試聴する

浅草メロドラマ

この曲の表示回数 10,492
歌手:

島倉千代子


作詞:

吉田旺


作曲:

浜圭介


とめる母の手 振り切って
彼の下駄ばきアパートへ
泣いてころがり込んだのは
ほおずき市の夜だった
風も通らぬ四畳半 恐いもの無かったよ
今に想えば十八歳(じゅうはち)の
あれは浅草メロドラマ

着のみ着のまま 貧しさに
笑うことさえ 忘れはて
ふたり死のうとしたけれど
ひとり私は残された
暗くよどんだ隅田川 涙さえ出なかった
めぐりあわせかあの晩も ほおずき市が近かった

そして季節は 又めぐり
ほおずき市の浅草で
つくり笑顔に口紅をさし
今日も私は生きている
帰りたいけど両親はふるさとの石の下
イヤだごめんネ ついぐちに外は祭りの人の波
イヤだごめんネ ついぐちに外は祭りの人の波
icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:浅草メロドラマ 歌手:島倉千代子

島倉千代子の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1997-11-21
商品番号:COCA-14603
日本コロムビア

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP