三日月のバロック

この曲の表示回数 5,735
歌手:

西郷輝彦


作詞:

関沢新一


作曲:

米山正夫


どうしてあんなことを 言ったのだろう
三日月を見ていると とてもたまらない

愛し合ってた 二人なのに
ひどいこと 言っちゃった
愛してなんか いないって…。
どうしてあんなことを言ったのだろう
三日月のトゲが こころにいたい

わかっておくれよ あの夜は嘘さ
三日月のひかりが とても冷たくて
こころにもない 愛の終り
今いちど よみがえれ
一人じゃ死んで しまいそう
わかっておくれよ あの夜は嘘さ
三日月のトゲが かなしくうづく

愛し合ってた 二人なのに
ひどいこと 言っちゃった
愛してなんか いないって…。
どうしてあんなことを言ったのだろう
三日月のトゲが こころにいたい
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:三日月のバロック 歌手:西郷輝彦

西郷輝彦の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2004-08-25
商品番号:CRCN-20307
日本クラウン

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP