男惚れ

この曲の表示回数 15,113
歌手:

坂本冬美


作詞:

星野哲郎


作曲:

猪俣公章


淀の水さえ 流れては
二度と逢えない 浪花街
星の数ほど あるその中の
たったふたりが 知り合うて
男同志の 酒を汲む

(台詞)
ええなあ…男はんは…腹の内を見せ合うてからに…
ほんまに羨しいわ…

君の情を 俺に注げ
俺の誠を返すから
忘れられよか そのひとことの
夢と意気地に 酔わされて
命もやした 淀屋橋

(台詞)
こないなると 女子はかもて貰われへんさかい…
淋しいわ…

風にとび散る 銀杏の
粒に似たよな 命でも
情け大阪堂島育ち
見栄も飾りも 酒に換え
君の愁いを 晴らしたい
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:男惚れ 歌手:坂本冬美

坂本冬美の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2009-12-02
商品番号:TOCT-26923
EMIミュージックジャパン

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP