島倉千代子の歌詞一覧リスト  112曲中 1-112曲を表示

並び順: []
全1ページ中 1ページを表示
112曲中 1-112曲を表示
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
愛国の花ましろき富士の けだかさを こころのつよい 楯として 御国につくす女等は かがやく御代の山ざくら 地に咲き匂う国の花  老いたる若きもろともに 国難しのぐ冬の梅 かよわい力よくあわせ 銃後にはげむ凛々しさは ゆかしく匂う国の花  勇士のあとを雄々しくも 家をば子をば守りゆく やさしい母やまた妻は まごころ燃ゆる紅椿 うれしく匂う国の花  御稜威のしるし菊の花 ゆたかに香る日の本の 女といえど生命がけ こぞりて咲いて美しく 光りて匂う国の花島倉千代子福田正夫古関裕而ましろき富士の けだかさを こころのつよい 楯として 御国につくす女等は かがやく御代の山ざくら 地に咲き匂う国の花  老いたる若きもろともに 国難しのぐ冬の梅 かよわい力よくあわせ 銃後にはげむ凛々しさは ゆかしく匂う国の花  勇士のあとを雄々しくも 家をば子をば守りゆく やさしい母やまた妻は まごころ燃ゆる紅椿 うれしく匂う国の花  御稜威のしるし菊の花 ゆたかに香る日の本の 女といえど生命がけ こぞりて咲いて美しく 光りて匂う国の花
愛してるって言わせたいやさしい男は 最初だけ みんなが みんなそう言うの 嘘だわ 嘘よと むきになれば 余計に不安に なっちゃうの だから愛してるって 言わせたい 今日も明日も 言わせたい 変わらぬあなたを時々 確かめたい  はじめてキスした あの夜に 交わした 愛の約束を 今でも信じて いいのなら ずっとあなたに ついてゆく だから愛してるって 言わせたい 星の数だけ 言わせたい これからあなたとほんとの 夢を見たい  それなのにあなた いじわるね 電話のひとつも くれないの だから愛してるって 言わせたい 顔を見るたび 言わせたい 無口なあなたをちょっぴり 困らせたい  愛してるって 言わせたい 星の数だけ 言わせたい これからあなたとほんとの 夢を見たい島倉千代子島倉千代子奥居香奥居香やさしい男は 最初だけ みんなが みんなそう言うの 嘘だわ 嘘よと むきになれば 余計に不安に なっちゃうの だから愛してるって 言わせたい 今日も明日も 言わせたい 変わらぬあなたを時々 確かめたい  はじめてキスした あの夜に 交わした 愛の約束を 今でも信じて いいのなら ずっとあなたに ついてゆく だから愛してるって 言わせたい 星の数だけ 言わせたい これからあなたとほんとの 夢を見たい  それなのにあなた いじわるね 電話のひとつも くれないの だから愛してるって 言わせたい 顔を見るたび 言わせたい 無口なあなたをちょっぴり 困らせたい  愛してるって 言わせたい 星の数だけ 言わせたい これからあなたとほんとの 夢を見たい
哀秋誰といても 寂しくなる 微笑(わら)いながら 泣きたくなる  風の中を 枯葉が舞い 何もかもが 朽ちてゆくの  見あげた青空 哀しい色だわ あの日のふたりが 涙に滲(にじ)んでいる  外苑前 銀杏並木(いちょうなみき) あのひとと 歩いた道  (台詞) 静かね… 秋の夜(よる)は… コーヒーでもいれましょうか お砂糖はひとつだったわね? ねぇ あなた 聞こえてる? そっか… あなたはもういないのね 私はひとり ひとりきり… 思い出の中で あなたはいつも 微笑(わら)っているのに…  私の時間は 止まったままなの あなたが今にも 帰ってくる気がする  いつか夜も 明けてゆくわ この部屋にも朝の光島倉千代子友利歩未杉村俊博杉村俊博誰といても 寂しくなる 微笑(わら)いながら 泣きたくなる  風の中を 枯葉が舞い 何もかもが 朽ちてゆくの  見あげた青空 哀しい色だわ あの日のふたりが 涙に滲(にじ)んでいる  外苑前 銀杏並木(いちょうなみき) あのひとと 歩いた道  (台詞) 静かね… 秋の夜(よる)は… コーヒーでもいれましょうか お砂糖はひとつだったわね? ねぇ あなた 聞こえてる? そっか… あなたはもういないのね 私はひとり ひとりきり… 思い出の中で あなたはいつも 微笑(わら)っているのに…  私の時間は 止まったままなの あなたが今にも 帰ってくる気がする  いつか夜も 明けてゆくわ この部屋にも朝の光
哀愁のからまつ林涙あふれて はり裂けそうな 胸を両手で 抱きしめる みえないの みえないの 背のびをしても あゝ あの人は 行ってしまった からまつ林  せめてもいちど 恋しい人の 腕に甘えて 縋れたら それだけで それだけで 死んでもいいの あゝ 弱虫と 風が叱るわ 日暮の風が  あとも見ないで 別れていった 男らしさが 哀しさが 燃えるよな 燃えるよな 夕やけ小焼け あゝ 帰りましょう 影を踏み踏み 落葉の道を島倉千代子西沢爽船村徹船村徹涙あふれて はり裂けそうな 胸を両手で 抱きしめる みえないの みえないの 背のびをしても あゝ あの人は 行ってしまった からまつ林  せめてもいちど 恋しい人の 腕に甘えて 縋れたら それだけで それだけで 死んでもいいの あゝ 弱虫と 風が叱るわ 日暮の風が  あとも見ないで 別れていった 男らしさが 哀しさが 燃えるよな 燃えるよな 夕やけ小焼け あゝ 帰りましょう 影を踏み踏み 落葉の道を
愛するあなたへの手紙あなたに送るこの手紙 あなたが受けとるこの手紙  身体を壊していませんか 自然に笑顔でいられますか 泣いたら泣き止み 次の朝を精一杯生きてほしい 友達はたくさんできますか 本音で話をしていますか 悲しみ喜び 落ち葉のように 降りかかってくるでしょう 一人では誰も生きられず 父母に抱きしめられていた これからの夢と人生を 少しだけ支えさせてください  気持ちを抑えていませんか 居場所を探していませんか 優しい人ほど たくさん涙を 流してしまうでしょう 歩みよる気持ち忘れずに 思いやり決して失くさずに これからの夢と人生を 温かく過ごしてください  あなたに送るこの手紙 あなたが受けとるこの手紙 あなたがくれたこの想い 私が受けとるこの想い  身体を壊していませんか 自然に笑顔でいられますか 泣いたら泣き止み次の朝を 精一杯生きてほしい  精一杯生きてほしい島倉千代子都若丸都若丸伊戸のりおあなたに送るこの手紙 あなたが受けとるこの手紙  身体を壊していませんか 自然に笑顔でいられますか 泣いたら泣き止み 次の朝を精一杯生きてほしい 友達はたくさんできますか 本音で話をしていますか 悲しみ喜び 落ち葉のように 降りかかってくるでしょう 一人では誰も生きられず 父母に抱きしめられていた これからの夢と人生を 少しだけ支えさせてください  気持ちを抑えていませんか 居場所を探していませんか 優しい人ほど たくさん涙を 流してしまうでしょう 歩みよる気持ち忘れずに 思いやり決して失くさずに これからの夢と人生を 温かく過ごしてください  あなたに送るこの手紙 あなたが受けとるこの手紙 あなたがくれたこの想い 私が受けとるこの想い  身体を壊していませんか 自然に笑顔でいられますか 泣いたら泣き止み次の朝を 精一杯生きてほしい  精一杯生きてほしい
逢いたいなァあの人に島の日暮れの 段々畑 紺のモンペに 涙がホロリ ホロホロリ 逢いたいなァ あの人に 子供の昔に 二人して 一番星を エー 探したね  風が泣いてる 夕風夜風 姉さんかむりに 花びらホロリ ホロホロリ 逢いたいなァ あの人に つばめは今年も 来たけれど 私は一人 エー 待ちぼうけ  たばこ畑の 石ころ小道 はいた草履に 夜露がホロリ ホロホロリ 逢いたいなァ あの人に 今夜もこっそり 裏山に 出てみりゃ淋し エー おぼろ月島倉千代子石本美由起上原げんと島の日暮れの 段々畑 紺のモンペに 涙がホロリ ホロホロリ 逢いたいなァ あの人に 子供の昔に 二人して 一番星を エー 探したね  風が泣いてる 夕風夜風 姉さんかむりに 花びらホロリ ホロホロリ 逢いたいなァ あの人に つばめは今年も 来たけれど 私は一人 エー 待ちぼうけ  たばこ畑の 石ころ小道 はいた草履に 夜露がホロリ ホロホロリ 逢いたいなァ あの人に 今夜もこっそり 裏山に 出てみりゃ淋し エー おぼろ月
逢いたいよ~酒は涙か溜息から~あんた 今夜もお酒なの 酔えばいつもの 演歌ぶし 古い歌だが しみてきて わたしも泣けます 想い出す 酒は涙か 溜息か 心の憂さの 捨てどころ  そうよ 今でも一人身よ 春をみついだ 酒場街 うその情けと 知りながら 女の身体は 火と燃える 忘れたはずの 彼の人に 残る心を 何としよう  あの人は どこにいる 逢いたいよ島倉千代子山本豊・高橋掬太郎遠藤実・古賀政男あんた 今夜もお酒なの 酔えばいつもの 演歌ぶし 古い歌だが しみてきて わたしも泣けます 想い出す 酒は涙か 溜息か 心の憂さの 捨てどころ  そうよ 今でも一人身よ 春をみついだ 酒場街 うその情けと 知りながら 女の身体は 火と燃える 忘れたはずの 彼の人に 残る心を 何としよう  あの人は どこにいる 逢いたいよ
愛のさざなみGOLD LYLICこの世に神様が 本当にいるなら あなたに抱かれて 私は死にたい ああ湖に 小舟がただひとつ やさしくやさしく くちづけしてね くり返すくり返す さざ波のように  あなたが私を きらいになったら 静かに静かに いなくなってほしい ああ湖に 小舟がただひとつ 別れを思うと 涙があふれる くり返すくり返す さざ波のように  どんなに遠くに 離れていたって あなたのふるさとは 私ひとりなの ああ湖に 小舟がただひとつ いつでもいつでも 思い出してね くり返すくり返す さざ波のように さざ波のようにGOLD LYLIC島倉千代子なかにし礼浜口庫之助この世に神様が 本当にいるなら あなたに抱かれて 私は死にたい ああ湖に 小舟がただひとつ やさしくやさしく くちづけしてね くり返すくり返す さざ波のように  あなたが私を きらいになったら 静かに静かに いなくなってほしい ああ湖に 小舟がただひとつ 別れを思うと 涙があふれる くり返すくり返す さざ波のように  どんなに遠くに 離れていたって あなたのふるさとは 私ひとりなの ああ湖に 小舟がただひとつ いつでもいつでも 思い出してね くり返すくり返す さざ波のように さざ波のように
愛ひとひらしまい忘れた 風鈴が 秋の夜風に 泣いてます あなたは 夏のせいにして 想い出だけを 置いてゆく もう何も言わないで わたし以外の 女のために 夢に咲いて 咲いては散る さだめなら 時をこえて 生まれ変わり いつの日か あなたの胸で咲かせて 離さないで  沈む夕日に せかされて 人は家路を 急ぐけど わたしのもとへ 訪れる あの足音は 聞こえない ひと夏の まぼろしに 笑い方さえ 奪われたまま めぐり逢いの いたずらよと 恨みつつ 赤い絆 たぐり寄せて もう一度 あなたの胸で散らせて 眠らせて  夢に咲いて 咲いては散る さだめなら 時をこえて 生まれ変わり いつの日か あなたの胸で咲かせて 離さないで島倉千代子島倉千代子平松愛理竜崎孝路しまい忘れた 風鈴が 秋の夜風に 泣いてます あなたは 夏のせいにして 想い出だけを 置いてゆく もう何も言わないで わたし以外の 女のために 夢に咲いて 咲いては散る さだめなら 時をこえて 生まれ変わり いつの日か あなたの胸で咲かせて 離さないで  沈む夕日に せかされて 人は家路を 急ぐけど わたしのもとへ 訪れる あの足音は 聞こえない ひと夏の まぼろしに 笑い方さえ 奪われたまま めぐり逢いの いたずらよと 恨みつつ 赤い絆 たぐり寄せて もう一度 あなたの胸で散らせて 眠らせて  夢に咲いて 咲いては散る さだめなら 時をこえて 生まれ変わり いつの日か あなたの胸で咲かせて 離さないで
青葉城恋唄広瀬川流れる岸辺 想い出は帰らず 早瀬踊る光に揺れていた君の瞳 時はめぐりまた夏が来て あの日と同じ流れの岸 瀬音ゆかしき杜の都 あの人はもういない  七夕の飾りは揺れて 想い出は帰らず 夜空輝く星に願いをこめた君の囁き 時はめぐりまた夏が来て あの日と同じ七夕祭り 葉ずれさやけき杜の都 あの人はもういない  青葉通り薫る葉緑 想い出は帰らず 樹かげこぼれる灯にぬれていた君の頬 時はめぐりまた夏が来て あの日と同じ通りの角 吹く風やさしき杜の都 あの人はもういない  時はめぐりまた夏が来て あの日と同じ流れの岸 瀬音ゆかしき杜の都 あの人はもういない島倉千代子星間船一さとう宗幸竜崎孝路広瀬川流れる岸辺 想い出は帰らず 早瀬踊る光に揺れていた君の瞳 時はめぐりまた夏が来て あの日と同じ流れの岸 瀬音ゆかしき杜の都 あの人はもういない  七夕の飾りは揺れて 想い出は帰らず 夜空輝く星に願いをこめた君の囁き 時はめぐりまた夏が来て あの日と同じ七夕祭り 葉ずれさやけき杜の都 あの人はもういない  青葉通り薫る葉緑 想い出は帰らず 樹かげこぼれる灯にぬれていた君の頬 時はめぐりまた夏が来て あの日と同じ通りの角 吹く風やさしき杜の都 あの人はもういない  時はめぐりまた夏が来て あの日と同じ流れの岸 瀬音ゆかしき杜の都 あの人はもういない
浅草メロドラマとめる母の手 振り切って 彼の下駄ばきアパートへ 泣いてころがり込んだのは ほおずき市の夜だった 風も通らぬ四畳半 恐いもの無かったよ 今に想えば十八歳(じゅうはち)の あれは浅草メロドラマ  着のみ着のまま 貧しさに 笑うことさえ 忘れはて ふたり死のうとしたけれど ひとり私は残された 暗くよどんだ隅田川 涙さえ出なかった めぐりあわせかあの晩も ほおずき市が近かった  そして季節は 又めぐり ほおずき市の浅草で つくり笑顔に口紅をさし 今日も私は生きている 帰りたいけど両親はふるさとの石の下 イヤだごめんネ ついぐちに外は祭りの人の波 イヤだごめんネ ついぐちに外は祭りの人の波島倉千代子吉田旺浜圭介とめる母の手 振り切って 彼の下駄ばきアパートへ 泣いてころがり込んだのは ほおずき市の夜だった 風も通らぬ四畳半 恐いもの無かったよ 今に想えば十八歳(じゅうはち)の あれは浅草メロドラマ  着のみ着のまま 貧しさに 笑うことさえ 忘れはて ふたり死のうとしたけれど ひとり私は残された 暗くよどんだ隅田川 涙さえ出なかった めぐりあわせかあの晩も ほおずき市が近かった  そして季節は 又めぐり ほおずき市の浅草で つくり笑顔に口紅をさし 今日も私は生きている 帰りたいけど両親はふるさとの石の下 イヤだごめんネ ついぐちに外は祭りの人の波 イヤだごめんネ ついぐちに外は祭りの人の波
あしたになればあしたになれば… それが口ぐせ あしたになれば… いい事が 窓を染める黄昏に つぶやいて つぶやいて生きてきた 人は何故に 愛に傷つき 想い出ばかり ふやしてゆくの 今すぐ誰か そばにきて そして心を 暖めて あしたになれば あしたになれば それが口ぐせ 悲しい口ぐせ  生きてるだけで… それが口ぐせ 生きてるだけで… いい事が 今日がたとえ悲しみで 泣き濡れて 泣き濡れて終わっても いつかきっと 遠い幸せ 出逢えるその日 信じるけれど 今すぐ誰か そばにきて そして涙を ふきとって 生きてるだけで 生きてるだけで それが口ぐせ 悲しい口ぐせ  あしたになれば あしたになれば それが口ぐせ 悲しい口ぐせ  あしたになれば あしたになれば それが口ぐせ 悲しい口ぐせ  島倉千代子荒木とよひさ浜圭介あしたになれば… それが口ぐせ あしたになれば… いい事が 窓を染める黄昏に つぶやいて つぶやいて生きてきた 人は何故に 愛に傷つき 想い出ばかり ふやしてゆくの 今すぐ誰か そばにきて そして心を 暖めて あしたになれば あしたになれば それが口ぐせ 悲しい口ぐせ  生きてるだけで… それが口ぐせ 生きてるだけで… いい事が 今日がたとえ悲しみで 泣き濡れて 泣き濡れて終わっても いつかきっと 遠い幸せ 出逢えるその日 信じるけれど 今すぐ誰か そばにきて そして涙を ふきとって 生きてるだけで 生きてるだけで それが口ぐせ 悲しい口ぐせ  あしたになれば あしたになれば それが口ぐせ 悲しい口ぐせ  あしたになれば あしたになれば それが口ぐせ 悲しい口ぐせ  
あなたを紡いで手毬唄ひとつ ふたつ みっつとせ しあわせの破片 数えながら…  愛をほおばる ひな鳥のように やさしい胸で すごした日々 笑顔はひとりじゃ つくれないさと 口移しに 教えてくれた人 あなたの面影 たて糸に あなたのぬくもり よこ糸に 紡いで唄う 手毬唄 あんなに誰かを もう愛せない  袖を通さぬ 花嫁衣裳に くやし涙の 染みのあと 命をとるなら 運命よなんで この私の 命をとらなかったの あなたのくちぐせ たて糸に あなたの残り香 よこ糸に 紡いで唄う 手毬唄 あんなに誰かを もう愛せない  あなたの面影 たて糸に あなたのぬくもり よこ糸に 紡いで唄う 手毬唄 あんなに誰かを もう愛せない島倉千代子島倉千代子南こうせつひとつ ふたつ みっつとせ しあわせの破片 数えながら…  愛をほおばる ひな鳥のように やさしい胸で すごした日々 笑顔はひとりじゃ つくれないさと 口移しに 教えてくれた人 あなたの面影 たて糸に あなたのぬくもり よこ糸に 紡いで唄う 手毬唄 あんなに誰かを もう愛せない  袖を通さぬ 花嫁衣裳に くやし涙の 染みのあと 命をとるなら 運命よなんで この私の 命をとらなかったの あなたのくちぐせ たて糸に あなたの残り香 よこ糸に 紡いで唄う 手毬唄 あんなに誰かを もう愛せない  あなたの面影 たて糸に あなたのぬくもり よこ糸に 紡いで唄う 手毬唄 あんなに誰かを もう愛せない
あの頃にとどけ涙がこぼれるくらい みんなすてきだったから やがてすべてが 思い出になる そんなふうに思いもしないで  一枚だけ二人で うつした写真があるの あなたの横で すこし離れて 嬉しそうに笑っているだけ  ほんとうを言えば あなたのことが ほかの誰より 好きだったのに なにも言えない あなたの前じゃ そんな子だったでしょ あの頃  すべてを捨てて夢を 追いかければよかったのにね 夏が来るたび いつも思うの あの時それに 気づいてたら  ほんとうを言えば あなたのことが ほかの誰より 好きだったのに なにも言えない あなたの前じゃ そんな子だったでしょ あの頃  ほんとうを言えば あなたのことが ほかの誰より 好きだったのに きっと今も 変わらないでしょ あの頃のままの あなたで あの頃のままの あなたで 私の 好きな あなたで島倉千代子島倉千代子・小田和正小田和正涙がこぼれるくらい みんなすてきだったから やがてすべてが 思い出になる そんなふうに思いもしないで  一枚だけ二人で うつした写真があるの あなたの横で すこし離れて 嬉しそうに笑っているだけ  ほんとうを言えば あなたのことが ほかの誰より 好きだったのに なにも言えない あなたの前じゃ そんな子だったでしょ あの頃  すべてを捨てて夢を 追いかければよかったのにね 夏が来るたび いつも思うの あの時それに 気づいてたら  ほんとうを言えば あなたのことが ほかの誰より 好きだったのに なにも言えない あなたの前じゃ そんな子だったでしょ あの頃  ほんとうを言えば あなたのことが ほかの誰より 好きだったのに きっと今も 変わらないでしょ あの頃のままの あなたで あの頃のままの あなたで 私の 好きな あなたで
いい日旅立ち雪解け間近の北の空に向い 過ぎ去りし日々の夢を叫ぶ時 帰らぬ人達 熱い胸をよぎる せめて今日から一人きり 旅に出る あゝ 日本のどこかに 私を待ってる人がいる いい日 旅立ち 夕焼けをさがしに 母の背中で聞いた歌を道連れに  岬のはずれに少年は魚つり 青い芒(すすき)の小径を帰るのか 私は今から 想い出を創るため 砂に枯木でかくつもり“さよなら”と あゝ日本のどこかに 私を待ってる人がいる いい日 旅立ち 羊雲をさがしに 父が教えてくれた歌を道連れに  あゝ日本のどこかに 私を待ってる人がいる いい日 旅立ち 幸福(しあわせ)をさがしに 子供の頃に歌った歌を道連れに……島倉千代子谷村新司谷村新司雪解け間近の北の空に向い 過ぎ去りし日々の夢を叫ぶ時 帰らぬ人達 熱い胸をよぎる せめて今日から一人きり 旅に出る あゝ 日本のどこかに 私を待ってる人がいる いい日 旅立ち 夕焼けをさがしに 母の背中で聞いた歌を道連れに  岬のはずれに少年は魚つり 青い芒(すすき)の小径を帰るのか 私は今から 想い出を創るため 砂に枯木でかくつもり“さよなら”と あゝ日本のどこかに 私を待ってる人がいる いい日 旅立ち 羊雲をさがしに 父が教えてくれた歌を道連れに  あゝ日本のどこかに 私を待ってる人がいる いい日 旅立ち 幸福(しあわせ)をさがしに 子供の頃に歌った歌を道連れに……
いちばんきれいな星心つらいときは 見上げてごらんよ 木枯らしの街だって 星は照らしてる  いちばんきれいな星「元気をだしなさい」と 胸の奥で歌いだす いつか愛にかわるよ きっと夢に会える  くじけそうなときも 見上げてごらんよ 優しくなれるから さぁ涙ふいて  いちばんきれいな星 しあわせ 願ってる ひとりひとり守ってる みんな愛に戻るよ そして夢になるよ いちばんきれいな星…島倉千代子森浩美大泉邦男亀田誠治心つらいときは 見上げてごらんよ 木枯らしの街だって 星は照らしてる  いちばんきれいな星「元気をだしなさい」と 胸の奥で歌いだす いつか愛にかわるよ きっと夢に会える  くじけそうなときも 見上げてごらんよ 優しくなれるから さぁ涙ふいて  いちばんきれいな星 しあわせ 願ってる ひとりひとり守ってる みんな愛に戻るよ そして夢になるよ いちばんきれいな星…
美しき天然GOLD LYLIC空にさえずる鳥の声 峯より落つる滝の音 大波小波鞳鞳と 響き絶えせぬ海の音 聞けや人々面白き 此の天然の音楽を 調べ自在に弾き給う 神の御手の尊しや  春は桜のあや衣 秋は紅葉の唐錦 夏は涼しき月の絹 冬は真白き雪の布 見よや人々美しき この天然の織物を 手際見事に織りたもう 神のたくみの尊しや  うす墨ひける四方の山 くれない匂う横がすみ 海辺はるかにうち続く 青松白砂の美しさ 見よや人々たぐいなき この天然のうつしえを 筆も及ばずかきたもう 神の力の尊しや  朝に起る雲の殿 夕べにかかる虹の橋 晴れたる空を見渡せば 青天井に似たるかな 仰げ人々珍らしき 此の天然の建築を かく広大にたてたもう 神の御業の尊しやGOLD LYLIC島倉千代子武島羽衣田中穂積宮川泰空にさえずる鳥の声 峯より落つる滝の音 大波小波鞳鞳と 響き絶えせぬ海の音 聞けや人々面白き 此の天然の音楽を 調べ自在に弾き給う 神の御手の尊しや  春は桜のあや衣 秋は紅葉の唐錦 夏は涼しき月の絹 冬は真白き雪の布 見よや人々美しき この天然の織物を 手際見事に織りたもう 神のたくみの尊しや  うす墨ひける四方の山 くれない匂う横がすみ 海辺はるかにうち続く 青松白砂の美しさ 見よや人々たぐいなき この天然のうつしえを 筆も及ばずかきたもう 神の力の尊しや  朝に起る雲の殿 夕べにかかる虹の橋 晴れたる空を見渡せば 青天井に似たるかな 仰げ人々珍らしき 此の天然の建築を かく広大にたてたもう 神の御業の尊しや
空蝉逢えばはかなく つらいのに 忍んで通う 恋の道 文目もわかぬ 闇のなか たまゆら 解いてはじらう 衣ずれの ああ 音がかなしい ああ おんな帯  添えぬ人でもいいのです 情けをかけて くだされば 抱いてください 折れるほど たまゆら 匂いこぼれる くろ髪の ああ さめて くやしい 夢のつゆ  雪の重さに たえかねて 息がはじけて 散る椿 あなたの愛に 流される たまゆら 燃えてみじかい 空蝉の 命いとし 残り紅 ああ ああ島倉千代子たかたかし弦哲也逢えばはかなく つらいのに 忍んで通う 恋の道 文目もわかぬ 闇のなか たまゆら 解いてはじらう 衣ずれの ああ 音がかなしい ああ おんな帯  添えぬ人でもいいのです 情けをかけて くだされば 抱いてください 折れるほど たまゆら 匂いこぼれる くろ髪の ああ さめて くやしい 夢のつゆ  雪の重さに たえかねて 息がはじけて 散る椿 あなたの愛に 流される たまゆら 燃えてみじかい 空蝉の 命いとし 残り紅 ああ ああ
海かがみ心の中に 広がる海がある 悲しい風にゆれる夜は 一人月を見る いつになったら十五夜の きれいな月になりますか その時 やさしく教えてくれた 波にゆれても 明日は満月 海かがみ  今よりもっと 悲しいあの時を 思い出せばざわめきも 凪いでくるのです  だけど時々泳げない この世という名の荒海を その時 心の闇に光った 波にゆれても 月を映せ 海かがみ  私の心に 映ったこの月は 誰にも消せない盗られない 光り続けます 明日は何があるのでしょう 一つ笑って一つ泣く それでも昨日と 違う月を 波に映せよ 明日は満月 海かがみ島倉千代子山崎ハコ・島倉千代子山崎ハコ心の中に 広がる海がある 悲しい風にゆれる夜は 一人月を見る いつになったら十五夜の きれいな月になりますか その時 やさしく教えてくれた 波にゆれても 明日は満月 海かがみ  今よりもっと 悲しいあの時を 思い出せばざわめきも 凪いでくるのです  だけど時々泳げない この世という名の荒海を その時 心の闇に光った 波にゆれても 月を映せ 海かがみ  私の心に 映ったこの月は 誰にも消せない盗られない 光り続けます 明日は何があるのでしょう 一つ笑って一つ泣く それでも昨日と 違う月を 波に映せよ 明日は満月 海かがみ
海鳴りの聞こえる町海鳴りが 聞こえる町へ 悲しみにたえかねて 逃げて来ました 霧の港の ホテルから お別れの電話を かけてます ホラホラホラ 霧笛がしずかに泣いてる町です  海鳴りが 聞こえる部屋で いつかしら ダイヤルにふれていました 遠く貴方の 呼ぶ声が あきらめたこの胸を ゆすります ホラホラホラ 夜霧がしずかに流れる町です  海鳴りが 聞こえる町で ただ一人 あてもなく船に乗ります いいえ何にも 聞かないで さよなら電話を 切りましょう ホラホラホラ 出船の合図が聞こえる町です島倉千代子木賊大次郎船村徹海鳴りが 聞こえる町へ 悲しみにたえかねて 逃げて来ました 霧の港の ホテルから お別れの電話を かけてます ホラホラホラ 霧笛がしずかに泣いてる町です  海鳴りが 聞こえる部屋で いつかしら ダイヤルにふれていました 遠く貴方の 呼ぶ声が あきらめたこの胸を ゆすります ホラホラホラ 夜霧がしずかに流れる町です  海鳴りが 聞こえる町で ただ一人 あてもなく船に乗ります いいえ何にも 聞かないで さよなら電話を 切りましょう ホラホラホラ 出船の合図が聞こえる町です
襟裳岬風はひゅるひゅる 波はざんぶりこ 誰か私を 呼んでるような 襟裳岬の 風と波 にくいにくいと 怨んだけれど いまじゃ恋しい あの人が  風はひゅるひゅる 波はざんぶりこ 浜の日暮れは淋しいものよ たった一人は なおさらに こんぶとる手に ほろりと涙 背のびしてみる 遠い空  風はひゅるひゅる 波はざんぶりこ 春はいつくる 燈台守と 襟裳岬の女の子 泣いてみたいな 霧笛のように 泣けば思いも 晴れるのに島倉千代子丘灯至夫遠藤実風はひゅるひゅる 波はざんぶりこ 誰か私を 呼んでるような 襟裳岬の 風と波 にくいにくいと 怨んだけれど いまじゃ恋しい あの人が  風はひゅるひゅる 波はざんぶりこ 浜の日暮れは淋しいものよ たった一人は なおさらに こんぶとる手に ほろりと涙 背のびしてみる 遠い空  風はひゅるひゅる 波はざんぶりこ 春はいつくる 燈台守と 襟裳岬の女の子 泣いてみたいな 霧笛のように 泣けば思いも 晴れるのに
おかえりなさいあなたの帰りを待っている 変わらぬ心がここにある  無口な背中が語ってた 明日(あす)に疲れたら 帰っておいで  あなたがいる 私がいる 夜はしんしん更ける かじかむ想いを温めましょう 長い一日の終わりには あなたに寄り添う 愛があるから  あなたの涙を知っている なんにも聞かずにそばにいる  ひとって寂しいものだから 何かを信じて みたくなるのよ  風が走る 冬の空に 星が流れて消えた あなたの願いが叶いますよう どんなに遠くへ行こうとも 最後は私に おかえりなさい  あなたがいる 私がいる 夜はしんしん更ける かじかむ想いを温めましょう 長い一日の終わりには あなたに寄り添う 愛があるから  (おかえりなさい…)島倉千代子友利歩未杉村俊博あなたの帰りを待っている 変わらぬ心がここにある  無口な背中が語ってた 明日(あす)に疲れたら 帰っておいで  あなたがいる 私がいる 夜はしんしん更ける かじかむ想いを温めましょう 長い一日の終わりには あなたに寄り添う 愛があるから  あなたの涙を知っている なんにも聞かずにそばにいる  ひとって寂しいものだから 何かを信じて みたくなるのよ  風が走る 冬の空に 星が流れて消えた あなたの願いが叶いますよう どんなに遠くへ行こうとも 最後は私に おかえりなさい  あなたがいる 私がいる 夜はしんしん更ける かじかむ想いを温めましょう 長い一日の終わりには あなたに寄り添う 愛があるから  (おかえりなさい…)
思い出さん今日は目隠しした手を 優しくつねり あたしの名前を 呼んだのね 雨のベンチで ぬれている 思い出さん 今日は たまんないのよ 恋しくて あの指あの手 あの声が  笑ってごらんと 肩抱きよせて 涙を拭って くれたのね 雨の舗道で 泣いている 思い出さん 今日は こちらお向きよ 逃げないで お話しましょ いつまでも  誰かの真似して 小石を投げた ポチャンと淋しい 音がした 雨の小川に ゆれている 思い出さん 今日は つまんないのよ 何もかも あの日は遠い 夢だもの島倉千代子星野哲郎古賀政男目隠しした手を 優しくつねり あたしの名前を 呼んだのね 雨のベンチで ぬれている 思い出さん 今日は たまんないのよ 恋しくて あの指あの手 あの声が  笑ってごらんと 肩抱きよせて 涙を拭って くれたのね 雨の舗道で 泣いている 思い出さん 今日は こちらお向きよ 逃げないで お話しましょ いつまでも  誰かの真似して 小石を投げた ポチャンと淋しい 音がした 雨の小川に ゆれている 思い出さん 今日は つまんないのよ 何もかも あの日は遠い 夢だもの
おもいで日記指がつめたい人は 心が燃えてるんだって ほんとかしら でも、あれほど誓った指きりも 今は遠い想い出になってしまったの  忘れな草の 青い花 さみしく風に こぼれる道で わたしは今日も 泣いている ああ あの人は あの人は ここでさよなら いったっけ  心変わりを うらむより きれいな恋の 想い出だけを いついつまでも 抱きしめて ああ あの人に あの人に ここでさよなら いったっけ  誰にもおぼえが あるのでしょ 夢より淡い おもいで日記 涙のペンで 書いた日を ああ あの人と あの人と ここでさよなら いったっけ島倉千代子西沢爽遠藤実佐伯亮・牧野昭一指がつめたい人は 心が燃えてるんだって ほんとかしら でも、あれほど誓った指きりも 今は遠い想い出になってしまったの  忘れな草の 青い花 さみしく風に こぼれる道で わたしは今日も 泣いている ああ あの人は あの人は ここでさよなら いったっけ  心変わりを うらむより きれいな恋の 想い出だけを いついつまでも 抱きしめて ああ あの人に あの人に ここでさよなら いったっけ  誰にもおぼえが あるのでしょ 夢より淡い おもいで日記 涙のペンで 書いた日を ああ あの人と あの人と ここでさよなら いったっけ
想い出のからたち日記こころで好きと 叫んでも 口では言えず ただあの人と 小さな傘を かたむけた ああ あの日は雨 雨の小径に 白い仄かな からたちの花  くちづけすらの 想い出も のこしてくれず 去りゆく影よ 単衣の袖を かみしめた ああ あの夜は霧 霧の小径に 泣いて散る散る からたちの花  からたちの実が みのっても 別れた人は もう帰らない 乙女の胸の 奥ふかく ああ 過ぎゆく風 風の小径に いまは遥かな からたちの花島倉千代子西沢爽遠藤実池多孝春こころで好きと 叫んでも 口では言えず ただあの人と 小さな傘を かたむけた ああ あの日は雨 雨の小径に 白い仄かな からたちの花  くちづけすらの 想い出も のこしてくれず 去りゆく影よ 単衣の袖を かみしめた ああ あの夜は霧 霧の小径に 泣いて散る散る からたちの花  からたちの実が みのっても 別れた人は もう帰らない 乙女の胸の 奥ふかく ああ 過ぎゆく風 風の小径に いまは遥かな からたちの花
想い出まくらこんな日は あの人の まねをして けむたそうな 顔をして 煙草をすうワ そういえば いたずらに 煙草をすうと やめろよと 取り上げて くれたっけ  ねェあなた ここに来て 楽しかった ことなんか 話してよ 話してよ  こんな日は あの人の 小さな癖も ひとつずつ ひとつずつ 思い出しそう  こんな日は 少しだけ お酒をのんで あの人が 好きだった 詩をうたうワ ゆらゆらと 酔ったら うでに抱かれて 髪なんか なでられて 眠りたい  ねェあなた ここに来て 楽しかった ことなんか 話してよ 話してよ  こんな日は あの人の 想い出まくら 眠りましょ 眠りましょ 今夜も一人  ねェあなた ここに来て 楽しかった ことなんか 話してよ 話してよ  こんな日は あの人の 想い出まくら 眠るのが 眠るのが いいでしょう 眠るのが 眠るのが いいでしょう島倉千代子小坂恭子小坂恭子こんな日は あの人の まねをして けむたそうな 顔をして 煙草をすうワ そういえば いたずらに 煙草をすうと やめろよと 取り上げて くれたっけ  ねェあなた ここに来て 楽しかった ことなんか 話してよ 話してよ  こんな日は あの人の 小さな癖も ひとつずつ ひとつずつ 思い出しそう  こんな日は 少しだけ お酒をのんで あの人が 好きだった 詩をうたうワ ゆらゆらと 酔ったら うでに抱かれて 髪なんか なでられて 眠りたい  ねェあなた ここに来て 楽しかった ことなんか 話してよ 話してよ  こんな日は あの人の 想い出まくら 眠りましょ 眠りましょ 今夜も一人  ねェあなた ここに来て 楽しかった ことなんか 話してよ 話してよ  こんな日は あの人の 想い出まくら 眠るのが 眠るのが いいでしょう 眠るのが 眠るのが いいでしょう
おんなの一生女に生まれ 女で生きて このまま女で死ねたらいいと 鏡の中の自分と話す 乾いたくちびる紅で染めて この身を焦がして あなたを焼いて 悔いないいのちを感じてみたい わたしが選んだ生き方は 散る咲くのもわたしのものよ  抱かれて夢を見るのもいいし 誰かと一緒に堕ちるもいいし 季節が変る日ぐれに思う 小指をカリッと強く噛んで 波打つ胸には 真赤なアザが 心のときめきしるして燃える わたしが見つけた愛の日々 泣くも笑うもわたしのものよ  女の一生 色づく春を 何度も何度もくり返すのね わたしが手にするしあわせは 夢もうつつもわたしのものよ島倉千代子阿久悠弦哲也女に生まれ 女で生きて このまま女で死ねたらいいと 鏡の中の自分と話す 乾いたくちびる紅で染めて この身を焦がして あなたを焼いて 悔いないいのちを感じてみたい わたしが選んだ生き方は 散る咲くのもわたしのものよ  抱かれて夢を見るのもいいし 誰かと一緒に堕ちるもいいし 季節が変る日ぐれに思う 小指をカリッと強く噛んで 波打つ胸には 真赤なアザが 心のときめきしるして燃える わたしが見つけた愛の日々 泣くも笑うもわたしのものよ  女の一生 色づく春を 何度も何度もくり返すのね わたしが手にするしあわせは 夢もうつつもわたしのものよ
女の夢灯りおまえと歩く苦労の道も 笑って話せる時が来る そんなあなたを信じて 寄り添って 涙を背中にかくしながら 生きる女の 生きる女の 夢灯り  おまえがそばにいてくれるから 頑張りとおせる挫けずに そんなあなたのいたわり うれしくて 今夜もお酒を一本つけて つくす女の つくす女の ほつれ髪  おまえはおれの心の港 灯りを消さずにいてほしい そんなあなたの言葉に 泣かされて 春まだつめたい路地裏に 咲かす女の 咲かす女の 愛の花島倉千代子たかたかし伊藤雪彦おまえと歩く苦労の道も 笑って話せる時が来る そんなあなたを信じて 寄り添って 涙を背中にかくしながら 生きる女の 生きる女の 夢灯り  おまえがそばにいてくれるから 頑張りとおせる挫けずに そんなあなたのいたわり うれしくて 今夜もお酒を一本つけて つくす女の つくす女の ほつれ髪  おまえはおれの心の港 灯りを消さずにいてほしい そんなあなたの言葉に 泣かされて 春まだつめたい路地裏に 咲かす女の 咲かす女の 愛の花
柿の木坂の家春には 柿の 花が咲き 秋には 柿の 実が熟れる 柿の木坂は 駅まで三里 思いだすなア ふる里のヨ 乗合バスの 悲しい別れ  春には 青い めじろ追い 秋には 赤い とんぼとり 柿の木坂で 遊んだ昔 懐しいなア しみじみとヨ こころに返る 幼ない夢が  春くりゃ 偲ぶ 馬の市 秋くりゃ 恋し 村祭り 柿の木坂の あの娘の家よ 逢ってみたいなア 今も尚ヨ 機(はた)織りながら 暮していてか島倉千代子石本美由起船村徹船村徹春には 柿の 花が咲き 秋には 柿の 実が熟れる 柿の木坂は 駅まで三里 思いだすなア ふる里のヨ 乗合バスの 悲しい別れ  春には 青い めじろ追い 秋には 赤い とんぼとり 柿の木坂で 遊んだ昔 懐しいなア しみじみとヨ こころに返る 幼ない夢が  春くりゃ 偲ぶ 馬の市 秋くりゃ 恋し 村祭り 柿の木坂の あの娘の家よ 逢ってみたいなア 今も尚ヨ 機(はた)織りながら 暮していてか
柿の実ひとつ今年の秋も 終りやら 柿の実ひとつ 青い空 峠を越えて あの人も 旅へ出たきり もどらない 柿の実ひとつ 待ちぼうけ いいえ 私も 待ちぼうけ  梢の先に 残された 柿の実ひとつ なに想う 祭も過ぎた ふる里は 落葉ばかりが かさこそと 柿の実ひとつ 淋しかろ いいえ 私は なお淋し  あなたは誰の 忘れもの 柿の実ひとつ 風のなか また来る冬の 寒さより 逢えぬ辛さに 泣けそうよ 柿の実ひとつ ひとりぼっち いいえ 私も ただ独り島倉千代子石本美由起市川昭介南郷達也今年の秋も 終りやら 柿の実ひとつ 青い空 峠を越えて あの人も 旅へ出たきり もどらない 柿の実ひとつ 待ちぼうけ いいえ 私も 待ちぼうけ  梢の先に 残された 柿の実ひとつ なに想う 祭も過ぎた ふる里は 落葉ばかりが かさこそと 柿の実ひとつ 淋しかろ いいえ 私は なお淋し  あなたは誰の 忘れもの 柿の実ひとつ 風のなか また来る冬の 寒さより 逢えぬ辛さに 泣けそうよ 柿の実ひとつ ひとりぼっち いいえ 私も ただ独り
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
影を慕いてまぼろしの 影を慕いて雨に日に 月にやるせぬ 我が想い つゝめば燃ゆる 胸の火に 身は焦れつゝ しのびなく……  わびしさよ せめて痛みのなぐさめに ギターをとりて 爪弾けば どこまで時雨 ゆく秋ぞ 振音(トレモロ)寂し 身は悲し……  君故に 永き人世を霜枯れて 永遠(とわ)に春見ぬ わが運命 永ろうべきか 空蝉(うつせみ)の 儚き影よ わが恋よ……島倉千代子古賀政男古賀政男佐伯亮まぼろしの 影を慕いて雨に日に 月にやるせぬ 我が想い つゝめば燃ゆる 胸の火に 身は焦れつゝ しのびなく……  わびしさよ せめて痛みのなぐさめに ギターをとりて 爪弾けば どこまで時雨 ゆく秋ぞ 振音(トレモロ)寂し 身は悲し……  君故に 永き人世を霜枯れて 永遠(とわ)に春見ぬ わが運命 永ろうべきか 空蝉(うつせみ)の 儚き影よ わが恋よ……
風になる天高く鳥の声 大空を翔けてゆく 果てしないこの想い あなたへ あなたへ 届けたい 行く道に来た道に 名も無き小さな野辺の花 ふたりでみつけた野辺の花 年々歳々 季節はめぐり 年々歳々 花が咲く 夢だけを追いかけて 私は 私は 風になる  草は萌え 樹は芽吹く 歓びがここに在る ありがとう 幸せを 明日へ 明日へ 繋ぎたい 思い出をめくったら いいことだけしか出てこない 笑った顔しか出てこない 年々歳々 季節はめぐり 年々歳々 春が来る 雪どけのせせらぎが 心に 心に 満ちてくる  年々歳々 季節はめぐり 年々歳々 花が咲く 夢だけを追いかけて 私は 私は 風になる島倉千代子友利歩未杉村俊博天高く鳥の声 大空を翔けてゆく 果てしないこの想い あなたへ あなたへ 届けたい 行く道に来た道に 名も無き小さな野辺の花 ふたりでみつけた野辺の花 年々歳々 季節はめぐり 年々歳々 花が咲く 夢だけを追いかけて 私は 私は 風になる  草は萌え 樹は芽吹く 歓びがここに在る ありがとう 幸せを 明日へ 明日へ 繋ぎたい 思い出をめくったら いいことだけしか出てこない 笑った顔しか出てこない 年々歳々 季節はめぐり 年々歳々 春が来る 雪どけのせせらぎが 心に 心に 満ちてくる  年々歳々 季節はめぐり 年々歳々 花が咲く 夢だけを追いかけて 私は 私は 風になる
風のみち落ち葉のいたみ 知りすぎたけど 風に吹かれて 帰りたい いろんな事が ありすぎたから 風と一緒に 帰りたい 愛して泣いた あの秋へ きれいな別れ 確かめに… あゝ人の世は 風のみち 行きつく先は 遠くても  心のつらら 重すぎるけど 風に吹かれて 帰りたい 冬から春へ 花をたずねて 風と一緒に 帰りたい 眠れず泣いた あの頃へ こんどは夢を みるために… あゝ人の世は 風のみち 行きつく先は 遠くても  愛して泣いた あの秋へ きれいな別れ 確かめに… あゝ人の世は 風のみち 行きつく先は 遠くても島倉千代子杉紀彦浜圭介川村栄二落ち葉のいたみ 知りすぎたけど 風に吹かれて 帰りたい いろんな事が ありすぎたから 風と一緒に 帰りたい 愛して泣いた あの秋へ きれいな別れ 確かめに… あゝ人の世は 風のみち 行きつく先は 遠くても  心のつらら 重すぎるけど 風に吹かれて 帰りたい 冬から春へ 花をたずねて 風と一緒に 帰りたい 眠れず泣いた あの頃へ こんどは夢を みるために… あゝ人の世は 風のみち 行きつく先は 遠くても  愛して泣いた あの秋へ きれいな別れ 確かめに… あゝ人の世は 風のみち 行きつく先は 遠くても
片瀬月木の芽流しの 雨も止み 月が出ました 天城山 夜の湯船に 徳利を浮かべ 冷やで呑んでた あのひとの 面影恋し 胸恋し  十五夜の 月はまんまる 心は四角 とんでゆきたや 遠い空 夢で逢うよじゃ まだ遠い 昔なつかし…夜の月  好いて別れた あのひとは 何処でこの月 見てるやら よりを戻せぬ 湯の街ぐらし ほめる相手が 鴎では おしゃれしたって つまんない島倉千代子美空ひばり・補作詞:星野哲郎船村徹蔦将包木の芽流しの 雨も止み 月が出ました 天城山 夜の湯船に 徳利を浮かべ 冷やで呑んでた あのひとの 面影恋し 胸恋し  十五夜の 月はまんまる 心は四角 とんでゆきたや 遠い空 夢で逢うよじゃ まだ遠い 昔なつかし…夜の月  好いて別れた あのひとは 何処でこの月 見てるやら よりを戻せぬ 湯の街ぐらし ほめる相手が 鴎では おしゃれしたって つまんない
悲しい酒ひとり酒場で 飲む酒は 別れ涙の 味がする 飲んで棄てたい 面影が 飲めばグラスに また浮かぶ  ああ 別れたあとの心残りよ 未練なのね あの人の面影 淋しさを忘れるために 飲んでいるのに 酒は今夜も私を悲しくさせる 酒よどうして どうして あの人を あきらめたらいいの あきらめたらいいの  酒よこゝろが あるならば 胸の悩みを 消してくれ 酔えば悲しく なる酒を 飲んで泣くのも 恋のため  一人ぼっちが 好きだよと 言った心の 裏で泣く 好きで添えない 人の世を 泣いて怨んで 夜が更ける島倉千代子石本美由起古賀政男佐々永治ひとり酒場で 飲む酒は 別れ涙の 味がする 飲んで棄てたい 面影が 飲めばグラスに また浮かぶ  ああ 別れたあとの心残りよ 未練なのね あの人の面影 淋しさを忘れるために 飲んでいるのに 酒は今夜も私を悲しくさせる 酒よどうして どうして あの人を あきらめたらいいの あきらめたらいいの  酒よこゝろが あるならば 胸の悩みを 消してくれ 酔えば悲しく なる酒を 飲んで泣くのも 恋のため  一人ぼっちが 好きだよと 言った心の 裏で泣く 好きで添えない 人の世を 泣いて怨んで 夜が更ける
悲しみの宿「悲しみにたえかねて 旅に出ました あなた 私は今 北日本の小さな宿にいます」  波の音にめざめて 二度と眠れないのよ 北の海は今夜も 暗く荒れているわ 生きていても私は 仕方ないの今では 好きなあなたに あげた命だったの  「幸せはなぜ短かいの そうして 悲しみはなぜすぐに来るの」  夜はいつか明けるわ どこにひとりゆきましょう 北の宿で三日も 泣いていたの私 帰るとこはないのよ 暗い海が呼ぶだけ あなた一人に 生きた女だったの  あなた抱いてほしいの 一度だけでいいから 好きなあなたに あげた命だったの島倉千代子山上路夫船村徹「悲しみにたえかねて 旅に出ました あなた 私は今 北日本の小さな宿にいます」  波の音にめざめて 二度と眠れないのよ 北の海は今夜も 暗く荒れているわ 生きていても私は 仕方ないの今では 好きなあなたに あげた命だったの  「幸せはなぜ短かいの そうして 悲しみはなぜすぐに来るの」  夜はいつか明けるわ どこにひとりゆきましょう 北の宿で三日も 泣いていたの私 帰るとこはないのよ 暗い海が呼ぶだけ あなた一人に 生きた女だったの  あなた抱いてほしいの 一度だけでいいから 好きなあなたに あげた命だったの
からたち日記GOLD LYLICこころで好きと 叫んでも 口では言えず たゞあの人と 小さな傘を かたむけた あゝ あの日は雨 雨の小径に 白い仄かな からたち からたち からたちの花  「幸せになろうね あの人は言いました わたしは 小さくうなずいただけで 胸がいっぱいでした」  くちづけすらの 想い出も のこしてくれず 去りゆく影よ 単衣(ひとえ)の袖を かみしめた あゝ あの夜は霧 霧の小径に 泣いて散る散る からたち からたち からたちの花  このまま 別れてしまってもいいの でもあの人は さみしそうに目をふせて それから 思いきるように 霧の中へ消えてゆきました さよなら初恋 からたちの花が散る夜でした  からたちの実が みのっても 別れた人は もう帰らない 乙女の胸の 奥ふかく あゝ 過ぎゆく風 風の小径に いまは遥かな からたち からたち からたちの花  いつか秋になり からたちには黄色の実が たくさんみのりました 今日もまた 私はひとりこの道を歩くのです きっとあの人が帰ってきそうな そんな気がしてGOLD LYLIC島倉千代子西沢爽遠藤実こころで好きと 叫んでも 口では言えず たゞあの人と 小さな傘を かたむけた あゝ あの日は雨 雨の小径に 白い仄かな からたち からたち からたちの花  「幸せになろうね あの人は言いました わたしは 小さくうなずいただけで 胸がいっぱいでした」  くちづけすらの 想い出も のこしてくれず 去りゆく影よ 単衣(ひとえ)の袖を かみしめた あゝ あの夜は霧 霧の小径に 泣いて散る散る からたち からたち からたちの花  このまま 別れてしまってもいいの でもあの人は さみしそうに目をふせて それから 思いきるように 霧の中へ消えてゆきました さよなら初恋 からたちの花が散る夜でした  からたちの実が みのっても 別れた人は もう帰らない 乙女の胸の 奥ふかく あゝ 過ぎゆく風 風の小径に いまは遥かな からたち からたち からたちの花  いつか秋になり からたちには黄色の実が たくさんみのりました 今日もまた 私はひとりこの道を歩くのです きっとあの人が帰ってきそうな そんな気がして
からたちの小径なつかしいうたを 誰かがうたってる 遠い日の思い出が よみがえる 駅から続く からたちの小径を 手をつなぎ 寄り添って 歩いたわ  あぁ 恋のかほり残して あなたは消えた 好きです いついつまでも 涙が ぽろぽろり  凍てつく夜は 手と手を重ね合い ずっといっしょ あなたのささやき 信じてた 雪より白い つましいあの花に トゲのあることすらも 忘れてた  あぁ 今も浮かぶ面影 あなたの笑顔 好きです いついつまでも 涙が ぽろぽろり  帰らない日々を くやみはしないけど 人生は流れゆく 旅景色(げしき) たった一度の ときめきの香りが 夢見るように 淋しそうについてくる  あぁ あなたが歌ったうた 忘れはしない 好きです いついつまでも 涙が ぽろぽろり島倉千代子喜多條忠・南こうせつ南こうせつ佐久間順平なつかしいうたを 誰かがうたってる 遠い日の思い出が よみがえる 駅から続く からたちの小径を 手をつなぎ 寄り添って 歩いたわ  あぁ 恋のかほり残して あなたは消えた 好きです いついつまでも 涙が ぽろぽろり  凍てつく夜は 手と手を重ね合い ずっといっしょ あなたのささやき 信じてた 雪より白い つましいあの花に トゲのあることすらも 忘れてた  あぁ 今も浮かぶ面影 あなたの笑顔 好きです いついつまでも 涙が ぽろぽろり  帰らない日々を くやみはしないけど 人生は流れゆく 旅景色(げしき) たった一度の ときめきの香りが 夢見るように 淋しそうについてくる  あぁ あなたが歌ったうた 忘れはしない 好きです いついつまでも 涙が ぽろぽろり
かわいい女になろうと決めた吸い殻二本と 百円ライター 競馬の新聞 赤い鉛筆 それだけ残して 夜明けに消えた 大きな背中を ふと想い出す 別れて一人 旅に出て 泣くだけ泣いて かわいい女になろうと決めた かわいい女じゃなかったからね かわいい女になろうと決めた かわいい女じゃなかったから  きれいになったと 言われるたびに 化粧のせいよと 答えたけれど 寂しそうだねと 言われたようで 心にコートを そっと着せかける 別れて北へ 旅に出て 湯けむりの宿 酔えば酔うほど切なくて 酔えば酔うほど一人になって 酔えば酔うほど切なくて 酔えば酔うほど一人になって  あいつの心が 寂しい時に 相槌ひとつも 打てなかったよ  かわいい女になろうと決めた かわいい女じゃなかったからね かわいい女になろうと決めた かわいい女じゃなかったからね島倉千代子喜多條忠杉本真人南郷達也吸い殻二本と 百円ライター 競馬の新聞 赤い鉛筆 それだけ残して 夜明けに消えた 大きな背中を ふと想い出す 別れて一人 旅に出て 泣くだけ泣いて かわいい女になろうと決めた かわいい女じゃなかったからね かわいい女になろうと決めた かわいい女じゃなかったから  きれいになったと 言われるたびに 化粧のせいよと 答えたけれど 寂しそうだねと 言われたようで 心にコートを そっと着せかける 別れて北へ 旅に出て 湯けむりの宿 酔えば酔うほど切なくて 酔えば酔うほど一人になって 酔えば酔うほど切なくて 酔えば酔うほど一人になって  あいつの心が 寂しい時に 相槌ひとつも 打てなかったよ  かわいい女になろうと決めた かわいい女じゃなかったからね かわいい女になろうと決めた かわいい女じゃなかったからね
神田川貴方はもう 忘れたかしら 赤い手拭 マフラーにして 二人で行った 横丁の風呂屋 一緒に出ようねって 言ったのに いつも私が 待たされた 洗い髪が 芯まで冷えて 小さな石鹸 カタカタ鳴った 貴方は私の からだを抱いて 冷たいねって 言ったのよ 若かったあの頃 何も恐くなかった ただ貴方のやさしさが 恐かった  貴方はもう 捨てたのかしら 24色のクレパス買って 貴方が描いた 私の似顔絵 うまく描いてねって 言ったのに いつもちっとも 似てないの 窓の下には 神田川 三畳一間の 小さな下宿 貴方は私の 指先見つめ 悲しいかいって 聞いたのよ 若かったあの頃 何も恐くなかった ただ貴方のやさしさが 恐かった島倉千代子喜多條忠南こうせつ貴方はもう 忘れたかしら 赤い手拭 マフラーにして 二人で行った 横丁の風呂屋 一緒に出ようねって 言ったのに いつも私が 待たされた 洗い髪が 芯まで冷えて 小さな石鹸 カタカタ鳴った 貴方は私の からだを抱いて 冷たいねって 言ったのよ 若かったあの頃 何も恐くなかった ただ貴方のやさしさが 恐かった  貴方はもう 捨てたのかしら 24色のクレパス買って 貴方が描いた 私の似顔絵 うまく描いてねって 言ったのに いつもちっとも 似てないの 窓の下には 神田川 三畳一間の 小さな下宿 貴方は私の 指先見つめ 悲しいかいって 聞いたのよ 若かったあの頃 何も恐くなかった ただ貴方のやさしさが 恐かった
北どまり向こうは凍てつく オホーツク 赤いランプが 海沿いに 揺れて遠去かる 揺れて遠去かる さいはて列車 あなたの迎えを 待つくせに わざと強がり 意地を張る 女ひとりの 北どまり  男にゃよくある あやまちを 許せなかった あの時は 一人泣きに来た 一人泣きに来た 別れも告げず 馴れては来たけど 夜明けまで 沖で流氷 哭く音に 眠れないのよ 冬岬  ほどなく海明け オホーツク 女ごころの しあわせを 早く乗せて来て 早く乗せて来て さいはて列車 時おり頬打つ 北風も 春の近づく 足音に 何故か聴こえる 北どまり島倉千代子木下龍太郎伊藤雪彦前田俊明向こうは凍てつく オホーツク 赤いランプが 海沿いに 揺れて遠去かる 揺れて遠去かる さいはて列車 あなたの迎えを 待つくせに わざと強がり 意地を張る 女ひとりの 北どまり  男にゃよくある あやまちを 許せなかった あの時は 一人泣きに来た 一人泣きに来た 別れも告げず 馴れては来たけど 夜明けまで 沖で流氷 哭く音に 眠れないのよ 冬岬  ほどなく海明け オホーツク 女ごころの しあわせを 早く乗せて来て 早く乗せて来て さいはて列車 時おり頬打つ 北風も 春の近づく 足音に 何故か聴こえる 北どまり
ふたりだけの 胸に ふたりだけで 刻んだ 青春・純情 それが全てさ 生きてゆくのが 嫌になるたび そっと心の ページをめくり 君を呼ぶのさ 辛(つら)いよと 君は答える いつもやさしく あなたはやれる きっとやれるわ 君の呼ぶ声に 僕はよみがえる よみがえる  君のいない 庭に ふたりだけで 育てた あの花この花 枯れてしまって 明日(あす)がくるのが 怖くなる夜は 胸のラムプに 灯りを入れて 君を呼ぶのさ 助けてと 君は答える いつもやさしく あなたはやれる きっとやれるわ 君の呼ぶ声に 僕はよみがえる よみがえる  君を呼ぶのさ 辛(つら)いよと 君は答える いつも明るく あなたはやれる きっとやれるわ 君の呼ぶ声に 僕はよみがえる よみがえる島倉千代子星野哲郎永井龍雲ふたりだけの 胸に ふたりだけで 刻んだ 青春・純情 それが全てさ 生きてゆくのが 嫌になるたび そっと心の ページをめくり 君を呼ぶのさ 辛(つら)いよと 君は答える いつもやさしく あなたはやれる きっとやれるわ 君の呼ぶ声に 僕はよみがえる よみがえる  君のいない 庭に ふたりだけで 育てた あの花この花 枯れてしまって 明日(あす)がくるのが 怖くなる夜は 胸のラムプに 灯りを入れて 君を呼ぶのさ 助けてと 君は答える いつもやさしく あなたはやれる きっとやれるわ 君の呼ぶ声に 僕はよみがえる よみがえる  君を呼ぶのさ 辛(つら)いよと 君は答える いつも明るく あなたはやれる きっとやれるわ 君の呼ぶ声に 僕はよみがえる よみがえる
君の名は君の名はと たずねし人あり その人の 名も知らず 今日砂山に ただひとりきて 浜昼顔に きいてみる  夜霧の街 思い出の橋よ 過ぎた日の あの夜が ただ何んとなく 胸にしみじみ 東京恋しや 忘れられぬ  海の涯に 満月が出たよ 浜木綿の 花の香に 海女は 真珠の涙ほろほろ 夜の汽笛が かなしいか島倉千代子菊田一夫古関裕而小川寛興君の名はと たずねし人あり その人の 名も知らず 今日砂山に ただひとりきて 浜昼顔に きいてみる  夜霧の街 思い出の橋よ 過ぎた日の あの夜が ただ何んとなく 胸にしみじみ 東京恋しや 忘れられぬ  海の涯に 満月が出たよ 浜木綿の 花の香に 海女は 真珠の涙ほろほろ 夜の汽笛が かなしいか
京おんな・みなこ悲しいことは あらしまへん うちはもう 泣かしまへん 加茂の河原の せせらぎに 夢をひとつ 流します 頬づえをついては ため息 夢まじり 待ちくたびれても 待ちこがれていた 待ち暮らすことも 女の幸福と 北一乗寺 下がり松 おみくじは 吉どした  恨む気持ちは あらしまへん うちはもう 泣かしまへん 流し友禅 あでやかに 恋の色に 染め上げる 黒髪をとかして 朧月の夜 読み返す手紙 読み取れるまでは 心の炎を 消さずに暮らします 大原女のあと ついてゆく ひとり渡る 渡月橋島倉千代子美樹克彦美樹克彦前田俊明悲しいことは あらしまへん うちはもう 泣かしまへん 加茂の河原の せせらぎに 夢をひとつ 流します 頬づえをついては ため息 夢まじり 待ちくたびれても 待ちこがれていた 待ち暮らすことも 女の幸福と 北一乗寺 下がり松 おみくじは 吉どした  恨む気持ちは あらしまへん うちはもう 泣かしまへん 流し友禅 あでやかに 恋の色に 染め上げる 黒髪をとかして 朧月の夜 読み返す手紙 読み取れるまでは 心の炎を 消さずに暮らします 大原女のあと ついてゆく ひとり渡る 渡月橋
今日も初恋ひと目で惚れて ふた目で又惚れて どうにもならない お前と俺さ 馬鹿と言われようと 何と言われようと 俺はお前の手を離しはしない じんときたんだよ 初めて逢った時 ぴったりなんだよ お前と俺とは 本当の恋ならば 若けりゃいいってもんじゃない 燃える燃えてる今日も 初恋のように  走り続けた 恋の一本道 脇見してたら 石につまずいて ころんだついでに またまた拾った恋 僕は楽しい 恋のピエロさ だから激しく 今日も初恋 本当の恋にも 十色の恋がある 君にも見えるだろう すてきな恋の色が 燃える燃える今日も 初恋のように  惚れた数から 傷ついた数引いて 何にも残らぬ 若い頃だった それでもよかった 若さにまかせた恋 傷は涙が洗ってくれた すてちゃいけない 本当の恋なら消しちゃいけない恋の火は命 やっとわかってきた大人の恋の味が 燃える燃える今日も 初恋のように島倉千代子浜口庫之助浜口庫之助ひと目で惚れて ふた目で又惚れて どうにもならない お前と俺さ 馬鹿と言われようと 何と言われようと 俺はお前の手を離しはしない じんときたんだよ 初めて逢った時 ぴったりなんだよ お前と俺とは 本当の恋ならば 若けりゃいいってもんじゃない 燃える燃えてる今日も 初恋のように  走り続けた 恋の一本道 脇見してたら 石につまずいて ころんだついでに またまた拾った恋 僕は楽しい 恋のピエロさ だから激しく 今日も初恋 本当の恋にも 十色の恋がある 君にも見えるだろう すてきな恋の色が 燃える燃える今日も 初恋のように  惚れた数から 傷ついた数引いて 何にも残らぬ 若い頃だった それでもよかった 若さにまかせた恋 傷は涙が洗ってくれた すてちゃいけない 本当の恋なら消しちゃいけない恋の火は命 やっとわかってきた大人の恋の味が 燃える燃える今日も 初恋のように
きらめきの瞬間夕暮れの人ごみに まぎれ込む あなたの影 お待たせと駆け寄れば 街中がきらめきだす どんな夜も ふたりでなら 越えてゆけるはずと 信じていた 心までが 今ははぐれて あなたなしでは 見慣れた景色も 淋しさばかり 目にうつるの できることなら すべてが冗談と 笑顔 見せてほしい  週末にひとりきり 過ごしてる 部屋の窓辺 穏やかなこもれ陽が 想い出をはこんでくる 手をのばせば そこにいつも しあわせがあったの 重ね合った 愛も夢も 今はまぼろし もしもあなたに めぐり逢わなけりゃ 生きるよろこび 知らずにいたわ できることなら もう一度あの日に 時よ 連れ戻して  あなたなしでは 見慣れた景色も 淋しさばかり 目にうつるの できることなら すべてが冗談と 笑顔 見せてほしい島倉千代子島倉千代子根本要矢野立美夕暮れの人ごみに まぎれ込む あなたの影 お待たせと駆け寄れば 街中がきらめきだす どんな夜も ふたりでなら 越えてゆけるはずと 信じていた 心までが 今ははぐれて あなたなしでは 見慣れた景色も 淋しさばかり 目にうつるの できることなら すべてが冗談と 笑顔 見せてほしい  週末にひとりきり 過ごしてる 部屋の窓辺 穏やかなこもれ陽が 想い出をはこんでくる 手をのばせば そこにいつも しあわせがあったの 重ね合った 愛も夢も 今はまぼろし もしもあなたに めぐり逢わなけりゃ 生きるよろこび 知らずにいたわ できることなら もう一度あの日に 時よ 連れ戻して  あなたなしでは 見慣れた景色も 淋しさばかり 目にうつるの できることなら すべてが冗談と 笑顔 見せてほしい
銀の舟素肌に残る 昨夜の波が 見知らぬ海へと 二人をさらう 誰が漕ぐのか 銀の舟 愛のしぶきが 月夜を濡らす どうぞこのまま このままもっと せつない吐息が 涸れるまで…… はかなく哀しい この命 まだ半分も 生きてない  あなたとならば 異国へ行ける ときめく私を しっかり抱いて まるで木の葉ね 銀の舟 命懸けさと 言われて泣いた どうぞこのまま このままもっと きれいな涙よ 涸れないで…… 移ろい流れる この命 まだ半分も 生きてない  どうぞこのまま このままもっと せつない吐息が 涸れるまで…… はかなく哀しい この命 まだ半分も 生きてない島倉千代子岡田冨美子都志見隆伊戸のりお素肌に残る 昨夜の波が 見知らぬ海へと 二人をさらう 誰が漕ぐのか 銀の舟 愛のしぶきが 月夜を濡らす どうぞこのまま このままもっと せつない吐息が 涸れるまで…… はかなく哀しい この命 まだ半分も 生きてない  あなたとならば 異国へ行ける ときめく私を しっかり抱いて まるで木の葉ね 銀の舟 命懸けさと 言われて泣いた どうぞこのまま このままもっと きれいな涙よ 涸れないで…… 移ろい流れる この命 まだ半分も 生きてない  どうぞこのまま このままもっと せつない吐息が 涸れるまで…… はかなく哀しい この命 まだ半分も 生きてない
くちべに挽歌いのちのかぎり 咲いたとて さだめに散らす 花もある そっと着物の 襟に吹く 夏の終わりの 別れの風に 秋が淋しい おんな町  添えないならば 死にたいと 怨んで泣いた 夜もある 爪のさきまで 燃えながら 愛を重ねた 夢から覚めて 口紅がせつない わかれ町  一途な恋を 失くしたら 心の中に 冬がくる 人の噂の 裏通り 古い女と 指さされても 思い切れない みれん町島倉千代子石本美由起浜圭介いのちのかぎり 咲いたとて さだめに散らす 花もある そっと着物の 襟に吹く 夏の終わりの 別れの風に 秋が淋しい おんな町  添えないならば 死にたいと 怨んで泣いた 夜もある 爪のさきまで 燃えながら 愛を重ねた 夢から覚めて 口紅がせつない わかれ町  一途な恋を 失くしたら 心の中に 冬がくる 人の噂の 裏通り 古い女と 指さされても 思い切れない みれん町
結婚しようよ僕の髪が 肩までのびて 君と同じに なったら 約束どおり 町の教会で 結婚しようよ Whm…  古いギターをポロンと鳴らそう 白いチャペルが 見えたら 仲間を呼んで 花をもらおう 結婚しようよ Whm…  もうすぐ春が ペンキを肩に お花畑の中を 散歩にくるよ  そしたら君は 窓をあけて エクボを見せる 僕のために 僕は君を さらいにくるよ 結婚しようよ Whm…  雨が上がって 雲のきれ間に お陽様さんが 見えたら ひざっこぞうを たたいてみるよ 結婚しようよ Whm…  二人で買った緑のシャツを 僕のおうちの ベランダに 並べて干そう  結婚しようよ 僕の髪は もうすぐ肩まで とどくよ島倉千代子吉田拓郎竜崎孝路僕の髪が 肩までのびて 君と同じに なったら 約束どおり 町の教会で 結婚しようよ Whm…  古いギターをポロンと鳴らそう 白いチャペルが 見えたら 仲間を呼んで 花をもらおう 結婚しようよ Whm…  もうすぐ春が ペンキを肩に お花畑の中を 散歩にくるよ  そしたら君は 窓をあけて エクボを見せる 僕のために 僕は君を さらいにくるよ 結婚しようよ Whm…  雨が上がって 雲のきれ間に お陽様さんが 見えたら ひざっこぞうを たたいてみるよ 結婚しようよ Whm…  二人で買った緑のシャツを 僕のおうちの ベランダに 並べて干そう  結婚しようよ 僕の髪は もうすぐ肩まで とどくよ
恋女愛しすぎたら悲しいけど いつも女は恋におぼれる そうよ わたしは燃える薔薇よ 赤く咲いた 恋の花 愛にゆれてあなたは焦らす 夢にゆれて淋しそう 男と女がいるかぎり 出会いと別れはあるものね あなたに抱かれて気がついた 今のわたし 生まれ変わりたい  蝶のいのちは短いけど 花をもとめて羽をひろげる そうよ 女は愛に抱かれ とんでいたい 夢の中 指がふれて涙をさそう 愛はいつもはかなくて 男と女はすれちがう 一緒にいたってさみしいわ それでもあなたが好きだから 今はわたし 抱いていてほしい  愛にゆれてあなたは焦らす 夢にゆれて淋しそう 男と女がいるかぎり 出会いと別れはあるものね あなたに抱かれて気がついた 今のわたし 生まれ変わりたい  島倉千代子たかたかし幸耕平愛しすぎたら悲しいけど いつも女は恋におぼれる そうよ わたしは燃える薔薇よ 赤く咲いた 恋の花 愛にゆれてあなたは焦らす 夢にゆれて淋しそう 男と女がいるかぎり 出会いと別れはあるものね あなたに抱かれて気がついた 今のわたし 生まれ変わりたい  蝶のいのちは短いけど 花をもとめて羽をひろげる そうよ 女は愛に抱かれ とんでいたい 夢の中 指がふれて涙をさそう 愛はいつもはかなくて 男と女はすれちがう 一緒にいたってさみしいわ それでもあなたが好きだから 今はわたし 抱いていてほしい  愛にゆれてあなたは焦らす 夢にゆれて淋しそう 男と女がいるかぎり 出会いと別れはあるものね あなたに抱かれて気がついた 今のわたし 生まれ変わりたい  
恋しているんだもん小指と小指 からませて あなたと見ていた 星の夜 地球も小っちゃな 星だけど 幸福いっぱい 空いっぱい だって だって 私は 恋しているんだもん  仲よしゲンカ して通る いつもは楽しい 散歩道 ごめんなさいねと 言えないで 涙がいっぱい 胸いっぱい だって だって あなたに 恋しているんだもん  デイトのたびに ひとつずつ 思っていたこと 思うこと 素敵な言葉の 寄せ書も ノートにいっぱい 夢いっぱい だって だって ふたりは 恋しているんだもん島倉千代子西沢爽市川昭介小指と小指 からませて あなたと見ていた 星の夜 地球も小っちゃな 星だけど 幸福いっぱい 空いっぱい だって だって 私は 恋しているんだもん  仲よしゲンカ して通る いつもは楽しい 散歩道 ごめんなさいねと 言えないで 涙がいっぱい 胸いっぱい だって だって あなたに 恋しているんだもん  デイトのたびに ひとつずつ 思っていたこと 思うこと 素敵な言葉の 寄せ書も ノートにいっぱい 夢いっぱい だって だって ふたりは 恋しているんだもん
心うきうき街を歩けば 気がつくでしょう 五月のバラの 美しさ 九月のバラの あでやかさ どこがちがうの 私 何度も 恋して 泣いて きれいに生きて 行きたいの 散ってまた咲く バラのように 夢に生きるのよ それはネ それは女のねがいごと いつもネ いつもおしゃれな 花ごころ 秋にも赤く 咲きますよ 冬にも赤く 咲きますよ  バラよ バラよ きれいなバラ バラをみつめて こころうきうき  あしただれかに 会うのでしょうか こころがあつく なるでしょうか そのときどきで あたらしい 恋は初恋 だってその度 ときめくものよ なみだもあまいものなのよ 風にあやしくゆれてみたり 雨に泣いたり 今日はネ 今日は何にもなくっても あすはネ あすはすてきなことがある 秋にも赤く 咲きますよ 冬にも赤く 咲きますよ  バラよ バラよ きれいなバラ バラをみつめて こころうきうき  バラよ バラよ きれいなバラ バラをみつめて こころうきうき島倉千代子中山大三郎浜口庫之助街を歩けば 気がつくでしょう 五月のバラの 美しさ 九月のバラの あでやかさ どこがちがうの 私 何度も 恋して 泣いて きれいに生きて 行きたいの 散ってまた咲く バラのように 夢に生きるのよ それはネ それは女のねがいごと いつもネ いつもおしゃれな 花ごころ 秋にも赤く 咲きますよ 冬にも赤く 咲きますよ  バラよ バラよ きれいなバラ バラをみつめて こころうきうき  あしただれかに 会うのでしょうか こころがあつく なるでしょうか そのときどきで あたらしい 恋は初恋 だってその度 ときめくものよ なみだもあまいものなのよ 風にあやしくゆれてみたり 雨に泣いたり 今日はネ 今日は何にもなくっても あすはネ あすはすてきなことがある 秋にも赤く 咲きますよ 冬にも赤く 咲きますよ  バラよ バラよ きれいなバラ バラをみつめて こころうきうき  バラよ バラよ きれいなバラ バラをみつめて こころうきうき
心燃えさせて頬につめたい みぞれが落ちる あなた追いかけ来た ここは泣き場所 今も死ぬほど 好きなのに 嘘にしないで 約束を あなたひとりに 尽くしたい 心燃えさせて 命燃えさせて 女やめるまで  明日に飛べない 傷つき鴎 北の港宿 いま酒と泣きたい 女ひとり寝 うす化粧 燃えて抱かれた 愛の日を 肌にとめてる この指輪 心燃えさせて 命燃えさせて 女やめるまで  あなたひとりに 尽くしたい 心燃えさせて 命燃えさせて 女やめるまで島倉千代子石本美由起遠藤実池多孝春頬につめたい みぞれが落ちる あなた追いかけ来た ここは泣き場所 今も死ぬほど 好きなのに 嘘にしないで 約束を あなたひとりに 尽くしたい 心燃えさせて 命燃えさせて 女やめるまで  明日に飛べない 傷つき鴎 北の港宿 いま酒と泣きたい 女ひとり寝 うす化粧 燃えて抱かれた 愛の日を 肌にとめてる この指輪 心燃えさせて 命燃えさせて 女やめるまで  あなたひとりに 尽くしたい 心燃えさせて 命燃えさせて 女やめるまで
小雨の丘雨がしずかに降る 日暮れの街はずれ そぼ降る 小雨に 濡れゆくわが胸 夢のようなこぬか雨 亡き母のささやき ひとりきくひとりきく さみしき胸に  ああ お母さん あなたが死んで三年 私はこの雨にあなたを想う 雨 雨 泣きぬれる雨 木の葉も草も そして私も  つらいこの世の雨 悲しきたそがれよ そぼ降る小雨に 浮かぶは想い出 うつり行く日を数え 亡き母を偲べば ともしびがともしびが 彼方の丘に  ともしび ともしび 母さんの瞳によく似た ともしび 私は歌おう 私の好きなあの丘で 母さんを想う心からの歌  丘に静かに降る 今宵のさみしさよ そぼ降る小雨と 心の涙よ ただ一人たたずめば 亡き母のおもかげ 雨の中雨の中 けむりて浮かぶ島倉千代子サトウハチロー服部良一雨がしずかに降る 日暮れの街はずれ そぼ降る 小雨に 濡れゆくわが胸 夢のようなこぬか雨 亡き母のささやき ひとりきくひとりきく さみしき胸に  ああ お母さん あなたが死んで三年 私はこの雨にあなたを想う 雨 雨 泣きぬれる雨 木の葉も草も そして私も  つらいこの世の雨 悲しきたそがれよ そぼ降る小雨に 浮かぶは想い出 うつり行く日を数え 亡き母を偲べば ともしびがともしびが 彼方の丘に  ともしび ともしび 母さんの瞳によく似た ともしび 私は歌おう 私の好きなあの丘で 母さんを想う心からの歌  丘に静かに降る 今宵のさみしさよ そぼ降る小雨と 心の涙よ ただ一人たたずめば 亡き母のおもかげ 雨の中雨の中 けむりて浮かぶ
この生命を授かって恋に傷つき 生きることに つまずき 悲しみに 泣き濡れた 若き日も 今はすべてが 懐かしさに 変わって 振りむけば 想い出が そこにある あゝ この生命が ある限り 愛する歌と 生きてゆけたなら せめて美しく そして清らかに この人生は 私のものだから  夢を掴んで また何かを なくして 幸せは 涙にも きっとある 母は小さく その背中を 丸めて 老いてゆく 生き方も それもいい あゝ この生命を 授かって 愛する人達と 歩きつづけたら せめて愛おしく そして穏やかに この人生は 私のものだから  あゝ この生命が ある限り 愛する歌と 生きてゆけたなら せめて美しく そして清らかに この人生は 私のものだから  この人生は 私のものだから  島倉千代子荒木とよひさ浜圭介今泉敏郎恋に傷つき 生きることに つまずき 悲しみに 泣き濡れた 若き日も 今はすべてが 懐かしさに 変わって 振りむけば 想い出が そこにある あゝ この生命が ある限り 愛する歌と 生きてゆけたなら せめて美しく そして清らかに この人生は 私のものだから  夢を掴んで また何かを なくして 幸せは 涙にも きっとある 母は小さく その背中を 丸めて 老いてゆく 生き方も それもいい あゝ この生命を 授かって 愛する人達と 歩きつづけたら せめて愛おしく そして穏やかに この人生は 私のものだから  あゝ この生命が ある限り 愛する歌と 生きてゆけたなら せめて美しく そして清らかに この人生は 私のものだから  この人生は 私のものだから  
この世の花GOLD LYLICあかく咲く花 青い花 この世に咲く花 数々あれど 涙にぬれて 蕾のまゝに 散るは乙女の 初恋の花  想うひとには 嫁がれず 想わぬひとの 言うまま 気まま 悲しさこらえ 笑顔を見せて 散るもいじらし 初恋の花  君のみ胸に 黒髪を うずめたたのしい 想い出月夜 よろこび去りて 涙はのこる 夢は返らぬ 初恋の花GOLD LYLIC島倉千代子西条八十万城目正あかく咲く花 青い花 この世に咲く花 数々あれど 涙にぬれて 蕾のまゝに 散るは乙女の 初恋の花  想うひとには 嫁がれず 想わぬひとの 言うまま 気まま 悲しさこらえ 笑顔を見せて 散るもいじらし 初恋の花  君のみ胸に 黒髪を うずめたたのしい 想い出月夜 よろこび去りて 涙はのこる 夢は返らぬ 初恋の花
湖畔の宿山の寂しい みずうみに ひとり来たのも 悲しいこころ 胸のいたみに たえかねて 昨日の夢と 焚きすてる 古い手紙の うすけむり  水にたそがれ せまるころ 岸の林を しずかに行けば 雲はながれて むらさきの うすきすみれに ほろほろと いつか涙の 陽がおちる  ランプ引きよせ ふるさとへ 書いて又消す 湖畔のたより 旅のこころの つれづれに ひとり占う トランプの 青い女王(クイン)の さびしさよ島倉千代子佐藤惣之助服部良一服部克久山の寂しい みずうみに ひとり来たのも 悲しいこころ 胸のいたみに たえかねて 昨日の夢と 焚きすてる 古い手紙の うすけむり  水にたそがれ せまるころ 岸の林を しずかに行けば 雲はながれて むらさきの うすきすみれに ほろほろと いつか涙の 陽がおちる  ランプ引きよせ ふるさとへ 書いて又消す 湖畔のたより 旅のこころの つれづれに ひとり占う トランプの 青い女王(クイン)の さびしさよ
子守唄をもう一度逢えなくなって 幾年か 腕白ざかりになったろか わたしのことを 悪いママだと 今も恨んでるだろうか 夕焼け小焼けで 日が暮れて ねんねん坊やの 夢に泣く 唄ってあげたい もう一度 しあわせ願う 子守唄  風邪などひいて いないかと どんなに心配してみても 買った玩具を 送る以外に 今は何もしてやれない 夕焼け小焼けで 日が暮れて ねんねん坊やの 夢に泣く この手に抱いて もう一度 しあわせ析る 子守唄  指祈りかぞえ いつの日か 逢いたい 逢えない この運命 無邪気な笑顔 思い出すたび 強く生きると 誓うの 夕焼け小焼けで 日が暮れて ねんねん坊やの 夢に泣く 唄ってあげたい もう一度 しあわせ願う 子守唄  しあわせ願う 子守唄島倉千代子島倉千代子永井龍雲中西康晴逢えなくなって 幾年か 腕白ざかりになったろか わたしのことを 悪いママだと 今も恨んでるだろうか 夕焼け小焼けで 日が暮れて ねんねん坊やの 夢に泣く 唄ってあげたい もう一度 しあわせ願う 子守唄  風邪などひいて いないかと どんなに心配してみても 買った玩具を 送る以外に 今は何もしてやれない 夕焼け小焼けで 日が暮れて ねんねん坊やの 夢に泣く この手に抱いて もう一度 しあわせ析る 子守唄  指祈りかぞえ いつの日か 逢いたい 逢えない この運命 無邪気な笑顔 思い出すたび 強く生きると 誓うの 夕焼け小焼けで 日が暮れて ねんねん坊やの 夢に泣く 唄ってあげたい もう一度 しあわせ願う 子守唄  しあわせ願う 子守唄
酒は涙か溜息か酒は涙か ためいきか こゝろのうさの 捨てどころ  とおいえにしの かの人に 夜毎のゆめの 切なさよ  酒は涙か ためいきか かなしい恋の 捨てどころ  忘れた筈の かの人に のこる心を なんとしょう島倉千代子高橋掬太郎古賀政男佐伯亮酒は涙か ためいきか こゝろのうさの 捨てどころ  とおいえにしの かの人に 夜毎のゆめの 切なさよ  酒は涙か ためいきか かなしい恋の 捨てどころ  忘れた筈の かの人に のこる心を なんとしょう
捧げる愛は捧げるものは 愛だけなのに あなたはいつも そうよあなたは いじわるね 小指の先で 私の心 あなたの今日も ふれるだけ 花は散っても せつない恋の 想い出だけは だきしめて だきしめて 私一人の 秘密にするの 捧げる愛は 愛は消えない  花は散っても せつない恋の 想い出だけは だきしめて だきしめて 私一人の 秘密にするの 捧げる愛は 愛は消えない島倉千代子橋本淳筒美京平筒美京平捧げるものは 愛だけなのに あなたはいつも そうよあなたは いじわるね 小指の先で 私の心 あなたの今日も ふれるだけ 花は散っても せつない恋の 想い出だけは だきしめて だきしめて 私一人の 秘密にするの 捧げる愛は 愛は消えない  花は散っても せつない恋の 想い出だけは だきしめて だきしめて 私一人の 秘密にするの 捧げる愛は 愛は消えない
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
里子月夜生みの親より 育ての親の 背で見た夢 いくつやら 里子悲しや 瞼の底で 一つ消しても 影が重なる 母二人  風に吹かれて 馬場のはずれ 何も知らずに 来た昔 野良着姿で 泣いてた母の やせた肩さき またもちらつく ほの明り  ひもじかろよと 優しく抱いて もらい乳して くれた母 無事(まめ)でいるやら ねんころ歌が 月の夜空に もしや聞こえて 来やせぬか島倉千代子高野公男船村徹生みの親より 育ての親の 背で見た夢 いくつやら 里子悲しや 瞼の底で 一つ消しても 影が重なる 母二人  風に吹かれて 馬場のはずれ 何も知らずに 来た昔 野良着姿で 泣いてた母の やせた肩さき またもちらつく ほの明り  ひもじかろよと 優しく抱いて もらい乳して くれた母 無事(まめ)でいるやら ねんころ歌が 月の夜空に もしや聞こえて 来やせぬか
しあわせの誕生日揃いの指輪に 誓いをたてた 今日が しあわせの誕生日 あなたはとても とても綺麗よ ドレス姿が 眩しい 喜び悲しみ 傷ついた日々 ともに歩いた 迷い道 キャンドルライト 浮かぶ想い出 楽しいことばかり 今日という日の 訪れを 信じつづけて よかったね 愛を分けあう その笑顔 いつまでも いつまでも  同じ悩みに 心をくだき 語り明かした 長い夜 時間のかけら いくつもつなぎ あなたは 夢に出会えた 拍手の波間を 腕組みながら 明日へ旅立つ ふたりして ブーケをくれた あなたの瞳 言った言葉 ありがとう 今日という日の 訪れを 信じつづけて よかったね 愛を育てる その笑顔 いつまでも いつまでも 愛を分けあう その笑顔 いつまでも いつまでも島倉千代子島倉千代子永井龍雲中西康晴揃いの指輪に 誓いをたてた 今日が しあわせの誕生日 あなたはとても とても綺麗よ ドレス姿が 眩しい 喜び悲しみ 傷ついた日々 ともに歩いた 迷い道 キャンドルライト 浮かぶ想い出 楽しいことばかり 今日という日の 訪れを 信じつづけて よかったね 愛を分けあう その笑顔 いつまでも いつまでも  同じ悩みに 心をくだき 語り明かした 長い夜 時間のかけら いくつもつなぎ あなたは 夢に出会えた 拍手の波間を 腕組みながら 明日へ旅立つ ふたりして ブーケをくれた あなたの瞳 言った言葉 ありがとう 今日という日の 訪れを 信じつづけて よかったね 愛を育てる その笑顔 いつまでも いつまでも 愛を分けあう その笑顔 いつまでも いつまでも
少年時代夏が過ぎ 風あざみ 誰のあこがれにさまよう 青空に残された 私の心は夏模様  夢が覚め 夜の中 永い冬が 窓を閉じて 呼びかけたままで 夢はつまり 想い出のあとさき  夏まつり 宵かがり 胸のたかなりにあわせて 八月は夢花火 私の心は夏模様 M...m...m...Mm...  目が覚めて 夢のあと 長い影が 夜にのびて 星屑の空へ 夢はつまり 想い出のあとさき  夏が過ぎ 風あざみ 誰のあこがれにさまよう 八月は夢花火 私の心は夏模様 M...m...m...Mm...島倉千代子井上陽水井上陽水・平井夏美夏が過ぎ 風あざみ 誰のあこがれにさまよう 青空に残された 私の心は夏模様  夢が覚め 夜の中 永い冬が 窓を閉じて 呼びかけたままで 夢はつまり 想い出のあとさき  夏まつり 宵かがり 胸のたかなりにあわせて 八月は夢花火 私の心は夏模様 M...m...m...Mm...  目が覚めて 夢のあと 長い影が 夜にのびて 星屑の空へ 夢はつまり 想い出のあとさき  夏が過ぎ 風あざみ 誰のあこがれにさまよう 八月は夢花火 私の心は夏模様 M...m...m...Mm...
精霊流し去年のあなたの思い出が テープレコーダーから こぼれています あなたのために お友達も 集まってくれました 二人でこさえたおそろいの 浴衣も今夜は一人で着ます せんこう花火が見えますか 空の上から  約束通りに あなたの愛した レコードも一緒に 流しましょう そしてあなたの舟のあとを ついてゆきましょう  私の小さな弟が 何も知らずに はしゃぎ回って 精霊流しが華やかに 始まるのです  あの頃あなたがつま弾いた ギターを私が 奏いてみました いつの間にか さびついた糸で くすり指を切りました あなたの愛した母さんの 今夜の着物は浅黄色 わずかの間に年老いて 寂しそうです  約束通りに あなたの嫌いな 涙は見せずに 過ごしましょう そして黙って舟のあとを ついてゆきましょう  人ごみの中を縫う様に 静かに時間が通り過ぎます あなたと私の人生を かばうみたいに島倉千代子さだまさしさだまさし去年のあなたの思い出が テープレコーダーから こぼれています あなたのために お友達も 集まってくれました 二人でこさえたおそろいの 浴衣も今夜は一人で着ます せんこう花火が見えますか 空の上から  約束通りに あなたの愛した レコードも一緒に 流しましょう そしてあなたの舟のあとを ついてゆきましょう  私の小さな弟が 何も知らずに はしゃぎ回って 精霊流しが華やかに 始まるのです  あの頃あなたがつま弾いた ギターを私が 奏いてみました いつの間にか さびついた糸で くすり指を切りました あなたの愛した母さんの 今夜の着物は浅黄色 わずかの間に年老いて 寂しそうです  約束通りに あなたの嫌いな 涙は見せずに 過ごしましょう そして黙って舟のあとを ついてゆきましょう  人ごみの中を縫う様に 静かに時間が通り過ぎます あなたと私の人生を かばうみたいに
人生いろいろGOLD LYLIC死んでしまおうなんて 悩んだりしたわ バラもコスモスたちも 枯れておしまいと 髪をみじかくしたり つよく小指をかんだり 自分ばかりを責めて 泣いてすごしたわ ねぇおかしいでしょ若いころ ねぇ滑稽でしょ若いころ 笑いばなしに涙がいっぱい 涙の中に若さがいっぱい 人生いろいろ 男もいろいろ 女だっていろいろ 咲き乱れるの  恋は突然くるわ 別れもそうね そしてこころを乱し 神に祈るのよ どんな大事な恋も 軽いあそびでも 一度なくしてわかる 胸のときめきよ いまかがやくのよ私たち いまとびたつのよ私たち 笑いばなしに希望がいっぱい 希望の中に若さがいっぱい 人生いろいろ 男もいろいろ 女だっていろいろ 咲き乱れるの  人生いろいろ 男もいろいろ 女だっていろいろ 咲き乱れるの 人生いろいろ 男もいろいろ 女だっていろいろ 咲き乱れるのGOLD LYLIC島倉千代子中山大三郎浜口庫之助死んでしまおうなんて 悩んだりしたわ バラもコスモスたちも 枯れておしまいと 髪をみじかくしたり つよく小指をかんだり 自分ばかりを責めて 泣いてすごしたわ ねぇおかしいでしょ若いころ ねぇ滑稽でしょ若いころ 笑いばなしに涙がいっぱい 涙の中に若さがいっぱい 人生いろいろ 男もいろいろ 女だっていろいろ 咲き乱れるの  恋は突然くるわ 別れもそうね そしてこころを乱し 神に祈るのよ どんな大事な恋も 軽いあそびでも 一度なくしてわかる 胸のときめきよ いまかがやくのよ私たち いまとびたつのよ私たち 笑いばなしに希望がいっぱい 希望の中に若さがいっぱい 人生いろいろ 男もいろいろ 女だっていろいろ 咲き乱れるの  人生いろいろ 男もいろいろ 女だっていろいろ 咲き乱れるの 人生いろいろ 男もいろいろ 女だっていろいろ 咲き乱れるの
人生はショータイム眠りそびれた真夜中 サングラスをかけて 窓のガラスの自分に おどけてみせる タネも仕掛けもないのが 手品と言(ゆ)うけれど タネも仕掛けもあるのが 涙 淋(さび)しくちゃ いやだよ 悲しくちゃ やっぱりいやだよ 泣いて泣いて 笑って泣いて 笑って笑って 泣いて笑って 人生はショータイム ひとときかぎり 人生はショータイム ひとときかぎり  恋に身をやく切なさ 生きているよろこび いつも隠して来たけど 今夜でやめた 自分らしさを素直に ぶつける生き方が 自分らしさにもどれる チャンス バカだって いいじゃない ドジったって そんなのいいじゃない 泣いて泣いて 笑って泣いて 笑って笑って 泣いて笑って 人生はショータイム ひとときかぎり 人生はショータイム ひとときかぎり  人生はショータイム ひとときかぎり 人生はショータイム ひとときかぎり島倉千代子建石一杉本真人高橋英介眠りそびれた真夜中 サングラスをかけて 窓のガラスの自分に おどけてみせる タネも仕掛けもないのが 手品と言(ゆ)うけれど タネも仕掛けもあるのが 涙 淋(さび)しくちゃ いやだよ 悲しくちゃ やっぱりいやだよ 泣いて泣いて 笑って泣いて 笑って笑って 泣いて笑って 人生はショータイム ひとときかぎり 人生はショータイム ひとときかぎり  恋に身をやく切なさ 生きているよろこび いつも隠して来たけど 今夜でやめた 自分らしさを素直に ぶつける生き方が 自分らしさにもどれる チャンス バカだって いいじゃない ドジったって そんなのいいじゃない 泣いて泣いて 笑って泣いて 笑って笑って 泣いて笑って 人生はショータイム ひとときかぎり 人生はショータイム ひとときかぎり  人生はショータイム ひとときかぎり 人生はショータイム ひとときかぎり
すみだ川銀杏がえしに黒じゅすかけて 泣いて別れたすみだ川 思い出します観音さまの 秋の日ぐれの鐘の声  「ああ そうだったわねぇ あなたが二十 あたしが十七の時よ いつも清元のお稽古から帰ってくると あなたは竹屋の渡し場で待って居てくれたわねぇ そうして 二人の姿が水に映るのをながめながら ニッコリ笑ってさみしく別れた ほんとにはかない恋だったわね」  娘ごころの仲見世あるく 春を待つ夜の歳の市 更けりゃ泣けます今戸の空に 幼な馴染のお月様  「あれから あたしが芸者に出たものだから あなたはあってくれないし いつも観音様へお詣りするたびに 廻り道して懐かしい隅田のほとりを 歩きながら ひとりで泣いてたの でも もう泣きますまい 恋しい恋しいと思っていた初恋のあなたに あえたんですもの 今年はきっときっと嬉しい春を迎えますわ」  都鳥さえ一羽じゃ飛ばぬ むかし恋しい水の面 あえばとけます涙の胸に 河岸の柳も春の雪島倉千代子佐藤惣之助山田栄一銀杏がえしに黒じゅすかけて 泣いて別れたすみだ川 思い出します観音さまの 秋の日ぐれの鐘の声  「ああ そうだったわねぇ あなたが二十 あたしが十七の時よ いつも清元のお稽古から帰ってくると あなたは竹屋の渡し場で待って居てくれたわねぇ そうして 二人の姿が水に映るのをながめながら ニッコリ笑ってさみしく別れた ほんとにはかない恋だったわね」  娘ごころの仲見世あるく 春を待つ夜の歳の市 更けりゃ泣けます今戸の空に 幼な馴染のお月様  「あれから あたしが芸者に出たものだから あなたはあってくれないし いつも観音様へお詣りするたびに 廻り道して懐かしい隅田のほとりを 歩きながら ひとりで泣いてたの でも もう泣きますまい 恋しい恋しいと思っていた初恋のあなたに あえたんですもの 今年はきっときっと嬉しい春を迎えますわ」  都鳥さえ一羽じゃ飛ばぬ むかし恋しい水の面 あえばとけます涙の胸に 河岸の柳も春の雪
蘇州夜曲君がみ胸に 抱かれて聞くは 夢の船唄 鳥の歌 水の蘇州の 花ちる春を 惜しむか 柳がすすり泣く  花をうかべて 流れる水の 明日のゆくえは 知らねども こよい映した ふたりの姿 消えてくれるな いつまでも  髪に飾ろか 接吻(くちづけ)しよか 君が手折りし 桃の花 涙ぐむよな おぼろの月に 鐘が鳴ります 寒山寺島倉千代子西條八十服部良一服部克久君がみ胸に 抱かれて聞くは 夢の船唄 鳥の歌 水の蘇州の 花ちる春を 惜しむか 柳がすすり泣く  花をうかべて 流れる水の 明日のゆくえは 知らねども こよい映した ふたりの姿 消えてくれるな いつまでも  髪に飾ろか 接吻(くちづけ)しよか 君が手折りし 桃の花 涙ぐむよな おぼろの月に 鐘が鳴ります 寒山寺
それいけGo Goトビラを開けて進もう ワクワクしながら行こう 初めの一歩 最初は一歩 そこから始まる 必ず道を開こう ドキドキするのもいいさ 二度目も一歩 小さな一歩 それが大きい まだあきらめないで まだすてないで 勇気を出してと 自分を盛り上げる 夢を見て歩きたい 気持ちしだいで心に花が咲く 夢がある毎日を 追いかけながら それいけ Go Go  ナミダをふいて進もう クヨクヨするのはやめよ 始めの一歩 最初の一歩 頑張ったよね 必ず道は開ける ワクワクするのもいいさ 二度目も一歩 大事な一歩 これが大きい いまあきらめたら まだもったいない 小さな奇跡を 感じていたいから 夢を見て歩こうよ 渇いた世界の 心に花よ咲け 夢がある毎日を みんなで作ろう それいけ Go Go 夢がある毎日を みんなで作ろう それいけ Go Go島倉千代子山崎ハコ山崎ハコ安田裕美トビラを開けて進もう ワクワクしながら行こう 初めの一歩 最初は一歩 そこから始まる 必ず道を開こう ドキドキするのもいいさ 二度目も一歩 小さな一歩 それが大きい まだあきらめないで まだすてないで 勇気を出してと 自分を盛り上げる 夢を見て歩きたい 気持ちしだいで心に花が咲く 夢がある毎日を 追いかけながら それいけ Go Go  ナミダをふいて進もう クヨクヨするのはやめよ 始めの一歩 最初の一歩 頑張ったよね 必ず道は開ける ワクワクするのもいいさ 二度目も一歩 大事な一歩 これが大きい いまあきらめたら まだもったいない 小さな奇跡を 感じていたいから 夢を見て歩こうよ 渇いた世界の 心に花よ咲け 夢がある毎日を みんなで作ろう それいけ Go Go 夢がある毎日を みんなで作ろう それいけ Go Go
そろそろり冷たい風が吹いてきて寂しい時は きれいな景色を思うのさ たとえば青空を ちょっぴり努力しなければ 大きくなれないね 不器用だけど そろそろり 歩いてゆくのです その心に 花が咲くでしょう 夢も生まれる 歌もある 忘れかけてた 愛もあるでしょう  何だか小さな事なのに 傷つく時は 昔の景色を思うのさ たとえば野の花を ちょっぴり泣いていたけれど もう大丈夫だと 微笑みながら そろそろり 歩いてゆくのです その心に 花が咲くでしょう 夢も生まれる 歌もある そして大切な 愛があるでしょう  けなげに今を生きている 明日を待ちながら 素直になれば そろそろり 元気になるのです その心に 花が咲くでしょう 夢も生まれる 歌もある 忘れかけてた 愛もあるでしょう島倉千代子山崎ハコ山崎ハコ安田裕美冷たい風が吹いてきて寂しい時は きれいな景色を思うのさ たとえば青空を ちょっぴり努力しなければ 大きくなれないね 不器用だけど そろそろり 歩いてゆくのです その心に 花が咲くでしょう 夢も生まれる 歌もある 忘れかけてた 愛もあるでしょう  何だか小さな事なのに 傷つく時は 昔の景色を思うのさ たとえば野の花を ちょっぴり泣いていたけれど もう大丈夫だと 微笑みながら そろそろり 歩いてゆくのです その心に 花が咲くでしょう 夢も生まれる 歌もある そして大切な 愛があるでしょう  けなげに今を生きている 明日を待ちながら 素直になれば そろそろり 元気になるのです その心に 花が咲くでしょう 夢も生まれる 歌もある 忘れかけてた 愛もあるでしょう
七夕おどり晴れて楽しい 星空みれば 青葉城から 笛太鼓 笛太鼓 年に一度の 七夕まつり キンキン キラ キラ お星さまも 嬉しそう 笹に花咲く 街かざり  広瀬川さえ ネオンに染まる 染まる掛橋 いそいそと いそいそと 急ぐお方は 織姫さまか キンキン キラ キラ お星さまも 嬉しそう 団扇 片手に しのびあい  蛍とるとて 出かけたあの娘 見れば踊りの 仲間入り 仲間入り 無理もないでしょ 一年一度 キンキン キラ キラ お星さまも 嬉しそう ごらん 明るい 天の川  願いかけたは 去年の今夜 やがて この秋 お嫁入り お嫁入り 仕立ておろしの そろいの浴衣 キンキン キラ キラ お星さまも 嬉しそう かわい妹と 着て踊る島倉千代子丘灯至夫遠藤実松尾健司晴れて楽しい 星空みれば 青葉城から 笛太鼓 笛太鼓 年に一度の 七夕まつり キンキン キラ キラ お星さまも 嬉しそう 笹に花咲く 街かざり  広瀬川さえ ネオンに染まる 染まる掛橋 いそいそと いそいそと 急ぐお方は 織姫さまか キンキン キラ キラ お星さまも 嬉しそう 団扇 片手に しのびあい  蛍とるとて 出かけたあの娘 見れば踊りの 仲間入り 仲間入り 無理もないでしょ 一年一度 キンキン キラ キラ お星さまも 嬉しそう ごらん 明るい 天の川  願いかけたは 去年の今夜 やがて この秋 お嫁入り お嫁入り 仕立ておろしの そろいの浴衣 キンキン キラ キラ お星さまも 嬉しそう かわい妹と 着て踊る
ためいき橋迎えにきたよと さしだす傘も すがるあなたの 胸もない ためいき橋は雨 きょうも雨 苦労したってかまわない ふたり渡って みたかった  ちいさな灯を ひとりでつけて 夢を見るには 寒すぎる ためいき橋は雨 いつも雨 あなたいまごろ どこの町 からだ無理して ないですか  愛してつくした 想い出だけで 生きてゆけます 明日から ためいき橋は雨 きょうも雨 いまもふたりは ひとつだと こぼす吐息が 霧になる島倉千代子吉岡治市川昭介迎えにきたよと さしだす傘も すがるあなたの 胸もない ためいき橋は雨 きょうも雨 苦労したってかまわない ふたり渡って みたかった  ちいさな灯を ひとりでつけて 夢を見るには 寒すぎる ためいき橋は雨 いつも雨 あなたいまごろ どこの町 からだ無理して ないですか  愛してつくした 想い出だけで 生きてゆけます 明日から ためいき橋は雨 きょうも雨 いまもふたりは ひとつだと こぼす吐息が 霧になる
ためらいの秋秋は恋の 影の部分が 少し浮き立ち しのび寄る季節 長く伸びた 木立の影に 記憶いくつも ひとり歩きする いとしいけど 過ぎたことだと 言い聞かせて 陽ざしを選ぶ 自由という名の さよならを 私いつも 投げかけてきた 自由を貫くため いくつ 未練悔いなく 風に散らしたか  青い炎 時にざわめく 悪い季節ね 秋はいつだって 枯れ葉の中 思い出も舞う ため息さえ 気づかず深く 愛したひとの 面影さえ 急に襲い 立ち止まるけど 愛した 日々の重なりなら 今も心を 揺るがせてくけど  自由という名の さよならを いつも選んだ 私 悔いはない島倉千代子来生えつこ来生たかお伊戸のりお秋は恋の 影の部分が 少し浮き立ち しのび寄る季節 長く伸びた 木立の影に 記憶いくつも ひとり歩きする いとしいけど 過ぎたことだと 言い聞かせて 陽ざしを選ぶ 自由という名の さよならを 私いつも 投げかけてきた 自由を貫くため いくつ 未練悔いなく 風に散らしたか  青い炎 時にざわめく 悪い季節ね 秋はいつだって 枯れ葉の中 思い出も舞う ため息さえ 気づかず深く 愛したひとの 面影さえ 急に襲い 立ち止まるけど 愛した 日々の重なりなら 今も心を 揺るがせてくけど  自由という名の さよならを いつも選んだ 私 悔いはない
誰か故郷を想わざる花摘む野辺に日は落ちて みんなで肩を くみながら 唄をうたった帰りみち 幼馴染のあの友 この友 ああ 誰か故郷を想わざる  ひとりの姉が嫁ぐ夜に 小川の岸で さみしさに 泣いた涙のなつかしさ 幼馴染のあの山 この山 ああ 誰か故郷を想わざる  都に雨のふる夜は 涙に胸も しめりがち とおく呼ぶのは誰の声 幼馴染のあの夢 この夢 ああ 誰か故郷を想わざる島倉千代子西条八十古賀政男佐伯亮花摘む野辺に日は落ちて みんなで肩を くみながら 唄をうたった帰りみち 幼馴染のあの友 この友 ああ 誰か故郷を想わざる  ひとりの姉が嫁ぐ夜に 小川の岸で さみしさに 泣いた涙のなつかしさ 幼馴染のあの山 この山 ああ 誰か故郷を想わざる  都に雨のふる夜は 涙に胸も しめりがち とおく呼ぶのは誰の声 幼馴染のあの夢 この夢 ああ 誰か故郷を想わざる
ちよこまち泣きながら 歩いてたような 細い小道 夢見ては 消える 虹のシャボン玉…  泣きながら 歩いてるうち 見えてきた 少し自分が 見えてきた  立ち止まっても いいじゃない 振り返っても いいじゃない 前を見て 生きたいの 前だけを見て  何があっても めげないの 泣いても泣いても はじまらない 今日は いっとうすてきだよ 聞こえてきました わっしょいしょい  イエ~イ イエイ イエイ…  赤い鼻緒の下駄はいて 朝顔のゆかた 着てみれば 遠い昔の母さんに やっぱり似ている 千代小町  楽しいから 笑うのじゃない 笑っていれば楽しい 前を見て生きたいよ 前だけを見て  何があっても めげないの 祭りばやしが もりあがる 何があっても めげないよ なんだ坂こんな坂 わっしょいしょい  何があっても めげないの 祭りばやしが もりあがる 何があっても めげないよ なんだ坂こんな坂 わっしょいしょい  イエ~イ イエイ イエイ…島倉千代子山崎ハコ・島倉千代子山崎ハコ泣きながら 歩いてたような 細い小道 夢見ては 消える 虹のシャボン玉…  泣きながら 歩いてるうち 見えてきた 少し自分が 見えてきた  立ち止まっても いいじゃない 振り返っても いいじゃない 前を見て 生きたいの 前だけを見て  何があっても めげないの 泣いても泣いても はじまらない 今日は いっとうすてきだよ 聞こえてきました わっしょいしょい  イエ~イ イエイ イエイ…  赤い鼻緒の下駄はいて 朝顔のゆかた 着てみれば 遠い昔の母さんに やっぱり似ている 千代小町  楽しいから 笑うのじゃない 笑っていれば楽しい 前を見て生きたいよ 前だけを見て  何があっても めげないの 祭りばやしが もりあがる 何があっても めげないよ なんだ坂こんな坂 わっしょいしょい  何があっても めげないの 祭りばやしが もりあがる 何があっても めげないよ なんだ坂こんな坂 わっしょいしょい  イエ~イ イエイ イエイ…
積木くずしあなたの足音が 去ったその日から こわれた階段には もう冬の光も射さない あなたがいつも 踏みしめていけるように 愛をそっと置いて 置いていた 時を示さない部屋は 涙も枯れ果てている 待つことが あなたへの愛の証 それがあなたへの愛  あなたの苦しみが 街をつつむとき 失われた言葉は 心の歌をうたいはじめる 傷つくことが 生きることだと 季節の中で 知ったあなた 暗く閉ざされた部屋に ひかりはいま甦える 待つことが あなたへの愛の証 それがあなたへの愛  待つことが あなたへの愛の証 それがあなたへの愛島倉千代子穂積隆信五輪真弓あなたの足音が 去ったその日から こわれた階段には もう冬の光も射さない あなたがいつも 踏みしめていけるように 愛をそっと置いて 置いていた 時を示さない部屋は 涙も枯れ果てている 待つことが あなたへの愛の証 それがあなたへの愛  あなたの苦しみが 街をつつむとき 失われた言葉は 心の歌をうたいはじめる 傷つくことが 生きることだと 季節の中で 知ったあなた 暗く閉ざされた部屋に ひかりはいま甦える 待つことが あなたへの愛の証 それがあなたへの愛  待つことが あなたへの愛の証 それがあなたへの愛
東京だョおっ母さんGOLD LYLIC久しぶりに 手を引いて 親子で歩ける 嬉しさに 小さい頃が 浮んで来ますよ おっ母さん こゝが こゝが 二重橋 記念の写真を とりましょね  やさしかった 兄さんが 田舎の話を 聞きたいと 桜の下で さぞかし待つだろ おっ母さん あれが あれが 九段坂 逢ったら泣くでしょ 兄さんも  さあさ着いた 着きました 達者で永生き するように お参りしましょよ 観音様です おっ母さん こゝが こゝが 浅草よ お祭りみたいに 賑かねGOLD LYLIC島倉千代子野村俊夫船村徹久しぶりに 手を引いて 親子で歩ける 嬉しさに 小さい頃が 浮んで来ますよ おっ母さん こゝが こゝが 二重橋 記念の写真を とりましょね  やさしかった 兄さんが 田舎の話を 聞きたいと 桜の下で さぞかし待つだろ おっ母さん あれが あれが 九段坂 逢ったら泣くでしょ 兄さんも  さあさ着いた 着きました 達者で永生き するように お参りしましょよ 観音様です おっ母さん こゝが こゝが 浅草よ お祭りみたいに 賑かね
東京だョおっ母さん(セリフ入り)GOLD LYLICおっ母さん ねえ おっ母さん 久しぶりに こうして手をつないで おっ母さんと一緒に 東京見物出来るなんて あーとっても嬉しいわ ホラおっ母さん見てごらんなさい ここが宮城 二重橋よ  久しぶりに 手を引いて 親子で歩ける 嬉しさに 小さい頃が 浮んで来ますよ おっ母さん こゝが こゝが 二重橋 記念の写真を とりましょね  ねえ おっ母さん 戦争でなくなった兄さん ここに眠ってるのよ  やさしかった 兄さんが 田舎の話を 聞きたいと 桜の下で さぞかし待つだろ おっ母さん あれが あれが 九段坂 逢ったら泣くでしょ 兄さんも  ねえ お兄ちゃん お兄ちゃんが登って遊んだ庭の柿の木もそのままよ 見せてあげたいわ  さあさ着いた 着きました 達者で永生き するように お参りしましょよ 観音様です おっ母さん こゝが こゝが 浅草よ お祭りみたいに 賑かねGOLD LYLIC島倉千代子野村俊夫船村徹おっ母さん ねえ おっ母さん 久しぶりに こうして手をつないで おっ母さんと一緒に 東京見物出来るなんて あーとっても嬉しいわ ホラおっ母さん見てごらんなさい ここが宮城 二重橋よ  久しぶりに 手を引いて 親子で歩ける 嬉しさに 小さい頃が 浮んで来ますよ おっ母さん こゝが こゝが 二重橋 記念の写真を とりましょね  ねえ おっ母さん 戦争でなくなった兄さん ここに眠ってるのよ  やさしかった 兄さんが 田舎の話を 聞きたいと 桜の下で さぞかし待つだろ おっ母さん あれが あれが 九段坂 逢ったら泣くでしょ 兄さんも  ねえ お兄ちゃん お兄ちゃんが登って遊んだ庭の柿の木もそのままよ 見せてあげたいわ  さあさ着いた 着きました 達者で永生き するように お参りしましょよ 観音様です おっ母さん こゝが こゝが 浅草よ お祭りみたいに 賑かね
東京の人さようなら海は夕焼け 港は小焼け 涙まじりの 汽笛がひゞく アンコ椿の 恋の花 風も吹かぬに 泣いてちる 東京の人よ さようなら  君の情けに 咲く花ならば 君と別れりゃ 涙の花よ 島のアンコの 黒髪を 忘れないでね また来てね 東京の人よ さようなら  岬廻って 消えゆく船を 泣いて見送る 日暮れの波止場 アンコ椿の 花びらに にじむ狭霧よ かなしみよ 東京の人よ さようなら島倉千代子石本美由起竹岡信幸海は夕焼け 港は小焼け 涙まじりの 汽笛がひゞく アンコ椿の 恋の花 風も吹かぬに 泣いてちる 東京の人よ さようなら  君の情けに 咲く花ならば 君と別れりゃ 涙の花よ 島のアンコの 黒髪を 忘れないでね また来てね 東京の人よ さようなら  岬廻って 消えゆく船を 泣いて見送る 日暮れの波止場 アンコ椿の 花びらに にじむ狭霧よ かなしみよ 東京の人よ さようなら
ときめきよ こんにちは春でもないのに 胸がときめく 見るものすべてが 微笑み返す 口紅の色も この髪形も 知らないあいだに 変えてたわたし  傷つくのが 怖いから もう恋など しないと決めた 昔の私に さようなら あなたの笑顔に こんにちは  お互い様だよ 過去があるのは やさしく呟く あなたとならば 地図さえ持たない この旅立ちに 一歩を踏み出す 勇気が持てる  明日へつづく 架け橋を ひとりきりじゃ 渡れなかった 昔の私に さようなら ふたりの季節に こんにちは  傷つくのが 怖いから もう恋など しないと決めた 昔の私に さようなら あなたの笑顔に こんにちは島倉千代子島倉千代子平松愛理矢野立美春でもないのに 胸がときめく 見るものすべてが 微笑み返す 口紅の色も この髪形も 知らないあいだに 変えてたわたし  傷つくのが 怖いから もう恋など しないと決めた 昔の私に さようなら あなたの笑顔に こんにちは  お互い様だよ 過去があるのは やさしく呟く あなたとならば 地図さえ持たない この旅立ちに 一歩を踏み出す 勇気が持てる  明日へつづく 架け橋を ひとりきりじゃ 渡れなかった 昔の私に さようなら ふたりの季節に こんにちは  傷つくのが 怖いから もう恋など しないと決めた 昔の私に さようなら あなたの笑顔に こんにちは
ときめきをさがしにひとに言えない 悩みを抱えて ため息ばかり あなたらしくないわ 昔のように 自慢の笑顔で 悩み事など 吹き飛ばしてよ 子供の(子供の)頃に話した夢(あの夢) さがしに行こう(行きましょう) 涙をふいて 扉の向こうへ さぁ出かけましょう ときめく胸の 指さす方へ きっとなくした 夢に出逢える  仕方がないと あきらめ続けて また自分に 嘘をついてゆくの しあわせのフリ 演じてみたって 心はいつも 擦り切れてゆく 夢中に(夢中に) なれるものがあれば(そうあれば) 昨日と違う(また違う)あなたに逢える おしゃれをしたなら さぁ出かけましょう ときめく胸の 指さす方へ きっと笑顔を 取り戻せるわ  不思議ね(不思議ね) 二人こうしていると (不思議だわ) 少女の頃に(あの頃に) すぐ戻れる 明日がくる前に さぁ出かけましょう ときめく胸の 指さす方へ 生まれ変わった あなたに逢える島倉千代子島倉千代子・津城ひかる三木たかし若草恵ひとに言えない 悩みを抱えて ため息ばかり あなたらしくないわ 昔のように 自慢の笑顔で 悩み事など 吹き飛ばしてよ 子供の(子供の)頃に話した夢(あの夢) さがしに行こう(行きましょう) 涙をふいて 扉の向こうへ さぁ出かけましょう ときめく胸の 指さす方へ きっとなくした 夢に出逢える  仕方がないと あきらめ続けて また自分に 嘘をついてゆくの しあわせのフリ 演じてみたって 心はいつも 擦り切れてゆく 夢中に(夢中に) なれるものがあれば(そうあれば) 昨日と違う(また違う)あなたに逢える おしゃれをしたなら さぁ出かけましょう ときめく胸の 指さす方へ きっと笑顔を 取り戻せるわ  不思議ね(不思議ね) 二人こうしていると (不思議だわ) 少女の頃に(あの頃に) すぐ戻れる 明日がくる前に さぁ出かけましょう ときめく胸の 指さす方へ 生まれ変わった あなたに逢える
流し唄流しの唄に 聞き惚れた 演歌の節が なつかしや 笑って聞ける はずなのに 二人別れた あの夜を 思い出しては 泣いている 涙をすてる 酒なのに  悲しくなるの 切ないわ ギターの音が 泣くように 心の底へ ひびいてる もう聞いたって 大丈夫よ 弾いて下さい もう一度 悲しさ捨てる 唄だから島倉千代子りゅうはじめりゅうはじめ流しの唄に 聞き惚れた 演歌の節が なつかしや 笑って聞ける はずなのに 二人別れた あの夜を 思い出しては 泣いている 涙をすてる 酒なのに  悲しくなるの 切ないわ ギターの音が 泣くように 心の底へ ひびいてる もう聞いたって 大丈夫よ 弾いて下さい もう一度 悲しさ捨てる 唄だから
涙の谷間に太陽をながれる涙 あるかぎり まだ悲しみに 耐えられる あなたよ 心に燃えている 若いいのちを 信じよう 呼ぼうよ 呼ぼうよ 太陽を 涙の谷間に 太陽を  愛されないと 泣くよりも 愛してゆこう どこまでも あなたよ この世を嘆くまい 空の青さは 誰のもの 呼ぼうよ 呼ぼうよ 太陽を 涙の谷間に 太陽を  こがらしの道 つらくても ひとりじゃないぞ 負けないぞ あなたよ 明日の幸福は 結ぶこの手に 花ひらく 呼ぼうよ 呼ぼうよ 太陽を 涙の谷間に 太陽を 涙の谷間に 太陽を島倉千代子西沢爽和田香苗森岡賢一郎ながれる涙 あるかぎり まだ悲しみに 耐えられる あなたよ 心に燃えている 若いいのちを 信じよう 呼ぼうよ 呼ぼうよ 太陽を 涙の谷間に 太陽を  愛されないと 泣くよりも 愛してゆこう どこまでも あなたよ この世を嘆くまい 空の青さは 誰のもの 呼ぼうよ 呼ぼうよ 太陽を 涙の谷間に 太陽を  こがらしの道 つらくても ひとりじゃないぞ 負けないぞ あなたよ 明日の幸福は 結ぶこの手に 花ひらく 呼ぼうよ 呼ぼうよ 太陽を 涙の谷間に 太陽を 涙の谷間に 太陽を
新妻鏡僕がこころの 良人なら 君はこころの 花の妻 遠く寂しく はなれても なくな相模の かもめ鳥  たとえこの眼は 見えずとも 清いあなたの おもかげは きっと見えます 見えました 愛の心の 青空に  むかし乙女の 初島田 泣いて踊るも 生計(くらし)なら 清い二人の 人生を 熱い泪で うたおうよ島倉千代子佐藤惣之助古賀政男僕がこころの 良人なら 君はこころの 花の妻 遠く寂しく はなれても なくな相模の かもめ鳥  たとえこの眼は 見えずとも 清いあなたの おもかげは きっと見えます 見えました 愛の心の 青空に  むかし乙女の 初島田 泣いて踊るも 生計(くらし)なら 清い二人の 人生を 熱い泪で うたおうよ
ハッピーバースデー覚えててくれて ありがとうあなた とてもうれしいわ 女に生まれた しあわせをいつも おしえてくれた人ね 何もほしくはないの あなたがいれば… 愛されすぎて 息もできない 今も私 ずっと夢の中 あなたがくれた 愛のすべてに 私からも ハッピーバースデー  覚えていたのね ありがとうあなた 少し照れるけど つまづきながらも 二人で歩いた 今日までをありがとう 何もこわくはないの あなたがいれば… 愛されすぎて 息もできない だから私 ずっと夢の中 あなたと生きる 愛のすべてに 私からも ハッピーバースデー  私いつも ハッピーバースデー 二人のために ハッピーバースデー島倉千代子島倉千代子根本要矢野立美覚えててくれて ありがとうあなた とてもうれしいわ 女に生まれた しあわせをいつも おしえてくれた人ね 何もほしくはないの あなたがいれば… 愛されすぎて 息もできない 今も私 ずっと夢の中 あなたがくれた 愛のすべてに 私からも ハッピーバースデー  覚えていたのね ありがとうあなた 少し照れるけど つまづきながらも 二人で歩いた 今日までをありがとう 何もこわくはないの あなたがいれば… 愛されすぎて 息もできない だから私 ずっと夢の中 あなたと生きる 愛のすべてに 私からも ハッピーバースデー  私いつも ハッピーバースデー 二人のために ハッピーバースデー
初恋の人さようなら青い月夜の 白砂に ひとりさみしく 呼びかける さようなら さようなら 初恋の あなたがくれた お別れの お手紙埋めて 泣いたのよ  忘れないよと 花の蔭 涙をふいて くれた人 さようなら さようなら なにもかも かなしい嘘ね 夢なのね 椿は咲いても 散るさだめ  いつかふたりで 来た浜辺 今宵せつなく うたう波 さようなら さようなら いつまでも あなたを待って 居りますと つたえておくれよ 南風島倉千代子西沢爽古賀政男青い月夜の 白砂に ひとりさみしく 呼びかける さようなら さようなら 初恋の あなたがくれた お別れの お手紙埋めて 泣いたのよ  忘れないよと 花の蔭 涙をふいて くれた人 さようなら さようなら なにもかも かなしい嘘ね 夢なのね 椿は咲いても 散るさだめ  いつかふたりで 来た浜辺 今宵せつなく うたう波 さようなら さようなら いつまでも あなたを待って 居りますと つたえておくれよ 南風
花ごよみひとりでも 生きられる そっと つぶやいた 悲しみに 出会うたび いつも そうするの 何度も 恋をして 何度も 泣かされた それでも また恋をする 女の 花ごよみ ちょっと待てば 春はきっとくる 信じて待ちましょう 愛の 花ごよみ  あなたなら 大丈夫 きっと くじけない 私から 私への つらい ほめことば 涙に 夢がある 涙に 明日がある それでも また泣くのでしょう 女の 花ごよみは ちょっと待てば 春はきっとくる 信じて待ちましょう 愛の 花ごよみ  いつでも はなやかに いつでも 美しく こころも またしなやかに 女の 花ごよみ ちょっと待てば 春はきっとくる 信じて待ちましょう 愛の 花ごよみ島倉千代子中山大三郎浜口庫之助ひとりでも 生きられる そっと つぶやいた 悲しみに 出会うたび いつも そうするの 何度も 恋をして 何度も 泣かされた それでも また恋をする 女の 花ごよみ ちょっと待てば 春はきっとくる 信じて待ちましょう 愛の 花ごよみ  あなたなら 大丈夫 きっと くじけない 私から 私への つらい ほめことば 涙に 夢がある 涙に 明日がある それでも また泣くのでしょう 女の 花ごよみは ちょっと待てば 春はきっとくる 信じて待ちましょう 愛の 花ごよみ  いつでも はなやかに いつでも 美しく こころも またしなやかに 女の 花ごよみ ちょっと待てば 春はきっとくる 信じて待ちましょう 愛の 花ごよみ
花散る下田二すじに 道もわかれて 去り行く人の 姿も淋し 吹く風に 赤い椿が ホロリ散る 心に秘めた 折鶴も 翼破れて 片羽鳥  「鶴さん!下田の浜で、 心も身体も一緒に育ったあなたとあたし、 別れ別れになったとて悲しい時はお互いに、 見えない遠いところからでも、 夢の中でも手を取り合って、生きて行こうね…… さようなら……」  冴えかえる 月のしずくが 冷たく濡らす 磯馴れの松の うしろかげ 呼んではならぬ 人の名を 心に抱いて 夜もすがら 月も泣いたか 明烏島倉千代子青山圭男古賀政男古賀政男二すじに 道もわかれて 去り行く人の 姿も淋し 吹く風に 赤い椿が ホロリ散る 心に秘めた 折鶴も 翼破れて 片羽鳥  「鶴さん!下田の浜で、 心も身体も一緒に育ったあなたとあたし、 別れ別れになったとて悲しい時はお互いに、 見えない遠いところからでも、 夢の中でも手を取り合って、生きて行こうね…… さようなら……」  冴えかえる 月のしずくが 冷たく濡らす 磯馴れの松の うしろかげ 呼んではならぬ 人の名を 心に抱いて 夜もすがら 月も泣いたか 明烏
花なら花らしく朝焼け 美しい 街を見ると そっと 笑いかけたい気持 雨だれ 落ちる音 数えてると ふいに 涙あふれる 日もある いつも こころ感じるままにいたい つらい事も 沢山あるけど いま私が 歩いている この道 バラ色に なったらいいね 一度の人生よ 素適にときめいて 花なら花らしく 生きてゆきたい  こもれ陽 振りむけば あなたがいる 夢がひとつ生まれた 出逢い 星空 見上げてる 恋人たち みんな 愛の願いを掛けるわ 時間は 手品みたいに移りかわる 昨日そして 今日から明日へ いま私が 歌っている この歌 幸せを 呼んだらいいね 一度の人生よ 素適にときめいて 花なら花らしく 生きてゆきたい  一度の人生よ 素適にときめいて 花なら花らしく 生きてゆきたい島倉千代子建石一大石明裕伊戸のりお朝焼け 美しい 街を見ると そっと 笑いかけたい気持 雨だれ 落ちる音 数えてると ふいに 涙あふれる 日もある いつも こころ感じるままにいたい つらい事も 沢山あるけど いま私が 歩いている この道 バラ色に なったらいいね 一度の人生よ 素適にときめいて 花なら花らしく 生きてゆきたい  こもれ陽 振りむけば あなたがいる 夢がひとつ生まれた 出逢い 星空 見上げてる 恋人たち みんな 愛の願いを掛けるわ 時間は 手品みたいに移りかわる 昨日そして 今日から明日へ いま私が 歌っている この歌 幸せを 呼んだらいいね 一度の人生よ 素適にときめいて 花なら花らしく 生きてゆきたい  一度の人生よ 素適にときめいて 花なら花らしく 生きてゆきたい
ひとりじゃないよ窓に灯りが ともる頃 胸にかすかな風が吹く 空の向こうに 星ひとつ きっと誰かも みつけてる 寂しくないよ この空の下 友達がいる 歌がある 寂しくないよ 寂しくないよ 一緒に歌う歌がある  みんな遠くへ 行くようで さよならなんて いやだけど 涙が出れば 大丈夫 次は笑顔がやってくる ひとりじゃないよ 隣を見れば 友達がいる 夢がある ひとりじゃないよ ひとりじゃないよ 一緒に目指す夢がある  寂しくないよ この空の下 友達がいる 歌がある 寂しくないよ 寂しくないよ 一緒に歌う歌がある みんなで歌う歌がある島倉千代子友利歩未杉村俊博窓に灯りが ともる頃 胸にかすかな風が吹く 空の向こうに 星ひとつ きっと誰かも みつけてる 寂しくないよ この空の下 友達がいる 歌がある 寂しくないよ 寂しくないよ 一緒に歌う歌がある  みんな遠くへ 行くようで さよならなんて いやだけど 涙が出れば 大丈夫 次は笑顔がやってくる ひとりじゃないよ 隣を見れば 友達がいる 夢がある ひとりじゃないよ ひとりじゃないよ 一緒に目指す夢がある  寂しくないよ この空の下 友達がいる 歌がある 寂しくないよ 寂しくないよ 一緒に歌う歌がある みんなで歌う歌がある
火の酒あの人が あの人が 身体のこわれそうな せつなさを おしえた ひとよ 火の酒 火の酒 飲みたいよ もっともっと もっともっと 酔いたいの 駄目なのね 私って 情けに弱いのね おバカさんよ ひとりの男に惚れて 深酒しては 朝になる 火の酒 飲みたいよ こころの痛み とんでゆけ  人の世は 人の世は 男と女の 芝居だね 幕切れ悲し 火の酒 火の酒 飲みたいよ もっともっと もっともっと 酔いたいの 誰かとネ 誰かがサ いいことあってもね… いいじゃないか ひとのこと 私はわたし いのちの流れに 身をまかす 火の酒 飲みたいよ おんなの涙 華になれ  火の酒 飲みたいよ おんなの涙 華になれ島倉千代子遠藤実遠藤実齊藤恒夫あの人が あの人が 身体のこわれそうな せつなさを おしえた ひとよ 火の酒 火の酒 飲みたいよ もっともっと もっともっと 酔いたいの 駄目なのね 私って 情けに弱いのね おバカさんよ ひとりの男に惚れて 深酒しては 朝になる 火の酒 飲みたいよ こころの痛み とんでゆけ  人の世は 人の世は 男と女の 芝居だね 幕切れ悲し 火の酒 火の酒 飲みたいよ もっともっと もっともっと 酔いたいの 誰かとネ 誰かがサ いいことあってもね… いいじゃないか ひとのこと 私はわたし いのちの流れに 身をまかす 火の酒 飲みたいよ おんなの涙 華になれ  火の酒 飲みたいよ おんなの涙 華になれ
悲恋宿あの人を 信じて昨日まで 愛に生き つくした私 なのに何故 背を向けた この胸キリキリ 痛ませて 忘れる旅を あてもなく 死にたい思いの 雪の宿  命かけ 燃やした恋の火が いつまでも この身をこがす これからが つらすぎる 人生キレギレ きざまれて 湯船に落ちた 涙つぶ うつして悲しい 洗い髪  生きがいを なくした女には 時が過ぎ 消え去ることが せめてもの 願いだと 想い出チリヂリ ちりばめて 明日の夢を 追いながら やすらぎひととき 悲恋宿島倉千代子五十川天夢五十川天夢南郷達也あの人を 信じて昨日まで 愛に生き つくした私 なのに何故 背を向けた この胸キリキリ 痛ませて 忘れる旅を あてもなく 死にたい思いの 雪の宿  命かけ 燃やした恋の火が いつまでも この身をこがす これからが つらすぎる 人生キレギレ きざまれて 湯船に落ちた 涙つぶ うつして悲しい 洗い髪  生きがいを なくした女には 時が過ぎ 消え去ることが せめてもの 願いだと 想い出チリヂリ ちりばめて 明日の夢を 追いながら やすらぎひととき 悲恋宿
ひろしまの母この世のいのち 終わるとも わが子を想う 母の愛 哀しみ深い ひろしまの さだめを泣くか 大田川  あれから もう三十三年 もしも おまえが生きていてくれたら 幸せな日々が過ごせただろうに 街ですれちがう人の 後姿にも ふとおまえを偲ぶ 母の淋しさは 誰れに 誰れに打ち明けたら 誰れに  訪ねて来ても この母に 答えてくれる 声はない 御霊の眠る 慰霊碑に たむける涙 ただ熱い  たとえ百まで 生きたとて 涙のかわく ときはない 平和を祈る 鐘の音に 両手を合わす 夏の朝島倉千代子石本美由起古賀政男この世のいのち 終わるとも わが子を想う 母の愛 哀しみ深い ひろしまの さだめを泣くか 大田川  あれから もう三十三年 もしも おまえが生きていてくれたら 幸せな日々が過ごせただろうに 街ですれちがう人の 後姿にも ふとおまえを偲ぶ 母の淋しさは 誰れに 誰れに打ち明けたら 誰れに  訪ねて来ても この母に 答えてくれる 声はない 御霊の眠る 慰霊碑に たむける涙 ただ熱い  たとえ百まで 生きたとて 涙のかわく ときはない 平和を祈る 鐘の音に 両手を合わす 夏の朝
ふたりだけの太陽悲しみなんか まけないで 手をとって どこまでも 駈けて ゆきましょう 野をこえて 丘をこえて 湖こえて あなたと一緒に 探しましょう 遠くできっと 待っている ふたりだけの 太陽を  思い出だけに すがらずに 手をとって まっすぐに 駈けて ゆきましょう 泣かないで 嘆かないで ふりむかないで 明日の来るのを 見つめましょう バラ色雲に つつまれた ふたりだけの 太陽を  嵐のあとは 青い空 手をとって 今日もまた 駈けて ゆきましょう 愛しあい たすけあって ほほえみあって 心と 心を 信じましょう ふたりの胸に 燃えあがる ふたりだけの 太陽を島倉千代子西沢爽市川昭介悲しみなんか まけないで 手をとって どこまでも 駈けて ゆきましょう 野をこえて 丘をこえて 湖こえて あなたと一緒に 探しましょう 遠くできっと 待っている ふたりだけの 太陽を  思い出だけに すがらずに 手をとって まっすぐに 駈けて ゆきましょう 泣かないで 嘆かないで ふりむかないで 明日の来るのを 見つめましょう バラ色雲に つつまれた ふたりだけの 太陽を  嵐のあとは 青い空 手をとって 今日もまた 駈けて ゆきましょう 愛しあい たすけあって ほほえみあって 心と 心を 信じましょう ふたりの胸に 燃えあがる ふたりだけの 太陽を
鳳仙花GOLD LYLICやっぱり器用に 生きられないね 似たような二人と 笑ってた 鳳仙花 鳳仙花 はじけてとんだ 花だけど 咲かせてほしいの あなたの胸で  ふいても消せない 酒場(ネオン)の匂い やさしいあなたが こわいのよ 鳳仙花 鳳仙花 日陰が似合う 花だけど つくしてみたいの あなたのそばで  おおきな夢など なくてもいいの しあわせ短い 一年草 鳳仙花 鳳仙花 いのちのかぎり 街の隅 わたしも咲きたい あなたと二人GOLD LYLIC島倉千代子吉岡治市川昭介やっぱり器用に 生きられないね 似たような二人と 笑ってた 鳳仙花 鳳仙花 はじけてとんだ 花だけど 咲かせてほしいの あなたの胸で  ふいても消せない 酒場(ネオン)の匂い やさしいあなたが こわいのよ 鳳仙花 鳳仙花 日陰が似合う 花だけど つくしてみたいの あなたのそばで  おおきな夢など なくてもいいの しあわせ短い 一年草 鳳仙花 鳳仙花 いのちのかぎり 街の隅 わたしも咲きたい あなたと二人
ほれているのにボンボンボン ボンボンボン ボンボンボーン チャッチャチャ ボンボンボン ボンボンボン ボンボンボーン チャッチャチャ ひと目でほれた 「ヤンヤヤーン」 あなたに首ったけ 「ヤンヤヤーン」 愛してほしいのよ 「ヤンヤヤーン」 私の恋心 だけどあの人は つれないの 人の気持も 人の気持も 知らないで   ボンボンボン ボンボンボン ボンボンボーン チャッチャチャ ボンボンボン ボンボンボン ボンボンボーン チャッチャチャ 逢いたい顔見たい 「ヤンヤヤーン」 ハートを抱きしめて 「ヤンヤヤーン」 いつでも思うこと 「ヤンヤヤーン」 あなたのことばかり だけどなぜかしら泣けてくる これが本当の これが本当の 恋かしら  ボンボンボン ボンボンボン ボンボンボーン チャッチャチャ ボンボンボン ボンボンボン ボンボンボーン チャッチャチャ モシモシあなたでしょ 「ヤンヤヤーン」 ハイハイ私です 「ヤンヤヤーン」 デイトの約束を 「ヤンヤヤーン」 信じていいかしら だけどいつまでも待ちました 雨が降るのに 雨が降るのに 濡れながら  ボンボンボン ボンボンボン ボンボンボーン チャッチャチャ ボンボンボン ボンボンボン ボンボンボーン チャッチャチャ 私が嫌いなの 「ヤンヤヤーン」 およばぬ恋かしら 「ヤンヤヤーン」 そんなことないさ 「ヤンヤヤーン」 あなたを信じてる だけどしあわせになれないの ほれているのに ほれているのに かなしくて ほれているのに ほれているのに かなしくて島倉千代子くるみ広影くるみ敏弘くるみ敏弘ボンボンボン ボンボンボン ボンボンボーン チャッチャチャ ボンボンボン ボンボンボン ボンボンボーン チャッチャチャ ひと目でほれた 「ヤンヤヤーン」 あなたに首ったけ 「ヤンヤヤーン」 愛してほしいのよ 「ヤンヤヤーン」 私の恋心 だけどあの人は つれないの 人の気持も 人の気持も 知らないで   ボンボンボン ボンボンボン ボンボンボーン チャッチャチャ ボンボンボン ボンボンボン ボンボンボーン チャッチャチャ 逢いたい顔見たい 「ヤンヤヤーン」 ハートを抱きしめて 「ヤンヤヤーン」 いつでも思うこと 「ヤンヤヤーン」 あなたのことばかり だけどなぜかしら泣けてくる これが本当の これが本当の 恋かしら  ボンボンボン ボンボンボン ボンボンボーン チャッチャチャ ボンボンボン ボンボンボン ボンボンボーン チャッチャチャ モシモシあなたでしょ 「ヤンヤヤーン」 ハイハイ私です 「ヤンヤヤーン」 デイトの約束を 「ヤンヤヤーン」 信じていいかしら だけどいつまでも待ちました 雨が降るのに 雨が降るのに 濡れながら  ボンボンボン ボンボンボン ボンボンボーン チャッチャチャ ボンボンボン ボンボンボン ボンボンボーン チャッチャチャ 私が嫌いなの 「ヤンヤヤーン」 およばぬ恋かしら 「ヤンヤヤーン」 そんなことないさ 「ヤンヤヤーン」 あなたを信じてる だけどしあわせになれないの ほれているのに ほれているのに かなしくて ほれているのに ほれているのに かなしくて
ほんきかしらほんきかしら 好きさ 大好きさ 世界で君が いちばん好きさ うれしいわ うれしいわ この喜びを どうしましょう 許してね 疑ったりして たのしいひとこと ききたかったのよ ほんきかしら 好きさ 大好きさ 知ってる くせに 好きと あなたから いってほしい 女ごころ じっと瞳をみて くちびる重ねましょう  ほんきかしら 好きさ 大好きさ 世界で君が いちばん好きさ 昼も夜も おもかげを しのびながら 胸はずむわ 許してね こぼれる涙を やさしい言葉で 泣きたかったのよ ほんきかしら 好きさ 大好きさ 知ってる くせに いつも 愛を たしかめたい 女ごころ そっと瞳をとじ くちびる重ねましょう  許してね困らせたりして ときどき淋しい これが恋なのよ ほんきかしら 好きさ 大好きさ 知ってる くせに 夢のはかなさに ふるえている 女ごころ かたく手をとり くちびる重ねましょう島倉千代子岩谷時子土田啓四郎ほんきかしら 好きさ 大好きさ 世界で君が いちばん好きさ うれしいわ うれしいわ この喜びを どうしましょう 許してね 疑ったりして たのしいひとこと ききたかったのよ ほんきかしら 好きさ 大好きさ 知ってる くせに 好きと あなたから いってほしい 女ごころ じっと瞳をみて くちびる重ねましょう  ほんきかしら 好きさ 大好きさ 世界で君が いちばん好きさ 昼も夜も おもかげを しのびながら 胸はずむわ 許してね こぼれる涙を やさしい言葉で 泣きたかったのよ ほんきかしら 好きさ 大好きさ 知ってる くせに いつも 愛を たしかめたい 女ごころ そっと瞳をとじ くちびる重ねましょう  許してね困らせたりして ときどき淋しい これが恋なのよ ほんきかしら 好きさ 大好きさ 知ってる くせに 夢のはかなさに ふるえている 女ごころ かたく手をとり くちびる重ねましょう
待つわかわいいふりしてあの子 わりとやるもんだねと 言われ続けたあのころ 生きるのがつらかった 行ったり来たりすれ違い あなたと私の恋 いつかどこかで 結ばれるってことは 永遠(とわ)の夢 青く広いこの空 誰のものでもないわ 風にひとひらの雲 流して流されて  私 待つわいつまでも待つわ たとえあなたが ふり向いてくれなくても 待つわいつまでも待つわ 他の誰かに あなたがふられる日まで  悲しい位に私 いつもあなたの前では おどけて見せる道化者 涙なんていらない わかりきってる強がり 平気で言ってみても 一人ぼっちの時には そっと涙を流す 誰も私の心 見ぬくことはできない だけどあなたにだけは わかってほしかった  私 待つわいつまでも待つわ たとえあなたが ふり向いてくれなくても 待つわいつまでも待つわ せめてあなたを 見つめていられるのなら 待つわいつまでも待つわ たとえあなたが ふり向いてくれなくても 待つわいつまでも待つわ 他の誰かに あなたがふられる日まで島倉千代子岡村孝子岡村孝子かわいいふりしてあの子 わりとやるもんだねと 言われ続けたあのころ 生きるのがつらかった 行ったり来たりすれ違い あなたと私の恋 いつかどこかで 結ばれるってことは 永遠(とわ)の夢 青く広いこの空 誰のものでもないわ 風にひとひらの雲 流して流されて  私 待つわいつまでも待つわ たとえあなたが ふり向いてくれなくても 待つわいつまでも待つわ 他の誰かに あなたがふられる日まで  悲しい位に私 いつもあなたの前では おどけて見せる道化者 涙なんていらない わかりきってる強がり 平気で言ってみても 一人ぼっちの時には そっと涙を流す 誰も私の心 見ぬくことはできない だけどあなたにだけは わかってほしかった  私 待つわいつまでも待つわ たとえあなたが ふり向いてくれなくても 待つわいつまでも待つわ せめてあなたを 見つめていられるのなら 待つわいつまでも待つわ たとえあなたが ふり向いてくれなくても 待つわいつまでも待つわ 他の誰かに あなたがふられる日まで
三日月慕情苦労を楽しみ ここまで来たわ きっと明日も 流浪ぐらし 女の愛は 三日月慕情 思いはぐれて ふり向けば 月もひとりで わが身を削る  誰かを不幸に させたくないの ひとりあきらめ ひとりで耐える 妻にもなれず 母にもなれず 生きる女の つよがりの 裏を知るのは あの月ばかり  美人の涙は 笑顔に勝る こんなせりふは 男がつくる 大切なのは 心じゃないの 鏡のぞいて 紅をさす 指が淋しい 三日月慕情島倉千代子星野哲郎弦哲也前田俊明苦労を楽しみ ここまで来たわ きっと明日も 流浪ぐらし 女の愛は 三日月慕情 思いはぐれて ふり向けば 月もひとりで わが身を削る  誰かを不幸に させたくないの ひとりあきらめ ひとりで耐える 妻にもなれず 母にもなれず 生きる女の つよがりの 裏を知るのは あの月ばかり  美人の涙は 笑顔に勝る こんなせりふは 男がつくる 大切なのは 心じゃないの 鏡のぞいて 紅をさす 指が淋しい 三日月慕情
昔も今も…女別れましょうかそれとも耐えて あなたの許へ 帰りましょうか 女がひとり 迷いを抱いて 日暮れを背中に径をゆく 嵯峨野 野宮さらさらと 風がなきます竹林 男の愛をあきらめた 女の嘆きが 聞こえます  一つの屋根にくらしていても こころ寂しい 他人のくらし 抱かれもせずに むなしく過ぎる 月日にいつしかなれてゆく 嵯峨野 祇王寺はらはらと 桜ちります音もなく 昔も今もかわらない 女のこころが 風になる  嵯峨野 細道迷い坂 つらい女のなみだ坂 あなたをもしも嫌いなら 別れもたやすく できるのに  島倉千代子たかたかし幸耕平別れましょうかそれとも耐えて あなたの許へ 帰りましょうか 女がひとり 迷いを抱いて 日暮れを背中に径をゆく 嵯峨野 野宮さらさらと 風がなきます竹林 男の愛をあきらめた 女の嘆きが 聞こえます  一つの屋根にくらしていても こころ寂しい 他人のくらし 抱かれもせずに むなしく過ぎる 月日にいつしかなれてゆく 嵯峨野 祇王寺はらはらと 桜ちります音もなく 昔も今もかわらない 女のこころが 風になる  嵯峨野 細道迷い坂 つらい女のなみだ坂 あなたをもしも嫌いなら 別れもたやすく できるのに  
紅葉笑われますか まるで初恋 頬のほてりが 止められないの 花咲く春も まばゆい夏も 目をふせながら 生きてきたけど 見渡せば紅葉 赤々と紅葉 私を女と 知らせるの きれいと言って くれますか 芯まで抱いて くれますか はらはらと ほろほろと 秋に燃え はらはらと ほろほろと 秋に燃え  臆病なのよ 若くないから 昔傷つき 泣いたりしたわ ひとさし指で 唇ふさぎ しゃべりすぎだと あなたは叱る 見渡せば紅葉 赤々と紅葉 今更女を ざわめかす 遅れた恋で いいですか すなおに信じて いいですか はらはらと ほろほろと 秋に燃え はらはらと ほろほろと 秋に燃え  きれいと言って くれますか 芯まで抱いて くれますか はらはらと ほろほろと 秋に燃え はらはらと ほろほろと 秋に燃え島倉千代子島倉千代子・石原信一吉田拓郎荻田光雄笑われますか まるで初恋 頬のほてりが 止められないの 花咲く春も まばゆい夏も 目をふせながら 生きてきたけど 見渡せば紅葉 赤々と紅葉 私を女と 知らせるの きれいと言って くれますか 芯まで抱いて くれますか はらはらと ほろほろと 秋に燃え はらはらと ほろほろと 秋に燃え  臆病なのよ 若くないから 昔傷つき 泣いたりしたわ ひとさし指で 唇ふさぎ しゃべりすぎだと あなたは叱る 見渡せば紅葉 赤々と紅葉 今更女を ざわめかす 遅れた恋で いいですか すなおに信じて いいですか はらはらと ほろほろと 秋に燃え はらはらと ほろほろと 秋に燃え  きれいと言って くれますか 芯まで抱いて くれますか はらはらと ほろほろと 秋に燃え はらはらと ほろほろと 秋に燃え
夕月鴎が啼いてる 磯浜に ほのかに浮んだ 夕月が あなたと私の 別離(わかれ)の影を じっと黙って 見ていたの 月は雲間に 隠れても 別れの涙は 波まに残る  東京恋しや あの空に ほのかに浮んだ 夕月よ 山脈(やまなみ)越えて 都へゆこか ゆけば会えるか しあわせに 月にきいても おぼろ夜の 雲にきけよと 答えるばかり  見知らぬ都の 日暮れ時 流れの岸の 夕月が あなたと私の ならんだ影を じっと黙って 見ているの 会ってみたけど しあわせは 雲間にかくれて 消えていたのよ島倉千代子菊田一夫小関裕而松尾健司鴎が啼いてる 磯浜に ほのかに浮んだ 夕月が あなたと私の 別離(わかれ)の影を じっと黙って 見ていたの 月は雲間に 隠れても 別れの涙は 波まに残る  東京恋しや あの空に ほのかに浮んだ 夕月よ 山脈(やまなみ)越えて 都へゆこか ゆけば会えるか しあわせに 月にきいても おぼろ夜の 雲にきけよと 答えるばかり  見知らぬ都の 日暮れ時 流れの岸の 夕月が あなたと私の ならんだ影を じっと黙って 見ているの 会ってみたけど しあわせは 雲間にかくれて 消えていたのよ
ゆずり葉の宿あのひとと 別れたら もう誰も 愛せないのよ 髪を切っても 男にゃなれないし 月と私と ただふたり ねざめの宿に 散ってゆく ゆずり葉の音に 身をぬらすのよ  ゆずれない 恋なのに ゆずるわと 言ってしまった 他に代りのない 人だったのに もののはずみで そうなった 女の意地を あざわらう ゆずり葉の影が かなしいのよ  寄せ書きの 絵はがきに おめでとう 言ってあげない 汽車に乗っても どこにも行けないの 夜と私と ふたりきり 忘れることを 誓っても ゆずり葉の歌が 唄えないのよ島倉千代子星野哲郎弦哲也あのひとと 別れたら もう誰も 愛せないのよ 髪を切っても 男にゃなれないし 月と私と ただふたり ねざめの宿に 散ってゆく ゆずり葉の音に 身をぬらすのよ  ゆずれない 恋なのに ゆずるわと 言ってしまった 他に代りのない 人だったのに もののはずみで そうなった 女の意地を あざわらう ゆずり葉の影が かなしいのよ  寄せ書きの 絵はがきに おめでとう 言ってあげない 汽車に乗っても どこにも行けないの 夜と私と ふたりきり 忘れることを 誓っても ゆずり葉の歌が 唄えないのよ
湯の町エレジー伊豆の山々 月あわく 灯りにむせぶ 湯のけむり あゝ 初恋の 君をたずねて 今宵また ギター爪びく 旅の鳥  風のたよりに 聞く君は 温泉の町の 人の妻 あゝ 相見ても 晴れて語れぬ この思い せめて届けよ 流し唄  あわい湯の香も 路地裏も 君住む故に なつかしや あゝ 忘られぬ 夢を慕いて 散る涙 今宵ギターも むせびなく島倉千代子野村俊夫古賀政男佐伯亮伊豆の山々 月あわく 灯りにむせぶ 湯のけむり あゝ 初恋の 君をたずねて 今宵また ギター爪びく 旅の鳥  風のたよりに 聞く君は 温泉の町の 人の妻 あゝ 相見ても 晴れて語れぬ この思い せめて届けよ 流し唄  あわい湯の香も 路地裏も 君住む故に なつかしや あゝ 忘られぬ 夢を慕いて 散る涙 今宵ギターも むせびなく
夢おまもり子供のままで 大きくなった そんなあんたが 好きだから 隣で 夢のお手つだい 少し出来れば いいの  惚れたんやから 惚れたんやから 昨日なんか どこかへ飛んでゆけ 惚れたんやから 惚れたんやから あんたは 心の お守りだから  お酒を飲めば 涙もろくて なにも出来ない 人だから いつでも そばで見守って 少し叱ってあげる  泣かんときな 泣かんときな 涙なんか どこかへ飛んでゆけ 泣かんときな 泣かんときな あんたは 心の お守りだから  惚れたんやから 惚れたんやから 昨日なんか どこかへ飛んでゆけ 惚れたんやから 惚れたんやから あんたは 心の お守りだから  惚れたんやから 惚れたんやから あんたは 心の お守りだから島倉千代子荒木とよひさ浜圭介子供のままで 大きくなった そんなあんたが 好きだから 隣で 夢のお手つだい 少し出来れば いいの  惚れたんやから 惚れたんやから 昨日なんか どこかへ飛んでゆけ 惚れたんやから 惚れたんやから あんたは 心の お守りだから  お酒を飲めば 涙もろくて なにも出来ない 人だから いつでも そばで見守って 少し叱ってあげる  泣かんときな 泣かんときな 涙なんか どこかへ飛んでゆけ 泣かんときな 泣かんときな あんたは 心の お守りだから  惚れたんやから 惚れたんやから 昨日なんか どこかへ飛んでゆけ 惚れたんやから 惚れたんやから あんたは 心の お守りだから  惚れたんやから 惚れたんやから あんたは 心の お守りだから
夢飾りこの世に男が 住む限り 女は男の 夢飾り 夜に溺れて 夜に枯れ 堕ちてゆくのよ 蝶のよに 生きてるだけでも 辛いことなのに あなたの心が 解(わ)からないのよ 愛は 夢のようなもの 夢は 風のようなもの 恋は 悲しい 走馬燈 あなたは まぼろし  私は夜明けの 海が好き 優しい気持ちに なれるもの 憎いあなたを 憎まずに 波の彼方に やれるもの ゼンマイ仕掛の 踊り子みたいに 傷跡かさねる 女と男 窓の向こうに 朝が来る 愛は醒めて 水になる まわれ涙を 散りばめて あなたは まぼろし  生きてるだけでも 辛いことなのに あなたの心が 解(わ)からないのよ 愛は 夢のようなもの 夢は 風のようなもの 恋は 悲しい 走馬燈 あなたは まぼろし島倉千代子里村龍一浜圭介この世に男が 住む限り 女は男の 夢飾り 夜に溺れて 夜に枯れ 堕ちてゆくのよ 蝶のよに 生きてるだけでも 辛いことなのに あなたの心が 解(わ)からないのよ 愛は 夢のようなもの 夢は 風のようなもの 恋は 悲しい 走馬燈 あなたは まぼろし  私は夜明けの 海が好き 優しい気持ちに なれるもの 憎いあなたを 憎まずに 波の彼方に やれるもの ゼンマイ仕掛の 踊り子みたいに 傷跡かさねる 女と男 窓の向こうに 朝が来る 愛は醒めて 水になる まわれ涙を 散りばめて あなたは まぼろし  生きてるだけでも 辛いことなのに あなたの心が 解(わ)からないのよ 愛は 夢のようなもの 夢は 風のようなもの 恋は 悲しい 走馬燈 あなたは まぼろし
夢一夜素肌に片袖 通しただけで 色とりどりに 脱ぎ散らかした 床に広がる 絹の海 着ていく服が まだ決まらない 苛立たしさに 口唇かんで 私ほんのり 涙ぐむ あなたに会う日のときめきは 憧憬(あこがれ)よりも 苦しみめいて あゝ 夢一夜 一夜限りに 咲く花のよう 匂い立つ  恋するなんて 無駄な事だと 例えば人に 言ってはみても あなたの誘い 拒めない 最後の仕上げに 手鏡みれば 灯の下で 笑ったはずが 影を集める 泣きぼくろ あなたに会う日のときめきは 歓びよりも 切なさばかり あゝ 夢一夜 一夜限りと 言い聞かせては 紅をひく  あなたを愛した はかなさで 私はひとつ大人になった あゝ 夢一夜 一夜限りで 醒めてく夢に 身をまかす島倉千代子阿木燿子南こうせつ素肌に片袖 通しただけで 色とりどりに 脱ぎ散らかした 床に広がる 絹の海 着ていく服が まだ決まらない 苛立たしさに 口唇かんで 私ほんのり 涙ぐむ あなたに会う日のときめきは 憧憬(あこがれ)よりも 苦しみめいて あゝ 夢一夜 一夜限りに 咲く花のよう 匂い立つ  恋するなんて 無駄な事だと 例えば人に 言ってはみても あなたの誘い 拒めない 最後の仕上げに 手鏡みれば 灯の下で 笑ったはずが 影を集める 泣きぼくろ あなたに会う日のときめきは 歓びよりも 切なさばかり あゝ 夢一夜 一夜限りと 言い聞かせては 紅をひく  あなたを愛した はかなさで 私はひとつ大人になった あゝ 夢一夜 一夜限りで 醒めてく夢に 身をまかす
夢待人涙の中に隠れてる 泣き虫よ でておいで ひとりぼっちの夜だから まくらかかえたこのひざに 悲しい恋をしてるなら 泣き虫よ でておいで 話し相手もいないから 少しお酒につきあって 涙はしあわせの忘れ物 いつか誰かが言ってたけれど 夢でいいの あの人は 私の心の宝もの 夢でいいの あの人は この世で一番好きだから  鏡の中に隠れてる 泣き虫よ でておいで 今日は逢えない夜だから 紅をふきとるこの指に 胸がそんなに痛いなら 泣き虫よ でておいで そして 面影ゆらしてよ そして 私をなぐさめて 涙は想い出の忘れ物 いまも背中が恋しいけれど 夢でいいの あの人は 私の心に 住んでれば 夢でいいの あの人は この世で一番好きだから  夢でいいの あの人は 私の心の宝もの 夢でいいの あの人は この世で一番好きだから島倉千代子荒木とよひさ堀内孝雄涙の中に隠れてる 泣き虫よ でておいで ひとりぼっちの夜だから まくらかかえたこのひざに 悲しい恋をしてるなら 泣き虫よ でておいで 話し相手もいないから 少しお酒につきあって 涙はしあわせの忘れ物 いつか誰かが言ってたけれど 夢でいいの あの人は 私の心の宝もの 夢でいいの あの人は この世で一番好きだから  鏡の中に隠れてる 泣き虫よ でておいで 今日は逢えない夜だから 紅をふきとるこの指に 胸がそんなに痛いなら 泣き虫よ でておいで そして 面影ゆらしてよ そして 私をなぐさめて 涙は想い出の忘れ物 いまも背中が恋しいけれど 夢でいいの あの人は 私の心に 住んでれば 夢でいいの あの人は この世で一番好きだから  夢でいいの あの人は 私の心の宝もの 夢でいいの あの人は この世で一番好きだから
リンゴの唄赤いリンゴに 唇よせて だまって見ている 青い空 リンゴは何んにも 言わないけれど リンゴの気持は よく分かる リンゴ可愛いや 可愛いやリンゴ  あの子よい子だ 気立のよい子 リンゴによく似た 可愛いゝ子 誰方が言ったか うれしい噂 軽いクシャミも 飛んででる リンゴ可愛いや 可愛いやリンゴ  唄いましょうか リンゴの唄を 二人で唄えば なお楽し みんなで唄えば 尚なお楽し リンゴの気持を 伝えよか リンゴ可愛いや 可愛いやリンゴ島倉千代子サトウハチロー万城目正小川寛興赤いリンゴに 唇よせて だまって見ている 青い空 リンゴは何んにも 言わないけれど リンゴの気持は よく分かる リンゴ可愛いや 可愛いやリンゴ  あの子よい子だ 気立のよい子 リンゴによく似た 可愛いゝ子 誰方が言ったか うれしい噂 軽いクシャミも 飛んででる リンゴ可愛いや 可愛いやリンゴ  唄いましょうか リンゴの唄を 二人で唄えば なお楽し みんなで唄えば 尚なお楽し リンゴの気持を 伝えよか リンゴ可愛いや 可愛いやリンゴ
りんどう峠りんりんりんどうの 花咲くころサ 姉サは馬コで お嫁に行った りんりんりんどうは 濃むらさき 姉サの小袖も 濃むらさき濃むらさき ハイノ ハイノ ハイ  りんりんりんどうの 花咲く峠 姉サは馬コで あとふりかえる 姉サに行かれて なんとしよう いっしょに柴刈る ひとも無いひとも無い ハイノ ハイノ ハイ  りんりんりんどうは 小雨にぬれる わたしゃ別れの 涙でぬれる りんりん鳴るのは 馬の鈴 姉サは峠に 消えてゆく消えてゆく ハイノ ハイノ ハイ島倉千代子西条八十古賀政男りんりんりんどうの 花咲くころサ 姉サは馬コで お嫁に行った りんりんりんどうは 濃むらさき 姉サの小袖も 濃むらさき濃むらさき ハイノ ハイノ ハイ  りんりんりんどうの 花咲く峠 姉サは馬コで あとふりかえる 姉サに行かれて なんとしよう いっしょに柴刈る ひとも無いひとも無い ハイノ ハイノ ハイ  りんりんりんどうは 小雨にぬれる わたしゃ別れの 涙でぬれる りんりん鳴るのは 馬の鈴 姉サは峠に 消えてゆく消えてゆく ハイノ ハイノ ハイ
私って人の幸せが少し 羨ましい夜は ちょっぴり果実酒を飲みましょか それとも花でも 飾りましょうか… ほんとにほんとに ほんとに私って いくつになっても だめなのね 一人がいいわと 決めたのに こんな日は誰かに そばにいて欲しい  髪を何年かぶりで 栗色に染めたわ チラチラ鏡を のぞいては まだまだいけると 嬉しくなるの… ほんとにほんとに ほんとに女って いくつになっても うぬぼれや この肩抱き寄せ 耳もとで 似合うよと誰かに ささやいて欲しい  ひとり眠れないままに 夜空を見上げれば またたく星の 優しさに なぜだか急に 泣きたくなるの… ほんとにほんとに ほんとに私って いくつになっても 淋しがり 吐息に震える ため息を こんな日は誰かに 抱きしめて欲しい島倉千代子麻こよみ大谷明裕伊戸のりお人の幸せが少し 羨ましい夜は ちょっぴり果実酒を飲みましょか それとも花でも 飾りましょうか… ほんとにほんとに ほんとに私って いくつになっても だめなのね 一人がいいわと 決めたのに こんな日は誰かに そばにいて欲しい  髪を何年かぶりで 栗色に染めたわ チラチラ鏡を のぞいては まだまだいけると 嬉しくなるの… ほんとにほんとに ほんとに女って いくつになっても うぬぼれや この肩抱き寄せ 耳もとで 似合うよと誰かに ささやいて欲しい  ひとり眠れないままに 夜空を見上げれば またたく星の 優しさに なぜだか急に 泣きたくなるの… ほんとにほんとに ほんとに私って いくつになっても 淋しがり 吐息に震える ため息を こんな日は誰かに 抱きしめて欲しい
私の小さな幸せの花心の庭に咲いている 私の小さな幸せの花  あの日の母の歳を越え 今でも道には迷うけど  いつもあなたが胸(ここ)にいて そっと支えてくれている  誰も知らない花でいい まあるい笑顔でいればいい 私の小さな幸せの花  働き者の手をしていた 硬くて荒れてる そんな手だった  自分のことは後まわし 誰より私を想っていた  過ぎてからしか気づかない 大事なことは いつだって  無いものねだりをするよりも あるもの数えて行(ゆ)けばいい あなたが私に教えてくれた  誰も知らない花でいい まあるい笑顔でいればいい 私の小さな幸せの花 あなたと咲かせた幸せの花島倉千代子友利歩未杉村俊博杉村俊博心の庭に咲いている 私の小さな幸せの花  あの日の母の歳を越え 今でも道には迷うけど  いつもあなたが胸(ここ)にいて そっと支えてくれている  誰も知らない花でいい まあるい笑顔でいればいい 私の小さな幸せの花  働き者の手をしていた 硬くて荒れてる そんな手だった  自分のことは後まわし 誰より私を想っていた  過ぎてからしか気づかない 大事なことは いつだって  無いものねだりをするよりも あるもの数えて行(ゆ)けばいい あなたが私に教えてくれた  誰も知らない花でいい まあるい笑顔でいればいい 私の小さな幸せの花 あなたと咲かせた幸せの花
全1ページ中 1ページを表示

リアルタイムランキング

  1. Subtitle
  2. Father
  3. 新春らびゅっと!
  4. KICK BACK
  5. グランドエスケープ feat. 三浦透子

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照

注目度ランキング

  1. 希望のチューしよっ
  2. Accelerate
  3. Deep down
  4. Blue Moon
  5. 霹靂

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照