロ 地下鉄に揺られ あと5キロ あなたに あなたに 認めてもらいたい  ビルの谷間の夕暮れに ラインでつながる 夢ひとつ いつか見つめた赤い糸 香水えんぴつ、紙せっけん 思い出すのはたやすいけれど だけど今夜はダイエット エアロビクスで体をしぼる  あと5キロ あと5キロ 幼い夢に 背を向けて やせなきゃいけない あと5キロ 食べてはいけない あと5キロ あなたを あなたを 振り向かせるために  あと5キロ あと5キロ 急いで行かなきゃ あと5キロ 地下鉄に揺られ あと5キロ あと5キロ あと5キロ やせなきゃいけない あと5キロ 食べてはいけない あと5キロ 食べてはいけない あと5キロ あなたを あなたを 振り向かせるために
幸せ二人で岩出和也岩出和也藤竜之介藤竜之介別れたあの日から 何年過ぎても 変わっちゃいないね お前の片えくぼ ふたり愛した 遠いあの日のことは 胸の中から 消えたりはしない 悲しみは忘れて… 幸せ二人で  哀しい運命(さだめ)から 守ってやれずに 苦労だけさせたね 許しておくれ やっと逢えたね いつも心に浮かべ 決してお前を 棄てたわけじゃない 今ならば言えるよ… 幸せ二人で  流したその涙 明日(あした)の笑顔に この俺が変えると 約束してあげる 細い襟足 そっと唇よせて 今もお前は 俺の宝物 大切にするから… 幸せ二人で
風見鶏三枝純子三枝純子石原信一藤竜之介西日の窓から すきま風 涙を揺らして 吹き抜ける ぽつりと別れを つぶやいて 木枯らしのなか 消えた人 死ぬほど好きで 憎らしい 憎らしいから 逢いたがる めぐる季節に 恋しさに くるりくるりくるり くるくる 風見鶏  未練を抱えた 女など 時代に遅れた 生き方ね 眠れば明日(あした)は 来るけれど 踏み出せないの いくじなし 愛したことは 悔やまない 悔やまないけど 終われない 胸がざわめく 日暮れ時 くるりくるりくるり くるくる 風見鶏  忘れてくれと 言われても いいえあなたを 忘れない めぐる季節に 恋しさに くるりくるりくるり くるくる 風見鶏
夢見坂桜井くみ子桜井くみ子麻こよみ藤竜之介肩に冷たく 吹く風が 結ぶ絆を 強くする 心に望みが あるかぎり 出直しできます 何度でも 曲りくねった 夢見坂 歩いて行きます あなたと二人  そっとこの手を 握りしめ 無理をするなと 言うあなた 変わらぬ優しさ 思いやり 思わず涙が こぼれます 今は苦労の 夢見坂 歩いて行きます あなたと二人  たとえ他人(ひと)より 遅れても いいの焦らず 一歩づつ あなたの真面目さ 正直さ 誰かが必ず 見ています はぐれないよに 夢見坂 信じて行きます あなたと二人
終着駅まで杉良太郎杉良太郎たかたかし藤竜之介何があなたに 見えますか 枯葉がひとひら 舞う秋に 小さな駅から 希望を胸に 喜び悲しみの 汽車を乗り継ぎ あゝふりむけば ひとすじの道程(みち)よ あゝ人生の 風雪にたえて 今あかあかと 夕陽が照らす 夕陽が照らす  飾る花さえ 歌もない そんな時代も あったよね あなたの笑顔に 明日を信じ いくつも越えてきた 長いトンネル あゝささやかな 幸せをもとめ あゝささえあい でこぼこの道を ただひたむきに 歩いて来たね 歩いて来たね  少し白髪も ふえたけど 心はまだまだ 元気です 終着駅まで あなたとともに 思い出アルバムを 増やしつづけて あゝよりそえば ほほ笑みがつつむ あゝ変わらない あなたへの愛を 今しみじみと 見つめる夕陽 見つめる夕陽
夢あかり桜井くみ子桜井くみ子月光寺照行藤竜之介蛇の目傘から こぼれる雨が 肩につめたい 裏通り そっと私の 背中をつつむ 好きなあなたの ぬくもりが 女ごころに ほろりと沁みて 明日が見えそな 港は夢あかり  北の桟橋 吹き切る風に 啼いて群れとぶ かもめ鳥 海が塒(ねぐら)の さすらい暮らし 船に乗るしか 能がない こんな男で おまえがよけりゃ ついて来いよと グラスを傾ける  胸にしまった 悲しみさえも 溶けて静かに 消えてゆく これが二人の 縁(えにし)でしょうか 今はあなたが 側にいる きっと変わらぬ このしあわせを 窓に映した 十六夜(いざよい)夢あかり
火の酒よ大城バネサ大城バネサ上田紅葉藤竜之介炎の様に 熱いよ 女は 盃さえ 交わさぬ恋でも 悔いはしないさ 命そそぎ尽くし 笑って死ねるよ あんたの為なら 燃えて抱け… 燃えて抱け… 女は火の酒よ グッと呷り 本気で惚れなさい この酒と… 離れずに… 離れずに…  どん底でも 女は 平気さ あんたがそう 一緒にいるなら 強くなれるよ 愛は生きる力 希望のともしび 命の花火さ なみなみと… なみなみと… 今夜も火の酒を 飲んであんた 本気で酔いなさい この酒に… 何処までも… 何処までも…  燃えて抱け… 燃えて抱け… 女は火の酒よ グッと呷り 本気で惚れなさい この酒と… 離れずに… 離れずに…
夫婦桜やしまひろみやしまひろみあかぎてるや藤竜之介重い荷物は 二人で分けて 苦しみ半分 幸せ二倍 越えて来ました 九十九(つづら)坂 冬が過ぎれば 春がくる これからも 手に手をとって 二人仲良く 暮らそうね 夫婦桜を 咲かそうね  寒い世間も 二人で渡りゃ 淋しさ半分 ぬくもり二倍 過ぎて来ました 茨(いばら)道 月にむら雲 花に風 これからも 肩貸し合って 二人笑って 生きようね 夫婦桜を 咲かそうね  辛い涙は 二人で分けて 悲しみ半分 喜び二倍 抜けて来ました 迷い道 夜が明ければ 朝がくる これからは 労(いたわ)りあって 二人並んで 歩こうね 夫婦桜を 咲かそうね
東京すみれ西尾夕紀西尾夕紀仁井谷俊也藤竜之介今日から俺の おまえだと 痛いくらいに 肩を抱く 東京… 裏町… こころ寄せあう すみれ草 うつむきかげんの 女でよけりゃ 咲かせてください その胸で  やきもちやきで 身勝手で 馬鹿がつくほど やさしいの 東京… 裏町… 夢が花咲く すみれ草 飲ませてください 情けの酒を 今夜は酔いたい 倖せに  初めてみせた この素顔 頬が恥じらう 薄あかり 東京… 裏町… こころ寄せあう すみれ草 あなたの吐息が うなじにかかる 朝までしていて 腕まくら
恋歌ふたたび川中美幸川中美幸阿久悠藤竜之介めまいがしたなら 転げて落ちるような 苔むした 寺の石段 危なげな 足どりで 傘さす女が おりて行く  女の盛りを からだにまといながら うつむいた 顔の哀しさ なにゆえの 寺まいり くちびるきりりと 噛みしめて  あのひとに 恋歌を ふたたび 恋歌を 女を捨ててはいけないと 誰か歌ってあげておくれ  黄昏せまれば 背中で鐘が響き 小雨降る 寺の茶店で 二度三度 ためいきを お茶飲む間に もらしてる  はるかな昔の 激しい恋のために 情熱を 使い果たして 今はもう 過去ばかり 夢みているよに 見えている  あのひとに 恋歌を ふたたび 恋歌を その身を縛っちゃいけないと 誰か歌ってあげておくれ  あのひとに 恋歌を ふたたび 恋歌を 女を捨ててはいけないと 誰か歌ってあげておくれ 誰か歌ってあげておくれ
無器用者だと言われても小金沢昇司小金沢昇司荒木とよひさ藤竜之介ガキの時代に夢見てた  そんな男になれなくて いまでは三十路を とっくに過ぎた ただの酔っぱらい あゝ 飲めば切ない 胸板二寸 おふくろだけには 詫びたくて  生きることが 下手くそで 流行歌の ひとつも唄えない 心が古いと 言われても 無器用者だと 言われても  懐の中の塊を そんな男の純情を 誰かが笑えば また喧嘩する ただのがんこ者 あゝ 雨の降る夜は 道草のれん 本当は心が 淋しくて  酔えば 涙もろくなり 叱ってくれる 女もない 寂しい奴だと 言われても 無器用者だと 言われても  生きることが 下手くそで 流行歌の ひとつも唄えない 心が古いと 言われても 無器用者だと 言われても 
花桔梗若山かずさ若山かずさ坂口照幸藤竜之介女は終わって しまった恋は 胸深く しまい込む 「一月一日 一緒にいたい…」 むりを承知で 私から 口にしたのも ぎりぎりの 女ごころの 意地でした  あなたの重荷に なるのはつらい この先の 人生を 一緒になれるか 汐どきなのか 思いつめれば その二つ いいえほかにも あったはず 背中見つめて 行くみちも  日傘をさす花 桔梗の花に 似てるのね 恋姿 逢いたい 触れたい 愛していたい あなた遠くに なろうとも わたし遠くに いようとも 心ひとつに 生きてゆく
流氷情話西尾夕紀西尾夕紀仁井谷俊也藤竜之介流氷が 岸に押し寄せ しんしんと 肌を突き刺す 凍りつく 夜に震えて 旅の男に 添い寝する ぬくめておくれよ ねぇあんた 北のおんなの こころと躰(からだ) ひと晩かぎりの 縁だけど 淋しさ忘れりゃ それでいい ハァーアアア  流氷に 耳を澄ませば きゅるきゅると すゝり哭(な)いてる 明朝(あした)には もとの他人に 戻る男が 憎らしい 訪ねておくれよ また春にゃ あてにしないで 待ってるからさ 縋って泪も 見せられず むしゃぶりついてる 闇ン中 ハァーアアア  ぬくめておくれよ ねぇあんた 北のおんなの こころと躰(からだ) ゆきずり同士の 男女(ふたり)でも 抱かれて眠れりゃ それでいい ハァーアアア
津軽挽歌岸千恵子岸千恵子里村龍一藤竜之介雪が逆巻く 津軽の里を 今日も上りの 汽車が行く いあんたの 面影抱けば 柱の暦に 目が止まる ハアー いくら慣れてもナー ハアー 一人はせつないよ 寒さしのぎの 酒っこ飲んで 夢で今夜も エエー逢いにゆく  ビルの谷間で ふる里しのび ひとりあんたも 呑む頃か 離ればなれで ひと冬越える 侘しい暮らしは いつ終る ハアー 星が降る夜はナー ハアー あんたに逢いたいよ 津軽中里 線路の果ては 風も凍れる エエー雪の海  ハアー 雪が解ければナー ハアー こころに春が来る 桜前線 近づく頃は 汽車の音にも エエー振り返える 
不知火挽歌松原のぶえ松原のぶえ仁井谷俊也藤竜之介沖でゆれてる 不知火は イカ釣り船の 漁火か いいえ愛しい あのひとが 炎やす情念の 命火よ  逢いたかね… 逢いたかね… 死にたくなる程 逢いたかね… あつい胸板  荒くれ腕で も一度抱かれたい 骨が軋むほど… アァ アアア  浜で篝火 焚やしても あの日の漁船は 帰らない 今じゃ形見の 袢天に 夫婦ちぎりの 酒を注ぐ  淋しかね… 淋しかね… 泣きたくなる程 淋しかね… 夢に目覚めて 眠れぬ夜は あのひと恋しがる 燃えるこの膚が… アァ アアア  逢いたかね… 逢いたかね… 死にたくなる程 逢いたかね… あつい胸板  荒くれ腕で も一度抱かれたい 骨が軋むほど… アァ アアア
泣いて日本海井上りつ子井上りつ子たかたかし藤竜之介城崎すぎて トンネル抜けると やがて 景色が変わります 波立つ海は 捨てていかれた 女ごころが 黒髪が… あなた 好きよ好きよ 泣いて泣いて 日本海 ひとり後追う汽車の窓 ああ カモメがカモメが一羽  汽車からバスへ 乗り継ぐ背中に 雨が とつぜん駆けてゆく 出雲の空は あなたの心 晴れとおもえば 濡れかかる… あなた 好きよ好きよ 泣いて泣いて 日本海 風が頬うつ 日御碕(ひのみさき) ああ 逢いたい逢いたいあなた  あなた 好きよ好きよ 泣いて泣いて 日本海 旅の終りの 灯も見えず ああ 女が女がひとり 
南の恋祭り井上りつ子井上りつ子星野哲郎藤竜之介好きなあのひとは 帰ってくるかしら 遠い約束を 覚えているかしら ハーあの夜と 同じ色の ハー祭りの衣裳に 口紅さしてヨ 待ちわびる ザボンの木蔭で 私の背丈が 長くなる ハーー  シュロの並木路で より添うあの影も 祭り囃子がさ 咲かせた恋の花 ハー似ているね あの日の二人 ハー怖さ知らない あのひとの胸に もう一度 抱かれてとけて 流れてゆきたい 天の川 ハーー  好きなあのひとが かわいい女つれて 都会ナンバーの 外車に乗ってくる ハー夢を見て 枕も濡れて ハー吐息まじりに 星空見ればヨ 未練ねと 河鹿が笑う 南の祭りは 恋祭り ハーー
全1ページ中 1ページを表示

リアルタイムランキング

  1. Tot Musica
  2. 新時代
  3. ウタカタララバイ
  4. 海を見ていた午後
  5. 逆光

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照

注目度ランキング

  1. BF is...
  2. ベルベットの詩
  3. Scream
  4. Goes on
  5. 魔法のアト

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照