紬の女

この曲の表示回数 42,792
歌手:

竜鉄也


作詞:

さいとう大三


作曲:

竜鉄也


草木の紬に身をつつみ
踊った姿が忘られぬ
一夜限りの恋ならば
花火のように咲きたいと
あの夜泣いてた 紬の女よ

川の流れを追いながら
二人歩いた飛騨の町
幸せ薄い横顔に
何故か似合った白い花
運命(さだめ)はかない 紬の女よ

山肌染めて秋がゆき
人肌恋しい冬がくる
雪に埋れた山あいで
ひとり暮しはつらかろう
抱いてやりたい 紬の女よ
icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:紬の女 歌手:竜鉄也

竜鉄也の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2007-11-21
商品番号:VPCA-82227
バップ

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP