千代紙

この曲の表示回数 8,339
歌手:

松平健


作詞:

横山聖仁郎


作曲:

横山聖仁郎


(千代紙、折り鶴、千羽鶴、)
金、銀、彩やか 千代紙を
淋しさ堪えて 二つ三つ
いつしか 折り成す千羽鶴
白い指先
お前は 何を胸に秘め
千羽の夢を織ったのか
女の倖せ 愛のやすらぎか

(千代紙、想い出、奴さん)
袴をはいてた 奴さん
一人で立てないこの俺に
やさしく 尽くして微笑んだ
あれはいつの日
ゆかたのお前 いとしくて
小さな肩を抱き寄せた…
祭りの花火が 涙染めた夜

(千代紙、折り鶴、遠い女)
想い出尽きない 折り鶴よ
空ろな心に 又浮かぶ
お前はどうしているだろか
酔いのつれづれ
色どりあせた 千代紙を
折っては見たが ままならず…
倖せ祈ろう 今は遠い女
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:千代紙 歌手:松平健

松平健の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP