歌詞を

ヘルプ

野村俊夫作詞の歌詞一覧リスト

60 曲中 1-60 曲を表示
2019年7月19日(金)更新
並び順:
全1ページ中 1ページを表示
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 歌い出し
東京だョおっ母さん朝花美穂野村俊夫船村徹久し振りに手を引いて
東京だョおっ母さん岩本公水野村俊夫船村徹おっ母さんねえおっ母さん
湯の町エレジー市川由紀乃野村俊夫古賀政男伊豆の山々月あわく
東京だよおっ母さん市川由紀乃野村俊夫船村徹久しぶりに手をひいて親子で
ハバロフスク小唄鶴田浩二野村俊夫島田逸平ハバロフスクラララ
あゝ紅の血は燃ゆる鶴田浩二野村俊夫明本京静花も蕾の若桜五尺の生命
東京だョおっ母さん(セリフ入り)石原詢子野村俊夫船村徹おっ母さんねえおっ母さん
東京だよおっ母さん竹村こずえ野村俊夫船村徹久しぶりに手を引いて親子で
エノケンの南京ぶし榎本健一野村俊夫渋谷白涙命捧げて居りながら
東京だョおっ母さんはやぶさ野村俊夫船村徹久しぶりに手を引いて親子で
湯の町エレジー細川たかし野村俊夫古賀政男伊豆の山々月あわく灯りに
湯の町エレジー清水博正野村俊夫古賀政男伊豆の山々月あわく灯りに
東京無情織井茂子野村俊夫船村徹花の都に憧れて尋ね来た
波止場小僧美空ひばり野村俊夫船村徹岬がくれに汽笛がひゞく
鐘つき小僧三宅広一野村俊夫船村徹鐘をついたら泣けて来た
逢いに来ましたお父さん三宅広一野村俊夫船村徹母さん作った日の丸弁当
音信はないか小野巡野村俊夫能代八郎月の露営に雁が鳴く
恋のそよ風藤山一郎野村俊夫レイモンド服部春の日の風夏の夜風秋には
可愛いソニヤ藤山一郎野村俊夫佐渡暁夫月にむせぶか流浪になくか
嘆きのピエロ藤山一郎野村俊夫レイモンド服部流れ流れて他国の月に
想い出の旅情藤山一郎野村俊夫山下五郎汽車は出て行く夜空の果てに
東京だョおっ母さん清水博正野村俊夫船村徹久し振りに手を引いて親子で
海女の慕情前田通子野村俊夫服部レイモンド潮の香りがしむように
東京だよおっ母さん大江裕野村俊夫船村徹久しぶりに手をひいて親子で
湯の町エレジー三山ひろし野村俊夫古賀政男伊豆の山々月あわく灯りに
慕情の街神戸一郎野村俊夫古賀政男暗い夜道さ果ない道さどこに
どうせひろった恋だもの氷川きよし野村俊夫船村徹矢っ張りあンたもおんなじ男
東京だョおっ母さん島倉千代子野村俊夫船村徹久しぶりに手を引いて親子で
湯の町エレジー氷川きよし野村俊夫古賀政男伊豆の山々月あわく灯りに
湯の町エレジー天童よしみ野村俊夫古賀政男伊豆の山々月あわく灯りに
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 歌い出し
女を忘れろ小林旭野村俊夫船村徹ダイス転がせドラムを叩け
東京だョおっ母さん(セリフ入り)島倉千代子野村俊夫船村徹おっ母さんねえおっ母さん
東京だヨおっ母さん氷川きよし野村俊夫船村徹久しぶりに手をひいて親子で
暁に祈る美空ひばり野村俊夫古関裕而あああの顔であの声で手柄
裏町パラダイス美空ひばり野村俊夫平川英夫君はやさしい愛の太陽
どうせ拾った恋だものちあきなおみ野村俊夫船村徹矢ッ張りあンたもおんなじ男
涙にぬれた窓ちあきなおみ野村俊夫船村徹雨のしずくを手に受けて
元気でね、左様なら青木光一野村俊夫三界稔あの娘は波止場で涙顔
湯の町エレジー島倉千代子野村俊夫古賀政男伊豆の山々月あわく灯りに
湯の町エレジー大川栄策野村俊夫古賀政男伊豆の山山月あわく灯りに
港の恋唄大川栄策野村俊夫古賀政男港日暮れてそぼ降る雨に
湯の町エレジー松原のぶえ野村俊夫古賀政男伊豆の山々月あわく
湯の町エレジー五木ひろし野村俊夫古賀政男伊豆の山々月あわく灯りに
雨だれぽったん北島三郎野村俊夫船村徹雨だれぽったん見ていると
楽しい夢藤山一郎、安西愛子野村俊夫明本京静ああしてこうして
怒濤の男美空ひばり野村俊夫古賀政男男一途にやるぞときめて
八百屋お七美空ひばり野村俊夫万城目正月を見てさえ吉さま恋し
浪花の女村田英雄野村俊夫船村徹惚れた弱味じゃないけれど
燃える瞳高峰三枝子野村俊夫万城目正貴方なしではさみしくて
見ないで頂戴お月様神楽坂はん子野村俊夫古賀政男あなた来るかと待ちわびる
雨の田原坂神楽坂はん子野村俊夫古賀政男雨は降る降る人馬は濡れる
みんな私が悪いのよ神楽坂はん子野村俊夫古賀政男お顔みるのも今日かぎり
シベリヤ・エレジー伊藤久男野村俊夫古賀政男赤い夕陽が野末に燃える
湖畔のギター霧島昇野村俊夫古賀政男山の湖畔の夕月に
港の恋唄鶴田六郎野村俊夫古賀政男港日暮れてそぼ降る雨に
湯の町エレジー近江俊郎野村俊夫古賀政男伊豆の山々月あわく灯りに
どうせ拾った恋だもの初代コロムビア・ローズ野村俊夫船村徹矢っ張りあンたもおんなじ男
暁に祈る伊藤久男野村俊夫古関裕而あああの顔であの声で
湯の町エレジー美空ひばり野村俊夫古賀政男伊豆の山々月あわく灯りに
福島県伊達市立松陽中学校校歌「若き誓い」校歌野村俊夫古関裕而仰ぎ見る霊山の峰をもはるか