あたしの彼氏

この曲の表示回数 10,234

逃げた男を うらむより
いたらなかった 自分を責める
噂にきけば あの彼氏(ひと)は
女と暮らして いると云う
うそよ うそ うそ そんなこと
あゝいまごろは あの酒場(みせ)で
荒れている ひとり酒
きっと私を 呼びながら

みんな悪口 云うけれど
いゝえ優しい ところもあった
淋しい私の 身の上を
一緒に嘆いて くれた声
苦労したねと 抱いた腕
あゝいまごろは どこの街
濡れている うしろ影
ちょっと右肩 下げるくせ

未練ごころに 追いつかれ
冬の夜ながを さむざむ過す
火遊びだけなら 泣きゃしない
生れて始めて 死ぬような
恋をしたのよ ただ一度
あゝいまごろは あの彼氏(ひと)も
想い出を 数えてる
過ぎてはなかい 恋の夢
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:あたしの彼氏 歌手:黒沢明とロス・プリモス

黒沢明とロス・プリモスの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2012/11/21
商品番号:VICL-63959
ビクターエンタテインメント

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP