不知火挽歌

この曲の表示回数 6,423
歌手:

松原のぶえ


作詞:

仁井谷俊也


作曲:

藤竜之介


沖でゆれてる 不知火は
イカ釣り船の 漁火か
いいえ愛しい あのひとが
炎やす情念の 命火よ

逢いたかね… 逢いたかね…
死にたくなる程 逢いたかね…
あつい胸板
荒くれ腕で
も一度抱かれたい 骨が軋むほど…
アァ アアア

浜で篝火 焚やしても
あの日の漁船は 帰らない
今じゃ形見の 袢天に
夫婦ちぎりの 酒を注ぐ

淋しかね… 淋しかね…
泣きたくなる程 淋しかね…
夢に目覚めて 眠れぬ夜は
あのひと恋しがる
燃えるこの膚が…
アァ アアア

逢いたかね… 逢いたかね…
死にたくなる程 逢いたかね…
あつい胸板
荒くれ腕で
も一度抱かれたい 骨が軋むほど…
アァ アアア
icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:不知火挽歌 歌手:松原のぶえ

松原のぶえの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1997-03-20
商品番号:CODA-1185
日本コロムビア

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP