一幕芝居

この曲の表示回数 14,532
歌手:

桂銀淑


作詞:

里村龍一


作曲:

浜圭介


一幕(ひとまく)芝居の 人生を
飾れる夢さえ 今はなく
倖せ失(なく)した 手のひらに
今夜もグラスが 揺れている
ゆらゆら酔えば ゆらゆらと
返らぬ昔が 顔を出し
涙が耳もと 濡らす夜は
はずした指輪の 跡を噛む

淋しさ支える ほほづえを
揺さぶる冷たい 雨の音
夜更けて華やぐ 街の灯(ひ)は
別れたあなたを 点(とも)しだす
シトシト降れば シトシトと
小雨に未練が またまじり
今夜も酒場の とまり木が
ふる里みたいに なっていた

はらはら泣けば はらはらと
あなたが恋しい 酒ン中
今夜も想い出 泳がせて
幸せさがしの 夢を織る
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:一幕芝居 歌手:桂銀淑

桂銀淑の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1996-12-04
商品番号:TOCT-9750
EMIミュージック・ジャパン

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP