片桐和子作詞の歌詞一覧リスト  27曲中 1-27曲を表示

全1ページ中 1ページを表示
27曲中 1-27曲を表示
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
旅愁岩佐美咲岩佐美咲片桐和子平尾昌晃竜崎孝路あなたをさがして 此処まで来たの 恋しいあなたあなた 今何処に 風にゆれ 雨にぬれて 恋は今も今も 燃えているのに ああ… 白いほほえみも うしろすがたも 遠い夢の中 あなたはいない  わたしの夜空に 星は見えない あなたに逢える逢える その日まで 鳥は飛び 鳥は帰る それはいつもいつも 花の咲く頃 ああ… 白いほほえみも うしろすがたも 遠い夢の中 あなたはいない
旅愁松原健之松原健之片桐和子平尾昌晃鈴木豪あなたをさがして 此処まで来たの 恋しいあなたあなた 今何処に 風にゆれ 雨にぬれて 恋は今も今も 燃えているのに ああ…… 白いほほえみも うしろすがたも 遠い夢の中 あなたはいない  わたしの夜空に 星は見えない あなたに逢える逢える その日まで 鳥は飛び 鳥は帰る それはいつもいつも 花の咲く頃 ああ…… 白いほほえみも うしろすがたも 遠い夢の中 あなたはいない
旅愁津吹みゆ津吹みゆ片桐和子平尾昌晃石倉重信あなたをさがして ここまで来たの 恋しいあなた あなた 今どこに 風にゆれ 雨にぬれて 恋は今も今も 燃えているのに ああ… 白いほほえみも うしろすがたも 遠い夢の中 あなたはいない  わたしの夜空に 星はみえない あなたに逢える 逢える その日まで 鳥は飛び 鳥は帰る それはいつもいつも 花の咲く頃 ああ… 白いほほえみも うしろすがたも 遠い夢の中 あなたはいない
旅愁吉幾三吉幾三片桐和子平尾昌晃成田訓雄あなたをさがして 此処まで来たの 恋しいあなた あなた 今何処に 風にゆれ 雨に濡れて 恋は今も今も燃えているのに ああ…… 白いほほえみも うしろすがたも 遠い夢の中 あなたはいない  わたしの夜空に星は見えない あなたに逢える 逢える その日まで 鳥は飛び 鳥は帰る それはいつもいつも花の咲く頃 ああ…… 白いほほえみも うしろすがたも 遠い夢の中 あなたはいない
雨の昼下がり藤丸バンド藤丸バンド片桐和子芳野藤丸中島正雄こんな日には 誰でも ふさいでしまうけれど 君とふたりで どこへも出かけずに oh, what a beautiful rain  君を抱いて ベッドで 窓の外 見つめれば 濡れた 街なみ 美しく 煙って oh, what a beautiful rain 愛の雨  Rain, rain keep on falling ふたりのため Rain, rain keep on falling やさしく いつまでも  君はそっと 目を閉じ くちびる 寄せてくる どこか 遠くで 電話のベルが鳴る oh, what a beautiful rain 愛の雨  こんな日には 誰でも ふさいでしまうけれど 君とふたりで どこへも出かけずに oh, what a beautiful rain 愛の雨…
雑踏の中で藤丸バンド藤丸バンド片桐和子芳野藤丸中島正雄あなたは今 時計の針に目をやり いぶかしげに 首をかしげているだろう  いつもこんなふうに ぼくは遅れる 人の波の中 駆けてゆくけど 日暮れの街の こんなざわめきが好きさ  遅れたわけ いつもあなたは聞かない そんな事が ものたりなく思うけど  愛を感じ合える 今のふたりは 何も将来の事 決めてないけど きっとこの愛 このまま続いてゆくね  街にともる灯 あなたを染める そんな横顔が ぼくはいとしい ざわめく街が ふたりを包んでいるね
旅愁川上大輔川上大輔片桐和子平尾昌晃上杉洋史あなたをさがして此処まで来たの 恋しいあなた あなた 今何処に 風にゆれ 雨にぬれて 恋は今も今も 燃えているのに ああ…… 白いほほえみも うしろすがたも 遠い夢の中 あなたはいない  わたしの夜空に 星は見えない あなたに逢える 逢える その日まで 鳥は飛び 鳥は帰る それはいつもいつも 花の咲く頃 ああ…… 白いほほえみも うしろすがたも 遠い夢の中 あなたはいない
あこがれ永田英二永田英二片桐和子鈴木邦彦やさしい人に憧れて 悲しい恋を知りました スミレの花を集めても 飾ってくれる人もなく  涙を知った 小さな胸は 愛の心を 探して歩く  やさしい人が消えた時 悲しい歌を知りました 小さな恋を土に埋めて 淋しく風が吹いてゆく  涙を知った 小さな胸に 明日は愛を 見つけるだろう  涙を知った 小さな胸に 明日は愛を 見つけるだろう  見つけるだろう
メラ・メラTHE BOHEMIANS avec ムッシュかまやつTHE BOHEMIANS avec ムッシュかまやつ片桐和子かまやつひろしメラ・メラメラ メラ・メラメラ メラ・メラメラ アー あの娘を見てから 俺のこころは燃えた 毎日 毎晩 メラ・メラメラ オー、ノーノーノーノーノーノー 俺を苦しめないで オー、ノーノーノーノーノーノー 俺は死にそうだ プリーズ プリーズ プリーズ ヘルプ ミー ベイビー プリーズ プリーズ プリーズ ヘルプ ミー ベイビー メラ・メラメラ メラ・メラメラ
旅愁ジェロジェロ片桐和子平尾昌晃阿部靖広あなたをさがして ここまで来たの 恋しいあなたあなた 今どこに 風にゆれ 雨にぬれて 恋は今も今も 燃えているのに ああ… 白いほほえみも うしろすがたも 遠い夢の中 あなたはいない  わたしの夜空に 星はみえない あなたに逢える逢える その日まで 鳥は飛び 鳥は帰る それはいつもいつも 花の咲く頃 ああ…. 白いほほえみも うしろすがたも 遠い夢の中 あなたはいない
若草の丘林寛子林寛子片桐和子馬飼野康二彼のこと考えて 一人で丘に来たの 好きかしら 好きじゃない すみれの花で占う  二人の頭文字を 並べて書いてみたの かげろうがゆれている 若草萌える丘に  まだ好きとは云えなくて ただ私の胸の中だけ  いつかは彼と私 二人でここへ来るの 口づけをするかしら すみれの花で占う  二つの指を重ね ひみつの願いごとを 目をとじて祈ったの 若草萌える丘に  このときめき恋かしら 今すぐにも彼に告げたい  このときめき恋かしら 今すぐにも彼に告げたい
放課後林寛子林寛子片桐和子馬飼野康二授業中も よそ見して 貴方をみてた 何もかもが 耳もとを 素通りするの いつ頃から こうなのか わからないけど あなただけに 逢いたくて 私は来るの  昼休み 校庭には 声がはずみ 友達も 誘うけれど 断わるの ただ私は 貴方を 探すだけ  帰えり道も ぼんやりと 歩いて来たの 静かに降る 午後の雨 気づきもせずに いつものあの 街角の 花屋の前で 雨にぬれて ひとりきり バスを待ってたの  さしかける 黒いかさに あなたがいる ほほえみが まぶしい程 この胸に 今かかるの 七色の虹が
危険がいっぱい林寛子林寛子片桐和子平尾昌光愛の言葉を カードに書いて バラの花束を 届けに来たのね 危険だけれど 危いけれど あなたをこの部屋に 迎えてあげるわ  好きよ 好きよ 好きなの いつも いつも 逢いたい あゝ あなたに  帰らないでいて 遅くてもいいの このまま いたいの  誰も来ないわ この部屋には 明りを暗くして 抱いてもいいのよ 何も言葉は いらないけれど くちづけの後は 優しくしてよね  好きよ 好きよ 好きなの いつも いつも 逢いたい あゝ あなたに  旅にゆきたいわ どこか遠くまで あなたと ふたりで 秘密に するなら
あなたに夢中林寛子林寛子片桐和子平尾昌光あなたのことを 忘れるなんて わたしには出来ないのだけど あなたは知らないのね こんなつらい 私の気持  他の人に誘われたけど みんなやさしすぎるの いい人だけど 駄目ね  欲しいのは あなただけ その腕に抱きしめて 愛されてみたいのよ なにもいらない  天気予報で あしたは晴れと そんなことを言っていたけど わたしの胸の中は 今日もあすも 曇り空なの  ひとり遠く出て来たけれど とても 淋しすぎるわ むなしすぎるわ いまは  欲しいのは あなただけ その腕に抱きしめて 愛されてみたいのよ なにもいらない  欲しいのは あなただけ その腕に抱きしめて 愛されてみたいのよ なにもいらない
愛の草原林寛子林寛子片桐和子平尾昌晃青空の下続いている この草原 裸足でわたし駆けてゆくわ どこまでも  あなたもどうぞわたしの事 追いかけてね くちづけしてもいい つかまえた時  小川のほとりで ひとやすみ 誰もいない 見えない 静かすぎるわ  聞こえるのはときめきだけ ふたりの胸の………  すみれの花を集めたいの あふれるほど ひっそり咲いたこんな花が 好きなのよ  あなたもどうそわたしのため 摘んでほしい わたしを飾ってね すみれの花で  みどりの木陰で ひとねむり 誰もいない 見えない 静かすぎるわ  あなたの腕まくらにして 夢みているの………  小川のほとりで ひとやすみ 誰もいない 見えない 静かすぎるわ  ゆれているかげろうが ふたりのまわり………
素敵な出来事鶴間エリ鶴間エリ片桐和子都倉俊一汽車はどこ迄も 歌いながら走る 初めて見る様な 素晴らしいながめ  見知らぬ人さえ ほほえみかけて来る 素敵な出来事が どこかにあるわ  住みなれた町を出て 何かをためしたい 今日からは新しい 世界が始まるの  ひとりきりの旅 それも悪くないわ 素敵な恋人が どこかで私を待つの  汽車はどこ迄も 歌いながら走る 誰かが呼びとめる 心の中で  今の私には 希望があるだけよ 心細さなんか 少しもないわ  誰にでもあるものよ 心に描いてた 明日への夢だいて 離れてゆく時が  汽車はどこ迄も 歌いながら走る 素敵な出来事が どこかで私を待つの
ぼくはピコリーノ大杉久美子、ヤング・フレッシュ大杉久美子、ヤング・フレッシュ片桐和子中村泰士京建輔ピコ ピコ ポコ ピコリ 不思議な話 ピコ ピコ ポコ ピコリ 聞いちゃったんだ 広い広い 世界中 遠く遠く 旅をして それがほんとうか ためしてみたいんだ チョッピリ 怖いけど 胸が はずむのさ ピコ ピコ ポコ ピコリ ぼくはピコリーノ  ピコ ピコ ポコ ピコリ 僕は元気さ ピコ ピコ ポコ ピコリ 自由なんだ 高い高い あの空に 深い深い あの海に いつも楽しい 何かが待っている だから できるのさ そうさ 冒険が ピコ ピコ ポコ ピコリ ぼくはピコリーノ  ピコ ピコ ポコ ピコリ 花をつもうよ ピコ ピコ ポコ ピコリ 野苺も 青い青い 空のした つづくつづく 草原 歌をうたって 歩こうどこまでも 夢が ふくらむよ 白い雲のように ピコ ピコ ポコ ピコリ ぼくはピコリーノ
旅愁中条きよし中条きよし片桐和子平尾昌晃高見弘あなたをさがして此処(ここ)まで来たの 恋しいあなたあなた 今何処に 風にゆれ雨にぬれて 恋は今も今も燃えているのに ああ…… 白いほほえみも うしろすがたも 遠い夢の中 あなたはいない  わたしの夜空に星はみえない あなたに逢える逢える その日まで 鳥は飛び鳥は帰る それはいつもいつも花の咲く頃 ああ…… 白いほほえみも うしろすがたも 遠い夢の中 あなたはいない
希望への旋律ピンク・レディーピンク・レディー片桐和子川口真川口真この荒れた海を逃れて 私は静かな岸辺求め 朽ちかけた舟にひとり波間を漂う  星さえ見えない夜空は 私の歩いた過去を映し 誰が真実の愛を与えてくれたの  あなたの愛の優しさに わたしは今めざめる 二人がつかみかけていた あの何かが見える  七色の虹を追いかけ 私は旅した世界中 でも孤独だけがいつも無口な友達  ふと振りかえれば そこには 人の影もなく歌も途絶え 誰が真実の愛を与えてくれたの  あなたの広い胸の中 私はとび込みたい 迷いの霧も晴れた今 希望の灯が見える  あなたの愛の優しさに わたしは今めざめる あなたの広い胸の中 わたしは翔んでゆくの  あなたの愛の優しさに わたしは今めざめる あなたの広い胸の中 わたしは翔んでゆくの……
はまなすの旅西崎緑西崎緑片桐和子平尾昌晃あの砂浜にはまなすの花は 咲いているでしょうか……  好きな人の 住む町 それは 海辺の町 紅いはまなす 咲いていた 悲しい わかれの時 いつまでも 私を待つと誓ったあなた…… ふるえてた 私を あゝ 強くだきしめ はじめての あのくちづけ 涙があふれたの  好きな人の 住む町 星のきれいな町 紅いはまなす 咲く頃に 私は 帰りたいの 砂浜に ひとりで 海をみているあなた…… うしろから 目隠し あゝ おどろかせたい あの時と 同じ様に 迎えてくれるかしら  この夜空を……今…… あなたも見ているでしょうか……  誰よりも あなたを好きと 叫んでみたい この両手 広げて あゝ とんでゆきたい でも 今は この夜空に あなたを想うだけ
おもかげ西崎緑西崎緑片桐和子平尾昌晃私の長い 黒髪を みつめて 好きといいました あなたは会えない 遠い人 少し気むづかしげに まゆを寄せるくせの そんなあなたの 指先が 今もうなじに 残ります  私の胸に つきささる あなたのうわさ ききました 知らずにいたのは 私だけ そっと顔を ひき寄せ 深く見つめたのに みんなうそとは 思えない 今もあなたを 信じます  そんなあなたの おもかげが 胸に せつなく うずきます
壁のむこうにフォーリーブスフォーリーブス片桐和子G.サッチャー・M.アハリ高い壁のそのむこう 背のびしてみても なんにも見えないけれど すばらしい夢が  だから僕は 壁を乗り越えてく たとえそれが つらく苦しくても いつかきっと  小さなこの僕が 壁のむこうの 幸せをみつける  高い壁のそのむこう 背のびしてみても 僕の手にはとどかない 七色の虹が  だから僕は 壁を乗り越えてく たとえそれが つらく苦しくても いつかきっと  だから僕は 壁を乗り越えてく たとえそれが つらく苦しくても いつかきっと
さすらいの唄小沢深雪小沢深雪片桐和子平尾昌晃竜崎孝路愛するあなたを残して さすらう旅は ゆくあてもなく風の吹くまま流されるだけ 夢に命を賭けながら今日迄来たけれど 心にむなしい風の音 さすらいの唄 あなたが恋しい あなたが恋しい あなたが恋しい あなたが恋しい  ふりむく事さえ知らずに歩いた道を 今更ひとり戻れはしない 流されるだけ 恋も命もいらないと今日迄来たけれど あなたの面影だきしめる さすらいの唄 あなたが恋しい あなたが恋しい あなたが恋しい あなたが恋しい
メラ・メラザ・スパイダースザ・スパイダース片桐和子かまやつひろしメラ・メラメラ メラ・メラメラ メラ・メラメラ ア――― あの娘を見てたら 俺のこころは燃えた 毎日 毎晩 メラ・メラメラ オー、ノーノーノーノーノーノー 俺を苦しめないで オー、ノーノーノーノーノーノー 俺は死にそうだ プリーズ プリーズ プリーズ ハヴ ア ベイビー プリーズ ハヴ ア ベイビー メラ・メラメラ メラ・メラメラ
セ フィニ ~愛の幕ぎれ~森山良子森山良子片桐和子森山良子抱きしめてね さよならは聞かせないで 心がわり あなたを責めたりしない C'est fini 幕が降りれば C'est fini また独りきり 冷えた肩を 暖めてくれる人もいない Mon amour わかっているの Mon amour 愛してくれた 燃える様に 奪う様に… あの頃は…  川の水は 海へと流れてゆく 二人の愛 過去へと流されてゆく C'est fini これでいいのよ C'est fini 振り向かないわ めぐり逢いも 別離も 抗えない運命 Mon amour わたしを抱いた Mon amour その手で今は 人の波に 消える背中 見送って
旅愁GOLD LYLIC西崎緑GOLD LYLIC西崎緑片桐和子平尾昌晃竜崎孝路あなたをさがして 此処まで来たの 恋しいあなた あなた 今何処に 風にゆれ 雨にぬれて 恋は今も 今も燃えているのに ああ… 白いほほえみも うしろすがたも 遠い夢の中 あなたはいない  わたしの夜空に 星は見えない あなたに逢える 逢える その日まで 鳥は飛び 鳥は帰る それはいつも いつも花の咲く頃 ああ… 白いほほえみも うしろすがたも 遠い夢の中 あなたはいない
十年おさだたいじおさだたいじ片桐和子三木たかし大人の恋と割り切って ついて来ました この十年 あなたの胸で 朝まで眠る そんな事さえ 夢でした あきらめようか このままか 迷った夜あったけど あなたのいない寂しさ 耐える強さはなかったの  激しい愛に流されて ふと振り向けば 今十年 きっと二人の この愛だけは 決して消えない 変わらない  自由な頃に会えてたら 変わってたでしょう この十年 実らぬ愛と わかっていても 二人でいれば満ち足りて 生まれ変わったその時に 二人はきっと結ばれる あなたを待つわ 一番高い大きな木の下で 女としての幸せを 与えてくれた この十年 道に背いたこの愛だけど 決して誰にも 渡さない  激しい愛に流されて ふと振り向けば 今十年 きっと二人の この愛だけは 決して消えない 変わらない
全1ページ中 1ページを表示

リアルタイムランキング

  1. Subtitle
  2. 可愛くてごめん feat. ちゅーたん(早見沙織)
  3. この空がトリガー
  4. 第ゼロ感
  5. KICK BACK

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照

注目度ランキング

  1. Boom Boom Back
  2. この空がトリガー
  3. STARS
  4. 女のはじまり
  5. らしく

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照