米山正夫作曲の歌詞一覧リスト  177曲中 1-177曲を表示

全1ページ中 1ページを表示
177曲中 1-177曲を表示
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
花はおそかった一条貫太一条貫太星野哲郎米山正夫米山正夫こんな悲しい窓の中を雲は知らないんだ どんなに空が晴れたって それが何になるんだ 大嫌いだ 白い雲なんて!  かおるちゃん おそくなって ごめんね かおるちゃん おそくなって ごめんね 花をさがしていたんだよ 君が好きだった クロッカスの花を 僕はさがしていたんだよ かおるちゃん おそくなって ごめんね かおるちゃん おそくなって ごめんね 君の好きな 花は 花は 花はおそかった  かおるちゃん 君の白い その手に かおるちゃん 君の白い その手に 花を抱かせて あげようね 君と夢にみた クロッカスの想い出 花を抱かせて あげようね かおるちゃん おそくなって ごめんね かおるちゃん おそくなって ごめんね 君の好きな 花は 花は 花はおそかった  信じるもんか! 君がもういないなんて… 僕の命を返してくれ 返してくれよ!  君の好きな 花は 花は 花はおそかった バカヤロー
リンゴ追分吉幾三吉幾三小沢不二夫米山正夫野村豊リンゴの花びらが 風に散ったよな 月夜に 月夜にそっと えーーー 津軽娘は 泣いたとさ つらい別れを 泣いたとさ リンゴの花びらが 風に散ったよな あーーー  お岩木山のてっぺんを 綿みてえな白い雲が ポッカリポッカリ流れてゆき 桃の花が咲き、桜が咲き、 そっから早咲きのリンゴの花ッコが咲く頃は おらだちの一番たのしい季節だなやー だどもじっぱり無情の雨コさ降って 白い花びらを散らす頃 おら あの頃東京さで死んだ お母ちゃんのことを思い出して おら おら……  津軽娘は 泣いたとさ つらい別れを 泣いたとさ リンゴの花びらが 風に散ったよな あーーー
ひとりぽっちの村祭り伊藤かずえ伊藤かずえ能勢英男米山正夫小杉仁三エー 笛の音が 村の祭りの 笛の音が 風の吹くたび 聞こえます 姉さんお嫁に 行ったから ひとりぼっちに なりました エー なりました エー さみしい 日暮れです  エー さそわれて 祭りばやしに さそわれて いつも仲良く 姉さんと 明神様は 村はずれ 芒さやさや そよぐ道 エー そよぐ道 エー ふたりで行きました  エー しあわせに どうぞ姉さん しあわせに 何処にどうして いるのやら 空にゃほんのり お月様 遠い笛の音 聞くたびに エー 聞くたびに エー あの日を 思い出す
白夜栗原小巻栗原小巻能勢英男米山正夫小杉仁三白夜だから 見えるでしょう 私の涙が 白夜だから わかるでしょう わたしの悲しみが 異国の街で 異国の人と ふとふれ合った 心と心 ふと結ばれた 人と人  水に映った寺院が かすかにゆれている 楽しそうな あの人たち 夏の宮殿に向かってるのかしら もう…何も考えてはいけない つめたいレンガの道を どこまでも どこまでも 歩く私  ふとふれ合った 心と心 ふと結ばれた 人と人  愛し合った ぬくもりさえ むなしい事と 過ぎた日々の 思い出さえ かえらぬ月日と 白夜の街よ 白夜の人よ ふとふれ合った 心と心 ふと結ばれた 人と人
夕陽にバイバイ水沢有美水沢有美たかたかし米山正夫重松岩雄夢の風船 消えちゃった 青いお空に 消えちゃった 夕陽にバイバイ 夕陽にバイバイ 風にゆらゆら ゆれながら いつか遠くへ 行っちゃった 夢の風船 消えちゃった 夕陽にバイバイ  君のエクボが 可愛いと 言ったあの人 行っちゃった 夕陽にバイバイ 夕陽にバイバイ 好きと言えずに 涙ぐむ あたし残して 行っちゃった どこか遠くへ 消えちゃった 夕陽にバイバイ  夢をなくして 泣いちゃった 夕陽に背を向け 泣いちゃった 夕陽にバイバイ 夕陽にバイバイ 銀の指輪を 胸に抱き 涙キラキラ 泣いちゃった 夢をなくして 泣いちゃった 夕陽にバイバイ  銀の指輪を 胸に抱き 涙キラキラ 泣いちゃった 夢をなくして 泣いちゃった 夕陽にバイバイ 夕陽にバイバイ 夕陽にバイバイ
三百六十五歩のマーチT字路sT字路s星野哲郎米山正夫しあわせは 歩いてこない だから歩いて ゆくんだね 一日一歩 三日で三歩 三歩進んで 二歩下がる 人生は ワン・ツー・パンチ 汗かき べそかき 歩こうよ あなたのつけた 足あとにゃ きれいな花が 咲くでしょう  腕を振って 足をあげて ワン・ツー ワン・ツー 休まないで 歩け ソレ ワン・ツー ワン・ツー ワン・ツー ワン・ツー  しあわせの扉はせまい だからしゃがんで 通るのね 百日百歩 千日千歩 ままになる日も ならぬ日も 人生は ワン・ツー・パンチ あしたのあしたは またあした あなたはいつも 新しい 希望の虹を だいている  腕を振って 足をあげて ワン・ツー ワン・ツー 休まないで 歩け ソレ ワン・ツー ワン・ツー ワン・ツー ワン・ツー  しあわせの 隣にいても わからない日も あるんだね 一年三百六十五日 一歩違いで にがしても 人生は ワン・ツー・パンチ 歩を止めずに 夢みよう 千里の道を 一歩から はじまることを 信じよう  腕を振って 足をあげて ワン・ツー ワン・ツー 休まないで 歩け ソレ ワン・ツー ワン・ツー ワン・ツー ワン・ツー
三百六十五歩のマーチオメでたい頭でなによりオメでたい頭でなにより星野哲郎米山正夫しあわせは 歩いてこない だから歩いて ゆくんだね 一日一歩 三日で三歩 三歩進んで 二歩さがる 人生は ワン・ツー・パンチ 汗かき べそかき 歩こうよ あなたのつけた 足あとにゃ きれいな花が 咲くでしょう  腕を振って 足をあげて ワン・ツー ワン・ツー 休まないで 歩け ソレ ワン・ツー ワン・ツー ワン・ツー ワン・ツー  しあわせの 扉はせまい だからしゃがんで 通るのね 百日百歩 千日千歩 ままになる日も ならぬ日も 人生は ワン・ツー・パンチ あしたのあしたは またあした あなたはいつも 新しい 希望の虹を だいている  腕を振って 足をあげて ワン・ツー ワン・ツー 休まないで 歩け ソレ ワン・ツー ワン・ツー ワン・ツー ワン・ツー  しあわせの 隣りにいても わからない日も あるんだね 一年三百六十五日 一歩違いで にがしても 人生は ワン・ツー・パンチ 歩みを止めずに 夢みよう 千里の道も 一歩から はじまることを 信じよう  腕を振って 足をあげて ワン・ツー ワン・ツー 休まないで 歩け ソレ ワン・ツー ワン・ツー ワン・ツー ワン・ツー
津軽のふるさと アコースティックバージョン谷龍介谷龍介米山正夫米山正夫りんごのふるさとは 北国の果て うらうらと 山肌に 抱(いだ)かれて 夢を見た あの頃の想い出 ああ 今いずこに りんごのふるさとは 北国の果て  りんごのふるさとは 雪国の果て 晴れた日は晴れた日は 船がゆく日本海 海の色は碧く ああ 夢は遠く りんごのふるさとは 雪国の果て  ああ 津軽の海よ山よ いつの日もなつかし 津軽のふるさとよ
関東春雨傘三山ひろし三山ひろし米山正夫米山正夫伊戸のりお関東一円 雨降るときは さして行こうよ 蛇の目傘 どうせこっちは ぶん流し エー エー…… エー抜けるもんなら 抜いてみな 斬れるもんなら 斬ってみな さあ さあ さあ さあ さあ さあ あとにゃ引かない 女伊達(だて)  花が散ります 桜の花が 太く短い 命なら 派手に行こうよ この啖呵 エー エー…… エー抜けるもんなら 抜いてみな 斬れるもんなら 斬ってみな さあ さあ さあ さあ さあ さあ こわいものなし 女伊達  女だてらに 朱鞘(しゅざや)を差して 罪でござんす ご時世が やくざ渡世(とせい)の 身の辛さ エー エー…… エー抜けるもんなら 抜いてみな 斬れるもんなら 斬ってみな さあ さあ さあ さあ さあ さあ 恋も知らない 女伊達
津軽のふるさと林部智史林部智史米山正夫米山正夫りんごのふるさとは 北国の果て うらうらと 山肌に 抱かれて 夢を見た あの頃の想い出 ああ 今いずこに りんごのふるさとは 北国の果て  りんごのふるさとは 雪国の果て 晴れた日は 晴れた日は 船がゆく 日本海 海の色は 碧く ああ 夢は遠く りんごのふるさとは 雪国の果て  ああ 津軽の海よ山よ いつの日もなつかし 津軽のふるさと
関東春雨傘福田こうへい福田こうへい米山正夫米山正夫高田弘関東一円 雨降るときは さして行(い)こうよ 蛇の目傘(かさ) どうせこっちは ぶん流し エー エー… エー 抜けるもんなら 抜いてみな 斬(き)れるもんなら 斬ってみな さあ さあ さあさあさあさあ あとにゃ引かない 女伊達(だて)  花が散(ち)ります 桜の花が 太く短い 命なら 派手に行こうよ この啖呵(たんか) エー エー… エー 抜けるもんなら 抜いてみな 斬れるもんなら 斬ってみな さあ さあ さあさあさあさあ こわいものなし 女伊達  女だてらに朱鞘(しゅざや)を差して 罪でござんす ご時世(じせい)が やくざ渡世(とせい)の 身の辛(つら)さ エー エー… エー 抜けるもんなら 抜いてみな 斬れるもんなら 斬ってみな さあ さあ さあさあさあさあ 恋も知らない 女伊達
リンゴ追分マルシアマルシア小沢不二夫米山正夫北原雅彦・Marcia Bandリンゴの花びらが 風に散ったよな 月夜に月夜に そっと えーーー つがる娘は ないたとさ つらい別れを ないたとさ  リンゴの花びらが 風に散ったよな 月夜に月夜に そっと えーーー つがる娘は ないたとさ つらい別れを ないたとさ リンゴの花びらが 風に散ったよなー あーーー
お嬢さんとこいさんNICO Touches the WallsNICO Touches the Walls米山正夫米山正夫NICO Touches the Wallsわたしは東京 わたしは大阪 東京はお嬢さん 大阪はこいさん だけど二人はいつも 同じこゝろで暮す 思いがけない時に 彼に逢えば 「いややわ うち どないしょう」 「あらいやだ どうしましょう」 たとえ言葉は ちがっても 若い娘のこゝろは 一つ  銀座の並木 並木は御堂筋 東京タワーよ 大阪城よ だけど二人はいつも 同じこゝろで暮す 彼がにっこり笑い お茶に誘えば 「おおきに ほな よばれるわ」 「有難う じゃ 頂くわ」 たとえ言葉は ちがっても 若い娘のこゝろは 一つ  かぼちゃんはなんきん お汁粉はぜんざい がりがり亡者は がめつい奴よ だけど二人はいつも 同じこゝろで暮す 彼が見て見ぬ振りで 通り過ぎたら 「好かんわ なんやねん けったいな」 「嫌いよ なにさ やな感じ」 たとえ言葉は ちがっても 若い娘のこゝろは 一つ
リンゴ追分岩本公水岩本公水小沢不二夫米山正夫リンゴの花びらが 風に散ったよな 月夜に 月夜に そっと えええ… つがる娘は ないたとさ つらい別れを ないたとさ リンゴの花びらが 風に散ったよな ああああ…  お岩木山のてっぺんを 綿みてえな白い雲が ポッカリポッカリながれてゆき 桃の花が咲き、桜が咲き  そいから早咲きのリンゴの花ッコが咲く頃は おら達の一番たのしい季節だなやー だどもじっぱり無情の雨っこさ降って 白え花びらを散らすころ おらあのころ東京さで死んだ お母ちゃんのこと思い出して… おら… おら…  つがる娘は ないたとさ つらい別れを ないたとさ リンゴの花びらが 風に散ったよな ああああ… ああああ…
リンゴ追分ポセイドン・石川ポセイドン・石川小沢不二夫米山正夫ポ組・ポセイドン・石川リンゴの花びらが 風に散ったよな 月夜に月夜に そっと えーーー つがる娘は ないたとさ つらい別れを ないたとさ リンゴの花びらが 風に散ったよなー ああーーー  お岩木山のてっぺんを綿みてえな白い雲が ポッカリポッカリながれていて、桃の花が 咲きさくらが咲きそいから早咲きの、リンゴの 花ッコが咲くころはおらだちのいちばんたのしい 季節だなやー。だどもじっぱり無情の雨こさ ふって白い花びら散らすころ、おら、あのころ 東京さで死んだお母ちゃんのこと思い出して、 おらーーー、おらーーー  つがる娘は 泣いたとさ つらい別れを 泣いたとさ リンゴの花びらが 風に散ったよなー ああーーー
岬にて水前寺清子水前寺清子有馬三恵子米山正夫小杉仁三岬のはずれ 立たずめば 菜の花色の 春霞 ふるさとに似た 海沿の 陽射しにさえも 心はゆれる 恋に恋した日の 想い出よ  幼い頃の あどけなさ かえってみたい もう一度 人恋しさに ふり向けば やさしく咲いた 浜昼顔に ちぎれそうに 風が吹いていく  消しては書いた 砂文字に 明日のことを 夢にみる しあわせな日も つらい日も いつでもここへ 訪ねてきたい そっとひとり 誓う春の海
海の恋唄水前寺清子水前寺清子有馬三恵子米山正夫小杉仁三ひたすら海を 眺めては はるかな人生(たび)を 夢に見る ふしあわせとも 言えなくて しあわせとは なお言えなくて  波打ち際で ひとりきり あの頃何を 待ったのか 海ねこさわぐ 日暮れ時 もえてた心を 思い出す  丈なす髪も 重たげな 十四才の頃は 今どこに 秘めごとに似た 初恋の 約束ごとさえ まぼろしか
関東春雨傘水雲-MIZMO-水雲-MIZMO-米山正夫米山正夫周防泰臣関東一円 雨降るときは さして行こうよ 蛇の目傘 どうせこっちは ぶん流し エー エー… エー抜けるもんなら 抜いてみな 斬れるもんなら 斬ってみな さあ さあ さあさあさあさあ あとにゃ引かない 女伊達(だて)  花が散ります 桜の花が 太く短い 命なら 派手に行こうよ この啖呵(たんか) エー エー… エー抜けるもんなら 抜いてみな 斬れるもんなら 斬ってみな さあ さあ さあさあさあさあ こわいものなし 女伊達  女だてらに 朱鞘(しゅざや)を差して 罪でござんす ご時世が やくざ渡世(とせい)の 身の辛さ エー エー… エー抜けるもんなら 抜いてみな 斬れるもんなら 斬ってみな さあ さあ さあさあさあさあ 恋も知らない 女伊達
リンゴ追分神野美伽 with Janis Siegel(The Manhattan Transfer)+大江千里神野美伽 with Janis Siegel(The Manhattan Transfer)+大江千里小沢不二夫米山正夫大江千里リンゴの花びらが 風に散ったよな 月夜に 月夜に そっと えええ… つがる娘は ないたとさ つらい別れを ないたとさ リンゴの花びらが 風に散ったよな あああ…  つがる娘は ないたとさ つらい別れを ないたとさ リンゴの花びらが 風に散ったよな あああ…
花笠道中氷川きよし氷川きよし米山正夫米山正夫丸山雅仁これこれ 石の地蔵さん 西へ行くのは こっちかえ だまって居ては 判らない ぽっかり浮かんだ 白い雲 何やらさみしい 旅の空 いとし殿御の こころの中(うち)は 雲におききと 言うのかえ  もしもし野田の 案山子さん 西へ行くのは こっちかえ だまって居ては 判らない 蓮華たんぽぽ 花盛り 何やら悲しい 旅の空 いとし殿御の こころの中(うち)は 風におききと 言うのかえ  さてさて 旅は遠いもの 田舎の道は つづくもの そこでしばらく 立止まる 流れて消える 白い雲 やがて蓮華も 散るだろう いとし殿御と 花笠道中 せめて寄り添う 道の端
お座敷ロック五月みどり五月みどり関沢新一米山正夫米山正夫一目惚れした お座敷で 窓のネオンも 赤い顔 酒に強いは 生れつき 酔えば男にゃ 弱いのよ 三味線なんかなにさ 三味線なんか ひけなくたって まことがありゃ それでいいんでしょ  好きで逢う夜も 笑い顔 いやな客にも 笑い顔 芸者ぐらしよ ゆるしてね えくぼ見せるは 貴方だけ 小唄なんかなにさ 小唄なんか 野暮天だって まことがありゃ それでいいんでしょ  風にやなぎが よろめいた いつか心も ちどり足 乙にイカせる 三味の音は 誰に聞かせる 謎かしら 踊りなんかなにさ 踊りなんか 変てこだって まことがありゃ それでいいんでしょ
三百六十五歩のマーチ .365 Steps, Girls Represent 2017アキシブproject、カプ式会社ハイパーモチベーション、絶対直球女子!プレイボールズ、FES☆TIVE、愛乙女☆DOLLアキシブproject、カプ式会社ハイパーモチベーション、絶対直球女子!プレイボールズ、FES☆TIVE、愛乙女☆DOLL星野哲郎米山正夫ソレ ワン・ツー ワン・ツー.........  しあわせは 歩いてこない だから歩いて ゆくんだね 一日一歩 三日で三歩 三歩進んで 二歩さがる 人生は ワン・ツー・パンチ 汗かき べそかき 歩こうよ あなたのつけた 足あとにゃ きれいな花が 咲くでしょう 腕を振って 足をあげて ワン・ツー ワン・ツー 休まないで 歩け  しあわせの 扉はせまい だからしゃがんで 通るのね 百日百歩 千日千歩 ままになる日も ならぬ日も 人生は ワン・ツー・パンチ あしたのあしたは またあした あなたはいつも 新しい 希望の虹を だいている 腕を振って 足をあげて ワン・ツー ワン・ツー 休まないで 歩け  しあわせの 隣りにいても わからない日も あるんだね 一年 三百六十五日 一歩違いで にがしても 人生は ワン・ツー・パンチ 歩みを止めずに 夢みよう 千里の道も 一歩から はじまることを 信じよう 腕を振って 足をあげて ワン・ツー ワン・ツー 休まないで 歩け 休まないで 歩け 休まないで 歩け ソレ ワン・ツー ワン・ツー.........
三百六十五歩のマーチ .365 Steps, Chita 2017水前寺清子水前寺清子星野哲郎米山正夫ワン・ツー ワン・ツー......... ソレ ワン・ツー ワン・ツー.........  しあわせは 歩いてこない だから歩いて ゆくんだね 一日一歩 三日で三歩 三歩進んで 二歩さがる 人生は ワン・ツー・パンチ 汗かき べそかき 歩こうよ あなたのつけた 足あとにゃ きれいな花が 咲くでしょう 腕を振って 足をあげて ワン・ツー ワン・ツー 休まないで 歩け ソレ ワン・ツー ワン・ツー ワン・ツー ワン・ツー  しあわせの 扉はせまい だからしゃがんで 通るのね 百日百歩 千日千歩 ままになる日も ならぬ日も 人生は ワン・ツー・パンチ あしたのあしたは またあした あなたはいつも 新しい 希望の虹を だいている 腕を振って 足をあげて ワン・ツー ワン・ツー 休まないで 歩け ソレ ワン・ツー ワン・ツー ワン・ツー ワン・ツー  しあわせの 隣りにいても わからない日も あるんだね 一年 三百六十五日 一歩違いで にがしても 人生は ワン・ツー・パンチ 歩みを止めずに 夢みよう 千里の道も 一歩から はじまることを 信じよう 腕を振って 足をあげて ワン・ツー ワン・ツー 休まないで 歩け ソレ ワン・ツー ワン・ツー ワン・ツー ワン・ツー 
三百六十五歩のマーチ .365 Steps, All Cast 2017水前寺清子、TEE、アキシブproject、カプ式会社ハイパーモチベーション、絶対直球女子!プレイボールズ、FES☆TIVE、愛乙女☆DOLL水前寺清子、TEE、アキシブproject、カプ式会社ハイパーモチベーション、絶対直球女子!プレイボールズ、FES☆TIVE、愛乙女☆DOLL星野哲郎・ラップ詞:TEE米山正夫ソレ ワン・ツー ワン・ツー.........  しあわせは 歩いてこない だから歩いて ゆくんだね 一日一歩 三日で三歩 三歩進んで 二歩さがる 人生は ワン・ツー・パンチ 汗かき べそかき 歩こうよ あなたのつけた 足あとにゃ きれいな花が 咲くでしょう 腕を振って 足をあげて ワン・ツー ワン・ツー 休まないで 歩け ソレ ワン・ツー ワン・ツー ワン・ツー ワン・ツー  Hey yo listen to me 大事なことって何? 一歩歩く度に 感じる そのありがたさに yo 過去から響いたmusic この時代のヒントになってる 諦めることよりまずやってみる その光は未来へと続く  一生懸命進んで いつか笑え そろそろ行こうぜ 風向き良好 (here we go)  しあわせの 扉はせまい だからしゃがんで 通るのね 百日百歩 千日千歩 ままになる日も ならぬ日も 人生は ワン・ツー・パンチ あしたのあしたは またあした あなたはいつも 新しい 希望の虹を だいている 腕を振って 足をあげて ワン・ツー ワン・ツー 休まないで 歩け ソレ ワン・ツー ワン・ツー ワン・ツー ワン・ツー  しあわせの 隣りにいても わからない日も あるんだね 一年 三百六十五日 一歩違いで にがしても 人生は ワン・ツー・パンチ 歩みを止めずに 夢みよう 千里の道も 一歩から はじまることを 信じよう 腕を振って 足をあげて ワン・ツー ワン・ツー 休まないで 歩け ソレ ワン・ツー ワン・ツー ワン・ツー ワン・ツー
津軽のふるさと嶺陽子嶺陽子米山正夫米山正夫米山正夫りんごのふるさとは 北国の果て うらうらと 山肌に 抱(いだ)かれて 夢を見た あの頃の想い出 ああ 今いずこに りんごのふるさとは 北国の果て  りんごのふるさとは 雪国の果て 晴れた日は 晴れた日は 船がゆく 日本海 海の色は 碧(あお)く ああ 夢は遠く りんごのふるさとは 雪国の果て  ああ 津軽の海よ山よ いつの日もなつかし 津軽のふるさと
車屋さん天童よしみ天童よしみ米山正夫米山正夫伊戸のりおちょいとお待ちよ 車屋さん お前見込んで たのみがござんす この手紙 内緒で渡して 内緒で返事が 内緒で来るように 出来ゃせんかいな  エー 相手の名前は 聞くだけ野暮よ 唄の文句に あるじゃないか  人の恋路を 邪魔する奴は 窓の月さえ 憎らしい エー 車屋さん  それでどうしたの 車屋さん お前さっぱり お約に立たない お人柄 内緒で渡して 内緒の返事が 内緒で来たのに 何処へやったのさ  エー 忘れて来るとは そりゃあんまりよ 唄の文句に あるじゃないか  あてにならない お人は馬鹿よ あてにする人 もっと馬鹿 エー 車屋さん
三百六十五歩のマーチ氷川きよし氷川きよし星野哲郎米山正夫石倉重信しあわせは 歩いてこない だから歩いて ゆくんだね 一日一歩 三日で三歩 三歩進んで 二歩さがる 人生は ワン・ツー・パンチ 汗かき べそかき 歩こうよ あなたのつけた 足あとにゃ きれいな花が 咲くでしょう 腕を振って 足をあげて ワン・ツー ワン・ツー 休まないで 歩け ソレ ワン・ツー ワン・ツー ワン・ツー ワン・ツー  しあわせの 扉はせまい だからしゃがんで 通るのね 百日百歩 千日千歩 ままになる日も ならぬ日も 人生は ワン・ツー・パンチ あしたのあしたは またあした あなたはいつも 新しい 希望の虹を だいている 腕を振って 足をあげて ワン・ツー ワン・ツー 休まないで 歩け ソレ ワン・ツー ワン・ツー ワン・ツー ワン・ツー  しあわせの 隣りにいても わからない日も あるんだね 一年三百六十五日 一歩違いで にがしても 人生は ワン・ツー・パンチ 歩みを止めずに 夢みよう 千里の道も 一歩から はじまることを 信じよう 腕を振って 足をあげて ワン・ツー ワン・ツー 休まないで 歩け ソレ ワン・ツー ワン・ツー ワン・ツー ワン・ツー
関東春雨傘中西りえ中西りえ米山正夫米山正夫クラウン・オーケストラ関東一円 雨降るときは さして行こうよ 蛇の目傘 どうせこっちは ぶん流し エー エー… エー抜けるもんなら 抜いてみな 斬れるもんなら 斬ってみな さあ さあ さあさあさあさあ あとにゃ引かない 女伊達(だて)  花が散ります 桜の花が 太く短い 命なら 派手に行こうよ この啖呵(たんか) エー エー… エー抜けるもんなら 抜いてみな 斬れるもんなら 斬ってみな さあ さあ さあさあさあさあ こわいものなし 女伊達  女だてらに 朱鞘(しゅざや)を差して 罪でござんす ご時世が やくざ渡世(とせい)の 身の辛さ エー エー… エー抜けるもんなら 抜いてみな 斬れるもんなら 斬ってみな さあ さあ さあさあさあさあ 恋も知らない 女伊達
リンゴ追分 (Live ver.)PUSHIMPUSHIM小沢不二夫米山正夫リンゴの花びらが 風に散ったよな 月夜に月夜に そっと えーーー つがる娘は ないたとさ つらい別れを ないたとさ リンゴの花びらが 風に散ったよなー あーーー  お岩木山のてっぺんを 綿みてえな白い雲が ポッカリポッカリながれていて、 桃の花が咲きさくらが咲き そいから早咲きの、リンゴの花ッコが咲くころは おらだちのいちばんたのしい季節だなやー。 だどもじっぱり無情の雨こさふって 白い花びら散らすころ、 おら、あのころ東京さで死んだ お母ちゃんのことを思い出して、 おらーーー おらーーー  津軽娘は ないたとさ つらい別れを ないたとさ リンゴの花びらが 風に散ったよなー あーーー
小雨のアムール上野旬也とロス・プリメーロ オルケスタ上野旬也とロス・プリメーロ オルケスタ万里村ゆき子米山正夫上野旬也悲しいさだめと 知ってはいても あきらめきれない あの人だから 夜になったら 泣きたいの グラスぬらして 泣きたいの アムール モナムール アムール モナムール 私の生命を すてたくて  二人で信じた 約束だけど 明日のことなど わかりはしない 夜になったら 泣きたいの 鏡みつめて 泣きたいの アムール モナムール アムール モナムール 私の涙を すてたくて  愛していたって 別れはあると なんども言わせる 貴方がにくい 夜になったら 泣きたいの 雨をかぞえて 泣きたいの アムール モナムール アムール モナムール 私のすべてを すてたくて
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
リンゴ追分吉井和哉吉井和哉小沢不二夫米山正夫Kazuya Yoshiiリンゴの花びらが 風に散ったよな 月夜に月夜に そっと え――― つがる娘は ないたとさ つらい別れを ないたとさ リンゴの花びらが 風に散ったよな―あ―――  お岩木山のてっぺんを 綿みてえな白い雲がポッカリポッカリながれてゆき、 桃の花が咲きさくらが咲き そっから早咲きの、リンゴの花ッコが咲くころは おらだちのいちばんたのしい季節だなや―。 だどもじっぱり無情の雨こさふって 白い花びらを散らすころ、 おら、あのころ東京さで死んだお母ちゃんのこと思い出して おら――― おら―――  つがる娘は 泣いたとさ つらい別れを 泣いたとさ リンゴの花びらが 風に散ったよな―あ―――
三百六十五歩のマーチ feat. 水前寺清子クリフエッジクリフエッジ星野哲郎米山正夫JUN・ユタカしあわせは 歩いてこない だから歩いて ゆくんだね 一日一歩 三日で三歩 三歩進んで 二歩さがる  人生うまくいかぬこともある 山あり谷ありさ Life is only one まるでGAME かかってこいよ! Come on! ワンツーパンチ 苦しい時間 無駄じゃない 君なら乗り越えられるはず そ・う・さ! 上向くんだ  腕を振って 足をあげて ワン・ツー ワン・ツー 休まないで 歩け  しあわせの 扉はせまい だからしゃがんで 通るのね 百日百歩 千日千歩 ままになる日も ならぬ日も  どうしても前 先に進まない 考えても道は開かない 大丈夫 未来待ってるぜ 押さえ込んだバネは高く飛ぶ 幸せの前ぶれだよ Come on! Let's join us! 笑顔で歩き出す  腕を振って 足をあげて ワン・ツー ワン・ツー 休まないで 歩け  ワン・ツー ワン・ツー ワン・ツー ワン・ツー  明日は自分が作るんだ Life is Wonderful Wonderful 喜び悲しみも自分次第 Life is Wonderful Wonderful 何処までも自由に行けるのさ Life is Wonderful Wonderful 東西南北 Have a nice day!!  しあわせの 隣にいても わからない日も あるんだね 一年三百六十五日 一歩違いで にがしても 人生は ワン・ツー・パンチ 歩みを止めずに 夢みよう 千里の道も 一歩から はじまることを 信じよう  腕を振って 足をあげて ワン・ツー ワン・ツー 休まないで 歩け  絶対諦めないで さあ 夢叶えよう
津軽のふるさと真木ことみ真木ことみ米山正夫米山正夫矢田部正りんごのふるさとは 北国の果て うらうらと 山肌に 抱かれて 夢を見た あの頃の想い出 あゝ 今いずこに りんごのふるさとは 北国の果て  りんごのふるさとは 雪国の果て 晴れた日は 晴れた日は 船がゆく 日本海 海のいろは 碧く あゝ 夢は遠く りんごのふるさとは 雪国の果て  あゝ 津軽の海よ山よ いつの日もなつかし 津軽のふるさと
リンゴ追分氷川きよし氷川きよし小沢不二夫米山正夫石倉重信リンゴの花びらが 風に散ったよな 月夜に月夜に そっと えーーー つがる娘は ないたとさ つらい別れを ないたとさ リンゴの花びらが 風に散ったよなーあーーー  お岩木山のてっぺんを 綿みてえな白い雲が ポッカリポッカリながれてゆき、 桃の花が咲きさくらが咲き そっから早咲きの、リンゴの花ッコが咲くころは おらだちのいちばんたのしい季節だなや―。 だどもじっぱり無情の雨こさふって 白い花びらを散らすころ、 おら、あのころ東京さで死んだ お母ちゃんのことを思い出して おらーーー おらーー  つがる娘は ないたとさ つらい別れを ないたとさ リンゴの花びらが 風に散ったよなーあーーー
関東春雨傘竹村こずえ竹村こずえ米山正夫米山正夫米山正夫関東一円 雨降る時は さして行こうよ 蛇目傘 どうせこっちは ぶん流し ええ……抜けるもんなら抜いてみな 斬れるもんなら 斬ってみな さあ さあ…… 後にゃ引かない 女だて  花が散ります 桜の花が 太く短い命なら はでにいこうよ この啖呵 ええ……抜けるもんなら抜いてみな 斬れるもんなら 斬ってみな さあ さあ…… こわいものなし 女だて  女だてらに 朱鞘をさして 罪でござんす ご時世が やくざ渡世の 身の辛さ ええ……抜けるもんなら抜いてみな 斬れるもんなら 斬ってみな さあ さあ… 恋も知らない 女だて
東京・ア・ゴーゴー花園直道花園直道水島哲米山正夫竜崎孝路ほんとに僕が 大好きなのは 君だけなのさ 嘘ではないぜ 燃えてるハート 激しいリズム 他にはなにも いるもんか  二人の若さ 火花を散らす 恋の街 愛の街 東京…  東京・ア・ゴーゴー(東京・ア・ゴーゴー) 東京・ア・ゴーゴー(東京・ア・ゴーゴー) ゴーゴー(ゴーゴー) ゴーゴー(ゴーゴー) 東京・ア・ゴーゴー  恋をするなら 東京タウン 赤坂 渋谷 新宿 銀座 濡れてるリップ 震えるネック 他にはなにも いるもんか  二人のために 生きてる街さ 恋の街 愛の街 東京…  東京・ア・ゴーゴー(東京・ア・ゴーゴー) 東京・ア・ゴーゴー(東京・ア・ゴーゴー) ゴーゴー(ゴーゴー) ゴーゴー(ゴーゴー) 東京・ア・ゴーゴー  二人のために 生きてる街さ 恋の街 愛の街 東京…
リンゴ追分紫レイ紫レイ小沢不二夫米山正夫竹内弘一リンゴの花びらが 風に散ったよな 月夜に月夜に そっと えーー つがる娘は ないたとさ つらい別れを ないたとさ リンゴの花びらが 風に散ったよなー ああ――  つがる娘は ないたとさ つらい別れを ないたとさ リンゴの花びらが 風に散ったよなー ああ――
花笠道中天童よしみ天童よしみ米山正夫米山正夫池多孝春これこれ石の 地蔵さん 西へ行くのは こっちかえ だまって居ては 判らない ぽっかり浮かんだ 白い雲 何やらさみしい 旅の空 いとし殿御(とのご)の こころの中(うち)は 雲におききと 言うのかえ  もしもし野田の 案山子(かかし)さん 西へ行くのは こっちかえ だまって居ては 判らない 蓮華(れんげ)たんぽぽ 華盛り 何やら悲しい 旅の空 いとし殿御の こころの中は 風におききと 言うのかえ  さてさて 旅は遠いもの 田舎の道は つづくもの そこでしばらく 立ち止まる 流れて消える 白い雲 やがて蓮華も 散るだろう いとし殿御と 花笠道中 せめて寄り添う 道の端(はた)
大川ながし天童よしみ天童よしみ米山正夫米山正夫池多孝春月は東に 月は東に陽は西に 春の大川 春の大川 アア 上(のぼ)り下(くだ)りの エー二艘船(にそうぶね)  ひとつ花びら ひとつ花びらふたつ紅(べに) 花の隅田の 恋の隅田の アア 水に流れた エー宵化粧(よいげしょう)  浮かれ桜に 浮かれ桜に夜半(よわ)の雨 濡らすまいぞえ 濡らすまいぞえ アア 君と二人の エー傘の中
津軽のふるさと北原ミレイ北原ミレイ米山正夫米山正夫横溝礼りんごのふるさとは 北国の果て うらうらと 山肌に 抱(いだ)かれて 夢を見た あの頃の想い出 あゝ 今いずこに りんごのふるさとは 北国の果て  りんごのふるさとは 雪国の果て 晴れた日は 晴れた日は 船がゆく 日本海 海のいろは 碧く あゝ 夢は遠く りんごのふるさとは 雪国の果て  あゝ 津軽の海よ山よ いつの日もなつかし 津軽のふるさと
リンゴ追分福田こうへい福田こうへい小沢不二夫米山正夫リンゴの花びらが 風にちったよな 月夜に 月夜に そっと えええ…… つがる娘は ないたとさ つらい別れを ないたとさ リンゴの花びらが 風に散ったよな あああ……  『お岩木山のてっぺんを 綿みてえな白い雲が ポッカリポッカリながれてゆき 桃の花が咲き 桜が咲き そいから早咲きのリンゴの花ッコが咲く頃は おら達の一番たのしい季節だなやー だどもじっぱり無情の雨っこさ降って 白い花びらを散らすころ おらあのころ東京さで 死んだお母ちゃんのことを思い出して…… おら……おら……』  つがる娘は ないたとさ つらい別れを ないたとさ りんごの花びらが 風に散ったよな あああ……
女優笹みどり笹みどり西沢爽米山正夫小杉仁三薔薇を 一輪 唇に 恋に 身を灼く カルメン役も 化粧 おとせば 楽屋の鏡 生きていながら 死んでいる うつろな 女の 顔が浮く  罪に 追われた カチューシャも 愛の両手に 抱かれたものを 花の 日比谷の帝国劇場 恋と 舞台に 生きること 教えた あなたは もういない  疲れましたわ なにもかも 眠りたいのよ あなたのそばで 大正八年 一月五日 女優 須磨子の 幕切れは すこし 濃目の 死化粧
君は無敵の三冠王山岡英二(吉幾三)山岡英二(吉幾三)米山正夫米山正夫花の歓呼を浴びながら やったぞ 遂に成し遂げた 君は 君は 君は無敵の三冠王 オウ 若者だけが知っている その感激を今ここに さあ歌おう さあ歌おう 勝利の歌を 君は無敵の 君は無敵の三冠王 オウ オウ  ぐんと上った白い球 スタンド深く 打ち込んで 君は 君は 君は無敵の三冠王 オウ かがやく三つのタイトルを 握った腕のたくましさ さあ歌おう さあ歌おう 勝利の歌を 君は無敵の 君は無敵の三冠王 オウ オウ  夢と希望と青春を バットに賭けて がっちりと 君は 君は 君は無敵の三冠王 オウ 努力と汗と涙とを 忘れるものか男なら さあ歌おう さあ歌おう 勝利の歌を 君は無敵の 君は無敵の三冠王 オウ オウ  君は無敵の 君は無敵の三冠王
花はおそかった氷川きよし氷川きよし星野哲郎米山正夫こんな悲しい窓の中を雲は知らないんだ どんなに空が晴れたって それが何になるんだ 大嫌いだ 白い雲なんて!  かおるちゃん おそくなって ごめんね かおるちゃん おそくなって ごめんね 花をさがしていたんだよ 君が好きだった クロッカスの花を 僕はさがしていたんだよ かおるちゃん おそくなって ごめんね かおるちゃん おそくなって ごめんね 君の好きな 花は 花は 花はおそかった  かおるちゃん 君の白い その手に かおるちゃん 君の白い その手に 花を抱かせて あげようね 君と夢にみた クロッカスの想い出 花を抱かせて あげようね かおるちゃん おそくなって ごめんね かおるちゃん おそくなって ごめんね 君の好きな 花は 花は 花はおそかった  信じるもんか!君がもういないなんて…… 僕の命を返してくれ 返してくれよ!  君の好きな 花は 花は 花は おそかった バカヤロー
関東春雨傘氷川きよし氷川きよし米山正夫米山正夫関東一円 雨降る時は さして行こうよ 蛇の目傘 どうせこっちは ぶん流し エー エー… エー抜けるもんなら 抜いてみな 斬れるもんなら 斬ってみな さあ さあ さあさあさあさあ 後にゃ引かない 女伊達  花が散ります 桜の花が 太く短い 命なら 派手に行こうよ この啖呵 エー エー… エー抜けるもんなら 抜いてみな 斬れるもんなら 斬ってみな さあ さあ さあさあさあさあ こわいものなし 女伊達  女だてらに 朱鞘を差して 罪でござんす ご時世が やくざ渡世の 身の辛さ エー エー… エー抜けるもんなら 抜いてみな 斬れるもんなら 斬ってみな さあ さあ さあさあさあさあ 恋も知らない 女伊達
リンゴ追分島津亜矢島津亜矢小沢不二夫米山正夫リンゴの花びらが 風に散ったよな 月夜に 月夜に そっと えええ…… つがる娘は ないたとさ つらい別れを ないたとさ リンゴの花びらが 風に散ったよな あああ……  「お岩木山のてっぺんを 綿みてえな白い雲が ポッカリポッカリながれてゆき 桃の花が咲き 桜が咲き そいから早咲きのリンゴの花っこが咲く頃は おら達(だち)の一番たのしい季節だなや! だどもじっぱり 無情の雨っこさ降って 白え花びらを散らすころ おら あのころ東京さで死んだ お母ちゃんのことを思い出して… おら……おら……」  つがる娘は ないたとさ つらい別れを ないたとさ リンゴの花びらが 風に散ったよな あああ……
ピアノとヴァイオリン美空ひばり美空ひばり米山正夫米山正夫わたしはピアノ あなたはヴァイオリン いつでも陽気な 二人づれ あなたはヴァイオリン わたしはピアノ 一緒に弾けば なお楽し 春風もそよ風も そら歌えそら歌え そら踊れそら踊れ こずえの小鳥たちも  タラ…… タラ…… わたしはピアノ あなたはヴァイオリン いつでも陽気な 二人づれ  わたしはピアノ あなたはヴァイオリン 喧嘩をしても 仲直り あなたはヴァイオリン わたしはピアノ 怒った顔も 笑い出す あの花も この花も そら歌えそら歌え そら踊れそら踊れ 牧場の仔牛たちも タラ…… タラ…… わたしはピアノ あなたはヴァイオリン いつでも陽気な 二人づれ  若者も 恋人も そら歌えそら歌え そら踊れそら踊れ 歌あれば 世は楽し タラ…… タラ…… わたしはピアノ あなたはヴァイオリン いつでも陽気な 二人づれ
父に捧ぐる唄美空ひばり美空ひばり米山正夫米山正夫君去りし 想い出の あの唄よ なつかし 遠き日の 夢に似て 浮かびくる 悲しさ 想い出の あの唄よ 今一度 只一度 我がこゝろ 伝えてよ 君が胸に  何時の日にか 訪ねん ふるさとの 山 何時の日にか 相見ん 君が 瞳よ 春は丘に めぐれど 風はそよげど 我がこゝろに 再び 春はめぐらず  君去りし 想い出の あの唄よ なつかし 遠き日の 夢に似て 浮かびくる 悲しさ 想い出の あの唄よ 今一度 只一度 我がこゝろ 伝えてよ 君が胸に
晩香玉の花咲く宵美空ひばり美空ひばり小沢不二夫米山正夫晩香玉の 花さく宵に 君をいだけば 月の眉 夢は北京の 北海あたり 風が揺れます 耳たぶに  晩香玉の つよき香りに むせびうつむく 人乗せて 恋の洋車は 王府井へ ゆけどゆけども まだ着かぬ  晩香玉の 花散る朝に これが別れの 泣きぼくろ 夢もむなしく フランス租界 雨が降ります しとしとと
ひとりぽっちのクリスマス美空ひばり美空ひばり米山正夫米山正夫クリスマス クリスマス 一人ぽっちの クリスマス 雪の夜更けの 街灯り クリスマス クリスマス 一人ぽっちの クリスマス 誰も知らない 幹の下  クリスマス クリスマス 一人ぽっちの クリスマス いつか凍える 指の先 クリスマス クリスマス 一人ぽっちの クリスマス そっとマッチで あたゝめる  クリスマス おめでとう クリスマス
小さな水溜り美空ひばり美空ひばり米山正夫米山正夫ゆうべの雨がのこした わたしは水たまりよ 道辺に忘られた 小さな水たまりよ あなたがあまり燃えると わたしは消えてしまいます  わたしは小さな水たまり 雨の晴れ間の道のはた 青空なんか浮べても 水たまりは水たまりよ いつか消えます あなたはわたしの胸に 小石を投げ込んだ それでわたしのこの胸は 波立っているのよ わたしは小さな水たまり そよ風さえ しのび足で そっと吹きます  わたしは小さな水たまり そよ風さえ しのび足で そっと吹きます
クリスマス・ワルツ美空ひばり美空ひばり藤浦洸米山正夫クリスマス クリスマス クリスマス ワルツ 胸よせて 踊りましょう クリスマス クリスマス クリスマス ワルツ 歌いましょう このうた それだけが 私たちの たったひとつの 贈り物よ クリスマス クリスマス クリスマス ワルツ やさしい歌よ クリスマス ワルツ  クリスマス クリスマス クリスマス ワルツ 雪が降る 窓の外 クリスマス クリスマス クリスマス ワルツ ひびき渡る 鐘の音 ひとみをとじ 祈りましょう まずしいこの愛の 幸福をば クリスマス クリスマス クリスマス ワルツ たのしい歌よ クリスマス ワルツ
たゞ何となく美空ひばり美空ひばり米山正夫米山正夫たゞ何となくあの人のことを想う 静かな午后のひとゝき あの人と共に歌った なつかしい唄がきこえる 今頃はどうして居るかしら でもそんなこと もう忘れちゃった 悲しくも淋しくもない たゞ何となく 想ったゞけ  たゞ何となく過ぎた日のことを思う 明るい午后の陽射しに あの人と共に歩いた なつかしい丘の木道よ あの人は帰って来ないけど でもそんなこと もう忘れちゃった 悲しくも淋しくもない たゞ何となく 想ったゞけ  あの人は帰って来ないけど でもそんなこと もう忘れちゃった 悲しくも淋しくもない たゞ何となく 想ったゞけ
牧場は牛ばかり美空ひばり美空ひばりA.ハース・米山正夫米山正夫I saw a pretty cowboy I saw him ride along Strumming his guitar with a song He was a pretty cowboy he had a heart so true He said “My dear I do love you” My dear will you marry me merry me and settle down We will cross the wide prairie To Alabama town I wed a pretty cowboy I'll not forget the day He sang and stole my heart away  Hi yippi yi I'll love a cowboy till I will die I wed a pretty cowboy I'll not forget the day He sang and stole my heart away......  わたしゃ十八 アラバマの じゃじゃ馬むすめ 生れ故郷にゃ 牛ばかり だから気が 荒い  若者たちは 口笛吹いて 今日も牧場に やって来る だけどどなたの 投げ縄も わたしにゃ かゝらない  アー空にゃ 三日月様さえ 揺れてる ひろい牧場は 牛ばかり みんな 気が荒い  Hi yippi yi I'll love a cowboy till I will die I wed a pretty cowboy I'll not forget the day He sang and stole my heart away......
明るい唄声美空ひばり美空ひばり石本美由起米山正夫歌だよ歌だよ 唄いましょう 歌は心の 花リボン 歓び溢れる 青春の 歌は若さの プレゼント 唄えよ踊れよ ほら悲しみは 消えて明るい ホラ月が出る 夢みる調べ 夢みるメロディ 恋のカーニバル 唄えよ踊れよ ホラ手を取りて 唄えよ踊れよ ホラ朗らかに 唄えば愉し 素敵な春 あゝパラダイス  歌だよ歌だよ 唄いましょう 歌をうたえば 気も晴れる センチな涙は 棄てるもの ロマンチックな 夢が散る 唄えよ踊れよ ホラ月の夜は 胸に幸せ ホラ忍び寄る ほゝえむ瞳 交す笑顔 恋のシルエット 唄えよ踊れよ ホラ麗しく 唄えよ踊れよ ホラさわやかに 唄えば燃える こゝろの虹 あゝパラダイス  泣いてはいけない 歎きの雨に 濡れたらこゝろの 青空くもる 唄えよ踊れよ ホラ夢をみて 唄えよ踊れよ ホラいつ迄も 唄えば晴れる 二人の胸 あゝパラダイス
ペンキ塗りたて美空ひばり美空ひばり米山正夫米山正夫ペンキぬりたてペンキぬりたて わたしは掃除をします みどりの公園を 毎日箒を 相手に わたしの 勤めです 小枝の小鳥も 仲良く 恋のさゝやき どちらを向いても アヴェック 春は悩ましい あー 木蔭の青いベンチは とっても素敵だけど 腰をかけちゃいけません ペンキぬりたて 誰が忘れたか 花束がひとつ 誰の想い出か 破かれた手紙(レター)  わたしは手入れをします 冷たい噴水を 水面に浮んだ花で 春を知るのです そよ風吹くたび 何故だか 浮き浮きするの 出るのは 溜息ばかり 春は悩ましい あゝ わたしも 素敵な人を 夢見ているけれど 誘いかけちゃいけません ペンキ ぬりたて ペンキ ぬりたて ペンキ ぬりたて ペンキ ぬりたて
桃太郎行進曲美空ひばり美空ひばり米山正夫米山正夫私は鬼ヶ島へこれから出掛けます それでは行って参ります 元気よく 張切って 鬼共ギャング共征伐して来ます うちたてたシンボルは 青春の旗じるし 私は桃太郎 正しく明るい若者 いざ来い 鬼共 力のかぎりに 斗う  あなたは桃太郎 素適なみんなの恋人 あなたが 唄えば 鬼共あわてゝ 逃げます アー みんなの素敵な恋人 アー 鬼共あわてゝ 逃げます  私は鬼退治に はるばる出掛けます 御機嫌よう おじいさん あばあさんを たのみます 私は桃太郎 いつでもやさしい若者 いざ来い 鬼共 力のかぎりに 斗う  あなたは 桃太郎 素適なみんなの恋人 あなたが 唄えば 鬼共あわてゝ 逃げます  わたしは 桃太郎 希望にもえたつ若者 いざ来い 鬼共 力のかぎりに 斗う  いざ行け 桃太郎 いざ行け 桃太郎 アー
アルプスの娘たち美空ひばり美空ひばり米山正夫米山正夫谷間深く 歌う鳥は つぐみか つぐみか 牧場遠く 響く笛は 角笛 角笛 いゝえ あれはこだまよ 娘達の 唄声 アルプスの 娘は 高原に 咲く花 囁くは 星影 そっと くちづけて トラララヽヽヽヽ トラララヽヽヽヽ  野末遙か 開く花は 野バラか 野バラか 丘の上に 白く舞うは 蝶々か 蝶々か いゝえ あれは 晴着よ 娘達の 装い アルプスの 娘は 高原に 咲く花 囁くは 星影 そっと くちづけて トラララヽヽヽヽ トラララヽヽヽヽ
別れのトロイカ美空ひばり美空ひばり米山正夫米山正夫君を見送る 吹雪の駅に 走れトロイカ 涙も凍れ 別れた人の 門出の夜に やさしい言葉の 今一度 急げ 黒馬よ ×××× あー 鈴音 せつない トロイカよ  風は冷たく 夜空は暗く 舞うよ粉雪 唸るよ吹雪 積り積るは 想い出ばかり 白い幻 飛ぶばかり 急げ 黒馬よ ×××× あー 鈴音 せつない トロイカよ  山の乙女の 悲しい恋は 消えてはかない 上りの汽笛 こゝろの中で さよなら言って 凍る涙に 手を振ろう 急げ 黒馬よ ×××× あー 鈴音 せつない トロイカよ
ふり袖小僧美空ひばり美空ひばり米山正夫米山正夫おいらはふり袖小僧 咲いたやくざな花さ 江戸の町に夜が来れば こっちのもんだよ おいらの檜舞台だよ 高い屋根から屋根へ 度胸一つで渡る ちょいとそこの腰抜けの 目明かしさん おう おう おう 十手がこわくて 渡れるかい  おいらはふり袖小僧 ひびく呼び子の中で 狙う相手は何万石だよ 御用御用は おやすい御用だここまでおいで ぽんと身軽にとべば ゆれる高張提灯 女だてらの荒業と あなどるまいぞ おう おう おう 地獄にゃ二丁目 ないところ  おいらはふり袖小僧 義理と人情にゃもろい 人のためなら生命はいらぬ 貧乏人や かよわい者の味方だよ 脱いだ振袖模様 かぶる紫頭巾 花のお江戸の立ち姿 はばかりながら おう おう おう ふり袖小僧は 義賊だよ
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
泣き笑いのマンボ美空ひばり美空ひばり美空ひばり米山正夫唄えよ 踊れよ 悩みを 忘れて 陽気なリズムに ボンゴを叩いて わたしの胸が はりさけるまで わたしのハートが 燃えつきるまで マンボ マンボ マンボ マンボ マンボ マンボ マンボ マンボ マンボ マンボ 唄えよ 踊れよ 恋なんか忘れよう 昨日の夢だよ マンボ マンボ さあ みんな 歌ってよ 淋しくなんか ありゃしない 誰が泣いたり するもんか 叩けよコンガ 打て打てボンゴ 叩けよコンガ 打て打てボンゴ 私のハートが 燃えつきるまで アッハ……………………………… マンボ マンボ マンボ マンボ マンボ マンボ マンボ マンボ マンボ マンボ 唄えよ 踊れよ 恋なんか忘れよう 昨日の夢だよ マンボ マンボ さあ みんな 踊ってよ 悲しくなんか ありゃしない 涙なんか 捨てちゃった 叩けよコンガ 打て打てボンゴ 叩けよコンガ 打て打てボンゴ 私のハートが 燃えつきるまで アッハ………………………………
すたこらマンボ美空ひばり美空ひばり米山正夫米山正夫急げば マンボ おわてりゃ マンボ すたこら マンボ マンボ とばせよ マンボ 張り切れ マンボ すたこら マンボ マンボ 足の早いは 親ゆずり 喧嘩ばやいも 親ゆずり はるか彼方を 見渡せば 五十三次ゃ まだ五十二 残ってる 花籠道中 マンボ マンボ 花籠道中 マンボ マンボ ソーレ ソレソレ 春の風  転べば マンボ 走れば マンボ すたこら マンボ マンボ フラフラ マンボ ヘトヘト マンボ すたこら マンボ マンボ 箱根八里は 歌で越す 大井川なら 飛び越える なにをぱたぱた かみなり族 越すに越せない 越すに越せない 二人仲 花籠道中 マンボ マンボ 花籠道中 マンボ マンボ ソーレ ソレソレ 春の風
テンガロン・ハット美空ひばり美空ひばり米山正夫米山正夫わたしの好きな 牧場の人が かぶっているの テンガロン ハット 咥え煙草で さり気ないのが たまらないのよ テンガロン ハット どうせわたしは じゃじゃ馬だけれど あの人に逢うと もうとても駄目よ 何も云えずに ふるえるだけ たゞ生娘の悲しさに 嘆息ばかり 知らん顔して 行ってしまうの 憎らしいのよ テンガロン ハット  牧場の風よ 心あるなら 飛ばしておやり テンガロン ハット 口笛吹いて 馬に乗ってる やっぱり素敵 テンガロン ハット 声をかけよか 呼びとめようか だけど何だか 胸がどきどき やっぱり駄目よ 私は駄目よ たゞ生娘の悲しさに 爪を噛むだけ 知らん顔して 行ってしまうの 憎らしいのよ テンガロン ハット  知らん顔して 行ってしまうの 憎らしいのよ テンガロン ハット テンガロン ハット…
お嬢さんとこいさん美空ひばり美空ひばり米山正夫米山正夫わたしは東京 わたしは大阪 東京はお嬢さん 大阪はこいさん だけど二人はいつも 同じこゝろで暮す 思いがけない時に 彼に逢えば 「いややわ うち どないしょう」 「あらいやだ どうしましょう」 たとえ言葉は ちがっても 若い娘のこゝろは 一つ  銀座の並木 並木は御堂筋 東京タワーよ 大阪城よ だけど二人はいつも 同じこゝろで暮す 彼がにっこり笑い お茶に誘えば 「おおきに ほな よばれるわ」 「有難う じゃ 頂くわ」 たとえ言葉は ちがっても 若い娘のこゝろは 一つ  かぼちゃんはなんきん お汁粉はぜんざい がりがり亡者は がめつい奴よ だけど二人はいつも 同じこゝろで暮す 彼が見て見ぬ振りで 通り過ぎたら 「好かんわ なんやねん けったいな」 「嫌いよ なにさ やな感じ」 たとえ言葉は ちがっても 若い娘のこゝろは 一つ
恋は不思議なもの美空ひばり美空ひばり米山正夫米山正夫アー…………… わたしのすべてを 貴方に捧げます 恋はせつないもの 燃えてはかないもの それを承知でする 恋は不思議なもの たとえ死ぬ程愛して 想いに悩む時でも それは嵐のよう やがて過ぎて行く  こゝろゆくまで のみましょう しびれるほど 酔いましょう 命捧げた 恋ならば 破れてもいゝのよ  恋は苦しいもの 消えて悲しいもの 知っていながらする 恋は不思議なもの 頬を伝うよ 涙の 泣いて流れて 枯れても それはひとゝきだけ やがて忘れよう  歌えマンボの 素敵なリズムにのって 歌え南の国のこの歌を アー……………
娘の中の娘美空ひばり美空ひばり米山正夫米山正夫娘の中の娘とは 野末の赤い桑の実よ 人にかくれて だまっていても 小鳥がいつかみつけてしまう 明るく甘くみずみずしさが あふれる様なその瞳 ゴーゴーレッツゴー 青い空の下 ゴーゴーレッツゴー 娘達は行く  娘の中の娘とは クツのかかとの鉄の鋲 ミンクのコートを着ている人や サックドレスに踏みつけられて どんなにつらく悲しい時も 固い心はくじけない ゴーゴーレッツゴー 若い陽を浴びて ゴーゴーレッツゴー 娘達は行く  娘の中の娘とは 古いランプの銀の芯 木枯寒い山の夜も 汐鳴り遠い海の夜も 一人ひそかに 君を想って 燃え続けるよ いつまでも ゴーゴーレッツゴー  肩を組み合って ゴーゴーレッツゴー 娘達は行く
ブルーマンボ美空ひばり美空ひばり米山正夫米山正夫風 風 風 そよ吹く風 波 波 波 くだける波 椰子の葉陰 常夏の島 空は青く 雲は白く 歌 歌 歌 南の歌 酒 酒 酒 琥珀の酒 ブルーマンボ 恋の歌 情熱の恋の花よ ブルーマンボ 狂おしくしびれる 恋の接吻 ブルーマンボ 恋の歌 情熱の恋の花よ ブルーマンボ 狂おしくしびれる 恋の接吻  吹け 吹け 吹け 南の風 飛べ 飛べ 飛べ 鴎の群 燃えあがるよ 若い太陽 くだけ散るは 青い海よ 胸 胸 胸 より添う胸 夢 夢 夢 二人の夢 ブルーマンボ 恋の歌 情熱の恋の花よ ブルーマンボ 狂おしくしびれる 恋の接吻 (ララ…ララ…) ブルーマンボ 恋の歌 情熱の恋の花よ (ララ…ララ…) ブルーマンボ 狂おしくしびれる 恋の接吻
あゝ恋人よ美空ひばり美空ひばり松尾幸雄米山正夫この世の中で あなたほど きれいな眼をする 人はいない この世の中で あなたほど やさしいこゝろの 人はいない あゝ 恋人よ 恋人よ あなたのために さゝげよう わたしのすべて いのちまで あゝ 恋人よ いのちまで  うれしい時は ホロホロと 涙を流して よろこんで 哀しい時は ニッコリと 何にも云わずに 笑ってる あゝ 恋人よ 恋人よ あなたのために はげまされ わたしは今日も 生きている あゝ 恋人よ 生きている  はかない夢と 知ればこそ せつなく燃えたつ 恋ごころ かなわぬ人と 知ればこそ あきらめきれない 恋ごころ あゝ 恋人よ 恋人よ あなたのために さゝげよう わたしのすべて なにもかも あゝ 恋人よ なにもかも
ポトマックの桜美空ひばり美空ひばり藤浦洸米山正夫ポトマックの桜 愛の花よ 遠い夢をみて 微笑む花 東に吹く風に かおりをのせ ひろい海をこえて おくるあつい心 さくら さくら やよいの空は みわたす かぎり なつかしのうたよ ふるさとよ  ポトマックの桜 愛の陽ざし 春を待つすがた 水にうつし 訪ずれる人に 心をよせ 遠い国の母の やさし声の想い さくら さくら かすみか くもか においぞ いずる なつかしのうたよ ふるさとよ  ポトマックの桜 愛のむすび つよい土に生き 枝をひろげ やがてひらく日の 歌を歌う いつもいつも 思いだして歌う歌は さくら さくら ともども そろい いざ みにゆかん なつかしのうたよ ふるさとよ
君去りし夜のタンゴ美空ひばり美空ひばり星野哲郎米山正夫君去りし夜は 霧も深く ただ胸に残る タンゴ悲し その思い出 忘れぬ人 帰らぬ人 ただくるおしく 昔をよぶ 涙をよぶ あの夜のはて いま一度 あの腕に抱かれて 踊りたい 君去りし 夜のタンゴ 悲し その思い出  ただ一人君に 心ささげ 夜をまつ 黒いバラの花よ その切なさ あえない人 はるかな人 ただなつかしく 私はだく あなたをだく 思い出のなか いま一度 あの甘い 口づけにしびれたい 君去りし 夜のタンゴ 悲し その思い出
お姉さんは恋人のよう美空ひばり・小野透美空ひばり・小野透米山正夫米山正夫姉さんと一緒に歩くの ぼくいやだ なぜさ だって恋人のように 思われるんだもん フーン 生意気言ってるわ あなたは何も知らない 右も左もわからない だまってわたしについて来ればそれでいいの  二人はいつでも仲よく歩いてゆこう 明るい小径を手を組みどこまでも 楽しい時も二人うれしい時も二人 知らないことは教えて わからぬことはきいて 唄っていこう 胸をはっていこう 明るい小径を二人で どこまでも あゝなつかし 幼いころの思い出を忘れずに  二人はいつでも仲よく歩いてゆこう 緑の丘こえ野をこえ どこまでも 夢見るときも二人 恋するときも二人 知らないことは教えて  わからぬことはきいて 元気でいこう 肩をくんでいこう 緑の丘こえ野をこえ どこまでも あゝなつかし やさしい母の面影を忘れずに
恋を待つならバス・ストップ美空ひばり・小野透美空ひばり・小野透米山正夫米山正夫バスを待つなら バス・ストップ 恋を待つなら バス・ストップ それは二人の標識 二人の愛の標識 愛の標識 バスを待つなら バス・ストップ 恋を待つなら バス・ストップ ストップ ストップ ストップ 私の彼は とっても素敵 僕の彼女はパスカル・プティにそっくり 夢を見るなら バス・ストップ 恋を待つなら バス・ストップ ストップ ストップ ストップ あなたは誰 君こそ誰だい わたしはわたしよ 僕は僕さ 邪魔よあんたなんか 目障りだわ 君こそ余計な 場所ふさぎだ  来ない彼氏を 待つより 来ない彼女を 待つより ふられついでの二人が 仲よく腕組み合って 腕を組み合って バスを待つなら バス・ストップ 恋を待つなら バス・ストップ ストップ ストップ ストップ 風の吹きよで 心もかわる 風見の鶏が 屋根でくるくる廻る 夢を見るなら バス・ストップ 恋を待つなら バス・ストップ ストップ ストップ ストップ…
バイ・バイ・ビギン美空ひばり・小野透・香山武彦美空ひばり・小野透・香山武彦米山正夫米山正夫また逢う日まで その日まで 貴方の幸を 祈ります こころをこめて 思いをこめて  バイバイ さよなら バイバイ さよなら  また逢う日まで バイバイ さよなら  また逢う日まで その日まで 貴方の幸を 祈ります こころをこめて 思いをこめて
まかしとき美空ひばり・花房錦一美空ひばり・花房錦一米山正夫米山正夫まかしとき まかしとき はいはい 俺等にまかしとき あいよ 旅は道連れ 世はなさけ 義理に強くて、人情にゃよわい 海道きってのいゝ男 調々調子が良かないか だまって 聞いてりゃ何のこと 口まかせ 風まかせ 何と呆れた旅の笠  たのみます たのみます はいはい お前にたのみます あいよ 旅は道連れ 世はなさけ 忘れられないあの人ならば どんな苦労もいとやせぬ 調々調子が良かないか だまって 聞いてりゃ何のこと 口まかせ 風まかせ ほんに気になる旅の笠  まかしとき まかしとき はいはい 俺等にまかしとき あいよ 旅は道連れ 世はなさけ どちら向いてもアベックばかり おしどり姿の派手なこと 調々調子が良かないか だまって 見ていりゃ何のこと やり切れぬ やり切れぬ どうせ気まゝな旅の笠
津軽のふるさと水森かおり水森かおり米山正夫米山正夫丸山雅仁りんごのふるさとは 北国の果て うらうらと 山肌に 抱(いだ)かれて 夢を見た あの頃の想い出 ああ 今いずこに りんごのふるさとは 北国の果て  りんごのふるさとは 雪国の果て 晴れた日は 晴れた日は 船がゆく 日本海 海のいろは 碧く ああ 夢は遠く りんごのふるさとは 雪国の果て  ああ 津軽の海よ山よ いつの日もなつかし 津軽のふるさと
三味線ブルース赤坂まり江赤坂まり江石川潭月米山正夫貴方の気持は よくわかるけど とってもつらいの せつないの せめて今夜は あなたの胸に 顔をうずめて 抱きしめられて 踊りたいのよ 三味線ブルース  だいじにしましょう このひとときを いくら泣いても 笑っても 水の流れと 二人の仲は 云わず語らず いろはにほへと 唄いましょうよ 三味線ブルース  ゆらゆらゆれてる 柳のかげで 君が別れに ささやいた 甘いことばは 嘘でも好いの お月さまさえ だまされ乍ら ひとりほんのり 三味線ブルース
山葡萄みのる頃美空ひばり美空ひばり西條八十米山正夫あーーー 甲斐は山国 笛の音が ふもとにひゞく 秋祭り 雲は流れる 夕日は落ちる 山の葡萄も 赤くなる  甘い葡萄の 露吸えば 母の乳房が なつかしや 狐なけなけ 私はひとり ぶどう畠に 月が出る あーーー
リンゴ追分PUSHIMPUSHIM小沢不二夫米山正夫リンゴの花びらが 風に散ったよな 月夜に月夜に そっと え――― つがる娘は ないたとさ つらい別れを ないたとさ リンゴの花びらが 風に散ったよなーあ―――  つがる娘は ないたとさ つらい別れを ないたとさ リンゴの花びらが 風に散ったよなーあ―――  お岩木山のてっぺんを 綿みてえな白い雲が ポッカリポッカリ ながれてゆき、桃の花が咲き さくらが咲き そっから早咲きのリンゴの 花ッコが咲くころが おら達のいちばんたのしい季節だなやー。 だども じっぱり無情の雨こさ降って 白い花びらを散らすころ おら あのころ東京さで死んだお母ちゃんのことを思い出すて おら おら――― おら―――  つがる娘は ないたとさ つらい別れを ないたとさ リンゴの花びらが 風に散ったよなーあ―――
リンゴ追分一青窈一青窈小沢不二夫米山正夫紺野紗衣リンゴの花びらが 風に散ったよな 月夜に月夜に そっと ええ…… つがる娘は ないたとさ つらい別れをないたとさ リンゴの花びらが 風に散ったよな ああ……  お岩木山のてっぺんを綿みてえな白い雲が ポッカリポッカリながれてゆき、 桃の花が咲き、さくらが咲きそいから 早咲きのリンゴの花ッコが咲くころは おらだちのいちばんたのしい季節だなや。 だどもじっぱり無情の雨こさふって 白い花びらを散らすころ、 おら、あのころ東京さで死んだ お母ちゃんのこと思い出して、おら、おら………  つがる娘は ないたとさ つらい別れを ないたとさ リンゴの花びらが 風に散ったよな ああ……
津軽のふるさと島津亜矢島津亜矢米山正夫米山正夫りんごのふるさとは 北国の果て うらうらと 山肌に 抱(いだ)かれて 夢を見た あの頃の 想い出 ああ 今いずこに りんごの ふるさとは 北国の果て  りんごの ふるさとは 雪国の果て 晴れた日は 晴れた日は 船がゆく 日本海 海のいろは 碧(あお)く ああ 夢は遠く りんごの ふるさとは 雪国の果て  ああ 津軽の海よ 山よ いつの日も なつかし 津軽のふるさと
三百六十五歩のマーチ両さん両さん星野哲郎米山正夫しあわせは 歩いてこない だから歩いて ゆくんだね 一日一歩 三日で三歩 三歩進んで 二歩さがる 人生は ワン・ツー・パンチ 汗かき べそかき 歩こうよ あなたのつけた 足あとにゃ きれいな花が 咲くでしょう 腕を振って 足をあげて ワン・ツー ワン・ツー 休まないで 歩け ソレ ワン・ツー ワン・ツー ワン・ツー ワン・ツー  しあわせの 扉はせまい だからしゃがんで 通るのね 百日百歩 千日千歩 ままになる日も ならぬ日も 人生は ワン・ツー・パンチ あしたのあしたは またあした あなたはいつも 新しい 希望の虹を だいている 腕を振って 足をあげて ワン・ツー ワン・ツー 休まないで 歩け ソレ ワン・ツー ワン・ツー ワン・ツー ワン・ツー  しあわせの 隣りにいても わからない日も あるんだね 一年三百六十五日 一歩違いで にがしても 人生は ワン・ツー・パンチ 歩みを止めずに 夢みよう 千里の道も 一歩から はじまることを 信じよう 腕を振って 足をあげて ワン・ツー ワン・ツー 休まないで 歩け ソレ ワン・ツー ワン・ツー ワン・ツー ワン・ツー
傷心美空ひばり美空ひばり星野哲郎米山正夫松尾健司なぜか言えない ひとことを まっかなバラの いつわりを 聞いておくれよ いま一度 私は情熱に 咲く花よ バラよバラよ くれないのバラ 私は情熱に 咲く花よ  せめて一夜の 恋に生き 一夜の恋に 死ぬまでよ 涙見せずに 口づけて 涙見せずに 別れよう バラよバラよ くれないのバラ 涙見せずに 別れよう  女心の 悲しさは まっかなバラの 真心は 気まま男に すてられて 夜の窓辺に 散るばかり バラよバラよ くれないのバラ 夜の窓辺に 散るばかり
津軽のふるさと松山千春松山千春米山正夫米山正夫夏目一朗りんごのふるさとは 北国の果て うらうらと 山肌に 抱かれて 夢を見た あの頃の想い出 あゝ 今いずこに りんごのふるさとは 北国の果て  りんごのふるさとは 雪国の果て 晴れた日は 晴れた日は 船がゆく 日本海 海の色は 碧く あゝ 夢は遠く りんごのふるさとは 雪国の果て あゝ津軽の海よ山よ いつの日もなつかし 津軽のふるさと
車屋さん島津亜矢島津亜矢米山正夫米山正夫ちょいとお待ちよ 車屋さん お前見込んで たのみがござんす この手紙 内緒で渡して 内緒で返事が 内緒で来るように 出来ゃせんかいな  エー 相手の名前は 聞くだけ野暮よ 唄の文句に あるじゃないか  人の恋路を 邪魔する奴は 窓の月さえ 憎らしい エー 車屋さん  それでどうしたの 車屋さん お前さっぱり お役に立たない お人柄 内緒で渡して 内緒の返事が 内緒で来たのに 何処へやったのさ  エー 忘れて来るとは そりゃあんまりよ 唄の文句に あるじゃないか  あてにならない お人は馬鹿よ あてにする人 もっと馬鹿 エー 車屋さん
雨は泣いている井上ひろし井上ひろし水島哲米山正夫ビルの谷間に 今日も降る雨に 俺はあの娘を 思い出す 『好きだよ』と一言 云っただけで それだけで それだけで 倖せだった あの夜の二人  青い夜霧に 深く包まれて 二人だまって 濡れて歩いた 町角のキッスも ふるえて居たよ 何故かしら 何故かしら 長い睫毛(まつげ)に 光った涙  泣いて居るよな 銀のこぬか雨 ひとり淋しく 歩くこの道 『好きだよ』と今でも つぶやけば 何処からか 何処からか あの面影が ほほえみかける
明日咲く花井上ひろし井上ひろし丘灯至夫米山正夫夜霧が今日を 消してゆく 別れがつらい ターミナル さあ さよならと手を振って 祈ろうよ 明日咲く花 しあわせの花  僕にはいつも 君がいる けわしい道も 雨風も 手をとりあって 越えようよ まごころに 明日咲く花 よろこびの花  せつない夜も あるけれど ほほえみ交す 朝もくる あの ギャラリーの 絵のように 夢見よう 明日咲く花 七色の花
海から来た男神戸一郎神戸一郎水島哲米山正夫遠い海から 来たんだよ 青いジャケツに ジーパンはいて 潮のにおいを 体につけて 勝手知らない 港だけれど どこかどこか 故郷(ふるさと)を 思い出させる 港町  青い海から 来たんだよ 人のにおいが 恋しくなって 陸の空気が 吸いたくなって 海のあらくれ このおれだって 風に風に 口笛で 吹いてみたいよ 恋の歌  二本マストで 来たんだよ 肩にはおった 毛皮のジャンバー おれの財産 バッグを下げて 沖の彼方に 夕日が沈みゃ ひとりひとり しんみりと 酒も飲みたい 港町
たそがれの御堂筋神戸一郎神戸一郎能勢英男米山正夫胸深く 君想う 舗道につゞくこの並木 あの時の 影のこす 銀杏の梢 君と歩いた 想い出よ 腕に縋った あの瞳 あゝ かえらぬ人 消えた靴音 たそがれの たそがれの 御堂筋  耳もとで 恋人と 呼んでもいゝと さゝやいた いつまでも いつまでも よりそいながら 星は明るく 輝いて 風は歌った 恋の唄 あゝ 二人だけの 楽しい路よ たそがれの たそがれの 御堂筋  涙ぐみ ひとり往く 近づく夜の 並木路 追憶(おもいで)は あのビルに ともる窓の灯 メトロへ降りる 階段の 手すりに浮かぶ 白い指 あゝ かえらぬ人 儚ない夢よ たそがれの たそがれの 御堂筋
憧れのエコーライン北原謙二北原謙二西平守功・補作詞:西條八十米山正夫空がある ある ある すぐそこに 雲が飛ぶ 飛ぶ 飛ぶ すぐそこに ゆれる駒草 朝風さわやか 若い命の声かぎり ヤッホーと叫ぼうよ 君とゆく あこがれの あゝ 蔵王エコーラインよ  夢がある ある ある すぐそこに 峰が立つ 立つ 立つ すぐそこに 白く平らなドライブウェイは 花の銀座とおなじこと 山彦は旅の友 君とゆく あこがれの あゝ 蔵王エコーラインよ  鳥の声 声 声 夢の歌 樹氷咲く 咲く 咲く 山の宿 あゝすばらしい原始のみどりよ 若い命の楽しさに ヤッホーを叫ぼうよ 君とゆく あこがれの あゝ 蔵王エコーラインよ
泣きとうござんす守屋浩守屋浩関沢新一米山正夫ジンと来ちゃうぜ 日の暮れは 西も東も 知らぬ村 知っているのは 賽の眼ばかり 風にまかせて ホイのホイのホイ イヤサ 泣きとうござんす 三度笠  抜きやしねえよ 男なら 切った張ったじゃ 釣りが来らあ ぐんとぶっ込む 一本刀 意地っ張りだぜ ホイのホイのホイ イヤサ 泣きとうござんす 旅烏  捨てた恋なら すっぱりと 切れた草鞋と ともどもに どうせ添えない 股旅ぐらし 月も片割れ ホイのホイのホイ イヤサ 泣きとうござんす 旅の空
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
花笠道中岡林信康岡林信康米山正夫米山正夫これこれ 石の地蔵さん 西へ行くのは こっちかえ だまって居ては 判らない ぽっかり浮かんだ 白い雲 何やらさみしい 旅の空 いとし殿御の こころの中は 雲におききと 言うのかえ  もしもし野田の 案山子さん 西へ行くのは こっちかえ だまって居ては 判らない 蓮華たんぽぽ 花盛り 何やら悲しい 旅の空 いとし殿御の こころの中は 風におききと 言うのかえ  さてさて 旅は遠いもの 田舎の道は つづくもの そこでしばらく 立ち止まる 流れて消える 白い雲 やがて蓮華も 散るだろう いとし殿御と 花笠道中 せめて寄り添う 道の端
津軽のふるさと岡林信康岡林信康米山正夫米山正夫りんごのふるさとは 北国の果て うらうらと 山肌に 抱かれて 夢を見た あの頃の想い出 ああ 今いずこに りんごのふるさとは 北国の果て  りんごのふるさとは 雪国の果て 晴れた日は 晴れた日は 船がゆく 日本海 海の色は 碧く ああ 夢は遠く りんごのふるさとは 雪国の果て  ああ 津軽の海よ山よ いつの日もなつかし 津軽のふるさと
津軽のふるさと松原健之松原健之米山正夫米山正夫りんごのふるさとは 北国の果て うらうらと 山肌に 抱(いだ)かれて 夢を見た あの頃の想い出 ああ 今いずこに りんごのふるさとは 北国の果て  りんごのふるさとは 雪国の果て 晴れた日は 晴れた日は 船がゆく 日本海 海の色は 碧く ああ 夢は遠く りんごのふるさとは 雪国の果て  ああ 津軽の海よ山よ いつの日もなつかし 津軽のふるさと
ルーラ・ルーラ・ルー美空ひばり美空ひばり石本美由起米山正夫くるくる くるくる くるくる くるくる 廻るたび 来る来る来る来る 来る来る来る来るあの夢が それはふるさとの とおい想い出よ 幼いあの日の 面影よ 廻れ廻れゆめよ 廻れ廻れ星よ ルーラルーラルー ルーラルーラルー うたえばたのしい ルーラルーラルー  くるくる くるくる くるくる くるくる 廻るたび 来る来る来る来る 来る来る来る来る倖せが いつも咲いて居た 赤いけしの花 二人を結ぶの 花言葉 廻れ廻れゆめよ 廻れ廻れ星よ ルーラルーラルー ルーラルーラルー うたえばたのしい ルーラルーラルー
ラースト・ナイト美空ひばり美空ひばり米山正夫米山正夫ラースト ナイト 並木の道で ラースト ナイト 約束したの 愛して居るよ その一言に 熱くかわした あの接吻 ラースト ナイト 忘れられない ラースト ナイト ラースト ナイト  ラースト ナイト 星を仰いで ラースト ナイト 指切りしたの 恋ってすてき そう囁いて そっと抱かれた あのひとゝき ラースト ナイト 想い出の夜 ラースト ナイト ラースト ナイト ラースト ナイト 想い出の夜 ラースト ナイト ラースト ナイト
星は知っている美空ひばり美空ひばり米山正夫米山正夫君によりそい いつまでも 語る夜空の 星の下 悲しかった あの頃 さびしかった とおい日 こらえ切れずに 泣いたっけ そっと涙を 拭いたっけ 今はたのしい 想い出よ 想い出よ  とても静かな 夜だから 花の薫りが 立ちこめる 忘られぬ あの宵 咲いていた この花 そしてさよなら 言ったっけ 君に別れを 告げたっけ それも昨日の 想い出よ 想い出よ  星はなんでも 知っている じっと空から 見つめてる 冷たかった たそがれ 一人ぼっちの 露地裏 そっと小声で 呼んだっけ 君の名前を 呼んだっけ みんな二人の 想い出よ 想い出よ
みれん町美川憲一美川憲一西沢爽米山正夫命までもと 思ったひとは 遠い他人に なりました 恋にすがって 捨てられて 恋をうらんで またすがる むせぶ夜霧の ああ 盛り場は…… しょせん女の しょせん女の みれん町  酒の好みも 煙草のくせも 知らず似るように なりました こんど女に 生れたら もしもあなたに 逢ったなら 愛したくない ああ 愛したい…… しょせん女の しょせん女の みれん町  酔ったはずみと 別れに言った 男ごころに 泣きました バカな私が かなしくて 指でおさえた ほつれ髪 いいえあなたが ああ 憎めない…… しょせん女の しょせん女の みれん町
リンゴ追分山崎ハコ山崎ハコ小沢不二夫米山正夫リンゴの花びらが 風に散ったよな 月夜に月夜に そっと え…… つがる娘は ないたとさ つらい別れを ないたとさ リンゴの花びらが 風に散ったよな ああ……  お岩木山のてっぺんを 綿みてえな白い雲が ポッカリポッカリながれてゆき 桃の花が咲き さくらが咲き そいから 早咲きのリンゴの花ッコが咲く頃は おらだちのいちばんたのしい季節だなや だども じっぱり無情の雨こさふって 白い花びらを散らすころ おら、あのころ東京さで死んだ お母ちゃんのことを思い出して おら、おら……  つがる娘は ないたとさ つらい別れを ないたとさ リンゴの花びらが 風に散ったよな ああ……
関東春雨傘天童よしみ天童よしみ米山正夫米山正夫関東一円 雨降るときは さして行こうよ 蛇の目傘 どうせこっちは ぶん流し エー エー… エー抜けるもんなら 抜いてみな 斬れるもんなら 斬ってみな さあ さあ さあさあさあさあ あとにゃ引かない 女伊達(だて)  花が散ります 桜の花が 太く短い 命なら 派手に行こうよ この啖呵 エー エー… エー抜けるもんなら 抜いてみな 斬れるもんなら 斬ってみな さあ さあ さあさあさあさあ こわいものなし 女伊達  女だてらに 朱鞘(しゅざや)を差して 罪でござんす ご時世が やくざ渡世の 身の辛さ エー エー… エー抜けるもんなら 抜いてみな 斬れるもんなら 斬ってみな さあ さあ さあさあさあさあ 恋も知らない 女伊達
関東春雨傘神野美伽神野美伽米山正夫米山正夫関東一円 雨降る時は さして行こうよ 蛇の目傘 どうせこっちは ぶん流し エー エー… エー 抜けるもんなら抜いてみな 斬れるもんなら 斬ってみな さあ さあ さあさあさあさあ 後にゃ引かない 女伊達(だて)  花が散ります 桜の花が 太く短い 命なら はでにいこうよ この啖呵(たんか) エー エー… エー 抜けるもんなら抜いてみな 斬れるもんなら 斬ってみな さあ さあ さあさあさあさあ こわいものなし 女伊達(だて)  女だてらに 朱鞘(しゅざや)をさして 罪でござんす ご時世が やくざ渡世の 身の辛さ エー エー… エー 抜けるもんなら抜いてみな 斬れるもんなら 斬ってみな さあ さあ さあさあさあさあ 恋も知らない 女伊達(だて)
リンゴ追分神野美伽神野美伽小沢不二夫米山正夫リンゴの花びらが 風に散ったよな 月夜に月夜に そっと ええ…… つがる娘は ないたとさ つらい別れを ないたとさ リンゴの花びらが 風に散ったよな ああ……  お岩木山のてっぺんを 綿みてえな白い雲が ポッカリポッカリながれてゆき 桃の花が咲き 桜が咲き そいから早咲きのリンゴの花ッコが咲くころは おらだちのいちばんたのしい季節だなや― だども じっぱり無情の雨こさふって 白い花びらを散らすころ おら あのころ東京さで死んだ お母ちゃんのことを思い出して おら おら……  つがる娘は ないたとさ つらい別れを ないたとさ リンゴの花びらが 風に散ったよな ああ……
津軽のふるさと畠山美由紀 with ASA-CHANG&ブルーハッツ畠山美由紀 with ASA-CHANG&ブルーハッツ米山正夫米山正夫ASA-CHANG・鈴木正人りんごのふるさとは 北国の果て うらうらと 山肌に 抱かれて 夢を見た あの頃の想い出 あぁ 今いずこに りんごのふるさとは 北国の果て  りんごのふるさとは 雪国の果て 晴れた日は 晴れた日は 船がゆく 日本海 海のいろは 碧く あぁ 夢は遠く りんごのふるさとは 雪国の果て  あぁ 津軽の海よ山よ いつの日もなつかし 津軽のふるさと
恋人は君ひとり山岡英二(吉幾三)山岡英二(吉幾三)能勢英男米山正夫虹は消えないうちに 花は散らないうちに 恋はさめないうちに 語り合おう 君と僕 男なら決めよう 恋人は君ひとり 追いかけろ あの雲を つかまえろ この恋を  歌は忘れぬうちに 風は過ぎないうちに 愛はこわれぬうちに 語り合おう 君と僕 男なら決めよう 恋人は君ひとり 追いかけろ あの雲を つかまえろ この恋を  男なら決めよう 恋人は君ひとり 追いかけろ あの雲を つかまえろ この恋を つかまえろ この恋を
大川ながし美空ひばり美空ひばり米山正夫米山正夫月は東に 月は東に 陽は西に 春の大川 春の大川 アゝゝゝゝゝ 上り下りの エー 二艘船  ひとつ花びら ひとつ花びら ふたつ紅 花の隅田の 恋の隅田の アゝゝゝゝゝ 水に流れた エー 宵化粧  浮かれ桜に 浮かれ桜に 夜半の雨 濡らすまいぞえ 濡らすまいぞえ アゝゝゝゝゝ 君と二人の エー 傘の中
可愛いティティナ (PRETTY TITINA)美空ひばり美空ひばり米山正夫米山正夫さあ行こうティティナ そら走れティティナ 私の可愛いティティナ そらとばせティティナ さあ急げティティナ 夕日の沈まぬ中に 吹雪をついて何処までも 赤い橇は行く さあ走れティティナ そら急げティティナ 隣村は未だ遠い 白樺の丘をこえて はるかなひろのをこえて 雪は煙る地平線 さあ行こうティティナ そらとばせティティナ わたしの可愛いティティナ あの峠をひとつこえりゃ 隣村はもう近い たのしいペチカは待つよ 隣村は近い  さあ行こうティティナ そら走れティティナ わたしの可愛いティティナ そらとばせティティナ さあいそげティティナ 夕陽の沈まぬ中に 鳴らせよ鈴の音高く 赤い橇は行く さあ走れティティナ そら急げティティナ 隣村は未だ遠い から松の丘をこえて 遥かな峠をこえて 雪は煙る地平線 さあ行こうティティナ そらとばせティティナ わたしの可愛いティティナ お前のひく赤い橇が 隣村に着くころは 木の間に三日月様が ほのかにのぼるだろう ヘイ
こだまは歌うよ美空ひばり美空ひばり米山正夫米山正夫ヤホー(ヤホー)ヤホー(ヤホー)  こだまは歌う ヤホー(ヤホー) たのしく歌う ヤホー(ヤホー) 緑の山 はるかの谷 ヤホー ヤホー ヤホー ヤホー わたしは歌う ヤホー(ヤホー) こだまも歌う ヤホー(ヤホー) そよ吹く風 涼しい風 ヤホー ヤホー ヤホー ああ なつかし この想い出 母の好きな あの歌よ こだまは歌う ヤホー(ヤホー) も一度呼ぼう ヤホー(ヤホー) あちらの山 こちらの谷 ヤホー ヤホー ヤホー(ヤホー)  こだまは歌う ヤホー(ヤホー) 明るく歌う ヤホー(ヤホー) 牧場の牛 枝の小鳥 ヤホー ヤホー ヤホー(ヤホー) 何処かで歌う カッコー(カッコー) こだまも歌う カッコー(カッコー) 森の小経 丘の小立 カッコー カッコー カッコー ああ ゆりかご ゆする様に よせて返す 想い出よ こだまは歌う ヤホー(ヤホー) も一度呼ぼう ヤホー(ヤホー) 真白の雲 夢見るいろ ヤホー ヤホー ヤホー(ヤホー)  こだまは歌う ヤホー(ヤホー) も一度呼ぼう ヤホー(ヤホー) 真白の雲 夢見るいろ ヤホー ヤホー ヤホー(ヤホー)
若草の丘本間千代子本間千代子北里有紀生米山正夫松尾健司そよ風が 匂います 白いシューズが はずみます 若草萌える 丘の径 どこかで小鳥が ふたりの為に すてきな愛の ハミングを ホラ ホラ 唄います唄います  あこがれが 呼んでます 赤いセーターが ゆれてます たのしい今日の 想い出を ふたりのこゝろに やさしく刻む はるかな空で 鐘の音が ホラ ホラ 鳴ってます鳴ってます  幸福(しあわせ)が 待ってます 青いバッグに こぼれます 瞳にしみる 草の色 誰かがもらした 吐息の露が 真珠のように ころがって ホラ ホラ 光ります光ります
純愛の白い砂本間千代子本間千代子米山正夫米山正夫小杉仁三よるべない 流木の やがていつかは 辿りつく あゝ 純愛の白い砂 あなたゞけを あなたゞけを 求めつゝ……  流されて さまよって 水に濡れてる 冷たさよ あゝ 純愛の白い砂 何時の日にか 何時の日にか 逢う時も……  雨も去り 風もやみ 虹がかゞやく その下に あゝ 純愛の白い砂 砂の上に 砂の上に 息絶えて……
いつでも君は水前寺清子水前寺清子星野哲郎米山正夫小杉仁三こころとこころの ほそみちに あなたの小さな 親切が ぽとんと落ちて きらりと燃える ろうそくの火が 燃えてひろがる 一本が十本に 十本が百本に 百本が千本に ふえてゆく いつでもいつでも いつでも君は 夢みる 夢みる 夢みる 星よ  なみだはみんなで わけあって 小さくしようよ お互に この手で街を 明るくしよう 友情の手で 花を植えよう 一本が十本に 十本が百本に 百本が千本に なるんだね 植えよう植えよう 友情の花 咲かそう咲かそう 友情の花  うれしいときには よろこびを みんなに廻して ふやそうよ 小さなままで 終らせないで 乾盃のうた 廻しあおうよ 一本が十本に 十本が百本に 百本が千本に ふえてゆく 小さな小さな 乾盃のうた 大きく大きく 大きくなれ
三百六十五歩のマーチPLATINA LYLIC水前寺清子PLATINA LYLIC水前寺清子星野哲郎米山正夫小杉仁三しあわせは 歩いてこない だから歩いて ゆくんだね 一日一歩 三日で三歩 三歩進んで 二歩さがる 人生は ワン・ツー・パンチ 汗かき べそかき 歩こうよ あなたのつけた 足あとにゃ きれいな花が 咲くでしょう  腕を振って 足をあげて ワン・ツー ワン・ツー 休まないで 歩け ソレ ワン・ツー ワン・ツー ワン・ツー ワン・ツー  しあわせの扉はせまい だからしゃがんで 通るのね 百日百歩 千日千歩 ままになる日も ならぬ日も 人生は ワン・ツー・パンチ あしたのあしたは またあした あなたはいつも 新しい 希望の虹を だいている  腕を振って 足をあげて ワン・ツー ワン・ツー 休まないで 歩け ソレ ワン・ツー ワン・ツー ワン・ツー ワン・ツー  しあわせの 隣りにいても わからない日も あるんだね 一年三百六十五日 一歩違いで にがしても 人生は ワン・ツー・パンチ 歩みを止めずに 夢みよう 千里の道も 一歩から はじまることを 信じよう  腕を振って 足をあげて ワン・ツー ワン・ツー 休まないで 歩け ソレ ワン・ツー ワン・ツー ワン・ツー ワン・ツー
リンゴ追分秋川雅史秋川雅史小沢不二夫米山正夫Edisonリンゴの花びらが 風に散ったよな 月夜に月夜に そっと ええ…… つがる娘は ないたとさ つらい別れをないたとさ リンゴの花びらが 風に散ったよな ああ……  つがる娘は ないたとさ つらい別れを ないたとさ リンゴの花びらが 風に散ったよな ああ……
三面記事の女美川憲一美川憲一小谷夏米山正夫小杉仁三新聞で 見たでしょう おととい私は あの部屋で あなたの心を 見うしない 白い薬を 飲みました あゝ 私は三面記事の女 近づくサイレン 聞きながら あなたの名前を 呼びました  新聞は いじわるね 女のまごころ 知らないで 冷たい人への 面当ての 狂言自殺といってます あゝ 私は三面記事の女 面会謝絶の 病室で 白い涙を 拭きました  新聞は みたくない 死にきれなかった あの日から くる日もくる日も 目に入る 不幸な女の ことばかり あゝ 私は三面記事の女 噂もやがては 消えるから 忘れて下さい 忘れます
雨の隅田河岸美空ひばり美空ひばり西沢爽米山正夫福田正傘をかしげて ふとすれちがう 柳ちる夜の 隅田河岸 えゝ 別れた頃より しあわせそうな 憎い 恋しい‥‥ 人がゆく  男ごゝろも 隅田の水も いちど流れりゃ かえりゃせぬ えゝ 未練とおもえば 口惜しいけれど もとは 他人じゃ‥‥ ないお人  むせぶ「ながし」の あの三昧の音も 雨に消えゆく 隅田河岸 えゝ 勝気といわれた 女がひとり 泣いて おります‥‥ しみじみと
津軽のふるさと秋川雅史秋川雅史米山正夫米山正夫Edisonりんごのふるさとは 北国の果て うらうらと 山肌に 抱かれて 夢を見た あの頃の想い出 ああ 今いずこに りんごのふるさとは 北国の果て  りんごのふるさとは 雪国の果て 晴れた日は 晴れた日は 船がゆく 日本海 海のいろは 碧く ああ 夢は遠く りんごのふるさとは 雪国の果て  ああ 津軽の海よ山よ いつの日もなつかし 津軽のふるさと
漁港列島小林旭小林旭能勢英男米山正夫荒い浪越え 行く船は 海の男が 決めた船 こゝは北国 霧の海 港函館 釧路港 雪のノサップ 利尻富士  港々に 寄る船は 海の男が 決めた船 かもめ 魚市 祭り唄 こゝは八戸 気仙沼 逢って帰ろか 石巻  いつもやさしい 三崎の灯 海の男が 決めた船 たぐる曳網 しまる網 尾鷲 師崎 和具 波切 田辺 洲本の 灯が見える  いつも明るい 可愛いい娘 海の男が 決めた船 嫁に来いよと 言おうかな 奈良尾 勝本 牛深に 咲いた あの花 島の花
西銀座五番街西郷輝彦西郷輝彦米山正夫米山正夫若い僕等にゃ 夢がある 街の灯りにゃ 恋がある そしてあの娘は 純粋さ フェアプレーで いくまでさ Sixty-six Sixty-six 一九六六(ナインティーン シックスティシックス) 西銀座五番街  いつか二人は 肩を組む 同じ調子で 歌ってる そんなつもりじゃ なくっても 若いこころが こうさせる Sixty-six Sixty-six 一九六六(ナインティーン シックスティシックス) 西銀座五番街  金も車も ないけれど 若いこころは はずんでる それでいいんだ 僕等には とても素敵な 明日がある Sixty-six Sixty-six 一九六六(ナインティーン シックスティシックス) 西銀座五番街
涙をありがとう西郷輝彦西郷輝彦関根浩子米山正夫兄貴ッ!  呼んでも帰らぬ 兄貴だけれど こんな時には さみしい時は 泣きにくるんだ 兄貴のそばへ 涙を 涙を ありがとう どこかでやさしい 声がする  なぐさめはげまし かばってくれた つよい兄貴を うばった海を じっとにらんで 墓標をだけば 涙を 涙を ありがとう どこかで兄貴の 声がする  あの娘の代りに 今年は僕が ひとりささげる 霧島つつじ なにか云えよと 拳をにぎりゃ 涙を 涙を ありがとう 日暮れのそらから 声がする  兄貴ッ!
初恋によろしく西郷輝彦西郷輝彦星野哲郎米山正夫想い出しておくれ 想い出しておくれ 野ばらよ野ばら 棘ある野ばら 想い出しておくれ 君と君と君と 歩いたこの小道 あゝ そよ風も ほらささやくよ 初恋によろしく  花は咲いたけれど 花は咲いたけれど ちくりと痛い 野ばらの棘よ 花は咲いたけれど だけどだけどだけど 君は何処にいるの あゝ そよ風も ほらささやくよ 初恋によろしく  いつか晴れるだろう いつか晴れるだろう ちくりと痛い 僕のこの胸 いつか晴れるだろう いまもいまもいまも 忘れぬあのひとみ あゝ そよ風も ほらささやくよ 初恋によろしく
山を守る兄弟美空ひばり美空ひばり西條八十米山正夫米山正夫鞭を鳴らせば 龍膽の 花がちるちる 朝露に 山は晴れだよ 今日もまた 黒馬よ行こうよ 尾根越えて おいらは山の子 友だちは ちぎれちぎれの 山の雲 ヤッホー  深山頬白啼く林 可愛い仔鹿が 遊ぶ谷 ひとり唄えば 山彦も 遠く唄うよ 花の中 おいらは山の子 たゞひとり 行くも帰るも たゞひとり ヤッホー  町のあかりも 恋しいが 山は自由の 住むところ 黒馬よ嘶け たてがみが 濡れてやさしい 月が出た おいらは山の子 ねるときも 山の懸巣が 子守唄 ヤッホー
やくざ若衆祭り唄ちあきなおみちあきなおみ米山正夫米山正夫これはお楽しみ 江戸は神田の 若い衆 喧嘩買おうか 目にもの見せようか 祭りなら着ておいで 派手な元禄 大たもと アーレーサー 花が散るような 神田明神 スチャラカチャン チャンチキおかめの 笛太鼓 花にもまれて エー山車(だし)が行く それ ワッショイワッショイ  チョイト待ちなせえ 粋でいなせな 若い衆 腕がみたけりゃ ずんと 抜いて見せようか みこしなら 肌ぬいで 向う鉢巻 紅だすき アー レー サー 酒が降るような 神田明神 スチャラカチャン チャンチキおかめの 笛太鼓 花にもまれて エー山車(だし)が行く それ ワッショイワッショイ
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
小雨のアムール小松おさむとダーク・フェローズ小松おさむとダーク・フェローズ万里村ゆき子米山正夫小杉仁三悲しいさだめと 知ってはいても あきらめきれない あの人だから 夜になったら 泣きたいの グラスぬらして 泣きたいの アムール モナムール アムール モナムール 私の生命を すてたくて  二人で信じた 約束だけど 明日のことなど わかりはしない 夜になったら 泣きたいの 鏡みつめて 泣きたいの アムール モナムール アムール モナムール 私の涙を すてたくて  愛していたって 別れはあると なんども言わせる 貴方がにくい 夜になったら 泣きたいの 雨をかぞえて 泣きたいの アムール モナムール アムール モナムール 私のすべてを すてたくて
駅弁唱歌渥美清渥美清星野哲郎米山正夫北の果てから南まで ところ変われば 品変わる かわる自慢の 駅弁ソング かぞえかぞえて 汽車の旅 弁当ー 弁当ー 弁当ー 弁当ー 弁当ー 弁当ー  僕はあなたと鮎ずしよ お嫁にとりめし 鯛ご飯 幕の内にて かわいい指を おにぎりランチとしてみたい 弁当ー 弁当ー 弁当ー 弁当ー 弁当ー 弁当ー  白い帽子は新婚さん あべ川もちもち きびだんご 若い車掌さんは ちょいと焼竹輪 ちらちら横目を ちらしずし 弁当ー 弁当ー 弁当ー 弁当ー 弁当ー 弁当ー  はい 有難うございます エッ 一万円でお釣を ハイ ちょっとお待ち下さい イエ イエ あわてちゃいけません~ ちゃんと用意してございますから ハイ お釣を イエイエ一万円 今たしかに アッ 弁当よこせ あっ ごめんなさい まだ渡してなかった どうも失礼しました 弁当ー 弁当ー 弁当ー 弁当ー 弁当ー 弁当ー ハイ どうも有難う エッ? ア! おビールを アッ ビールはないんだなあ お弁当どうです もう一ツー これあまってるから いらない? あ そうですか おー ビール! お客さんが呼んでるよ  私もあなたを かねてより お好み弁当 していたの シシャモな気持を シイタケないで サンドにイッチどは 愛してね 弁当ー 弁当ー 弁当ー 弁当ー 弁当ー 弁当ー  物価はうなぎ弁当で シューマイことだと思うけど 男 唇 かきめしながら 明日も うどんとがんばろう 弁当ー 弁当ー 弁当ー 弁当ー 弁当ー 弁当ー  ハイ ハイ エッ 弁当三ツですね 三ツと云うことはー ア ア もう動き出した お客さんもう間にあわない~ また こんどお立ちよりの時 お願いします。 あー 忙しいー 腹すいてきた 弁当食うひまもない もーう! 弁当ー 弁当ー 弁当ー
今日はこれでおしまい渥美清渥美清星野哲郎米山正夫長いものには 巻かれろなんて やぼな説教は しないけど 泣くな怒るな 怒れば負けよ がまんくらべだ 人生は 今日はこれでおしまい 明日があるよと 夕日が燃える  よおッ! 労働者諸君! 本日も一日神聖なる労働 ご苦労さんでした 小父さん まだ怒ってるの あんなこと? 忘れろよ!先が長いんだよ えっ  夜の公園 夏ともなれば どこのベンチも 花盛り 照れもしないで 目ン玉むいて みんなえらいよ よくやるよ 今日はもう これでおしまい 若いお巡りさんは あてられ通し  よおッ 皆さんやってますね 風邪をひかないように して下さいよ 紙くずは 散らかさないように!はい! ハンカチ ハンドバック 忘れものが非常に 多いですから お帰りは気をつけて 下さいよ ああ俺も 恋人が欲しい……  浮気娘と パチンコ球は 男心を弄ぶ 情無用の「ホタルの光」 きけば痛むよ 指のタコ 今日はもう これでおしまい お手々洗って 帰りましょうか  よおッ兄さん今日はどうだった えっ何番で やったの 三十三番と十九番か さんざんいくっていう シャレかい 元気だしなよ おめえ しょんぼり するなよ 二百円ぽっちで 散々遊ばせてもらってさ 欲が深いよ こちら  こぼれ落ちそで 落ちないあの娘 そこで一ぱい また一ぱい 酔ってねばった 閉店間際 耳に頬よせ 口説いたら もう今日は これでおしまい 明日またねと つねられました  小父さん ご機嫌だね 鼻唄なんか 唄っちゃってさ えッいい娘がいたの あっそりゃよかった ああ そんなところで おしっこしちゃだめだよ だめだめ! 早く帰んなきゃ電車なくなるよ えッ明日も早いんだろう
真実一路のマーチGOLD LYLIC水前寺清子GOLD LYLIC水前寺清子星野哲郎米山正夫この世は 長い坂道だけど 長さじゃないよ 人生は 真実一路 生きたなら 短かくたってかまわない かまわない タンバリンリンリン タンバリン タンバリンリンリン タンバリン 鈴を鳴らそう 愛の鈴を タンバリンリンリン タンバリン タンバリンリンリン タンバリン 元気で歩こう タンバリン タンバリン タンバリン  ゆるんだ靴の ひもしめながら しみじみ仰ぐ 青い空 幸福なんて 言うやつは 空から降っちゃこないのさ こないのさ タンバリンリンリン タンバリン タンバリンリンリン タンバリン 鈴を鳴らそう 夢の鈴を タンバリンリンリン タンバリン タンバリンリンリン タンバリン 皆んなで唄おう タンバリン タンバリン タンバリン  タンバリンリンリン タンバリン タンバリンリンリン タンバリン 鈴を鳴らそう 夢の鈴を タンバリンリンリン タンバリン タンバリンリンリン タンバリン 皆んなで唄おう タンバリン タンバリン タンバリン
恋のGT西郷輝彦西郷輝彦米山正夫米山正夫恋のGT レバーを引けば 白く流れる センターライン 上るよ上る スピード メーター うなるよ うなる その排気音 飛ばせ 飛ばせ 飛ばせ 飛ばせ ダッシュ ダッシュ ゴウゴウゴウゴウ がっちり行こう 恋のGT  恋のGT あの娘の顔が やけにちらつく このサーキット 邪魔する奴に 遠慮はいらぬ とらえて見せる こんどのカーブ やるぞ やるぞ やるぞ やるぞ ダッシュ ダッシュ ゴウゴウゴウゴウ こっちのものさ 恋のGT  恋のGT ハートが燃えて デットヒートの エンジンふかす 白いぞ雲は 青いぞ空は ぜったいなのさ あの娘と僕は いいぞ いいぞ いいぞ いいぞ ダッシュ ダッシュ ゴウゴウゴウゴウ 体当りだよ 恋のGT
あの星と歩こう西郷輝彦西郷輝彦能勢英男米山正夫あの星と 歩こう あの星と 歩こう あの人の瞳に 似通ようよ あの星 この胸の 悲しさを あの星と 語ろうよ  あの星と 歩こう あの星と 探そう 消え去りし しあわせ 想い出の瞳よ 今はただ 唯ひとり あの星と 歩こう  今はただ 唯ひとり あの星と 歩こう 歩こう 歩こう
恋人をさがそう西郷輝彦西郷輝彦原とし子米山正夫一人で行くよりも 二人の方が この道は この道は たのしいだろう 一人で見るよりも 二人の方が あの空は あの空は きれいに見えるだろう 楡の木蔭にさす 白い月明かり 一人で居るよりも 二人の方が 恋人をさがそう すてきな恋人を 恋人をさがそう すてきな恋人を  一人で居るよりも 二人の方が この部屋は この部屋は あたたかいだろう 一人で待つよりも 二人の方が しあわせは しあわせは 早く来るだろう 想い出のただよう コーヒーポット 一人で飲むよりも 二人の方が 恋人をさがそう すてきな恋人を 恋人をさがそう すてきな恋人を  恋人をさがそう すてきな恋人を 恋人をさがそう すてきな恋人を 恋人 恋人
君でいっぱい西郷輝彦西郷輝彦星野哲郎米山正夫いつから君は 恋を知り いつから君は この僕の こころの中に 来ていたの 瞳のおくに 来ていたの 君で 君で 君だけで 君で 君で 君だけで いっぱいなんだ 僕の胸 はりさけそうな 僕の胸 愛してるのは 君だけなんだ  誰から君は そんな眼を 誰から君は その声を おしえる人もいないのに どうして君は 覚えたの  君で 君で 君だけで 君で 君で 君だけで いっぱいなんだ 僕の胸 せつないまでの 僕の胸 こころは君で いっぱいなんだ  君で 君で 君だけで 君で 君で 君だけで いっぱいなんだ 僕の胸 せつないまでの 僕の胸 こころは君で いっぱいなんだ
虹を買おう西郷輝彦西郷輝彦磯村浩米山正夫愛の涙の 愛の涙の 降りそそぐ 君の手を にぎりしめてる にぎりしめてる 僕のまごころ ただそれだけで ただそれだけで しあわせな僕なんだ 君といるだけで しあわせな 僕なんだ 虹を買おう 虹を買おう 二人のために 虹を買おう 虹を買おう 二人のために  恋のいのちの 恋のいのちの 限りある この身でも 捧げつくそう 捧げつくそう 君のためなら  愛のすべてを 愛のすべてを 信じてる僕なんだ 虹の七色を 信じてる 僕なんだ 虹を買おう 虹を買おう 二人のために 虹を買おう 虹を買おう 二人のために  愛のすべてを 愛のすべてを 信じてる僕なんだ 虹の七色を 信じてる 僕なんだ 虹を買おう 虹を買おう 二人のために 虹を買おう 虹を買おう 二人のために
三日月のバロック西郷輝彦西郷輝彦関沢新一米山正夫どうしてあんなことを 言ったのだろう 三日月を見ていると とてもたまらない  愛し合ってた 二人なのに ひどいこと 言っちゃった 愛してなんか いないって…。 どうしてあんなことを言ったのだろう 三日月のトゲが こころにいたい  わかっておくれよ あの夜は嘘さ 三日月のひかりが とても冷たくて こころにもない 愛の終り 今いちど よみがえれ 一人じゃ死んで しまいそう わかっておくれよ あの夜は嘘さ 三日月のトゲが かなしくうづく  愛し合ってた 二人なのに ひどいこと 言っちゃった 愛してなんか いないって…。 どうしてあんなことを言ったのだろう 三日月のトゲが こころにいたい
恋人ならば西郷輝彦西郷輝彦米山正夫米山正夫恋人ならば 恋人ならば やさしく肩を 抱きしめようよ 二人で居れば それだけで ふるえちゃうのさ しあわせなのさ 誰に遠慮が いるものか ブムババ ブムババ ブムババ ブムバ ブムババ ブムババ ブムババ ブムバ 誰に遠慮が いるものか  スポーツカーで スポーツカーで あいつ等 派手に 飛ばすがいいさ 関係ないぜ そんなもの 君さえ居れば ごきげんなのさ 僕さえ居れば それでいい ブムババ ブムババ ブムババ ブムバ ブムババ ブムババ ブムババ ブムバ 僕さえ居れば それでいい  焼けつく砂に 焼けつく砂に 僕等二人の すてきな季節 ダークブルーの サングラス 鴎も海も みんな碧だよ 恋も涙も みんな碧 ブムババ ブムババ ブムババ ブムバ ブムババ ブムババ ブムババ ブムバ 恋も涙も みんな碧
東京銀座は他人町小林旭小林旭能勢英男米山正夫小杉仁三いいじゃないのよ そんなこと お国訛りが つい出ても かくし切れない 女の過去を いじめるもんじゃ なくってよ 銀座 銀座 銀座はふるさとのない そんな女の 他人町  さっきあなたに 遇ったとき もしやと胸を 押えたの 声も仕草も すてきに似てる わけありだった あの人に 銀座 銀座 銀座は思い出すてた そんな女の 他人町  あなた札幌 うち博多 それが銀座で ふれ合った 他人同志の 不思議な縁よ グラスをせめて 合わせてね 銀座 銀座 銀座は恋さえしない そんな女の 他人町
あなたと旅をすれば美空ひばり美空ひばり西條八十米山正夫福田正あなたと旅をすれば 月日もわからない うれしさに たのしさに 山のみどりも 川の瀬音も ほんのりと あ ほんのり ほんのりほほほんのり 夢の中  あなたと旅をすれば ふたりの影法師 寄り添って 重なって 遠い山彦 廻る水車も ほんのりと あ ほんのり ほんのりほほほんのり 恋の歌  あなたと旅をすれば 日暮もなつかしい 三日月が ちらと出て 赤いあかりが 宿のあかりが ほんのりと あ ほんのり ほんのりほほほんのり 揺れて待つ
鳶ヒョロヒョロ燕がスイ美空ひばり美空ひばり西沢爽米山正夫旅の娘が ちらりと笑くぼ 乙な気持で すれちがう とろり とろりや とんとろり 鳶 ヒョロヒョロ 燕がスイ せめてもいちど エゝ 顔見たや  寄っていこうか 渋茶に団子 茶屋のあねさん 手で招く とろり とろりや とんとろり 鳶 ヒョロヒョロ 燕がスイ 先で待つ娘が エゝ いるじゃなし  一人旅でも 青空見れば 胸も晴れます 唄もでる とろり とろりや とんとろり 鳶 ヒョロヒョロ 燕がスイ 駕籠でゆくほど エゝ 野暮じゃない
ひばりのチャチャチャ美空ひばり美空ひばり米山正夫米山正夫さあさ歌えよ みんなで歌えよ あなたもわたしも チャチャチャ 調子合わせて 拍子揃えて 小鳥がスケート する様に チャチャチャうたえば こゝろは弾むよ あなたもわたしも チャチャチャ さあさ踊れよ 皆でおどれよ リズムにのって チャチャチャ 踊りましょう チャチャチャ 歌いましょう ホラ玩具の 楽隊 ラッタッタ ソラウインナワルツは ブンチャチャ ホラ田舎の機関車 シュッポッポ ソラ景気をつけましょう チャチャチャ歌えば 心ははずむよ あなたもわたしも チャチャチャ さあさ踊れよ みんなで歌えよ リズムに のって  あの子も音痴よ この子も音痴よ 調子をはずして チャチャチャ あばたもえくぼよ 音痴は愛嬌 調子ぱずれは いい度胸 チャチャチャ歌えば こころは弾むよ あなたもわたしも チャチャチャ さあさ踊れよ みんなで歌えよ リズムにのって チャチャチャ 踊りましょう チャチャチャ 歌いましょう ホラ鳴らないギターは ビンビンビン ソラ空のタクシー ブーブーブー ホラ兎は寝すぎて ピョンピョンピョン ソラ景気をつけましょう  チャチャチャ歌えば 心ははずむよ あなたもわたしも チャチャチャ さあさ踊れよ みんなで歌えよ リズムにのって チャチャチャ 踊りましょう チャチャチャ 歌いましょう ホラ鳴らないギターは ビンビンビン ソラ空のタクシー ブーブーブー ホラ兎は寝すぎて ピョンピョンピョン ソラ景気をつけましょう チャチャチャ歌えば 心ははずむよ あなたもわたしも チャチャチャ さあさ踊れよ みんなで歌えよ リズムにのって チャチャチャ
ひばりのドドンパ美空ひばり美空ひばり米山正夫米山正夫わたしはドドンパむすめ いつでも本気で 勝負する 雨が降っても 降らなくても ゴムの長靴 ブカブカと 人が見ようが 笑おうが そんなことなど ヘイッチャラ わたしは わたしの 道を行く  ドドンパ ドドンパ ドドンパッと来て ドドンパ どんなことでも ドドンと一発 体当り 体当り ドドンパ ドドンパ ドドンパッと来て ドドンパ  わたしはドドンパむすめ めそめそすることは 大嫌い 好きになっても ならなくても 恋はそよ風 青い空 たとえ希望の 風船が 飛んで逃げよと ヘイッチャラ わたしは わたしの 道を行く  ドドンパ ドドンパ ドドンパッと来て ドドンパ どんなことでも ドドンと一発 体当り 体当り ドドンパ ドドンパ ドドンパッと来て ドドンパ  わたしはドドンパむすめ なんでも本気で 勝負する 花が咲いても 咲かなくても 春は春だよ 若い春 今日も飛乗り 飛降りる ダンプカーでも ヘィッチャラ わたしは わたしの 道を行く  ドドンパ ドドンパ ドドンパッと来て ドドンパ どんなことでも ドドンと一発 体当り 体当り ドドンパ ドドンパ ドドンパッと来て ドドンパ
リンゴ追分トワ・エ・モワトワ・エ・モワ小沢不二夫米山正夫中村由利子リンゴの花びらが 風に散ったよな 月夜に月夜に そっと えええ……  つがる娘は ないたとさ つらい別れを ないたとさ リンゴの花びらが 風に散ったよな あああ……  つがる娘は ないたとさ つらい別れを ないたとさ リンゴの花びらが 風に散ったよな あああ‥‥‥
兄妹の星西郷輝彦・水沢有美西郷輝彦・水沢有美米山正夫米山正夫あの星は あの星は 兄さんの星 この星は この星は 妹の星 幼い頃に二人して 星をみつめた想い出よ あの星は あの星は しあわせの星 兄さん フムフム 覚えて居ます 母さん恋しと泣いた夜を それも それも それも それも 今は楽しい想い出よ  白い花は 白い花は 山百合の花 赤い花は 赤い花は ひなげしの花 兄さん都へ発つ朝に 涙で作った花束よ あの花は あの花は しあわせの花 兄さん フムフム 手を振りながら 別れたあの丘あの小道 それも それも それも それも 今は楽しい想い出よ  あの夢も あの夢も 遠く飛び去り この夢も この夢も はるかな昔 苦しい事や辛い日を 共にはげまし越えて来た あの夢は あの夢は しあわせの夢 兄さん フムフム ほらご覧なさい 兄妹の星を あの星を それも それも それも それも 今は楽しい想い出よ
菊五郎格子美空ひばり美空ひばり西條八十米山正夫松尾健司十八娘の 緋鹿子の 手柄がくずれて 富士額 弁天小僧が きる啖呵 知らざあ言って 聞かせやしょう なつかしいぞえ 菊五郎格子  歌舞伎の桟敷が 縁となり あなたとわたしが 合蛇の目 これきり別れりゃ 女でも 闇夜があるから 覚えてろ なつかしいぞえ 菊五郎格子  銀座の柳を 吹く風に 幟がゆれます 木挽町 通ればかおるよ 白菊が 面影うつした 鏡獅子 なつかしいぞえ 菊五郎格子
大巨獣ガッパ美樹克彦美樹克彦一条ひかり米山正夫火を吹く島か 空飛ぶ岩か 宇宙の神秘 怪獣ガッパ 南の海の 波間に深く 幾万年も 住んでるという 一度怒れば 天地も裂ける 嵐のような その叫び声 宇宙の神秘 怪獣ガッパ ガッパ ガッパ ガッパ ガッパ  翼と翼 ふれあうように 大空高く 旋回すれば 歓喜の叫び 世界にひびく さよなら日本 さよならガッパ 真赤にもえた 太陽うけて 仲良く親子 故郷に帰る 仲良く親子 故郷に帰る ガッパ ガッパ ガッパ ガッパ  真赤にもえた 太陽うけて 仲良く親子 故郷に帰る 仲良く親子 故郷に帰る ガッパ ガッパ ガッパ ガッパ
リンゴ追分森山良子森山良子小沢不二夫米山正夫今剛リンゴの花びらが 風に散ったよな 月夜に月夜に そっと ええ…… つがる娘は ないたとさ つらい別れを ないたとさ リンゴの花びらが 風に散ったよな ああ……  お岩木山のてっぺんを綿みてえな白い雲がポッカリポッカリながれてゆき、 桃の花が咲きさくらが咲きそいから早咲きのリンゴの花ッコが咲くころは、 おらだちのいちばんたのしい季節だなや。 だどもじっぱり無情の雨こさふって白い花びらを散らすころ、 おら、あのころ東京さで死んだお母ちゃんのことを思い出して、 おら、おら……  つがる娘は ないたとさ つらい別れを ないたとさ リンゴの花びらが 風に散ったよな ああ……
思い出は雲に似て近江俊郎近江俊郎米山正夫米山正夫思い出は思い出は 流れゆく雲か 浮びては消えてゆく 青空の彼方 はるかに遠き日を 呼び返すごと 群れ飛ぶよ群れ飛ぶよ 夢のかずかず  そよ風はそよ風は わが胸を揺すり 汐鳴りは汐鳴りは こゝろ浸すよ 海ちかき丘の 小草を敷いて 柔かき黒髪に 触れしあの頃  あの雲はあの雲は 何を語らい この雲はこの雲は 何をさゝやく 瞼に残るは 白きおもかげ 思い出は雲に似て あわれ儚し
水車小屋の花近江俊郎近江俊郎鈴木比呂志米山正夫青い青い たにがわの水 そしてほら あの水車小屋の 花のような ひとりむすめと なにげなく 話しかけては なにげなく 別れたまでの ただ それだけの 花だったよ 青い青い たにがわの水 いつか心も ぬらしてしまう  青い青い ふるさとの川 そしてほら あの水車小屋の 虹のような 夢のかずかず 桑の実を 水に散らして 桑の実の 紅をとかして ただ それだけの 夢だったよ 青い青い ふるさとの川 いつか憶いを 浸してしまう
山小舎の灯近江俊郎、コロムビア女声合唱団近江俊郎、コロムビア女声合唱団米山正夫米山正夫黄昏の灯は ほのかに点りて 懐しき山小舎は 麓の小径よ 想い出の窓に凭り 君を偲べば 風は過ぎし日の 歌をば囁くよ  昏れゆくは白馬か 穂高は茜よ 樺の木のほの白き 影も薄れゆく 寂しさに君呼べど 我が声空しく 遥か谷間より 谺はかえり来る  山小舎の灯は 今宵も点りて 独り聞くせせらぎも 静かに更けゆく 憧れは若き日の 夢をのせて 夕べ星のごと み空に群れとぶよ
森の水車並木路子並木路子清水みのる米山正夫緑の森の かなたから 陽気な唄が きこえましょう あれは水車の 廻る音 耳をすまして おききなさい  「コトコトコットン コトコトコットン ファミレドシドレミファ コトコトコットン コトコトコットン 仕事にはげみましょう コトコトコットン コトコトコットン いつの日か 楽しい春が やって来る」  雨の降る日も 風の夜も 森の水車は やすみなく 粉挽臼の 拍車とり 愉快に唄を 続けます  「コトコトコットン コトコトコットン ファミレドシドレミファ コトコトコットン コトコトコットン 仕事にはげみましょう コトコトコットン コトコトコットン いつの日か 楽しい春が やって来る」  もしもあなたが なまけたり 遊んでいたく なったとき 森の水車の 唄聲を 一人静に おききなさい  「コトコトコットン コトコトコットン ファミレドシドレミファ コトコトコットン コトコトコットン 仕事にはげみましょう コトコトコットン コトコトコットン いつの日か 楽しい春が やって来る」
ロカビリー剣法美空ひばり美空ひばり米山正夫米山正夫そっちが抜くなら こっちも抜くぞ 噛んだ鯉口 抜く手は見せぬ これが当世 はやりの剣法 ことのついでに 教えてやろう これが正眼 無念のかまえ 次は上段 無想のかまえ 片手上段 無敵のかまえ ソーレ ゆくぞっ 面だっ 胴だっ 小手だっ 小手だっ 突きだっ 抜いたら最後だ さらばだっ 念仏覚悟で おいでよ 腕に覚えの 業物 水もたまらぬ 切れ味 エイッ  かよわいもんだよ 男の腕は おっとどっこい その手にゃのらぬ 女だからと 侮るまいぞ 今の女は とっても強いよ 机竜之助 音なしのかまえ 柳生但馬は 新陰流よ 北辰一刀 千葉周作よ ソーレ ゆくぞっ 面だっ 胴だっ 小手だっ 小手だっ 突きだっ これが真向 竹割り これが天狗の 飛切り これが佐々木 小次郎の つばめ返しの 極意だよ エイッ  抜くは御法度 斬るのも法度 それを承知で かかってくるは なんと見上げた 度胸でござる とんで灯に入る 虫けら共め 鞍馬天狗は 疾風迅雷 丹下左膳は 一杯機嫌 国定忠治は 笑って斬るよ ソーレ ゆくぞっ 面だっ 胴だっ 小手だっ 小手だっ 突きだっ さあさあお次の 番だよ 一人一人は面倒 どうせ刀の 錆だよ 束にまるめて 血祭り エイッ
日和下駄美空ひばり美空ひばり米山正夫米山正夫日和下駄 日和下駄 何処へ行きゃるか 露地のほそみち カラコロと 通りがけかよ カラコロと 下駄をならして 思わせぶりな 思わせぶりな わたしゃ ちょっくら願かけに 観音様へ 願かけに 今日は縁日 御命日 ねがいをかなえて 下しゃんせ 下しゃんせ お待ちなさい お待ちなさい それじゃ私も そこまで一緒に 参りましょう ついでに拝んで 参りましょう いわしの頭も 信心からだよ 信心からだよ 春は日和よ 花なら見頃 チョイト見交す 顔と顔 何故か気になる エーあの素振り カラコロカラコロカラコロカラ カラコロカラコロカラコロカラ カラコロカラコロカラコロカラ カラコロカラコロカラコロカラ カラコロカラコロカラコロカラコロ おっと危ない そこは水溜り  日和下駄 日和下駄 おっとしまった 赤い鼻緒が 切れました どうぞわたしに つかまって 二人一緒に お詣りしましょ お詣りしましょ いえいえそれじゃ はずかしい 人目もあろうと 言うものよ どうぞわたしに かまわずに 一と足お先へ 行かしゃんせ 行かしゃんせ 何としょう 何としょう それじゃ私が 鼻緒を立てて 上げましょう 古い鼻緒は お捨てなさい 切れた鼻緒は 縁起がわるいよ 縁起がわるいよ 春は日長よ 御縁日ゃ遠い チョイトはずかし 肩と肩 いつか物言う エー眼差しが カラコロカラコロカラコロカラ カラコロカラコロカラコロカラ カラコロカラコロカラコロカラ カラコロカラコロカラコロカラ カラコロカラコロカラコロカラコロ おっと危ない 横丁の黒犬よ
長崎の蝶々さん美空ひばり美空ひばり米山正夫米山正夫肥前長崎 港町 異人屋敷の たそがれは 何故かさびしい 振袖人形 恋の絵日傘 くるくると 蝶々さん 蝶々さん 桜の花が 咲く頃に お船がかえって 来ると言う 花のロマンス 長崎 長崎 長崎 港町  風は南の 夢の町 晴れた天主(クルス)の 丘の上 背伸びして見る はるかな海よ 三本 マストは 未だ見えぬ 蝶々さん 蝶々さん 花は咲いても 開いても 恋しお方に 逢うまでは 花のロマンス 長崎 長崎 長崎 夢の町  鐘がなるなる 恋の町 広い屋敷に たゞ一つ 君が形見の アメリカ人形 碧い瞳の なつかしさ 蝶々さん 蝶々さん 長いまつげも うっとりと 今日もあなたの 夢を見る 花のロマンス 長崎 長崎 長崎 恋の町
べらんめえ芸者美空ひばり美空ひばり西條八十米山正夫客だ客だと 笑わせやがら 玉代返せば ポチポチだ 手前勝手に 酔わせておいて トラになったが なぜ悪い ササ なぜ悪い  生きた歌舞伎を ぜひ演(や)りたさに 堅気の娘が 左褄 金じゃなびかぬ 芸者の意気地 見せてあげよか 目の薬 ササ 目の薬  通る湯島に 鳥居はあれど 小粋なお蔦は もう居無い やけでガブ呑み べらんめえ芸者 泣いておくれよ お月さん ササ お月さん
云わぬが花美空ひばり・花房錦一美空ひばり・花房錦一米山正夫米山正夫お前はホイ 姐ごはホイ 意地っ張りだよ ホーイホイ 顔に出ました お疲れさんと おっとそういう その顔の 情けなさ 情けなさ 云わぬが花 云わぬが花 峠三里は 花 花 花駕篭峠は 唄で越す唄で越す  いつでもホイ なんでもホイ 憎い奴だよ ホーイホイ 抜けば玉散る 氷の刃 そうは問屋が おろさない その腕じゃ その腕じゃ 云わぬが花 云わぬが花 峠三里は 花 花 花駕篭峠は 花盛り花盛り  それでもホイ 二人はホイ 喧嘩仲間よ ホーイホイ 勝負度胸は 女にゃ惜しい ちょっとお待ちよ 振袖が 似合います 似合います 云わぬが花 云わぬが花 峠三里は 花 花 花駕篭峠は 日本晴れ日本晴れ
着流し小唄渥美清渥美清星野哲郎米山正夫松尾健司一日一度は仲見世を 雪駄鳴らして 歩くのが 生き甲斐なのさ あいつには 昔流行った 六区の唄を 肩をゆすって 口ずさむ 着流し姿が いかすじゃないか  恋はやさしい ボッカチオ ベアトリ姐ちゃん トチチリチン エノケンロッパ 田谷力三 どうせ親父の うけ売りだろが やつが唄えば なんとなく 三文オペラの 匂いがするぜ  観音さまの 鳩ぽっぽ 言問橋の 都鳥 幼なじみさ あいつには 下にやさしく 上にはつよい 男臭くて 義理堅い べらんめことばが うれしいじゃないか
津軽のふるさと天童よしみ天童よしみ米山正夫米山正夫りんごの ふるさとは 北国の果て うらうらと 山肌に 抱かれて 夢を見た あの頃の 想い出 ああ 今いずこに りんごの ふるさとは 北国の果て  りんごの ふるさとは 雪国の果て 晴れた日は 晴れた日は 船がゆく 日本海 海のいろは 碧く ああ 夢は遠く りんごの ふるさとは 雪国の果て  ああ 津軽の海よ 山よ いつの日も なつかし 津軽のふるさと
会う美空ひばり美空ひばりそでさきしゅう米山正夫会う ということは なんて ふしぎな こと あなたに 会えた たゞ それだけで わたしは とても しあわせなのよ 広い この空の下 限りない 人と人 会えなきゃ それでおしまい すれちがえば それきりなのに それが会えたんだもん 思えば ふしぎよ あなたと わたし わたしと あなた  会う ということは なんて ふしぎな こと あなたを 知った たゞ そのことが わたしには まだ 信じられない 広い この空の下 あてもなく 求めあう 会えなきゃ 赤の他人よ すれちがえば 顔も知らない それが会えたんだもん 思えば しあわせ あなたと わたし わたしと あなた
寅さん音頭渥美清渥美清星野哲郎米山正夫花は花は花は 散るものさ 恋も恋も恋も 散るものさ 散って流れて 利根川の 水にいつかは 消えるもの そうだよナ そうだよナ それを云ったら おしまいよ さくらちゃん……  夢は夢は夢は 破れても 馬は馬は馬は 来なくても どうせ日本 株式会社 税金はらえば 株主だ そうだよナ そうだよナ それを云ったら おしまいよ さくらちゃん……  えらいえらいえらい 先生も どじなどじなどじな わたくしも 風呂に入るときゃ フリ…で 西瓜喰うときゃ 口あける そうだよナ そうだよナ それを云ったら おしまいよ さくらちゃん……  だれがだれがだれが 笑っても ゆこうゆこうゆこう マイペース 人の一生 ゴムの紐 使いすぎると すぐ伸びる そうだよナ そうだよナ それを云ったら おしまいよ さくらちゃん……  ソーレ もう一丁  バラはバラはバラは バラなのだ 菊は菊は菊は 菊なのだ どんな肥やしを使っても カボチャにゃカボチャの 花が咲く そうだよナ そうだよナ それを云ったら おしまいよ さくらちゃん……  おい 相変わらず馬鹿か
すかんぽの唄渥美清渥美清星野哲郎米山正夫ちぎるとスポンと音がして 青い匂いが手に残る すかんぽ摘めばおもいで帰る 胸の痛みに気がついた あれは俺らのあれは俺らの十九の春さ  利根川提に腰かけて 水に小石を投げたころ すかんぽ摘めば浮かんでくるよ 幼なじみの由美ちゃんが 嫁にゆく日の嫁にゆく日の花嫁姿  由美ちゃんおぼえているかい いつも二人きりで待ち合わせてさ 春の小川を歌ったあの河原道のこと いつか由美ちゃんが急に 「あたしおしっこしたくなっちゃった」 って言ってさ「清ちゃんあそこでみはってて」 なんて俺言われて 俺どっちむいていいかわかんなくてさ いっしょうけんめい目をそむけてさ…… すかんぽの芽ばっかりちぎっていたっけ 見上げた空には白いちぎれ雲がぽっかり 浮かんでてまだまだ水のきれいな 故郷だったんだよね  ちぎるとスポンと音がする それが俺らの恋だった すかんぽ摘めば瞼がぬれる もっといい娘がいるんだと いつも自分をいつも自分を慰めたっけ 
おんな町美川憲一美川憲一西沢爽米山正夫愛のさだめのはかなさを 知って いながら愛されて 花が花が散るよに 別れたけれど 私の涙は あなたのものよ あなたが泣かす おんな町  逢ったあの夜の ことでさえ 夢の 影絵の 影法師 今日も今日もあなたの くちずけほしい 私はいまでも あなたのものよ あなたに燃える おんな町  遠い女と あなたには 言われたくない いつまでも 思い思いつづけて 生きてる限り 私の命は あなたのものよ あなたにあげた おんな町
おんなの朝GOLD LYLIC美川憲一GOLD LYLIC美川憲一西沢爽米山正夫朝が来たのね さよならね 街へ出たなら べつべつね ゆうべあんなに 燃えながら 今朝は知らない 顔をして ああ あなたは別れて 別れて しまうのね   朝が来たのね さよならね そんなはかない 仲なのね こんどいつ逢う あてもなく 冷えた紅茶を ひとり飲む ああ さみしい私に 私に もどるのね  朝が来たのね さよならね 思いだしたら 誘ってね 憎いあなたに 泣きながら 夢の名残りを 抱いてゆく ああ 女の涙を 涙を わかってね 涙を わかってね
車屋さん伍代夏子伍代夏子米山正夫米山正夫ちょいとお待ちよ 車屋さん お前見込んで たのみがござんす この手紙 内緒(ないしょ)で渡して内緒で返事が 内緒で来るよに出来ゃせんかいな エー 相手の名前は聞くだけ 野暮(やぼ)よ 唄の文句にあるじゃないか 人の恋路を邪魔する奴は 窓の月さえ 憎らしい エー 車屋さん  それでどうしたの 車屋さん お前さっぱり お役に立たない お人柄(ひとがら) 内緒(ないしょ)で渡して内緒の返事が 内緒で来たのに何処(どこ)へやったのさ エー 忘れて来るとは そりゃあんまりよ 唄の文句にあるじゃないか あてにならない お人は馬鹿よ あてにする人 もっと馬鹿 エー 車屋さん
リンゴ追分天童よしみ天童よしみ小沢不二夫米山正夫リンゴの花びらが 風に散ったよな 月夜に月夜に そっと エエ…… つがる娘は ないたとさ つらい別れを ないたとさ リンゴの花びらが 風に散ったよな ああ……  「お岩木山のてっぺんを綿みてえな白い雲がポッカリポッカリ ながれてゆき、桃の花が咲き、さくらが咲きそいから早咲きの リンゴの花ッコが咲くころはおらだちのいちばんたのしい季節だなや。 だどもじっぱり無情の雨こさふって白い花びらを散らすころ、おら、 あのころ東京さで死んだお母ちゃんのことを思い出して、おら、おら……」  つがる娘は ないたとさ つらい別れを ないたとさ リンゴの花びらが 風に散ったよな ああ……
関東春雨傘GOLD LYLIC美空ひばりGOLD LYLIC美空ひばり米山正夫米山正夫関東一円 雨降るときは さして行こうよ 蛇の目傘 どうせこっちは ぶん流し エー エー… エー 抜けるもんなら 抜いてみな 斬れるもんなら 斬ってみな さあ さあ さあさあさあさあ あとにゃ引かない 女伊達(だて)  花が散ります 桜の花が 太く短い 命なら 派手に行こうよ この啖呵(たんか) エー エー… エー 抜けるもんなら 抜いてみな 斬れるもんなら 斬ってみな さあ さあ さあさあさあさあ こわいものなし 女伊達  女だてらに朱鞘(しゅざや)を差して 罪でござんす ご時世が やくざ渡世の 身の辛さ エー エー… エー 抜けるもんなら 抜いてみな 斬れるもんなら 斬ってみな さあ さあ さあさあさあさあ 恋も知らない 女伊達
やくざ若衆祭り唄美空ひばり美空ひばり米山正夫米山正夫これはお楽しみ 江戸は神田の 若い衆 喧嘩買おうか 目にもの見せようか 祭りなら着ておいで 派手な元禄 大たもと アー レー サー 花が散るような 神田明神 スチャラカチャン チャンチキおかめの 笛太鼓 花にもまれて エー 山車が行く それ ワッショイワッショイ  チョイト 待ちなせえ そこのいなせな 若い衆 腕が見たけりゃ ずんと 抜いて見せようか みこしなら 肌ぬいで 向う鉢巻 紅だすき アー レー サー 酒が降るような 神田明神 スチャラカチャン チャンチキおかめの 笛太鼓 花にもまれて エー 山車が行く それ ワッショイワッショイ
赤いトラクターGOLD LYLIC小林旭GOLD LYLIC小林旭能勢英男米山正夫風に逆らう 俺の気持を 知っているのか 赤いトラクター 燃える男の 赤いトラクター それがお前だぜ いつも仲間だぜ さあ行こう さあ行こう 地平線に立つものは 俺たち 二人じゃないか  忘れちゃったぜ 奴のことなど 甘い都会の 過ぎた日のことは 燃える男の 赤いトラクター それがお前だぜ いつも仲間だぜ さあ行こう さあ行こう この大地の ふところに さがそう 二人の花を  草の香りが 俺は好きだぜ 踏まれながらに つよく生きて行く 燃える男の 赤いトラクター それが男だぜ それが男だぜ さあ行こう さあ行こう 仕事こそは 限りない 男の いのちじゃないか  さあ行こう さあ行こう 仕事こそは 限りない 男の いのちじゃないか
花笠道中GOLD LYLIC美空ひばりGOLD LYLIC美空ひばり米山正夫米山正夫これこれ 石の地蔵さん 西へ行くのは こっちかえ だまって居ては 判らない ぽっかり浮かんだ 白い雲 何やらさみしい 旅の空 いとし殿御の こころの中(うち)は 雲におききと 言うのかえ  もしもし野田の 案山子さん 西へ行くのは こっちかえ だまって居ては 判らない 蓮華たんぽぽ 花盛り 何やら悲しい 旅の空 いとし殿御の こころの中は 風におききと 言うのかえ  さてさて 旅は遠いもの 田舎の道は つづくもの そこでしばらく 立ち止まる 流れて消える 白い雲 やがて蓮華も 散るだろう いとし殿御と 花笠道中 せめて寄り添う 道の端
車屋さんGOLD LYLIC美空ひばりGOLD LYLIC美空ひばり米山正夫米山正夫ちょいとお待ちよ 車屋さん お前見込んで たのみがござんす この手紙 内緒で渡して 内緒で返事が 内緒で来るように 出来ゃせんかいな エー 相手の名前は 聞くだけ野暮よ 唄の文句に あるじゃないか  人の恋路を 邪魔する奴は 窓の月さえ 憎らしい エー 車屋さん  それでどうしたの 車屋さん お前さっぱり お役に立たない お人柄 内緒で渡して 内緒の返事が 内緒で来たのに 何処へやったのさ エー 忘れて来るとは そりゃあんまりよ 唄の文句に あるじゃないか  あてにならない お人は馬鹿よ あてにする人 もっと馬鹿 エー 車屋さん
津軽のふるさとGOLD LYLIC美空ひばりGOLD LYLIC美空ひばり米山正夫米山正夫りんごのふるさとは 北国の果て うらうらと 山肌に 抱(いだ)かれて 夢を見た あの頃の想い出 あゝ 今いずこに りんごのふるさとは 北国の果て  りんごのふるさとは 雪国の果て 晴れた日は 晴れた日は 船がゆく 日本海 海のいろは 碧く あゝ 夢は遠く りんごのふるさとは 雪国の果て あゝ津軽の海よ山よ いつの日もなつかし 津軽のふるさと
リンゴ追分PLATINA LYLIC美空ひばりPLATINA LYLIC美空ひばり小沢不二夫米山正夫リンゴの花びらが 風に散ったよな 月夜に月夜に そっと え――― つがる娘は ないたとさ つらい別れを ないたとさ リンゴの花びらが 風に散ったよな あ―――  お岩木山のてっぺんを 綿みてえな白い雲が ポッカリポッカリながれてゆき 桃の花が咲き さくらが咲き そっから早咲きの、リンゴの花ッコが咲くころは おらだちのいちばんたのしい季節だなや― だども じっぱり無情の雨こさふって 白い花びらを散らすころ おら あのころ東京さで死んだ お母ちゃんのことを思い出して おら おら……  津軽娘は 泣いたとさ つらい別れを 泣いたとさ リンゴの花びらが 風に散ったよな あ―――
南の薔薇近江俊郎近江俊郎野村俊夫米山正夫大西修南のばらそよ風に ほほえむ君の姿 胸に抱き口づける 花よばらの花 美わしの月の宵 ともに盃あげ 君よ歌え 恋の歌を なやましこの胸 燃えたつ恋 南の国スペインの 君はやさしのばら  南のばらあこがれの 君こそ花の女王 夢の間も忘られぬ 花よばらの花 美わしの月の宵 ともに盃あげ 君よ歌え 恋の歌を なやましこの胸 燃えたつ恋 南の国スペインの 君はやさしのばら
湯の町物語近江俊郎近江俊郎野村俊夫米山正夫大西修一つ流れる あの星は 想い出す夜の 夢のかげ 泣くまいと 泣くまいと 涙かくした 宵の窓 またも泣かせる 流し唄  いく度たよりを 書いたとて こころ届かぬ 片だより 思うまい 思うまい 旅のお方は うす情 どうせ一夜の 湯のけむり  花と咲いても 湯の花の 運命かなしい 浮き沈み あきらめて あきらめて 生きるせつなさ やるせなさ 誰にあかそう この恋を
山小舎の灯GOLD LYLIC近江俊郎GOLD LYLIC近江俊郎米山正夫米山正夫黄昏の 灯は ほのかに点りて 懐しき山小舎は 麓の小径よ 想い出の窓に凭り 君を偲べば 風は過ぎし日の 歌をば囁くよ  昏れゆくは白馬か 穂高は茜よ 樺の木のほの白き 影も薄れゆく 寂しさに君呼べど 我が声空しく 遥か谷間より 谺はかえり来る  山小舎の 灯は 今宵も点りて 独り聞くせせらぎも 静かに更けゆく 憧れは若き日の 夢をのせて 夕べ星のごと み空に群れとぶよ
おんなの朝美空ひばり美空ひばり西沢爽米山正夫朝が来たのね さよならね 街へ出たなら べつべつね ゆうべあんなに 燃えながら 今朝は知らない 顔をして ああ あなたは 別れて 別れて しまうのね  朝が来たのね さよならね そんなはかない 仲なのね こんどいつ逢う あてもなく 冷えた紅茶を ひとり飲む ああ さみしい 私に 私に もどるのね  朝が来たのね さよならね 思いだしたら 誘ってね 憎いあなたに 泣きながら 夢の名残りを 抱いてゆく ああ 女の涙を 涙を わかってね 涙を わかってね
森の水車芹洋子芹洋子清水みのる米山正夫緑の森の彼方から 陽気な唄が聞こえましょう あれは水車の廻る音 耳を澄ましておききなさい コトコトコットン コトコトコットン ファミレド シドレミファ コトコトコットン コトコトコットン 仕事に励みましょう コトコトコットン コトコトコットン 何時(いつ)の日か 楽しい春がやって来る  雨の降る日も風の夜も 森の水車は休みなく 粉挽き臼の拍子取り 愉快に唄をつづけます コトコトコットン コトコトコットン ファミレド シドレミファ コトコトコットン コトコトコットン 仕事に励みましょう コトコトコットン コトコトコットン 何時(いつ)の日か 楽しい春がやって来る  もしもあなたが怠けたり 遊んでいたくなったとき 森の水車のうた声を 独り静かにおききなさい コトコトコットン コトコトコットン ファミレド シドレミファ コトコトコットン コトコトコットン 仕事に励みましょう コトコトコットン コトコトコットン 何時(いつ)の日か 楽しい春がやって来る
花はおそかったGOLD LYLIC美樹克彦GOLD LYLIC美樹克彦星野哲郎米山正夫(セリフ) こんな悲しい窓の中を 雲は知らないんだ どんなに空が晴れたって それが何になるんだ 大嫌いだ 白い雲なんて!  かおるちゃん おそくなって ごめんね かおるちゃん おそくなって ごめんね 花をさがして いたんだよ 君が好きだった クロッカスの花を 僕はさがして いたんだよ かおるちゃん おそくなって ごめんね かおるちゃん おそくなって ごめんね 君の好きな 花は 花は 花は おそかった  かおるちゃん 君の白い その手に かおるちゃん 君の白い その手に 花を抱かせて あげようね 君と夢にみた クロッカスの想い出 花を抱かせて あげようね かおるちゃん おそくなって ごめんね かおるちゃん おそくなって ごめんね 君の好きな 花は 花は 花は おそかった  (セリフ) 信じるもんか! 君がもういないなんて… 僕の命を返してくれ 返してくれよ!  君の好きな 花は 花は 花は おそかった バカヤロー!
浮かれ駕籠高田浩吉高田浩吉米山正夫米山正夫権三と助十 名コンビ お江戸は今日も よい天気 八丁堀を ふりだしに ああ ホイキタホイキタ ホイホイホイ ホイキタ助十 合点権三 いそげよいそげよ えっさっさ おかごはゆきます 日本橋 ちょいと乗せたい 糸屋の娘 のせて話が エー してみたい ホイキタホイキタ ホイホイホイ  権三と助十 名コンビ どうやら客は 思案顔 海老蔵ごのみの よい男 ああ ホイキタホイキタ ホイホイホイ ホイキタ助十 合点権三 おいらはかごかき えっさっさ なぜか気になる 垂れのなか 長い手紙が ひらひらひらと 久松さんじゃ エー ないかいな ホイキタホイキタ ホイホイホイ  権三と助十 名コンビ こんどのお客は お関取り 行き先ゃ 両国回向院(えこういん) ああ ホイキタホイキタ ホイホイホイ ホイキタ助十 合点権三 おもいぞおもいぞ えっさっさ 酒手をたんまり たのみます 今日の相手を 笑顔でなげて 乗っておくれよ エー もどり駕籠 ホイキタホイキタ ホイホイホイ
ロカビリー芸者美空ひばり美空ひばり西條八十米山正夫米山正夫島田のかつらに 長襦袢 さらりと脱いで スラックス ヘイ カムオン ヤングゲイシャは オートバイ ハンサムボーイと 相乗りで おっと おっと 恋の細道 あぶないよ  ビートビートの 合の手で われらのデートは 真昼間 ヘイ カムオン 好きな彼氏と 腕組んで お蔦主税は バカだわねえ おっと おっと 恋の細道 あぶないよ  アプレのゲイシャも 恋は恋 逢いたい見たいは おなじこと ヘイ カムオン ひとり占う トランプの 赤いハートに涙ぐむ おっと おっと 恋の細道 あぶないよ
祭り花笠喧嘩旅美空ひばり美空ひばり西沢爽米山正夫福田正祭り花笠 牡丹の花が 散って散ってみてえと 泣いてらあ 喧嘩売るなら すっぱり買うぜ おおさ お聞きよ 囃す太鼓も なだれ打ち  花車(だし)は通すが 通せぬものは 堅気堅気泣かせの 横車 風をくらって とっとと失(う)せろ おおさ 祭りにゃ 野暮なやくざの 用はない  ちょうどお江戸も 祭りの頃か あだなあだな手古舞 恋しいぜ 背(せな)の花笠 修羅場に投げりゃ おおさ 血のよな 雲が飛ぶとぶ 旅の空
明日がござる水前寺清子水前寺清子平岩弓枝米山正夫どうして そんなに 急ぐのさ どうして そんなに 悩むのさ どんなにちいさい草だって いつかは きっと花が咲く さあ威勢よく 歌おうぜ あなたのために 明日がござる  どうして そんなに あせるのさ どうして そんなに 嘆くのさ 極楽とんぼの君だって いつかは きっと風に乗る さあ威勢よく 歌おうぜ 私のために 明日がござる  どうして そんなに 怒るのさ どうして そんなに ひがむのさ 世渡り下手の 舟だって いつかは きっと海に出る さあ威勢よく 歌おうぜ みんなのために 明日がござる
白いヨットの想い出西郷輝彦西郷輝彦米山正夫米山正夫去年の夏の たそがれに ふと知り合った 面影よ ああ 君よ 白いヨットの君よ 忘れられない つぶらな瞳 マストの陰で マストの陰で いつか抱いてた 肩と肩  緑の海も 太陽も みんな 二人のものだった ああ 君よ 白いヨットの君よ 君とうたった 若き日の歌 南の風は 南の風は つよく 帆綱をきしませて  波のうねりに 消えた夢 しぶきとなって 散った夢 ああ 君よ 白いヨットの君よ どこに居るのか ばら色の頬 今年も夏が 今年も夏が 来たと云うのに 燃えるのに
全1ページ中 1ページを表示

リアルタイムランキング

  1. Bling-Bang-Bang-Born
  2. ライラック
  3. Masterplan
  4. さよーならまたいつか!
  5. 366日

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照

注目度ランキング

  1. Masterplan
  2. 相思相愛
  3. Penalty
  4. 笑い話
  5. カリスマジャンボリー

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照

×