夫婦松

この曲の表示回数 6,925
歌手:

瀬川瑛子


作詞:

里村龍一


作曲:

中村典正


雪をかぶった 松の木は
惚れたあんたの 艶姿
裸一貫 つらぬく道を
飾り通すも 女のつとめ
夢の都さ この都会は
いのち捨て身でついてゆく

春は暦の 上だけで
寒さ身を切る 松の開け
生れ故郷の駿河を棄てて
人生を誓ったふたりじゃないか
熱い情けを 荒海の胸に
燃やして 仰ぐ空

あんた空貫く 松ならば
わたし寄り添う鶴になる
涙ちぎって惚れ抜き通す
愛は女の 手搾り酒だ
ぐっと飲みほし 春を呼ぶ
夢も番いの 夫婦松
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:夫婦松 歌手:瀬川瑛子

瀬川瑛子の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1996-10-09
商品番号:CRCN-50055
日本クラウン

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP