試聴する

昭和時次郎

この曲の表示回数 18,159
歌手:

渥美二郎


作詞:

里村龍一


作曲:

遠藤実


渡る明日(あした)に夢さえ無くて
なんで出来よう みちづれに
惚れていりゃこそ 冷たく捨てて
夢を消すのも 男の恋さ
野暮な野郎で ござんすが
俺は昭和の 時次郎

別れ酒だと 知らずに飲んで
酔って甘えて 泣いた奴
風が啼くたび 遠くの町で
想い出すだろ お前のことを
半端がらすで ござんすが
俺は昭和の 時次郎

花も風吹きゃ ひとりで散るさ
啼くな未練な ほととぎす
風の冷たさ 浮世の寒さ
教えたくない お前にだけは
明日(あす)は何処(どこ)やら 雲に聞け
俺は昭和の時次郎
icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:昭和時次郎 歌手:渥美二郎

渥美二郎の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1996-11-01
商品番号:SRCL-3695
ソニー・ミュージックレコーズ

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP