愛ひとひら

この曲の表示回数 5,313

しまい忘れた 風鈴が
秋の夜風に 泣いてます
あなたは 夏のせいにして
想い出だけを 置いてゆく
もう何も言わないで
わたし以外の 女のために
夢に咲いて 咲いては散る さだめなら
時をこえて 生まれ変わり いつの日か
あなたの胸で咲かせて 離さないで

沈む夕日に せかされて
人は家路を 急ぐけど
わたしのもとへ 訪れる
あの足音は 聞こえない
ひと夏の まぼろしに
笑い方さえ 奪われたまま
めぐり逢いの いたずらよと 恨みつつ
赤い絆 たぐり寄せて もう一度
あなたの胸で散らせて 眠らせて

夢に咲いて 咲いては散る さだめなら
時をこえて 生まれ変わり いつの日か
あなたの胸で咲かせて 離さないで
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:愛ひとひら 歌手:島倉千代子

島倉千代子の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1995-03-21
商品番号:COCA-12419
日本コロムビア

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP