夢あかり

この曲の表示回数 9,776

蛇の目傘から こぼれる雨が
肩につめたい 裏通り
そっと私の 背中をつつむ
好きなあなたの ぬくもりが
女ごころに ほろりと沁みて
明日が見えそな 港は夢あかり

北の桟橋 吹き切る風に
啼いて群れとぶ かもめ鳥
海が塒(ねぐら)の さすらい暮らし
船に乗るしか 能がない
こんな男で おまえがよけりゃ
ついて来いよと グラスを傾ける

胸にしまった 悲しみさえも
溶けて静かに 消えてゆく
これが二人の 縁(えにし)でしょうか
今はあなたが 側にいる
きっと変わらぬ このしあわせを
窓に映した 十六夜(いざよい)夢あかり
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:夢あかり 歌手:桜井くみ子

桜井くみ子の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2009/10/07
商品番号:CRCN-1436
日本クラウン

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP