試聴する

すみだ川

この曲の表示回数 37,561

銀杏がえしに黒じゅすかけて
泣いて別れたすみだ川
思い出します観音さまの
秋の日ぐれの鐘の声

「ああ そうだったわねぇ
あなたが二十 あたしが十七の時よ
いつも清元のお稽古から帰ってくると
あなたは竹屋の渡し場で待って居てくれたわねぇ
そうして 二人の姿が水に映るのをながめながら
ニッコリ笑ってさみしく別れた
ほんとにはかない恋だったわね」

娘ごころの仲見世あるく
春を待つ夜の歳の市
更けりゃ泣けます今戸の空に
幼な馴染のお月様

「あれから あたしが芸者に出たものだから
あなたはあってくれないし
いつも観音様へお詣りするたびに
廻り道して懐かしい隅田のほとりを 歩きながら
ひとりで泣いてたの でも もう泣きますまい
恋しい恋しいと思っていた初恋のあなたに
あえたんですもの
今年はきっときっと嬉しい春を迎えますわ」

都鳥さえ一羽じゃ飛ばぬ
むかし恋しい水の面
あえばとけます涙の胸に
河岸の柳も春の雪
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:すみだ川 歌手:島倉千代子

島倉千代子の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2009-02-18
商品番号:COCP-35413
日本コロムビア

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP