試聴する

愛国の花

この曲の表示回数 3,055
歌手:

島倉千代子


作詞:

福田正夫


作曲:

古関裕而


ましろき富士の けだかさを
こころのつよい 楯として
御国につくす女等は
かがやく御代の山ざくら
地に咲き匂う国の花

老いたる若きもろともに
国難しのぐ冬の梅
かよわい力よくあわせ
銃後にはげむ凛々しさは
ゆかしく匂う国の花

勇士のあとを雄々しくも
家をば子をば守りゆく
やさしい母やまた妻は
まごころ燃ゆる紅椿
うれしく匂う国の花

御稜威のしるし菊の花
ゆたかに香る日の本の
女といえど生命がけ
こぞりて咲いて美しく
光りて匂う国の花
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:愛国の花 歌手:島倉千代子

島倉千代子の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1993-10-01
商品番号:COCA-11177
日本コロムビア

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP