酔いどれて

この曲の表示回数 41,721
歌手:

桂銀淑


作詞:

吉岡治


作曲:

浜圭介


ひとり口紅 拭きとりながら
鏡のわたしに 声かける
上手に生きたね 昨日も今日も
褒(ほ)めてみたって むしょうに淋しい
泣かせてよ 泣かせてよ
氷雨が窓うつ こんな夜は
酔わせて 死なせて 火の酒で
ららばい ららばい ららばい
酔いどれて 夢のつづきを見ないよう

どうぞあなたも わたしと同じ
不幸なまんまで 居て欲しい
想い出相手に 酒場の隅で
暗い瞳(め)をして うつろに酔ってね
泣かせてよ 泣かせてよ
涙でこの身が 沈むほど
溺(おぼ)れて 忘れて 火の酒で
ららばい ららばい ららばい
酔いどれて やがて夜明けの鳥になれ

泣かせてよ 泣かせてよ
氷雨が窓うつ こんな夜は
酔わせて 死なせて 火の酒で
ららばい ららばい ららばい
酔いどれて 夢のつづきを見ないよう
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:酔いどれて 歌手:桂銀淑

桂銀淑の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2003-09-29
商品番号:TOCT-10940
EMIミュージック・ジャパン

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP