春の海

この曲の表示回数 12,012
歌手:

瀬川瑛子


作詞:

星野哲郎


作曲:

新井利昌


鍋と茶碗を 揃えただけで
それを所帯と 呼ぶ頃は
何のつらかろ 逆巻く波も
たのしい苦労と 受けとめて
しぶきを浴びる 夫婦岩

(音戸の舟唄より)
エーヤーレーまことに頼りにエー
命を漕げば
夜の明けない ヤーレー 海はない

波をかき分け 出てゆく舟を
隠れ筏が じゃまをする
目には見えない 命の瀬戸を
心の目をあけ 漕ぎ抜ける
男の夢は 春の海

海に浮いても 波には染まず
空に浮いても 鳥のまま
うたう鴎の のどかさ白さ
この世の理想を うつし絵の
調べにのせる 春の琴
icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:春の海 歌手:瀬川瑛子

瀬川瑛子の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1996-10-09
商品番号:CRCN-50055
日本クラウン

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP