無器用者だと言われても

この曲の表示回数 7,664
歌手:

小金沢昇司


作詞:

荒木とよひさ


作曲:

藤竜之介


ガキの時代に夢見てた
そんな男になれなくて
いまでは三十路を とっくに過ぎた
ただの酔っぱらい
あゝ 飲めば切ない 胸板二寸
おふくろだけには 詫びたくて

生きることが 下手くそで
流行歌の ひとつも唄えない
心が古いと 言われても
無器用者だと 言われても

懐の中の塊を
そんな男の純情を
誰かが笑えば また喧嘩する
ただのがんこ者
あゝ 雨の降る夜は 道草のれん
本当は心が 淋しくて

酔えば 涙もろくなり
叱ってくれる 女もない
寂しい奴だと 言われても
無器用者だと 言われても

生きることが 下手くそで
流行歌の ひとつも唄えない
心が古いと 言われても
無器用者だと 言われても
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:無器用者だと言われても 歌手:小金沢昇司

小金沢昇司の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2004-12-01
商品番号:KICX-3261
キングレコード

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP