試聴する

影を慕いて

この曲の表示回数 7,013
歌手:

島倉千代子


作詞:

古賀政男


作曲:

古賀政男


まぼろしの 影を慕いて雨に日に
月にやるせぬ 我が想い
つゝめば燃ゆる 胸の火に
身は焦れつゝ
しのびなく……

わびしさよ せめて痛みのなぐさめに
ギターをとりて 爪弾けば
どこまで時雨 ゆく秋ぞ
振音(トレモロ)寂し
身は悲し……

君故に 永き人世を霜枯れて
永遠(とわ)に春見ぬ わが運命
永ろうべきか 空蝉(うつせみ)の
儚き影よ
わが恋よ……
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:影を慕いて 歌手:島倉千代子

島倉千代子の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2004-05-19
商品番号:COCP-32701
日本コロムビア

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP