銀の舟

この曲の表示回数 4,019

素肌に残る 昨夜の波が
見知らぬ海へと 二人をさらう
誰が漕ぐのか 銀の舟
愛のしぶきが 月夜を濡らす
どうぞこのまま このままもっと
せつない吐息が 涸れるまで……
はかなく哀しい この命
まだ半分も 生きてない

あなたとならば 異国へ行ける
ときめく私を しっかり抱いて
まるで木の葉ね 銀の舟
命懸けさと 言われて泣いた
どうぞこのまま このままもっと
きれいな涙よ 涸れないで……
移ろい流れる この命
まだ半分も 生きてない

どうぞこのまま このままもっと
せつない吐息が 涸れるまで……
はかなく哀しい この命
まだ半分も 生きてない
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:銀の舟 歌手:島倉千代子

島倉千代子の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1995-12-29
商品番号:COCA-13008
日本コロムビア

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP