斬って候

この曲の表示回数 17,014
歌手:

松平健


作詞:

荒木とよひさ


作曲:

柴田遊


花燃ゆる春を 人は青春(ゆめ)と呼び
恋する想いを 胸に秘めれば
若き日は遠く ゆれるかげろうに
この身をゆだねて 戯れていただけ
ああ…沈む夕陽を 斬って候
青き心を 道づれにするなら
花燃ゆる春よ それは まぼろし

風立ちぬ秋に 人は佇んで
追憶(きのう)のゆくえを 浮雲に問いかけ
少年のままで もしも生きれたら
草笛もこんなに 淋しくはないのに
ああ…沈む夕陽を 斬って候
夢の荒野を 彷徨っているなら
風立ちぬ秋よ それは まぼろし

ああ…沈む夕陽を 斬って候
青き心を 道づれにするなら
花燃ゆる春よ それは まぼろし
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:斬って候 歌手:松平健

松平健の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

loading

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP