横山聖仁郎作曲の歌詞一覧リスト  20曲中 1-20曲を表示

全1ページ中 1ページを表示
20曲中 1-20曲を表示
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
ほたる川五条哲也五条哲也関口義明横山聖仁郎伊戸のりお甘いネオンの こぼれ灯にひかれ 今夜も来たんだね 泣きながら 一つ二つ ホラ三つ はぐれほたるよ 疲れたら ホーホー この指に ホーホー 止まりなよ おまえもぬくもりが 欲しくはないか  夢はどこかと さまよってみても 都会(まち)にはほろ苦い 水ばかり 一つ二つ ホラ三つ 羽根をいためる その前に ホーホー 故郷へ ホーホー 帰りなよ やさしい露草に 出会えるだろう  夜のほとりに のべる手のひらの すき間を燃えながら 落ちてゆく 一つ二つ ホラ三つ やせたほたるの 身のうえが ホーホー いつになく ホーホー 哀しいよ おまえもしあわせが 欲しくはないか
過去ロス・プリモスロス・プリモス横山聖仁郎横山聖仁郎それから先は聞かないで 死ぬほど強く抱きしめて もう離さない 離さない あなたを離さない 喜びも 悲しみも 共に耐えるから お願い 何も聞かないで ありふれた女の 悲しい過去なんて  それから愛をしりました  心にふれたその日から もうあなただけ あなただけ 他には何もない この指も この髪も あなただけのもの お願い 何も聞かないで 今夜からあなたを 命ときめたから  もう迷わない 迷わない あなたとふたりづれ 泣きぐせも 深酒も みんな忘れるわ お願い 何も聞かないで ありふれた女の 悲しい過去なんて 
ほたる川真木ひでと真木ひでと関口義明横山聖仁郎甘いネオンの こぼれ灯(び)にひかれ 今夜も来たんだね 泣きながら 一つ 二つ ほら 三つ はぐれほたるよ 疲れたら ホーホー この指に ホーホー 止まりなよ おまえも ぬくもりが 欲しくはないか  夢はどこかと さまよってみても 都会(まち)にはほろ苦い 水ばかり 一つ 二つ ほら 三つ 羽根をいためる その前に ホーホー 故郷(ふるさと)へ ホーホー 帰りなよ やさしい露草に 出会えるだろう  夜のほとりに のべる手のひらの すき間を燃えながら 落ちてゆく 一つ 二つ ほら 三つ やせたほたるの 身のうえが ホーホー いつになく ホーホー 哀しいよ おまえも しあわせが 欲しくはないか
あじさいの別れ増位山太志郎増位山太志郎横山聖仁郎横山聖仁郎うれいをこめて 秘かに咲いた あじさい匂う 別れ道 添えぬ運命に 身を引く人の うしろ姿を 小雨がかくす 音もなく 恋に散る あじさいの花よ  うなじに そっと 唇よせて おまえが好きだと 言った人 肩に甘えた 相々傘で あなた心に まかせたわたし 恥じらいに 頬そめて 愛を知った夜  季節の中で いつかは褪せる あじさいの色の いじらしさ 呼んで届かぬ 面影だけど 胸にこころに 離さず抱いて 幸せを 振りかえる あじさいの夢よ
想い出ほおずき山本譲二山本譲二横山聖仁郎横山聖仁郎池多孝春ほおずき ほおずき 赤い実を ほおずき ほおずき 鳴らしたら ばしけてホロリ 苦かった…  ほおずき鳴った うれしさに 心はずむ 想い出か 夢路に急ぐ 故郷で 夕焼け道に 聞こえたよ ゆく秋を 惜しむよな 音色さみしい 多年草…  ほおずき ほおずき 赤い実を ほおずき ほおずき 鳴らしてた あの子はどうして いるだろう  折りに触れて 浮かぶのは 愛をくれた 人の顔 いつしか月日は 過ぎたけど 今も残る やさしさよ ゆく秋に 枯れ葉舞う 熱い思いが 込み上げる…  ほおずき ほおずき 赤い実を ほおずき ほおずき 鳴らしたら はじけてホロリ 苦かった…… 
けい子増位山太志郎増位山太志郎池田充男横山聖仁郎汚れているから 駄目よと言うが こんなにも おまえは綺麗じゃないか けい子 けい子 俺の目を けい子 けい子 見つめてごらん 抱きしめたいお前が 好きなのさ  男も女も こころの傷は 誰だってあるのさ ひとつやふたつ けい子 けい子 無理をして けい子 けい子 飲むのはおよし 俺の胸で泣きなよ つらいなら  おまえをネオンの 世間じゃなしに 日の当たるところで 咲かせてみたい けい子 けい子 しあわせが けい子 けい子 欲しくはないか どこか似てる二人で 暮らそうよ
永遠の愛杉良太郎杉良太郎横山聖仁郎横山聖仁郎これが 倖せと 気付くまでは 幾度 過ち 泣かせ続けた  ああ これから 素直な気持ち ずっと抱きしめ 忘れないだろう… 愛はやすらぎと 知った時から 今 ありがとう…素直に言える  いつも微笑んで 俺を見つめ そっと守護ってくれる 恋人  ああ このまま いついつまでも 二人寄り添い 夢の彼方へ… 愛は永遠と 知った時から 今 ありがとう… 素直に言える  ああ このまま いついつまでも 二人寄り添い 夢の彼方へ… 愛は永遠と 知った時から 今 ありがとう… 素直に言える
炎のチャレンジャー~イチロー讃歌~高城ひろし高城ひろし大結城横山聖仁郎はるか銀河の 流星達が 度胸と根性の 円を組む 試練で鍛えた 無限の力 迎えるチャンスに 火をふくぜ  あついぜ! イチロー! ブルーウエーブの 宇宙人 めざせ 4割 夢打率 ガッツ ファイアー チャレンジャー 燃えろ オリックス  二百安打の スーパースター さらなる記録へ 血も走る 好球必打の 先陣切って ミラクルパワーの 全開だ  あついぜ! イチロー! ブルーウエーブの 宇宙人 めざせ 4割 夢打率 ガッツ ファイアー チャレンジャー 燃えろ オリックス
しのぶれど…朝日奈洋子朝日奈洋子横山聖仁郎横山聖仁郎清水美知男忍ぶれど色に出にけりわが恋は 物や思ふと人のとふまで  恋の為ならどうでもなれと やせた体は妖しく火照り ああ バカはおよしと 人は言うけど、 “しのぶれど色に出にけりわがこひは…” 行方あてなく 実るはずなく ただ、移ろう時を 流れてゆくの  たしなむ程に覚えたいろは 一つ一つが 女のあかし ああ 尽くすしあわせ 燃える命よ “しのぶれど色に出にけりわがこひは…” 添うて悲しく 求め激しく もう、落ちてもいいの 身も世も捨てて  ああ 誰にわかって 欲しくはないけど “しのぶれど色に出にけりわがこひは…” 祈る甲斐なく 話す人なく そう、阿修羅のように 契りを交す
竹とんぼ山本譲二山本譲二横山聖仁郎横山聖仁郎京建輔竹べら突ついて 穴あけて 遠い昔に おやじにねだり 作ってもらった 竹とんぼ くるり回せば かすかにうなり 両手をすり抜け飛んでった あれから幾年過ぎたろか…… 飛べ飛べあの日の竹とんぼ 思いの糸引きふるさとへ 飛べ飛べおやじの竹とんぼ どこまでも 飛んでゆけ  他人を横目に ひとり道 はぐれさまよい 転がりながら それでもすがった 夢一つ 俺の人生 流され流れ このまま終ってしまうのか 嘆きをぶつけるコップ酒…… 飛べ飛べ泥んこ竹とんぼ 小枝にあたって宙返り 飛べ飛べ男の竹とんぼ もう一度 飛んでゆけ  くるり回せば 希望の唄が 風に聞こえて くるんだよ 調子のはずれた おやじ唄…… 飛べ飛べ心の竹とんぼ 大空めがけて空(くう)を切り 飛べ飛べおやじの竹とんぼ どこまでも とんでゆけ
何処でどうしているだろか増位山太志郎増位山太志郎横山聖仁郎横山聖仁郎何処でどうしているだろか 今は誰かと倖せか…  七夕まぢかい文月の 三日に産声あげた子は ナナミという名の織り姫よ 他人のままで終ったが 映えて真紅な口びるに 倖せあげたい人だった  何処でどうしているだろか 今は誰かと倖せか…  小犬とのんびりマンションで 気ままに過ごしていたいのに 売れっ娘 アリサはままならぬ 十日きざみで 西東… 浴びるライトに 沸くお客 笑顔が悲しい可憐花  何処でどうしているだろか 今は誰かと倖せか…  銀座に過去ある身の上を 気にしてひそかに身を引いた 年上ホタルは夜の華 やさしい香りがいつまでも 俺の心に残る女 故郷へ帰っていっちゃった
ほたる川朝潮太郎朝潮太郎関口義明横山聖仁郎甘いネオンの こぼれ灯にひかれ 今夜も来たんだね 泣きながら 一つ 二つ ホラ三つ はぐれほたるよ 疲れたら ホーホー この指に ホーホー止まりなよ おまえもぬくもりが 欲しくはないか  夢はどこかと さまよってみても 都会にはほろ苦い 水ばかり 一つ 二つ ホラ三つ 羽根をいためる その前に ホーホー故郷へ ホーホー帰りなよ やさしい露草に 出会えるだろう  夜のほとりに のべる手のひらの すき間を燃えながら 落ちてゆく 一つ 二つ ホラ三つ やせたほたるの身のうえが ホーホーいつになく ホーホー哀しいよ おまえもしあわせが 欲しくはないか
むかい風伍代三郎伍代三郎木下龍太郎横山聖仁郎苦労を避けて 歩いても ツケは後から 従いてくる 嵐に背中を 向けないで 渡りゃ陽のさす 道がある 男の明日を つくるのは 寒い世間の 寒い世間の 向い風  尻っぽを巻いた 負け犬に なんで他人が 腕を貸す 傷つきながらも 立ち上がる 意地に女は 惚れるもの 男の明日を つくるのは 頬を打つよな 頬を打つよな 向い風  笑って胸に 風を受け 凧は天まで 舞い上がる 逃げ道ばかりの 人生の どこにあるんだ 生甲斐が 男の明日を つくるのは 泌みる浮世の 泌みる浮世の 向い風
おくれ咲き高橋英樹高橋英樹横山聖仁郎横山聖仁郎気づけば たわいも無い事が 気づかず 幾度も空回り そう流されて流されて 行き着く 運命があるさ  おそ咲き おそ咲き おくれ咲き つぼみのはじける音がする おそ咲き おそ咲き おくれ咲き お前は これから咲く花さ  俺にもあるんだ 若い日の お前とよく似た 傷跡が いついつまでも この胸に 切ないにが味が残る  おそ咲き おそ咲き おくれ咲き つぼみのはじける音がする おそ咲き おそ咲き おくれ咲き お前は これから咲く花さ  冬だけ歩いた人生に 春めく陽ざしを あてようか もう 今日からは 迷わずに 何処へも 寄り道するな  おそ咲き おそ咲き おくれ咲き つぼみのはじける音がする おそ咲き おそ咲き おくれ咲き お前は これから咲く花さ
恋みれん伊達志穂伊達志穂横山聖仁郎横山聖仁郎別れを決めた 旅なのに あなたの声が 聞きたくて 携帯かけて 呼んでみた 今も誰より 好きな人 逢いたい 逢えない… 恋みれん  海辺の宿に 身を寄せて 昂る気持 静めたの 寝むれずのんだ 水割りが 女ごころに 火をつける 逢いたい 逢いたい… 恋みれん  漁火ゆれる 夜の海 私を残し 明けて行く 忘れる事が あなたへの 愛の証しになるけれど 逢いたい 逢えない… 恋みれん  
想い出かくれんぼ松平健松平健横山聖仁郎横山聖仁郎故郷は遠く 想い出の糸を たぐり寄せれば 酒になる 今日も又… 一緒に遊んだ 仲間たち 今頃どうしているんだろう  もういいかい まあただよ 夕陽が赤々と もういいかい もういいよ あれは 遠い夢  風車(かざぐるま)まわれ やすらぎの風に 思い悩まます 胸の傷 癒しなよ… 心を閉ざせば いじけ虫 自分で自分を嘆くだけ  もういいかい まあだだよ 涙が光ってる もういいかい もういいよ 明日は 晴れるから  もういいかい まあだだよ 想い出かくれんぼ もういいかい もういいよ 明日は 晴れるから 
千代紙松平健松平健横山聖仁郎横山聖仁郎(千代紙、折り鶴、千羽鶴、) 金、銀、彩やか 千代紙を 淋しさ堪えて 二つ三つ いつしか 折り成す千羽鶴 白い指先 お前は 何を胸に秘め 千羽の夢を織ったのか 女の倖せ 愛のやすらぎか  (千代紙、想い出、奴さん) 袴をはいてた 奴さん 一人で立てないこの俺に やさしく 尽くして微笑んだ あれはいつの日 ゆかたのお前 いとしくて 小さな肩を抱き寄せた… 祭りの花火が 涙染めた夜  (千代紙、折り鶴、遠い女) 想い出尽きない 折り鶴よ 空ろな心に 又浮かぶ お前はどうしているだろか 酔いのつれづれ 色どりあせた 千代紙を 折っては見たが ままならず… 倖せ祈ろう 今は遠い女
いろはにほへど三島みどり三島みどり水上たかし横山聖仁郎意地が言わせた さよならに 寒い未練の風がふく 痩せて悲しい泣きほたる どこへ、飛んで流れてゆくのやら… 愛をこわした女のかくれ火が 燃えて燃え尽き くすぶり消えるまで 身勝手を通した私 “いろはにほへど、散りぬる夢よ” 醒めて 失くした人のぬくもりに 夜毎ふける泣き虫よ  呼んでみたって遅いけど せめておそばに行けるなら 夏のほたるに身を変えて そっと、胸に床しくとまります… 勘にさわって叱られない様に 羽根をひそめてかすかに灯します ともす灯に気づいて欲しい “いろはにほへど、散りぬる夢よ” 過ぎて 心変わったこの私 あなた、一目見てほしい  “いろはにほへど、散りぬる夢よ” 泣いて 細くやつれたぬけがらを あなた、抱いてくれますか  
倖せか三竹りょう三竹りょう横山聖仁郎横山聖仁郎(倖せか 倖せか) あなたと二人で 行けるなら 苦労も承知と 言うお前 都会の乾いた 冷たさに 明日の夢もない俺を やさしく何故で温ためる 倖せか 倖せか お前ほんとに倖せか  野菊が似合いの 細い指 ささくれ立たせた この暮らし 心の寒さを 貧しさを ぶつけて吐いた悪たれに 黙って耐えていたお前 倖せか 倖せか お前ほんとに倖せか  (倖せか 倖せか) 淋しい月日を 真心で 支えてくれる 初な奴 明るい陽ざしに白い窓 女がたどる人生を 口にも出さず呑むお酒 倖せか 倖せか お前ほんとに倖せか  
MOTOMACHI雪坂アキラ雪坂アキラ横山聖仁郎横山聖仁郎噂を聞いたよ 夜霧の町で お前が今でも はぐれていると 失くした愛のぬくもりが 今も心を責めるから 夜にかくれて 泣きに来たんだよ MOTOMACHI(MOTOMACHI)MOTOMACHI(MOTOMACHI)愛を捨てた町  二度ない女の命をかけて 尽くしたお前の 月日がつらい 許しておくれ なぐさめも 夢も指輪も やれなくて 気まま生活に 拗ねていたんだね YOKOHAMA(YOKOHAMA)YOKOHAMA(YOKOHAMA)風が泌みる町  さすらい流れて 外人墓地へ 誓いを抱きしめ 戻って来たよ 世間の風の冷たさも 耐えてゆけるさ 今ならば 心みやげに 逢いに来たんだよ MOTOMACHI(MOTOMACHI)MOTOMACHI(MOTOMACHI)霧に濡れる町  
全1ページ中 1ページを表示

リアルタイムランキング

  1. 新しい恋人達に
  2. チコタン~ぼくのおよめさん~
  3. ファタール
  4. Bling-Bang-Bang-Born
  5. Hush-Hush

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照

注目度ランキング

  1. RISE UP
  2. Sharon
  3. 絶対アイドル辞めないで
  4. 図鑑
  5. arc jump'n to the sky

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照

×