ゆずり葉の宿

島倉千代子

ゆずり葉の宿

作詞:星野哲郎
作曲:弦哲也
発売日:1996/02/21
この曲の表示回数:14,587回

ゆずり葉の宿
あのひとと 別れたら
もう誰も 愛せないのよ
髪を切っても 男にゃなれないし
月と私と ただふたり
ねざめの宿に 散ってゆく
ゆずり葉の音に 身をぬらすのよ

ゆずれない 恋なのに
ゆずるわと 言ってしまった
他に代りのない 人だったのに
もののはずみで そうなった
女の意地を あざわらう
ゆずり葉の影が かなしいのよ

寄せ書きの 絵はがきに
おめでとう 言ってあげない
汽車に乗っても どこにも行けないの
夜と私と ふたりきり
忘れることを 誓っても
ゆずり葉の歌が 唄えないのよ

コトバのキモチ 投稿フォーム

ココでは、アナタのお気に入りの歌詞のフレーズを募集しています。
下記の投稿フォームに必要事項を記入の上、アナタの「熱い想い」を添えてドシドシ送って下さい。

推薦者:アナタのお名前(ペンネーム可)
性別:
 
年齢:
 歳
投稿フレーズ:
曲名:
歌手名:
コメント:
歌ネットに一言あれば:

※歌詞間違いのご指摘、歌ネットへのご要望、
その他返信希望のお問い合わせなどは
コチラからどうぞ。→ 問い合わせフォーム

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません