かたかごの花

この曲の表示回数 3,299
歌手:

葵かを里


作詞:

芳美知余


作曲:

宮下健治


春というのに 雪が舞う
辺(あた)り一面 うっすらと
小首かしげて 寒そうに
咲いていじらし 可憐な花は
誰を想って 咲くのでしょうか
春告げ草の かたかごの花

紅(べに)の色さえ 儚くて
なぜに寂しく 散り急ぐ
焦がれ焦がれた 人なのに
知っているのに 知らない素振り
誰を想って 泣くのでしょうか
春告げ草の かたかごの花

風に優しく そよぐ花
揺れる心も 今日限り
待っているのに 来ない人
泣いて忘れる この恋かなし
誰を想って 咲くのでしょうか
春告げ草の かたかごの花
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:かたかごの花 歌手:葵かを里

葵かを里の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

loading

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP