ぬれて横浜

この曲の表示回数 45,220

淋しさを淋しさを お酒でうすめ
待てば痩せます 湊町
たった一度の おもいでを
守り通した 純情が
重荷になります このごろは
ああ ひとり夜雨に ぬれて横浜

あのひとはあのひとは わたしのいのち
想いつづけて 死にたいの
遠い汽笛に だまされて
化粧なおして 逢いにきた
波止場は異国の 船ばかり
ああ 潮の香りに ぬれて横浜

恋しさを恋しさを 吐息に包み
指でグラスを 暖めりゃ
忘れられない あのひとの
ひげの痛みを おもいだす
おもいでの酒場の止り木は
ああ熱い涙に ふれて横浜
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:ぬれて横浜 歌手:黒沢明とロス・プリモス

黒沢明とロス・プリモスの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1997/11/21
商品番号:CRCN-40515
日本クラウン

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP