京建輔編曲の歌詞一覧リスト  101曲中 1-101曲を表示

全1ページ中 1ページを表示
101曲中 1-101曲を表示
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
明治一代女坂本冬美坂本冬美藤田まさと大村能章京建輔浮いた浮いたと 浜町河岸に 浮かれ柳の 恥ずかしや 人目しのんで 小舟を出せば すねた夜風が 邪魔をする  アラ、お月さま。この梅雨空で、 うっとうしゅうござんしょう 私もねえ、旦那も持たずに芸一本で、 この柳橋での辛い芸者稼業… でもねえ、この叶家お梅にも、 やっと春が来たのよねえ。 新富町の蔦吉姐さんと、深い訳ありの 今、人気絶頂の花形役者 津の国屋の太夫さんと、ひょんな事から駒が出て、 想い想われ… あら嫌だ、ごめんなさい。 太夫さん、お待たせしました。  すがりついたか 屋形船 揺らぐ灯りも 消えたそな 後は両国 新大橋か 中洲岬の 漁り火か 風に瞬きゃ 照る月が 風流じゃないか 船べりで 十三七ツに 揺れている  姐さん、それじゃ約束が違います。 津の国屋の太夫さんが、四代目銀之助の襲名は 役者にとって一世一代の晴れ舞台。 名披露目千両というくらいだから、莫大な金が要る。 姐さんが太夫のために、 金の工面に苦しんでいるのを見て、 あっしが何とか役に立ちたい。 こんな箱屋風情でも、故郷へ帰れば地主の伜。 今は亡え父親が、あっしのために残してくれた 田畑を売り払い 姐さんに千円という金を、お渡しいたしました。  それというのも、この名披露目を最後に、 あっしと一緒になって 堅気の商売をしてくれるというから… 姐さん…あっしは命がけで惚れているんです。  峯吉さん、頼むから待っておくれでないか。 今は太夫も披露目の準備で寝る間も無いくらい… 今、別れ話を持ち出したら、 手切れの金で名披露目をしたと 世間様にいわれて、津の国屋の男が廃る… 峯さん、お前さんの親切には、 この通り、手を合わせています。 どうか、察しておくんなさい。  いいや、名披露目がすんだら、女房にすると、 津の国屋さんが云っているとか、いないとか。  そ、それは  じゃあ、その噂は本当なんでござんすね。 あっしを、あっしを欺していたんだ。  そうじゃない、堪忍しておくれよ。 きっと約束は守ります。 今すぐに、太夫と切れるという事は…  峯さん。お前さん何をするんだよ。  姐さん、太夫と別れないのなら… あっしと、あっしと一緒に死んでくれ。  あぶない。峯さん、そんな物を持って 待って、峯さん、峯さん、止めて、峯さん。 あ、あぶない。峯さん、峯さん、止めて。 待って、峯さん、峯さん… 峯吉さん、 私は、私はとんでもないことを…  恨みますまい この世の事は 仕掛け花火に 似た命 燃えて散る間に 舞台が変わる まして女は なおさらに  あれから、十六年もたってしまった。 今日ようやく、市ヶ谷の監獄から、出所出来ました。 これからは、峯吉さんのお墓守りをして、 あなたの供養に、一生償い続けます。 あれも夢、これも夢、一寸先は闇の浮世なのねえ。  空眺むれば 一点の 雲無き果ての ほの白き 月の光に 浮き出でた 桧舞台の 両花道に 許してくれと 手を合わせ 女の誠を 見せましょう
沓掛時次郎坂本冬美坂本冬美松井由利夫岡千秋京建輔合わぬ辻褄 無理矢理合わせ 着けなきゃならねえ おとしまえ 野暮な渡世の 罪ほろぼしに 仇を情けの 子連れ旅 …いいってことよ まかせておきな おとこ 沓掛時次郎  三蔵さん、やくざ渡世の因果な掟、一宿一飯の恩義から、 恨みもつらみも無え、おめえさんを刃にかけた時次郎は、 やくざにホトホト愛想が尽きやした。 おめえさんが身重のかみさんと、幼い坊やを残して、 あの世へは未練が残って行けなかろう。 逆さま事じゃァござんすが、及ばずながら二人りゃあ、 命に代えてもこの沓掛が引き受けた。 三蔵さん、安心して成仏しておくんなさい。  そのまま母子と時次郎、月の武蔵を一筋に 今宵、塒(ねぐら)も中山道… 二月、三月と旅の空、見る影もなく落ちぶれて、 せめて坊やに握り飯、身重に玉子の一つでも、 買ってやりたいばっかりに、人の軒端や町々を  小諸出て見よ 浅間の山に 今朝も煙が 三筋立つ  時さん、去年の秋、下総を出てから今日までの旅空でも どうという仲ではなく 流しまでして、私たち母子の面倒を見てくれた 私は、あなたの親身に手を合わせています。 足を洗って堅気になって、やれ嬉しやも束の間で、 生まれて来る子供のためにもと、一両の礼金欲しさに 又もやくざに逆戻り、命をかけて下さった… 時さん、堪忍しておくんなさい… 赤ん坊は、赤ん坊は、死んで生まれてきました 私は、もう…時さんが帰ってくれるまで待つ力が無い。 時さん…元をただせば仇同士。 所詮、不縁の仲だけど… もし出来る事なら、雲の陰でも、地の底へでも、 そっと二人で住みたかった…  時さん、私は…私はあなたが好きでした。 でも時さん…  いくら好きでも やくざの仁義(おきて) この世じゃ 世間が許さない あの世じゃ 義理が添わせない せめてあの世へ 行く前に 燃えて消えても 命をかけりゃ 女冥利に つきましょう  お絹さんッ、何てえこッた 一両ありゃァ太郎坊に、うめえ物が喰わしてやれる 生まれてくる子供にも、新しい産衣が買ってやれる 縁のうすい母と子が、せめて一両あったなら、 何とかここは乗り切れる… そればっかりを楽しみに、 やっと喧嘩場から帰って来たのに おそかった… おそかった お絹さんッ、俺もお前が好きだった  赤い紙縒(こより)で 結んだ長脇差(どす)を 二度とは抜かぬと 決めたのに 小諸馬子唄 浅間の煙 これが見おさめ 聞きおさめ …いいってことよ まかせておきな おとこ 沓掛時次郎  さ、太郎坊、その小せえ白い箱を、お前の胸に下げるんだ お前も小せえけど、 おッ母ァもこんなに小さくなってしまった これから先きァ、お絹さんの故郷へ帰って、 鋤鍬持って暮らそうよ… さ、行こう、泣くんじゃねえ あの空を見な 浅間山が、又、火を吹いてらァ…
梅川忠兵衛坂本冬美坂本冬美横井弘白石十四男京建輔雪のふるさと 落ちゆく影は 死出の晴れ着の 梅川忠兵衛 恋と意気地の 封印切りに 夢も散り散り エー 追われ旅  「梅川ッー わしはえらいことをしてしまった…。 さっきお前の身請けといって 耳をそろえて出した小判の百五十両‥‥ あの金は、あの金は、お上からお預かりした金なのだ」 「エエーッ」 「それは、あの古物買いの八右衛門、 お前の身請けをするという。 金はそろえてあるという。 このままでは命をかけたお前が、八右衛門のものになる。 口惜しいッと 思わずふところで小判をにぎりしめたそのときに、 梅川ッ、お上の判の押してある五十両包みの封印を、 わしのこの手が、切ってしまったッ‥‥」 「エーッ…どうしょう、どうしょう」 「使ったからには、お仕置きはまぬがれぬ…。 この上は未練のようだがいまわの際に、 生まれ在所の大和の国、 新口村にござらっしゃる、 親父様にひと目逢い死んでお詫びをする覚悟、 お前も達者で…」「なんてことを‥‥、もとはといえば私ゆえ、 あなたばかりはやりませぬ。死ぬならいっしょに大和路へ」 「行ってくれるか」 「行きますとも、お梅はあなたの女房です。 せめて人目につかぬよう‥‥」  隠せど色香 梅川が なお忍び路を 駕籠の中 越える峠路 渡る船 奈良の旅籠や 三輪の茶屋 うれしいはずの 初旅が 死出の旅路で あったとは  ようやく着いた 大和路の 雪降りしきる 新口村  「いまさら云うても詮ないが、たとえ遊女なればとて、 こんなによい女子じゃから嫁にする。 金がいるとは、なぜ云うては来ないんじゃ。 人の金を盗んで高飛びし、オメオメ逃げ隠れるとは…。」 「親父様、そりゃ違います。金ゆえ大事な忠兵衛さん。 とがにんにしましたのも、もとはといえば、私から…」 「嫁御よッ、もうええわい‥‥。 サ、この財布に金がある。 わずかじゃがたしにして、追っ手の来ぬ間に、雪降るうちに、 行けるとこまで走るのじゃ」 「すんまへん。さかさまながら頂きます。こちの人」 「親父様ッ、お達者で」 「親父様、さらばでござんす」 「おお、お前らも気いつけやァ…熊野灘なら姿は見えぬ。 潔ようのう…おお、そこじゃ、 その辻堂の裏の土手から竹藪を突き抜けて、 裏街道を道なりに、行けばほどなく御所街道、 峠の難所を越えたなら、紀州熊野は一本道じゃ。 あっ、あぶない、雪に足を取られるなや‥‥。 あの世でお婆に逢うたなら、きっと孝養つくすんじゃぞう。 わしもすぐ行く。気いつけやァ‥」  これが親と子 嫁舅 一世の別れと 伸び上がり 声を限りに 叫ぶなら 親父さまよと 手を振って 雪のかなたへ 消えてゆく あの世へ急ぐ 夫婦旅  見送る影も行く影も、いつしか雪に消えてゆく。 恋の飛脚の大和路に、冥土の飛脚の大和路に、アア、雪は降る、消えてゆく
サヨナラTokyo吉永加世子吉永加世子吉幾三吉幾三京建輔想い出は消さないで 生きられないから しばらくは泣くけれど この街出るから あなたからもらった 優しさはいつも 忘れないでいるわ 大好きだから あぁ… ひとり立つホームから 暮らした街が もうすぐで乗って行く 明日からひとり 幸せを祈ってる サヨナラ Tokyo できるだけ遠い町 ひとり暮らすから…  想い出は消さないで 死んでしまうから どんな遠くにいても あなた忘れない あなたからもらった 愛の尊さは 忘れないでいるわ 愛してるから あぁ… あのビルもあの道も 見えなくなるわ 楽しくて笑ってた あの頃が泪 幸せを祈ってる サヨナラ Tokyo できるだけ遠い町 ひとり暮らすから…  あぁ… 車窓から消えて行く 住んでた街が 夢を見て嘘ついて あなたとふたり 幸せを祈ってる サヨナラ Tokyo できるだけ遠い町 ひとり暮らすから…
イヨマンテの夜島津亜矢島津亜矢菊田一夫古関裕而京建輔アーホイヤー アアア…… イヨマンテ  熊祭り(イヨマンテ) 燃えろ かがり火 ああ 満月よ 今宵 熊祭(くままつ)り 踊ろう メノコよ タムタム 太鼓が鳴る 熱き唇 我によせてよ  熊祭り(イヨマンテ) 燃えろ ひと夜を ああ 我が胸に 今宵 熊祭(くままつ)り 可愛 メノコよ 部落(コタン)の 掟(おきて)破り 熱き吐息(といき)を 我に与えよ  アアアアアア…… アーホイヤー イヨマンテ
加賀友禅の女葵かを里葵かを里原文彦宮下健治京建輔おんな心を じりじり焦がし 燃えるかがり火 薪能(たきぎのう) 添えぬ運命(さだめ)の あの日の恋が 後を引きます 会いたくて ねぇ、あなた 加賀友禅の 花も散ります 金沢…金沢の夜  あれは水無月 燈ろう流し ふたり出会った 梅ノ橋 愛を契った 思い出たどり 水の流れを 目で追えば ねぇ、あなた 加賀友禅の 帯も泣きます 浅野の…浅野の川に  会えたぶんだけ 倖せでした 命ぎりぎり 生きたから 抜いた指輪と おんなの未練 そっと包んだ 紅袱紗(べにふくさ) ねぇ、あなた 加賀友禅に 匂うなみだよ 金沢…金沢の夜
かたかごの花葵かを里葵かを里芳美知余宮下健治京建輔春というのに 雪が舞う 辺(あた)り一面 うっすらと 小首かしげて 寒そうに 咲いていじらし 可憐な花は 誰を想って 咲くのでしょうか 春告げ草の かたかごの花  紅(べに)の色さえ 儚くて なぜに寂しく 散り急ぐ 焦がれ焦がれた 人なのに 知っているのに 知らない素振り 誰を想って 泣くのでしょうか 春告げ草の かたかごの花  風に優しく そよぐ花 揺れる心も 今日限り 待っているのに 来ない人 泣いて忘れる この恋かなし 誰を想って 咲くのでしょうか 春告げ草の かたかごの花
雪の夜吉幾三吉幾三吉幾三吉幾三京建輔飲んでも飲んでも 酔えない時は あなたが恋しい 寒い夜 煙草のけむりが 目にしみる時 あなたに逢いたい 雪の夜 受話器をにらんで 一人酒 今夜も鳴らずに 一人酒 お揃いのマフラー 一人で巻いて 声だけ聞きたい 雪の夜  車のドアの音 カーテン開けて 何度もふいたワ ガラス窓 あなたには帰る 家があるけど 私は待つ身ネ 雪の夜 みゆきのレコード 聞きながら わがままな女の 一人酒 ふいてもふいても 泪あふれて あなたが恋しい 雪の夜  降っても降っても 止まない雪は 雨より嫌だネ 淋しいネ いつしか消えてた 人の足跡 つけてヨあなたが 雪の夜 泪をふかずに 眠る夜(よ)は 薄めのグラスと 一人酒 街灯(がいとう)つまみに 窓少し開け 夢見て眠るヨ 雪の夜
見上げてごらん夜の星を島津亜矢島津亜矢永六輔いずみたく京建輔見上げてごらん 夜の星を 小さな星の 小さな光が ささやかな幸せを うたってる  見上げてごらん 夜の星を ボクらのように 名もない星が ささやかな幸せを 祈ってる  手をつなご ボクと おいかけよう 夢を 二人なら 苦しくなんか ないさ  見上げてごらん 夜の星を 小さな星の 小さな光りが ささやかな幸せを うたってる  見上げてごらん 夜の星を ボクらのように 名もない星が ささやかな幸せを 祈ってる ささやかな幸せを 祈ってる
傷跡箱崎晋一郎箱崎晋一郎夏川純夏川純京建輔抱かれるだけが 愛じゃない そんな言葉も あるけれど せめて一度は 真似事だけの 妻という名で 呼ばれてみたい あ…今の私じゃ 今の私じゃ 無理かしら  身の上ばなしは 聞かないで 過ぎた昔の 傷跡は きっとあなたが なおしてくれる 今の私は 一人じゃ駄目よ あ…あなた無しでは あなた無しでは 暮せない  出来る事なら いつまでも あなたの傍で 尽したい 数え切れない 傷だけ残る こんな私じゃ 重荷になるわ あ…いつか世に出る いつか世に出る 人だもの
北上川野村美菜野村美菜森田いづみ水森英夫京建輔凍てつく夜風に 銀河も凍る 孤独(ひと)りで 春待つ 石割桜 みちのく 盛岡 雫石 傷つきはぐれて 奥州路 想い出ばかり ああ 行き過ぎる… あなた恋しい 北上川よ  芭蕉の行く道 辿ればポツリ 時雨れて暮れ行く 金色堂(ひかりどう) みちのく 高館 平泉 ぬくもり探して 奥州路 あの日のあなた ああ 夢の跡… ひとりたたずむ 北上川よ  未練を断ち切る 小舟に乗って 流され流れて 石巻 みちのく 松島 金華山 愛して求めて 奥州路 命燃やした ああ 恋だから… 今日も彷徨(さすら)う 北上川よ
美菜の平泉音頭野村美菜野村美菜森田いづみ水森英夫京建輔ハァ~ 花も笑顔も 咲く平泉 東(あずま)下りの 練り歩き 春を彩(いろど)る 平安絵巻 こっちゃこ こっちゃこ 美菜(みな)と一緒に 踊りましょう  ハァ~ 山は束稲(たばしね) 降る蝉時雨(せみしぐれ) 神輿(みこし)水かけ 木遣り節 夏の夜空に 送り火仰ぐ こっちゃこ こっちゃこ 美菜と一緒に 踊りましょう  ハァ~ 今は昔の 兵(つわもの)たちが ロマン奏でる 中尊寺 秋に輝く あの金色堂(ひかりどう) こっちゃこ こっちゃこ 美菜と一緒に 踊りましょう  ハァ~ 雪の遣水(やりみず) 極楽浄土(ごくらくじょうど) 偲ぶ曲水(ごくすい) 毛越寺(もうつうじ) 冬に炎の 二十日夜祭り こっちゃこ こっちゃこ 美菜と一緒に 踊りましょう
すすき野五番街椋忠治郎椋忠治郎いではく遠藤実京建輔雨の夕暮れは 心さみしくて 街の赤い灯(ひ)が 胸にしのびくるよ ずっと昔に 若さのせいで 失くした恋が 水割りに浮かぶよ 思い出のカウンター すすき野五番街  何も言わないで 涙落とした 隅の止(とま)り木は 今日も空(あ)いているね つれて逃げれば よかったものを 世間の風を おそれてた俺だよ 何もかも夢の中 すすき野五番街  長い黒髪を いつも束ねてた 青いあのリボン いまもしてるだろうか どこか遠くの 知らない町で 幸せなのか 気にかかるけれども 青春のひとコマは すすき野五番街 すすき野五番街
津和野・旅情椋忠治郎椋忠治郎池田充男伏見竜治京建輔ツワブキの 津和野は古い 城下町 霧がながれて 空がながれて明ける町 あゝもう津和野は秋よ 肩にはらはら もみじの色は 悲恋・坂崎 千姫の 思いかよわぬ まぼろしか  白壁と 千本格子 武家屋敷 ゆめを浮かべて ほそい掘割り水がゆく あゝもう津和野は秋よ 青野山から しぐれる風に ひとり吹かれりゃ ふる里の 君が恋しい 旅の宿  あゝもう津和野は秋よ つるべ落しの 夕陽に追われ 朱(あか)い鳥居を くぐりぬけ 下る石段 ながい影
青春譜五木ひろし五木ひろしいではく遠藤実京建輔丸い小さな陽ざしが 部屋の片隅 横切った 北向きの部屋だけど ふたりの世界があった 肩をたがいに寄せあい カーテンのない窓越しに 寒そうな空見上げ きれいな星ねと言った  青春と呼ぶには 貧しすぎたけど 若さだけで生きていた あの頃… あの頃…  長いマフラーふたりで 首に巻いてはよく行った 夕暮れの公園は 落葉がカサカサ鳴った 屋台そば屋のおじさんは 太い指で箸をとり 苦しさに負けるなと 熱いラーメンくれた  青春と呼ぶには 貧しすぎたけど 若さだけで生きていた あの頃… あの頃…  若さだけで 生きていた あの頃… あの頃…
別れても好きな人佳山明生+荒井千津子佳山明生+荒井千津子佐々木勉佐々木勉京建輔別れた人に会った 別れた渋谷で会った 別れたときとおんなじ 雨の夜だった 傘もささずに原宿 思い出語って赤坂 恋人同士にかえって グラスかたむけた やっぱり忘れられない 変わらぬ優しい言葉で 私をつつんでしまう だめよ弱いから 別れても 好きな人 別れても 好きな人  歩きたいのよ高輪 灯りがゆれてるタワー おもいがけない一夜の 恋のいたずらね ちょっぴり寂しい乃木坂 いつもの一ツ木通り ここでさよならするわ 雨の夜だから やっぱり忘れられない 変わらぬやさしい言葉で 私をつつんでしまう だめよ弱いから 別れても 好きな人 別れても 好きな人  別れても 好きな人 別れても 好きな人
見返り小町出光仁美出光仁美仁井谷俊也水森英夫京建輔火のない所に 煙が立って 火傷(やけど)しそうな 仲になる 三日つづきの 雨さえ晴れて もしや逢えそな 居待(いま)ち月 オコサデオコサデ ホントダネ (そいやホントダネ) 惚れて添えない 片割れ月夜  昨日(ゆうべ)はあなたに 手枕されて 今宵どなたの 膝まくら せめてなりたや 羽織の紐(ひも)に 固く結んで 離れない オコサデオコサデ ホントダネ (そいやホントダネ) 触れたら解(ほど)ける 一夜(ひとよ)の情け  ひとりで待つ身は お城の池よ 今日も来い来い 明日(あす)も来い 来ないあなたの 面影抱いて ほろり手酌で 酔うけれど オコサデオコサデ ホントダネ (そいやホントダネ) 夢に酔いたや 見返り小町
涙のかわくまで出光仁美出光仁美塚田茂宮川泰京建輔ひきとめはしないけど 何もかも夢なのね 誰よりも愛してた あなたは憎い人 それが私のせいならば 別れるなんて出来ないわ あなたがそばにいなければ 私は歩けない もう少しいてほしい あきらめる約束の 涙のかわくまで かわくまで  ひきとめはしないけど 口づけはしないでね つかの間のしあわせに 心がまようから それがあなたのためならば 哀しいけれどこれっきりね なぐさめはもう云わないで 私は大丈夫 もう少しいてほしい あきらめる約束の 涙のかわくまで かわくまで
雪の宿成世昌平成世昌平もず唱平聖川湧京建輔雪が舞う はらはら脅(おび)え あなたと これっきり逢えなくなる 女の幸せ 捨てる気で 駆け込んだ 夜汽車のガラス窓 浮かぶよ 雪の宿あかり  雪が舞う 急かせるように あなたに人生を預けてみる なんてね 本気で考えた あの日から 三年(みとせ)か この胸に 浮かぶよ 雪の宿あかり  雪が舞う あきらめ顔で あなたに期待しちゃ みじめになる 後悔しきりの日を重ね ようやっと 泪は枯れたけど 浮かぶよ 雪の宿あかり
甘えてエエねん成世昌平成世昌平もず唱平聖川湧京建輔せっかく 逃げて来たんやさかい 「死にたい」なんて云うたらあかん 上町やけど下町かたぎ こゝには世話焼き 一杯おるで 甘えてエエねん 遠慮せんでもエエねん 生國魂(いくたま)はんに頼んだらエエねん  駆落ちもんの 片割れやった てなことも誰も気付きはせんで 夕陽ヶ丘は 涙を拭いて 御日(おひ)さん見送り 夢見る町や 甘えてエエねん 遠慮せんでもエエねん 我が物顔で暮らしたらエエねん  見えるか? アレが通天閣で あそこの灯り 道頓堀や 飯でも喰いに坂道下り 歩いて行こうか南か西へ 甘えてエエねん 遠慮せんでもエエねん しんどい思案 のばしたらエエねん
両手に花コリアナJOJOコリアナJOJO藤公之介市川昭介京建輔右手で あなたの手を握り 左手で 彼と手をつなぐ 時代のそよ風 ささやいて そろそろいかがと 誘ってる あなたと一緒の 20年 彼と知り合い まだ2年 男のいいとこ 悪いとこ それぞれ違う 面白さ おたがい 分別ざかりだから だからこそ 分別捨てるのもいい あと半分の 人生だもの 残りは心の 心のままに  右目で あなたにほほえんで 左目で 彼を受け止める 男と女の 関係の 居ごこちのいい お付き合い あなたが 流れる川ならば 彼は 激しく落ちる滝 男というもの いろいろを 女は知って 死にたいの おたがい 分別ざかりだから だからこそ 分別捨てるのもいい あと半分の 人生だもの 残りは心の 心のままに
今夜だけララバイコリアナJOJOコリアナJOJO風見れいこ庄司龍京建輔耳元に 愛をささやく Um Um… 「好きだから 離さないよ」と 嬉しくて 思わず涙 Ah Ah… こぼした あの日は誕生日 時は過ぎて 2年目の夏 アルバムから あなたは消えた バカよね‥ バカよね‥ 今でも 愛してる 今夜だけララバイ 今夜だけララバイ  黄昏の中で あなたを Um Um… 見かけたの 気づかないふり 新しい彼女かしら Ah Ah… 腕組む笑顔が 眩しいわ ゆらゆらと 心が揺れる 哀しくて 涙がにじむ バカよね‥ バカよね‥ 今さら わかってる 今夜だけララバイ 今夜だけララバイ  夏が終わり 色づく季節 ひとりぼっちの お別れパーティー さよなら‥ さよなら‥ あなたの面影に 今夜だけララバイ 今夜だけララバイ
みなと恋うた吉幾三吉幾三吉幾三吉幾三京建輔みなと恋うた 今夜も酔って 泣いてあの日が 浮かぶ みなとへ帰る 船の音届きゃ もしや あんたじゃ ないかネと 冬の夜(よ)ひとり この身が火照(ほて)る 波が激しく 寄せて来る 淋しくて… 逢いたいヨ…  みなと恋うた 涙がぽろり 枕濡らして あんた 夜更けの海に 浮かんだ船の 軋(きし)む音聞き またぽろり 積った情け 女の夜は 風で心が 閉じそうよ 哀しくて… 恋しいヨ…  みなと恋うた 夢から覚めりゃ 鴎 飛び立つ どこへ 男と女 惚れたの 私 みなと 漁出る 船ばかり 思い出だけじゃ 生きられないよ 背中 あの指 触れたいよ 愛しくて… 抱かれたい…
すきま風舟木一夫舟木一夫いではく遠藤実京建輔人を愛して 人は心ひらき 傷ついて すきま風知るだろう いいさそれでも 生きてさえいれば いつか やさしさにめぐりあえる その朝 おまえは 小鳥のように 胸に抱かれて 眠ればいい  夢を追いかけ 夢に心とられ つまずいて すきま風見るだろう いいさそれでも 生きてさえいれば いつか ほほえみにめぐりあえる その朝 おまえは 野菊のように 道のほとりに 咲いたらいい  いいさそれでも 生きてさえいれば いつか しあわせにめぐりあえる その朝 おまえは すべてを忘れ 熱い涙を 流せばいい
風雪ながれ旅細川たかし細川たかし星野哲郎船村徹京建輔破れ単衣に 三味線だけば よされよされと 雪が降る 泣きの十六 短い指に 息を吹きかけ 越えてきた アイヤー アイヤー 津軽 八戸 大湊  三味が折れたら 両手を叩け バチが無ければ 櫛でひけ 音の出るもの 何でも好きで かもめ啼く声 ききながら アイヤー アイヤー 小樽 函館 苫小牧  鍋のコゲ飯 袂で隠し 抜けてきたのか 親の目を 通い妻だと 笑った女の 髪の匂いも なつかしい アイヤー アイヤー 留萌 滝川 稚内
人情水前寺清子水前寺清子さいとう大三叶弦大京建輔人に情が あるかぎり 人に心が あるかぎり 生きて 行けるだろう 北風ばかりの 日じゃないよ 明日は吹くだろ 南風 そして 心に花が咲く 世の中 まだまだ 捨てたもんじゃない  人の情は あたたかい 人の心は あたたかい 誰も ひとりじゃない ひとつの布団に くるまって 花咲く春の日 夢に見る こんな 幸せどこにある 世の中 まだまだ 捨てたもんじゃない  坂道横道 まわり道 涙もながれた その頬に きっと ほほえみあるだろう 世の中 まだまだ 捨てたもんじゃない
男節坂本冬美坂本冬美松井由利夫猪俣公章京建輔一度担(かつ)いだ 苦労の荷物 放り出せるか 半端のままで 男・いのちはヨー 一枚札(ふだ)だ 愚痴をこぼせば 汚点(しみ)になる えん歌一代ハァーッ 男節  指が触れれば その手を肩に 廻したいのが 人情なのに 憎かないからヨー 始末にこまる 女ごころの ひとしずく えん歌一代ハァーッ 男節  口はたてまえ 涙は本音 浮世しがらみ 切紙細工(きりかみさいく) どうせ後へはヨー 引く気はないが 腹にしみるぜ 向い風 えん歌一代ハァーッ 男節
濃尾恋歌石原詢子石原詢子冬弓ちひろ吉幾三京建輔伊吹(いぶき)おろしが 刺すよに吹けば 濃尾平野は 冬間近 木曽の流れは 海へと帰る 空よ風よ鳥たちよ 伝えておくれ 私はひとり ひとり待っている  郡上(ぐじょう)踊りで あなたと出逢い 夜明け惜しんだ 夏の夜 白と藍(あい)との 浴衣が揺れた 山よ月よ花たちよ 叶わぬ想い 私は夢を 夢を見ていたの  桜花びら 川面(かわも)に降れば 濃尾平野は 春さなか 霞む山より あなたが遠い 空よ風よ鳥たちよ 教えておくれ 私は生きて 生きてゆけますか
千年先まで…石原詢子石原詢子石原詢子吉幾三京建輔ねんねんころりの 子守唄 ぽかりぽかり 母の声 優しいぬくもり 抱きしめて 千年先まで 愛つなごう ふれ合う思いを重ねて 千年先まで 愛つなごう  夕やけ小やけの 帰り道 キラリキラリ 金の星 夜空に祈った 願い事 千年先まで 夢照らそう 心にいっぱい詰めて 千年先まで 夢照らそう  桜にたんぽぽ 沈丁花 咲いた咲いた 春の花 生命(いのち)の息吹(いぶ)きを 待ちわびて 千年先まで 花咲かそう 確かな足あと残して 千年先まで 花咲かそう
潮来花嫁さん出光仁美出光仁美柴田よしかず水野富士夫京建輔潮来花嫁さんは 潮来花嫁さんは 舟で行く 月の出潮を ギッチラ ギッチラ ギッチラコ 人の噂に かくれて咲いた 花も十八 嫁御寮  潮来花嫁さんは 潮来花嫁さんは 舟でゆく 花の都へ ギッチラ ギッチラ ギッチラコ 別れ惜しむか よしきりさえも 啼いて見送る 葦のかげ
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
イヨマンテの夜松村和子松村和子菊田一夫古関裕而京建輔アーホイヨーアー イヨマンテ  熊祭り(イヨマンテ) 燃えろ かがり火 ああ 満月よ 今宵 熊祭り 踊ろう メノコよ タムタム 太鼓が鳴る 熱き唇 我によせてよ  熊祭り(イヨマンテ) 燃えろ ひと夜を ああ 我が胸に 今宵 熊祭り 可愛い メノコよ 部落(コタン)の 掟破り 熱き吐息を 我に与えよ  イアアアアアアア…… アーホイヨアーホイヨ イヨマンテ イヨマンテ イヨマンテ
ああ…あの日の三陸高城靖雄高城靖雄吉幾三吉幾三京建輔夕陽が山に 落ちる頃 オヤジの船を 見送った そのうちお前と 二人して 沖へと出るのが 楽しみと あの日と同じ 手を振った 拳を振り上げ 手を振った 三陸海岸 オヤジとの 別れとなった 春の海 静かに波打つ 風が吹く 海など見たくも ないけれど 今頃…あなたが唄ってた 牛追い唄など 口ずさむ ヤ~エ~ ヤ~エ~  山背の風に 舳先向け しばらくぶりに 沖へ出た 陽焼けた肌に 白い歯が 笑ったあなたを 思い出す 灯台廻り 手を振った 今亡き母へも 手を振った 一人前では ないけれど 今では俺も 船乗りさ まだまだ街には 灯りなく 時々海見りゃ 嫌になる 今頃…何故だか泪出て 牛追い唄など 口ずさむ ヤ~エ~ ヤ~エ~  故郷(ふるさと)三陸 生きてやる 親父の分まで 生きてやる 泪をふきふき 男なら 牛追い唄など 口ずさめ ヤ~エ~ ヤ~エ~ ヤ~エ~
長持船北上健北上健横内淳横内淳京建輔今日はめでたい 金屏風 縁が結んだ 皆様方に 真心(こころ)こめての この晴れ姿 見てて下さい 最後まで 父母(おや)がみとめた この人と 乗って行きます 長持船で  俺が育てた 宝だと 嫁にやらぬと 言ってた親父(おやじ) 口じゃ強がり 言ってはみても なぜか気になる あの花嫁姿(すがた) 一生一度の 喜びは 引けば大漁の 長持船だ  あげろ帆柱 天までも 出船いちから 人生勝負 涙こらえて 悔しいときも 泣くな悔やむな くじけずに 父母(おや)の心を 胸に染め 鶴と亀との 長持船だ
ウィスキー中条きよし中条きよし高田ひろお岡千秋京建輔淋しき男が 抱いて寝る おまえのかわりの ウィスキー 口をすぼめて 寒さをこらえりゃ ヒュルリ北風 心を叩く 恋をなくした 男は コロコロコロコロ 転がる落葉 行くあてないのに この足が おまえの家路に 行きたがる  悲しき心の やりどころ 酒場の片隅 ウィスキー 昔夢なら 預けるほどあった 可愛いおまえを 知るまえならば 恋をなくした 男は コロコロコロコロ 解けゆく氷 グラスにこぼした 想い出が 心にしみこむ 水割りよ  恋をなくした 男は コロコロコロコロ 解けゆく氷 酒場の止まり木 なぜ淋し おまえを偲んだ 水割りよ
いのちの詩中条きよし中条きよし久仁京介結城丈京建輔やさしさに背かれて 傷ついた人がいる ため息で歌うのは 止めてくれ弾き語り 人はみな 悲しみ背負い ささやかな人生 歩いてる 眠るより飲みたいと すねて言うけど からださえ気にかかる 俺のいのち詩(うた)  人並みに愛されて 暮すのが望みだと つくすだけつくしてた 横顔がそこにある 人はみな しあわせ信じ ささやかな人生 歩いてる いいことの想い出に すがりたいなら 今夜だけこの胸で 話すこともいい  くじけてはいけないと うなずいた横顔に 光るもの俺はみた 水割りのグラス越し 人はみな あしたを夢み ささやかな人生 歩いてる 泣かないでおまえなら 生まれかわれる つらければその心 俺のいのち詩
大田ブルース中条きよし中条きよし崔致守・日本語詞:三佳令二金富海京建輔別離(わかれ)のことばも 云えないままに 二人をひきさく 大田(テジョン)発〇時五〇分 逢えるその日は 来るだろか 堪えきれずに 泣けてくる あゝ 離しちゃいけない 倖せなのに  わたしを残して 振り切るように 無情な汽笛よ 大田発〇時五〇分 誰を憎めば 気持(き)が晴れる 永遠(とわ)を誓った わたし達 あゝ 二人の縁(えにし)は 儚い運命(さだめ)  つないだ手と手を 離せとばかり 夜汽車は出て行く 大田発〇時五〇分 夢を抱きしめ 耐えながら 祈りつづけて 待っている あゝ 二人の倖せ 涙で遠い
長良川艶歌中条きよし中条きよし石本美由起岡千秋京建輔水にきらめく かがり火は 誰に想いを 燃やすやら あなた あなたやさしい 旅の人 逢(お)うたひと夜の 情けを乗せて こころまかせの 鵜飼い舟  好きと言われた 嬉しさに 酔うて私は 燃えたのよ あなた あなたすがって みたい人 肌を寄せても 明日は別れ 窓に夜明けの 風が泣く  添えぬさだめと 知りながら いまは他人じゃ ない二人 枕(まくら)淋(さみ)しや 鵜飼いの宿は 朝が白々(しらじら) 長良川
あたしの彼氏黒沢明とロス・プリモス黒沢明とロス・プリモス山口洋子平尾昌晃京建輔逃げた男を うらむより いたらなかった 自分を責める 噂にきけば あの彼氏(ひと)は 女と暮らして いると云う うそよ うそ うそ そんなこと あゝいまごろは あの酒場(みせ)で 荒れている ひとり酒 きっと私を 呼びながら  みんな悪口 云うけれど いゝえ優しい ところもあった 淋しい私の 身の上を 一緒に嘆いて くれた声 苦労したねと 抱いた腕 あゝいまごろは どこの街 濡れている うしろ影 ちょっと右肩 下げるくせ  未練ごころに 追いつかれ 冬の夜ながを さむざむ過す 火遊びだけなら 泣きゃしない 生れて始めて 死ぬような 恋をしたのよ ただ一度 あゝいまごろは あの彼氏(ひと)も 想い出を 数えてる 過ぎてはなかい 恋の夢
裏町酒場竜鉄也竜鉄也さいとう大三竜鉄也京建輔雨にぬれてる 赤い灯が 俺にゃ似合いの 裏町酒場 泣いているのか あの唄も 酔えばおまえの 声になる よせよいまさら あゝひとり酒  肩を並べて 飲む夜が 俺とおまえの 幸せだった 夢を落とした盃を そっと笑って 飲んでいた 思い出すのさ あゝひとり酒  いつかおまえと みちづれに 俺はなろうと 思ったものを 箸の袋に 別れ文字 書いて残して どこ行った 馬鹿な奴だよ あゝひとり酒
さざんかの宿都はるみ都はるみ吉岡治市川昭介京建輔くもりガラスを 手で拭いて あなた明日が 見えますか 愛しても愛しても あゝ他人(ひと)の妻 赤く咲いても 冬の花 咲いてさびしい さざんかの宿  ぬいた指輪の 罪のあと かんでください 思いきり 燃えたって燃えたって あゝ他人の妻 運命かなしい 冬の花 明日はいらない さざんかの宿  せめて朝まで 腕の中 夢を見させて くれますか つくしてもつくしても あゝ他人の妻 ふたり咲いても 冬の花 春はいつくる さざんかの宿
逢いたいねキム・ランヒキム・ランヒもず唱平南郷孝京建輔別れてはじめて知ったこと 涙のわけを隠したことが まずかったのね お互いに もっと素直な気持になって 云えばよかった 愛していると 一年たった 逢いたいね  別れてはじめて知ったこと 男にだって支えがいると この頃やっと気づいたわ 暗い過去など赦してあげる きっと孤独が悪さをしたの 馴染みの酒場(みせ)で 逢いたいね  別れてはじめて知ったこと お酒の味がこんなにも苦い 心の憂(うさ)のせいなのね 秋の終りの桔梗の花が 雨に擦(す)り寄り泣き濡れてます 昔のように 逢いたいね
秋風吉幾三吉幾三吉幾三吉幾三京建輔ただ傍に居るだけで 私はいいの ただもう少しだけ 夢を見させて 邪魔はしないから お傍に置いてて ひとりで居るのが 嫌… 泣きたくなるから 嫌… 秋風 ひとり寝 子守唄 いつも 唄ってる  ただあなた居るだけで それだけでいいの ただお酒を飲んで ふたりの秋を 邪魔はしないから お傍で酔わせて ひとりで飲むのが 嫌… 泣き言 言うから 嫌… 秋風 ひとり寝 子守唄 いつも 唄ってる  夢見ては抱かれてた あなたの胸で 夢覚めて泣いていた 夜明けの部屋で 邪魔はしないから 時々会えたら 背中を送るの 嫌… あなたが帰るの 嫌… 秋風 ひとり寝 子守唄 いつも 唄ってる  ひとりで居るのが 嫌… 約束ないから 嫌… 秋風 ひとり寝 子守唄 いつも 唄ってる
浪花そだち神野美伽神野美伽たかたかし市川昭介京建輔雨にこぼれる露地裏あかり 酔ってあんたは 今夜も泣かす 苦労承知の恋だから 泣きはしないわ つくしてみせる 浪花そだちの女です  酒を飲まなきゃいい人なのに 弱いあんたの 心がにくい 惚れているから叱るのよ つらい涙は さらりと捨てる 浪花そだちの女です  たとえ貧しい部屋でもいいの 肩をよせあう くらしがあれば どこで生きよと離れずに ついてゆきたい 男の夢に 浪花そだちの女です
CRY ME A RIVER八代亜紀八代亜紀Arthur HamiltonArthur Hamilton京建輔Now you say you're lonely You cry the long night through Well you can cry me a river cry me a river I cried a river over you Now you say you're sorry For being so untrue Well you can cry me a river cry me a river I cried a river over you  You drove me nearly drove me out of my head While you never shed a tear Remember, I remember all that you said Told me love was too plebeian Told me you were through with me and now you say you love me Well, just to prove you do Come on and cry me a river cry me a river I cried a river over you  You drove me nearly drove me out of my head While you never shed a tear Remember, I remember all that you said Told me love was too plebeian Told me you were through with me and now you say you love me Well, just to prove you do Come on and cry me a river cry me a river I cried a river over you I cried a river over you
春野慕情大前五郎大前五郎本多定雄・補作詞:佐伯一郎佐伯一郎京建輔誰(だれ)が見(み)たのか 京丸牡丹(きょうまるぼたん) 遠い谷間に 咲くと云う 春野の里(さと)の 語(かた)りぐさ 姿姿姿見せない まぼろしの花よ  河鹿(かじか)ほろほろ啼(な)くふる里の 川のせせらぎ 聞(き)きながら 人目を忍(しの)んだ 初恋の 淡(あわ)い淡い淡い思い出 切(せつ)なくしみるよ  誰が唄うか 演歌の節(ふし)が やけに淋しい 人恋しくて 苦労ばかりの おふくろは 無事で無事で無事でいるのか 心が痛むよ  吹雪 粉雪 舞い散る頃は 遠くきこえる 笛太鼓 秋葉(あきば)の火まつり なつかしく 夢は夢は夢はいつしか 春野の里(さと)によ
男惚れ坂本冬美坂本冬美星野哲郎猪俣公章京建輔淀の水さえ 流れては 二度と逢えない 浪花街 星の数ほど あるその中の たったふたりが 知り合うて 男同志の 酒を汲む  (台詞) ええなあ…男はんは…腹の内を見せ合うてからに… ほんまに羨しいわ…  君の情を 俺に注げ 俺の誠を返すから 忘れられよか そのひとことの 夢と意気地に 酔わされて 命もやした 淀屋橋  (台詞) こないなると 女子はかもて貰われへんさかい… 淋しいわ…  風にとび散る 銀杏の 粒に似たよな 命でも 情け大阪堂島育ち 見栄も飾りも 酒に換え 君の愁いを 晴らしたい
あばれ太鼓GOLD LYLIC坂本冬美GOLD LYLIC坂本冬美たかたかし猪俣公章京建輔どうせ死ぬときゃ 裸じゃないか あれも夢なら これも夢 愚痴はいうまい 玄界そだち 男命を 情にかけて たたく太鼓の 暴れ打ち  酒と喧嘩は あとへはひかぬ 意地と度胸の 勇み駒 惚れちゃならない 義理あるひとに 知って照らすか 片割れ月に 男泣きする 松五郎  櫓太鼓(やぐらだいこ)の 灯(あかし)がゆれて 揃い浴衣の 夏がゆく ばちのさばきは 人には負けぬ なんでさばけぬ 男のこゝろ 小倉名代は 無法松
瀬戸の晩夏長山洋子長山洋子花岡優平花岡優平京建輔ドキドキするからね… 杖つく母が すわり込んだ石段 瀬戸の海が光る 女手ひとつで 育ててくれた 母の強さと優しさが しみる晩夏に 長い影が寄り添う 似た者同士 母と娘は…  私の子だからね… 目を見りゃわかる 生きてりゃこそあるのさ 泣く日も笑う日も 母に手を引かれ 登ったあの日 何も云わずにいたけれど 胸のふるえを 指先で感じてた 似た者同士 母と娘は…  女手ひとつで 育ててくれた 母の強さと優しさが しみる晩夏に 長い影が寄り添う 似た者同士 母と娘は…
奥三河の女秋山涼子秋山涼子松井義久松井義久京建輔湯谷の湯けむり 灯りに溶けりゃ 泣いて誰れ呼ぶ 仏法僧(ぶっぽうそう)よ あなた恋しい 日暮れの宿は ひとり手酌で 飲む酒に 夢も酔ってる 奥三河の女  笛に浮かれて 赤鬼が舞い 篝火(かがりび)ゆれてる 花祭り あなた恋しい 凍える夜は うわさ話に 忍び泣く 夢が悲しい 奥三河の女  船の舳先が しぶきに濡れて 天竜下りの 笠が行く あなた恋しい 湖畔にすてた 愛がいまでも 消えないで 夢を追ってる 奥三河の女
春風長山洋子長山洋子鈴木紀代影山時則京建輔風は春風 両国橋を カッタカッタと 下駄(げた)の音 初の白星 心もはずむ 熱いかけ声 背中に受けりゃ 明日の主役は この俺さ  夢の深さと 身体(からだ)のデカさ 髷(まげ)のつくりと 心意気 人の値打ちは 見た目じゃないよ 悔し涙を 払った指で 嬉し涙を ぬぐったのさ  負けて覚える 相撲もあるが 勝って身につく 技もある 西の小兵(こひょう)は 粘(ねば)りがいのち こらえこらえて 男になって 春の笑顔で 生きるのさ
王さんのこと長山洋子長山洋子小金井一正宮下健治京建輔日雇い 日暮れて 日の出町 餃子のにおいに 誘われて のれんをくぐる 大晦日 地元じゃないねと 王さんに 慌ててうなずく 夜だったなぁ…  薄着じゃ表は 寒かろう ゆっくりしてけと 火をおとし 油を拭いた 酒のびん壜 祖国の話で 王さんに 今すぐ帰れと 叱られたなぁ…  何年ぶりだろ 裏通り 地酒を土産に 訪ねたが ぺんぺん草と 夢の跡 も一度逢いたい 王さんに 息子の話を 聞かせたいなぁ…
奥飛騨慕情PLATINA LYLIC竜鉄也PLATINA LYLIC竜鉄也竜鉄也竜鉄也京建輔風の噂さに 一人来て 湯の香恋しい 奥飛騨路 水の流れも そのままに 君はいでゆの ネオン花 あゝ 奥飛騨に 雨がふる  情けの淵に 咲いたとて 運命悲しい 流れ花 未練残した 盃に 面影揺れて また浮ぶ あゝ 奥飛騨に 雨がふる  抱いたのぞみの はかなさを 知るや谷間の 白百合よ 泣いてまた呼ぶ 雷鳥の 声もかなしく 消えてゆく あゝ 奥飛騨に 雨がふる
紬の女竜鉄也竜鉄也さいとう大三竜鉄也京建輔草木の紬に身をつつみ 踊った姿が忘られぬ 一夜限りの恋ならば 花火のように咲きたいと あの夜泣いてた 紬の女よ  川の流れを追いながら 二人歩いた飛騨の町 幸せ薄い横顔に 何故か似合った白い花 運命(さだめ)はかない 紬の女よ  山肌染めて秋がゆき 人肌恋しい冬がくる 雪に埋れた山あいで ひとり暮しはつらかろう 抱いてやりたい 紬の女よ
哀愁の高山竜鉄也竜鉄也竜鉄也竜鉄也京建輔うるむネオンの裏町を ふたりで歩く 兄弟流し 暖簾くぐれば 暖簾くぐれば 馴染の顔が ひとつたのむと 声掛ける あゝ 哀愁の高山よ  消えて淋しいネオン街 よろりよろけた 影法師 肩にくい込む 肩にくい込む アコーディオンを 意地で支えて男泣き あゝ 哀愁の高山よ  雪に埋れた白い町 風に揺れてる 縄暖簾 どこか侘しい どこか侘しい 赤提灯の 情け横町流し唄 あゝ 哀愁の高山よ
羽根を下さい吉幾三吉幾三吉幾三吉幾三京建輔毎晩 あぁ夢では 幼いお前に 会えている 叱られ あぁ泣いてる 涙拭いてる あの日に 私に羽根が有ったなら… 嵐の中でも 飛びます 私に羽根を下さい… ひとつ 海を渡るだけでいい あの子のあの涙を もう一度拭いてあげたいだけ  来る日も あぁ来る日も お前を忘れた 事はない かならず あぁいつかは 会えるその日が 来るから 私に羽根が有ったなら… ちぎれてでも 飛んで行く 私に羽根を下さい… ひとつ 国境(くに)を越えるだけでいい あの子をこの腕で もう一度抱きしめたいだけ  届いて あぁいますか 私の私の この声が つらくて あぁ泣いても あきらめるんじゃないよ 私に羽根が有ったなら… 他に何にもいらない 私に羽根を下さい… 私に羽根を下さい… あの子のあの笑顔を もう一度だけみるまでは
やがて世界が歌いだす吉幾三吉幾三吉幾三吉幾三京建輔やがて世界が歌いだす やがて世界が歌いだす やがて世界が歌いだす やがて世界が歌いだす  誰よりも君を 愛しているよ 誰よりも幸福(しあわせ)を 祈っているよ 青く輝いた地球の中で 誰も泣いちゃだめさ 悲しんじゃいけない 元気なその瞳(め)が 何よりも好きなのさ 大きなその声 いっぱいの微笑み やがて世界が歌いだす やがて世界が歌いだす やがて世界が歌いだす やがて世界が歌いだす  何よりも生命(いのち)を 大切にしようよ 何よりも未来を 考えようよ 青い海と空 大地に座り 明日(あした)もこうして あなたに会えるように 誰かに愛され 誰かを愛して 握手と笑顔で みんなと歩こう やがて世界が歌いだす やがて世界が歌いだす やがて世界が歌いだす やがて世界が歌いだす  やがて世界が歌いだす やがて世界が歌いだす やがて世界が歌いだす やがて世界が歌いだす  やがて世界が歌いだす やがて世界が歌いだす やがて世界が歌いだす やがて世界が歌いだす
ふたりの坂道春日八郎春日八郎いではく遠藤実京建輔ちいさな 陽(ひ)だまりのような しあわせみつめて 生きてきたふたり 苦労ばかりの くらしでも 若さがあるわと 笑ってたおまえ…… あゝおまえにいま 贈る言葉は ありがとう ありがとう  いつでも 坂道をのぼり ためいきあえぎの 人生だった やっと陽(ひ)のさす 時がきて どこかにやつれを みせてるおまえ…… あゝおまえにいま 贈る言葉は ありがとう ありがとう  だまって わがままなおれの うしろを歩いて きた道がひとつ 今度生れて きた時も あなたの女房が いいというおまえ…… あゝおまえにいま 贈る言葉は ありがとう ありがとう
人生かくれんぼGOLD LYLIC五木ひろしGOLD LYLIC五木ひろしたかたかし弦哲也京建輔惚(ほ)れていたんだ おまえにだけは ぐちになるから 言葉にゃださぬ 風がしみるよ 心がさむい ちょいと人生 かくれんぼ 灯(あか)りひろって ちどり足  わかるもんかよ やさしさだけじゃ 生きてゆけない 男のにがさ バカな奴だよ 背中をむけて ちょいと人生 かくれんぼ 意地をとおして ひとりぼっち  時がうつれば 世間も変わる 変わりようない おいらの心 酒よ今夜は 酔わせてほしい ちょいと人生 かくれんぼ 泣いて笑って 生きてゆく
倖せさがしてGOLD LYLIC五木ひろしGOLD LYLIC五木ひろしたかたかし木村好夫京建輔あなたのために生まれてきたのと おまえは羞らい 小指をからませる さがしていたんだよ ちいさなしあわせを 俺のこころをささえてくれる やさしい女を さがしていたんだよ  からだのためにわるいと叱って おまえはタバコを笑ってとりあげる さがしていたんだよ ちいさなしあわせを 俺に一生ささげてくれる かわいい女を さがしていたんだよ  きれいな花といわれるよりも おまえのような素直な花がいい さがしていたんだよ ちいさなしあわせを 胸にほのぼの灯りをともす おまえをひとり さがしていたんだよ
おまえとふたりGOLD LYLIC五木ひろしGOLD LYLIC五木ひろしたかたかし木村好夫京建輔わたしは 不幸ぐせ とれない女と この胸に か細い手をそえて ああ 泣きじゃくる人 昔のことは 忘れろよ 今のおまえが いればいい しあわせを しあわせを 今日からふたりで  苦労したんだね やつれた薬指 もう二度と おまえを離さない あゝ 涙をおふき まぶたを濡らす 泣き癖は 変わっちゃいないね あの頃と しあわせを しあわせを 今日からふたりで  陽のさす 坂道へ一度でいいから 目かくしを おまえにしたままで ああ 連れて行きたいよ 心におなじ 傷をもつ 似た者どうしさ 俺たちは しあわせを しあわせを 今日からふたりで
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
雪舞い津軽坂本冬美坂本冬美松井由利夫猪俣公章京建輔連れにはぐれた 鴎が一羽 風にこごえる 北岬 憎さ恋しさ たよりなさ 〆(し)めて三筋の 三味線抱いて 津軽じょんから 流れ旅  女ごころを 凍らせながら いつか霙(みぞれ)が 雪になる よされよされの 怨(うら)み節 きいて涙を こぼしてくれた 津軽じょんから 旅の人  春の足音 しのんで耐えて つなぐかぼそい 夢あかり 情け深浦 情け船 沖をみつめて 角巻(かくまき)噛めば 津軽じょんから 雪が舞う
がんばれ! レッドビッキーズこおろぎ'73・コロムビアゆりかご会こおろぎ'73・コロムビアゆりかご会八手三郎京建輔京建輔ビッキー ビッキー ビッキー ビッキー ビッキー 赤ガエル いまにみていろ ぼくたちだって きっとなれるさ 世界一 あいてのピッチャー ぐぐいとにらみ カチンと打てば ホームラン てなこと夢みて 猛練習 ゆくぞ まけないぞ ぼくらはレッドビッキーズ  ビッキー ビッキー ビッキー ビッキー ビッキー 赤ガエル いまは泣いてる ぼくたちだって かならずなれるさ 世界一 あいてのバッター ぐぐいとにらみ エイヤッと投げれば また三振 てなこと夢見て 猛練習 ゆくぞ まけないぞ ぼくらはレッドビッキーズ  ビッキー ビッキー ビッキー ビッキー ビッキー 赤ガエル いつもまけてる ぼくらじゃないさ なにがなんでも 世界一 あいてチーム ぐぐいとにらみ またまた勝ったぞ コールドゲーム てなこと夢見て 猛練習 ゆくぞ まけないぞ ぼくらはレッドビッキーズ
好きさ好きさレッドビッキーズこおろぎ'73・コロムビアゆりかご会こおろぎ'73・コロムビアゆりかご会八手三郎京建輔京建輔好きさ 好きさ 好きさ 大好きさ ぼくらのハートは ワックワックワックワク やさしい瞳 好きさ シャボンのにおい 好きさ しあわせをよぶ ぼくらの白雪姫 どんなすごい投手でも 打てのサインで ホームラン 大きな希望が わいてくる 好きさ 好きさ ビッキーズ 好きさ 好きさ ビッキーズ ぼくらのエールは ワックワックゴーゴーゴー レッドビッキーズ  好きさ 好きさ 好きさ 大好きさ ぼくらのハートは ワックワックワックワク やわらかな髪 好きさ カモシカの足 好きさ しあわせをはこぶ ぼくらの白雪姫 どんなすごいチームでも ウインクひとつで 大逆転 大きな勝利が やってくる 好きさ 好きさ ビッキーズ 好きさ 好きさ ビッキーズ ぼくらのエールは ワックワックゴーゴーゴー レッドビッキーズ  「ゴー!ゴー!ゴー! ゴー!ゴー!ゴー! VICKIES レッドビッキーズ」  どんなすごい投手でも 打てのサインで ホームラン 大きな希望が わいてくる 好きさ 好きさ ビッキーズ 好きさ 好きさ ビッキーズ ぼくらのエールは ワックワックゴーゴーゴー レッドビッキーズ
時雨の宿美空ひばり美空ひばりさいとう大三竜鉄也京建輔雨をみつめて飲む酒は 虫の声まで沁みてくる 呼んでいるのかあのひとを 未練涙がまた残る あゝ時雨の 時雨の宿  しまい忘れた風鈴は いまの私と似た運命 泣いているのか風のように 遠い想い出恋しがる あゝ時雨の 時雨の宿  ひとり枕で聞く唄は いつか憶えた流行り唄 夢でみるのか過ぎた日を ふたり暮した遠い町 あゝ時雨の 時雨の宿
男の背中GOLD LYLIC増位山太志郎GOLD LYLIC増位山太志郎中山大三郎中山大三郎京建輔男の肩と 背中には むかしの影が ゆれている 恋も 涙も 悲しみも だれにも言えない 傷あとも ゆらゆらゆら とまり木ゆれて グラスの底に 明日(あす)をみる おまえはそんな 男の姿 気付かないけど  男の胸の おくのおく そのときどきの 夢がある 過去も 未来も ぼんやりと 忘れてしまう ときがある ゆらゆらゆら タバコのけむり 見つめて愛に ゆれながら おまえのあまい かおりの中で 休む日もある  ゆらゆらゆら とまり木ゆれて グラスの底に 明日(あす)をみる おまえはそんな 男の姿 気付かないけど
一人静和田弘とマヒナスターズ和田弘とマヒナスターズ山北由希夫櫻田誠一京建輔うすむらさきの香りを残し 一人静(ひとりしずか)の花は散ったよ 枯葉一枚舞い込むアパート それは別れの手紙のようです 二人で育てた この花も今は……  おまえにどこか似ているような 一人静の花が好きだよ 恋の影絵をいろどる鉢植え まるでさよなら云ってるようです 幸せ夢みた 花びらは何処へ……  一人静が恋しくなったら 意地をはらずに戻っておいでよ その日はこの花 咲くだろうきっと……
ぼくはピコリーノ大杉久美子、ヤング・フレッシュ大杉久美子、ヤング・フレッシュ片桐和子中村泰士京建輔ピコ ピコ ポコ ピコリ 不思議な話 ピコ ピコ ポコ ピコリ 聞いちゃったんだ 広い広い 世界中 遠く遠く 旅をして それがほんとうか ためしてみたいんだ チョッピリ 怖いけど 胸が はずむのさ ピコ ピコ ポコ ピコリ ぼくはピコリーノ  ピコ ピコ ポコ ピコリ 僕は元気さ ピコ ピコ ポコ ピコリ 自由なんだ 高い高い あの空に 深い深い あの海に いつも楽しい 何かが待っている だから できるのさ そうさ 冒険が ピコ ピコ ポコ ピコリ ぼくはピコリーノ  ピコ ピコ ポコ ピコリ 花をつもうよ ピコ ピコ ポコ ピコリ 野苺も 青い青い 空のした つづくつづく 草原 歌をうたって 歩こうどこまでも 夢が ふくらむよ 白い雲のように ピコ ピコ ポコ ピコリ ぼくはピコリーノ
北国の空は燃えている石原裕次郎石原裕次郎岩谷時子平尾昌晃京建輔おきき瞳を閉じて 波の音がする 別れに来たのに もう発つのか 枯れた唐きびゆれる さいはての駅で 淋しさかくして 俺は口笛吹く 気をつけて元気でな 幸せになれよ  ごらん涙をふいて 星も濡れている 愛しているから これでいい 赤いサルビア燃えた さいはての駅は 夕やけ空と 別れがよく似合う 気をつけて彼となら 幸せがくるぜ  赤いサルビア燃えた さいはての駅は 夕やけ空と 別れがよく似合う 気をつけて彼となら 幸せがくるぜ
酒季の歌梶芽衣子梶芽衣子菅野さほ子新井利昌京建輔あなたを想って 飲む酒を 君恋酒と 申します 砂漠に雨の 降るように 心にしみる 春の酒  親父とふたりで 飲む酒を 孝行酒と 申します 長生きしなきゃ だめだよと 団扇であおぐ 夏の酒  気の合うあいつと 飲む酒を 兄弟酒と 申します 時には冷やで グイグイと 徳利を倒す 秋の酒  小芋の煮っころがし 笹がれい 肴は四季の ありあわせ 酒あればこそ 苦しみも 楽しき明日の 語り草
あなた五木ひろし五木ひろし安麻呂五木ひろし京建輔愛するためにめぐり逢えたのに 風の向きがかわりました 追いかけても 追いかけても つむじ風のような あなた 命燃えた夜は冷たく 明日を涙で迎えればいいのでしょうか  愛されたいとひたすら尽しても ひとりぼっちになりました 誰よりも 誰よりも いつもやさしかった あなた 目を閉じればこころ切なく 影にすがって生きればいいのでしょうか  愛していてもなぜか淋しくて 風の中を待ちました あなただけに あなただけに 命ある限り あなた 愛はひとつ消えることなく いつか何処かでまためぐり逢えるでしょうか
五木ひろし五木ひろし山口洋子平尾昌晃京建輔枯葉の舞い散る道も 吹雪の道でも 望みひとつ抱いて 僕は歩いてきた  どんなにつらい仕事も 冷たい他人にも 笑顔忘れないで 僕は生きている  ああ 故郷の あの緑 母の顔 ああ いまもなお やきついているけれど 泣くのは明日さ 男じゃないか  行方も知れない河や 夕陽の谷間を 長い影をふんで まっすぐに進む  ああ 男には 引きかえす 道はない ああ 傷ついて くさむらに倒れても かがやく朝日を めざしてゆく
港と女吉幾三吉幾三吉幾三吉幾三京建輔あなたの愛しい 寂(さみ)しげなその背中 私のこの目に 今も焼きついて消えない 港が見えます 古ぼけた宿の窓 女の心は 雨に濡らして誰を待つ 誰を待つ…  女はいつでも あなたとの夢に酔い 女はどこでも 「来い」と言われりゃ汽車に乗る かもめが鳴きます 潮騒が子守り唄 女は心を 雨に濡らして何の夢 何の夢…  港の闇夜に 抱かれても蜃気楼 港の恋唄 あなたの胸で唄いたい 漁り火相手に 明日にひとりごと 女は心を 雨に濡らして何になる 何になる…  港が見えます 古ぼけた宿の窓 女は心を 雨に濡らして誰を待つ 誰を待つ…
イムジン河キム・ヨンジャキム・ヨンジャ朴世永・日本語詞:吉岡治高宗漢京建輔イムジン河 いつの日も 清らな水たたえ 鳥は楽しげに 自由に河に舞う 帰ろう故郷へ 翼あるなら イムジンの流れよ 答えておくれ  リムジンガン マルグンムルン フルロフルロ ネリゴ ムッセドゥル チャユロイ ノムナドゥルミョ ナルゴンマン ネゴヒャン ナムチョクタン カゴパド モッガニ リムジンガン フルマ ウォナンシッゴ フルヌニャ  抱えて手にあまる 果てない夢の数 知るや知らずや 母なる我が河よ 思いは ただ一つ 集うよろこび イムジンの流れよ 叶えておくれ
角番谷本知美谷本知美麻こよみ猪俣公章京建輔一度つまずきゃ 人生勝負 打つ手 打つ手が また裏目 男の角番 待ったなし ぐっとこらえろ 崖っぷち 負けりゃ世間が アー うれしがる  義理だ恩だと 並べたやつが 俺に真っ先 背を向ける 男の角番 待ったなし あてにするなよ 他人など 意地でささえる アー ゆめひとつ  負けてたまるか 人生勝負 女房 子供が 泣きをみる 男の角番 待ったなし みせてやろうか ど根性 明日は笑顔の アー はれ姿
嘘と真実の一人酒長保有紀長保有紀あべとら桜田誠一京建輔お酒は 心の絵の具かしら 飲むたびあなたの絵が浮かぶ つのをはやした 鬼の顔 なんで やさしい目になるの いっそ憎めば いいものを 別の私が じゃまをする 嘘と真実の 一人酒 ゆらりゆらゆら やじろべえ ああー  お酒は 思い出枕かしら あなたの二の腕 夢にみる 肩の寒さに寝がえりを 打てば 涙がひとしずく 二度と逢わない 約束を 別の私が 恨んでる 嘘と真実の 一人酒 ゆらりゆらゆら やじろべえ ああー 遊び上手の 泣き虫を 別の私が 笑ってる 嘘と真実の 一人酒 ゆらりゆらゆら やじろべえ ああー
夢で抱かれて吉幾三吉幾三吉幾三吉幾三京建輔あれから何年 来るのは夜明け 胸も背中も すべてが恋しい だけど…温(ぬく)もり 遠すぎて 夢で抱かれて… 夢に泣かされて  季節の変わり目 心配しても 触れることさえ 出来ないあんた 編んだ…セーター 便り添え 夢で着せては… 夢で眼を覚ます  愛しい 愛しい 愛しいあんた いつか逢える日 指折り数え 生きて行(ゆ)きます この町で 夢に縋(すが)って 夢で逢えるから  夢で出逢って… 夢で抱かれます
も少し歩こうよ愛田人生・立樹みか愛田人生・立樹みかコロムビアトップ天井正京建輔細った妻の肩を抱き 二人で歩いてきた道を よくきたもんだと 振り返る 白髪の目立つ横顔に すまなかったと 心で詫びる も少し歩こよ なあ おまえ  腹の立つことありました 隠れた浮気に泣いた日も それでもあなたと いっしょです 苦労の皺で老けたけど だいじな夫なの 私にとって も少し歩くわ ねえ あなた  長い年月ありがとう あなたも本当に ありがとう おまえのお陰さ この俺は 私も同じ思いです 今日の喜び かみしめながら も少し歩こよ 手をつなぎ
演歌がいいね吉幾三吉幾三吉幾三吉幾三京建輔初めての町の 初めての店で 酒かい いいね 六十才(ろくじゅう)がらみの 親父(おやじ)が唄う 演歌がいいね 達者なだけに 忘れていたョ ちょうど似たよな 親父の事を… 酒に北国 演歌がいいね 酒に北国 演歌がいいね  粉雪しとしと 夜更けの町にゃ 酒が いいね 二十才(はたち)ぐらいの 女のぐちにゃ 演歌もいいね 妹お前も そろそろ二十才(はたち) 泣いてしょげてた 昔の事を… 酒に北国 演歌がいいね 酒に北国 演歌がいいね  グラス合わして 昔話しにゃ 酒が いいね 酔いどれ達の 集まる店にゃ 演歌がいいね 故郷(くに)は違えど 酒飲み同志 母の話に ほろりと涙… 酒に北国 演歌がいいね 酒に北国 演歌がいいね
帰郷吉幾三吉幾三吉幾三吉幾三京建輔愛すればこそ想い 愛すればこそ夢に 愛すればこそ耐えて 愛すればこそ帰れん 故郷(こきょう) ひとつしかない故郷 いつか君と一緒に いつか 人それぞれに 生き方あれど リンゴの花が 咲いている頃に  心配だから便り 心配だから訪ね 心配だから風に 心配だから聞くよ 故郷(こきょう) ひとつしかない故郷 昔 背中向け飛び出した 人それぞれに 生き方あれど 夕日に母を お酒に友を  故郷(こきょう) ひとつしかない故郷 いつか いつか必ず帰る 風さそわれて 昔の道を 夜汽車に乗って 俺のふるさと
冬鴎吉幾三吉幾三里村龍一吉幾三京建輔旅の寒さを 背中にしょって 船の時刻を 聞く女 潮風(かぜ)にさびれた 港の酒場 線路のむこうは 冬の海 想い出は 置いてゆけ 流れ着く この先に 旅を終らす 夢は無い  窓が白(しら)けて 波止場の路地に 雪がいつしか 降り積る 遠い汽笛に 振り向く女(ひと)よ 心の凍(しば)れは 解けたろか 旅びとの 淋しさが ストーブに 燃えている 港 とまり木 仮の宿  辛かろう せつなかろ 北へ行く この俺も おなじ船待つ 冬鴎  想い出は 置いてゆけ 流れ着く この先に 旅を終らす 夢は無い
漢江(ハンガン)吉幾三吉幾三吉幾三吉幾三京建輔あの人今度いつ頃 逢わせてくれる 漢江(ハンガン) 知らんふりして流れる あの日歩いた 漢江(ハンガン) 想い出 上って行けば 本当は あなた 愛したい 想い出 下って行けば あなた 愛しちゃいけないの 漢江(ハンガン) 漢江(ハンガン) どうしたらいいの  霧のソウルの町は 特に寂しい 漢江(ハンガン) 朝の泪は拭けるが 夜の泪は 漢江(ハンガン) すべて流せるものなら 月日あまりに 永すぎて たとえ罪を犯しても 私 この身も惜しまない 漢江(ハンガン) 漢江(ハンガン) あなた逢いたいの  夕陽 背中に歩けば あの日の あなたに逢いたい 頬に秋風感じて 夢の続きをまた見るの 漢江(ハンガン) 漢江(ハンガン) 早く逢いたいの
おふくろ東八郎東八郎さいとう大三泉八汐京建輔子供の頃には こわかった その目も今は 笑ってる 数えきれない 顔のしわ 何本 俺が つけたろか あー あー おふくろ おふくろよ 苦労かけたね  背おって貰った この背中 ほんとに今は 小さくて 肩をたたけば 折れそうで 涙がひとつ 落ちてきた あー あー おふくろ おふくろよ 苦労かけたね  親父の話を する時は 今でも膝を くずさない いつもきいたよ 子守唄 みそ汁 匂う 膝まくら あー あー おふくろ おふくろよ 苦労かけたね  おふくろありがとう 長生きしろよ
娘へのバラード東八郎東八郎さいとう大三ひだよしかず京建輔お前がこんなにきれいだと 父さん 初めて気がついた 花嫁衣裳を遠くで見つめ 思い出しているんだよ 一人で初めて歩いた日 笑って見せたあの顔を  『お前は人に「お父さんに似ているね」と言われると いつもふくれっ面で すねてたね でもなあー 女の子は父親に似るとしあわせになれるというんだよ… ホントだよ ホントなんだよ みんなに聞いてごらん』  お前の小さな手のひらが 父さん 背中に残ってる 夕暮れこみちを帰ったあの日 遊びつかれて眠ってた かわいい夢見ていたんだね 一番星に照らされて  『母さんといつも 丈夫で育ってくれと 願っていたよ そういえば父さん お前の話をあんまり聞いてやんなかったなあ 父親ってのはダメなんだあーにがてなんだ娘には…』  お前の選んだ人だから 父さん 何よりうれしいよ 二人で仲よく手を取りあって 歩き出すのさ今日からは 想い出のページにまたひとつ 幸せあふれるその姿  『しあわせに しあわせにな しあわせになるんだよ』
北の蔵加賀ゆうこ加賀ゆうこ加賀ゆうこ天井正京建輔嫁いだ津軽 地酒の旧家 造り酒屋は 男のロマン  米が啼く 水が啼く 酒が啼く 樽が啼く 蔵が啼く 貴男の汗が しみじみ泣いた 夢を抱き 一筋に ああああ 北の蔵  骨まで津軽 貴方の津軽 酒の命が 産声上げた  春が過く 夏が過く 秋が過く 冬が過く 季節が過く 貴男も歳を しみじみ重ね 夢を抱き 一筋に ああああ 北の蔵  米が啼く 水が啼く 酒が啼く 樽が啼く 蔵が啼く 貴男の汗が しみじみ泣いた 夢を抱き 一筋に ああああ 北の蔵
風まかせREIKOREIKOもず唱平京建輔京建輔人は誰でも 風に任せ 風に乗って飛んで行って しまいたいと思うことがある  あたたかい母の愛に 包まれて育った 幼い頃の 倖せな日々でさえ なぜか風に吹かれて どこか見知らぬ国に ぷいと飛んで行ってしまいたいと 思うことがあった  風まかせ 風まかせ 風にまかせて 飛んで行けたら  人は誰でも 風に任せ 風に乗って飛んで行って しまいたいと思うことがある  ひたむきな愛に破れ 死にたいと思った 呑めないお酒 あびるほど飲んだ夜 そっと風に吹かれて 闇の沈黙の中に 永久にこの身 かくし滅びたいと 願ったことがあった  風まかせ 風まかせ 風にまかせて 飛んで行けたら  人は誰でも 風に任せ 風に乗って飛んで行って しまいたいと思うことがある  その思い 今も同じ 変わりはしないわ けれども少し 人生を知ったから どうせ風に吹かれて 消えてしまうのならば 命かけることの出来る人を 見つけてからにするわ  風まかせ 風まかせ 風にまかせて 飛んで行けたら
旭川慕情横内じゅん横内じゅん横内淳横内淳京建輔小雨に濡れた 旭橋 震える肩も 濡れていた 別れ切ない 別れ切ない ああ 旭川の 夜の雨  たった一度の 口づけも ふたりが逢った みどり橋 恋にもえてる 恋にもえてる ああ 旭川の 夜の風  別れの言葉の はかなさに 三・六通りを さまよえば 一目逢いたい 一目逢いたい ああ 旭川の 夜の雪
信州・白樺・木曽峠吉幾三吉幾三吉幾三吉幾三京建輔三年前に なりますね あなたと歩いた 信濃路は ちらほら粉雪 降りまして 人が恋しい 頃近く 元気でしょうか もう一度 訪ねて来ては もう一度 信州・白樺・木曽峠 根雪に なる前に もう一度  あれから何度か お便りを あなたの所へ 出したけど 戻って来ました 今いずこ 逢いたさ募ります 季節 思い出したら もう一度 訪ねてみては もう一度 信州・白樺・木曽峠 写真が あります あの時の  景色は一面 銀世界 枝には冬鳥 ひと休み ときどき木洩れ陽(び) 差しまして 再会できる日を 夢で どうしていますか もう一度 訪ねていらして もう一度 信州・白樺・木曽峠 この次 冬までに もう一度  元気でしょうか もう一度 訪ねて来ては もう一度 信州・白樺・木曽峠 根雪に なる前に もう一度
ふたたび長崎内山田洋とクール・ファイブ内山田洋とクール・ファイブ木下龍太郎大谷明裕京建輔ふたたび長崎 想い出たどって そぞろ歩きの 春雨通り 好きで別れた あの女は 妻と言う名の花なのか 逢ってはいけない 仲と言う ふたたび長崎 こころ思案橋  ふたたび長崎 別れたあの夜は 海に火がつく 精霊流し まるで二人の 恋の火が 遠く離れて 行くようで 涙で曇った 眼鏡橋 ふたたび長崎 みれん催合船(もやいぶね)  ふたたび長崎 今夜で見納め 石の坂道 オランダ坂よ 男ごころの 気まぐれで 逢ってさざ波 立てるより 守ってあげたい 幸せを ふたたび長崎 祈る天主堂
あなたの妻と呼ばれたい牧村三枝子牧村三枝子水木かおる遠藤実京建輔お酒のしずくで つづけて書いた おなたの苗字と わたしの名前 愛しても 愛しても 愛したりない 女ごころは うるさいですか 今は夢でも いつかあなたの 妻と 妻と 呼ばれてみたい  あなたがうしろを ふりむくときを 今日まで待ったわ 爪かみながら これからも これからも 邪魔をしないで ついてゆきます 嫌わないでね 愛はひとすじ いつかあなたの 妻と 妻と 呼ばれてみたい  指輪もお金も ほしくはないが かなえてあげたい あなたの夢は つくすだけ つくすだけ どうぞわたしの 今の生き甲斐 うばわないでね 何もいらない いつかあなたの 妻と 妻と 呼ばれてみたい
女の意地吉幾三吉幾三鈴木道明鈴木道明京建輔こんなに別れが 苦しいものなら 二度と恋など したくはないわ 忘れられない あのひとだけど 別れにゃならない 女の意地なの  二度と逢(あ)うまい 別れた人に 逢(あ)えば未練(みれん)の 泪(なみだ)をさそう 夜風つめたく まぶたにしみて 女心ははかなく 哀(かな)しい  想い出すまい 別れた人を 女心は 頼(たよ)りないのよ 涙こらえて 夜空を仰(あお)げば またたく星が にじんでこぼれた
雨の夜あなたは帰る吉幾三吉幾三吉岡治船村徹京建輔雨の夜(よる)に あなたは帰る そんな気がして ならないの すがりついたら 離さないわ 濡(ぬ)れたあなたの カルダンコート これもかなしい 夢かしら  雨の夜に あなたは帰る まるでなんでも ないように いいのあなたは だまってて すぐにいれるわ ブラックコーヒー ひとり芝居を するあたし  雨の夜に あなたは帰る いつも信じて 待ってるわ 泣いて甘えた 遠い日の 夜をおもえば また燃えてくる それがせつない しのび雨
吉幾三吉幾三松山千春松山千春京建輔愛することに疲れたみたい 嫌(きら)いになったわけじゃない 部屋の灯(あか)りはつけてゆくわ 鍵はいつものゲタ箱の中 きっと貴方はいつものことと 笑いとばすにちがいない だけど今度は本気みたい 貴方の顔もちらつかないわ  男はいつも待たせるだけで 女はいつも待ちくたびれて それでもいいと なぐさめていた それでも恋は恋  多分あなたはいつもの店で 酒を飲んでくだをまいて 洗濯物は机の上に 短い手紙そえておくわ 今度生まれてくるとしたなら やっぱり女で生まれてみたい だけど二度とヘマはしない あなたになんかつまずかないわ  男はいつも待たせるだけで 女はいつも待ちくたびれて それでもいいと なぐさめていた それでも恋は恋  男はいつも待たせるだけで 女はいつも待ちくたびれて それでもいいと なぐさめていた それでも恋は恋 それでも恋は恋
酒場の花吉幾三吉幾三山上路夫森田公一京建輔紅(べに)を今夜は 濃(こ)い目につけて せめて淋しさ まぎらせましょか 暗い路地裏 涙にぬれて 今日も咲いてる 酒場の花よ  夢は見ないわ こわれた時が もっとつらくて やるせないから 飲んで唄って 騒いで見せて 夜に咲いてる わびしい花よ  お客送って お店の椅子に ひとり座って 煙草(たばこ)をふかす いつも幸せ 背を向けるけど 明日も咲きましょ 酒場の花よ
あなたのブルース吉幾三吉幾三藤本卓也藤本卓也京建輔雨が窓を打つ 私の胸を打つ 私は指をかむ せつなく指をかむ あなた あなた あなた あなた あなた! ああ 私のあなた  あなた あなた あなた あなた あなた! ラ! ルルラ ルルラ ルラ! 暗いお部屋で むなしく 一人唄うは ああ ああ あなたのブルース  夢で逢(あ)う人も 逃げて行(ゆ)くまぼろしも 昔の想い出も 明日(あした)の希望も あなた あなた あなた あなた あなた! ああ すべてがあなた あなた あなた あなた あなた あなた ラ! ルルラ ルルラ ルラ! 押え切れずに はげしく 泣いて唄うは ああ ああ あなたのブルース
おんな道吉幾三吉幾三浜圭介浜圭介京建輔生まれた時から みなし子で 親の顔さえ わからずに 夜に生れて 夜に育った 女の姿 いやなお客に せがまれて 男の枕に されながら つくる笑顔も 生きるため  顔もわからぬ 親ならば いっそ生まずに いてくれりゃ 夜に生れて 夜に育った 女じゃないさ 強く生きても 逆もどり だれが私を こうさせた 飲めぬお酒も 心のささえ  いっそこのまま地の底で そっと静かに ねむりたい 夜に生まれて 夜につかれた 女の姿 夢に見ました 幸せを 夢にさめれば むなしさが 強く生きよう 女の道を
華のうちに松方弘樹松方弘樹吉幾三吉幾三京建輔安らぎ求めて 男はいつでも フラフラ歩く 酒の鳥 好きだの惚れたの 女の涙など 無器用者には 照れちまう 逃げるが勝ちと 走りだしても 何故か気になる アホー鳥 俺が涙ふいてやる だから笑いなよ  兄妹みたいに 生まれた時から おんなじ町で ホーホケキョ 口は悪いが 器量はそこそこ 何んでも言えよ 俺で良きゃ 夢を追いかけ 木の葉のように 川を流れて 海に出ろ 桜 花びら散る前に 咲いているうちに  夢を追いかけ 木の葉のように 川を流れて 海に出ろ 桜 花びら散る前に 咲いているうちに
泣かせやがってこのやろう小林幸子小林幸子星野哲郎小林亜星京建輔いまもあいつが 好きだから おれは独りで いるんだと 逃げた女の エプロンを 掛けて炒飯(チャーハン) つくってくれる おまえってやつは おまえってやつは 泣かせやがって このやろう  あんな女は 忘れなと さとすつもりで きたけれど おれの心配 するよりも きみの盃 満たせと微笑う おまえってやつは おまえってやつは 泣かせやがって このやろう  持って行けよと ほろ酔いの 腰にねじこむ 車代 破れ蛇の目に 肩よせて 共に唄った 兄弟仁義 おまえってやつは おまえってやつは 泣かせやがって このやろう
沙羅の女天木一志天木一志坂口照幸南郷孝京建輔昨夜のことなら 憶えてないが あの日の別離は 忘れはしない 白いえりあし あのひとだけは させたくなかった 不幸な女に 椿に宿る 夜露さえ 花と重なる 沙羅の女  おとこの嘘まで 黙って許す どんな思いで 身を引いたのか 人は誰でも 春待つものを つめたい仕打ちと 恨んでおくれ この手の中で まだ香る 花の素顔よ 沙羅の女  濡れてはいないか 俄かの雨に 泣き泣き苦労を してなきゃいいが いまもこの俺 許せるならば 一生かかって 背負わせて欲しい これまで泣いた 悲しみを 花と咲け咲け 沙羅の女
竹とんぼ山本譲二山本譲二横山聖仁郎横山聖仁郎京建輔竹べら突ついて穴あけて  遠い昔におやじにねだり 作ってもらった竹とんぼ くるり回せばかすかにうなり  両手をすり抜け飛んでった あれから幾年過ぎたろか… 飛べ飛べ あの日の竹とんぼ 思いの糸引きふるさとへ 飛べ飛べおやじの竹とんぼ どこまでも飛んでゆけ  他人を横目にひとり道 はぐれさまよい転がりながら それでもすがった夢一つ 俺の人生 流され流され このまま終ってしまうのか 嘆きをぶつけるコップ酒… 飛べ飛べ泥んこ竹とんぼ  小枝にあたって宙返り 飛べ飛べ男の竹とんぼ  もう一度飛んでゆけ  くるり回せば希望の唄が 風に聞こえてくるんだよ 調子のはずれたおやじ唄… 飛べ飛べ心の竹とんぼ 大空めがけて空を切り 飛べ飛べおやじの竹とんぼ どこまでもとんでゆけ
酔歌五木ひろし五木ひろし吉幾三吉幾三京建輔ぽつり ぽつりと 降りだした雨に 男は何故か 女を想う ひとり ひとりで 飲みだした酒に 夢を浮かべて この胸に流す ヤーレン ソーランヨ 都会の隅で ヤーレン ソーランヨ 今夜も酒を  風に 風にヨ 暖簾巻く風にヨ 遠い故郷(くに)のヨ 父親(おやじ)を想う ふらり ふらりと 居酒屋を出れば 冬の近さが 心に吹くよ ヤーレン ソーランヨ 雨から霙(みぞれ) ヤーレン ソーランヨ 今夜も酒を  ふわり ふわりと 降りだした雪に この手当てれば おふくろを想う 詫びて 合わせる 右の手と左 酒が降らせた 男の涙 ヤーレン ソーランヨ 積もり行く雪に ヤーレン ソーランヨ 今夜も酒を  ヤーレン ソーランヨ 積もり行く雪に ヤーレン ソーランヨ 今夜も酒を
台北の夜堀田利夫堀田利夫平塚千秋桜井稔京建輔椰子の木かげで さようならすれば 台北空港 灯影が青い 遠い人だと知りつつ惚れて ほん気で燃えてしまった私 逢えば 別れがすぐ来るものを 逢わなきゃいられぬ女のつらさ 祈る気持ちでみつめる空を 流れるようないとしい翼 忘れないでね 台北の夜 再見 再見 また逢う日まで  南十字がきらめく下を 肩寄せ歩く 中山北路 離れられずに貴方に抱かれ 過ごした夜のくちびる悲し 涙でうたう 雨夜花のうた 今夜は切ない 女の涙 空へ飛び立つ 最終便が 想い出だけを残して消える 忘れないでね 台北の夜 再見 再見 また逢う日まで
全1ページ中 1ページを表示

リアルタイムランキング

  1. 銀色 暗号
  2. Subtitle
  3. Boom Boom Back
  4. Farewell
  5. 可愛くてごめん feat. ちゅーたん(早見沙織)

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照

注目度ランキング

  1. Boom Boom Back
  2. 女のはじまり
  3. New Day
  4. アイデン貞貞メルトダウン
  5. 恋

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照