試聴する

山小舎の灯

この曲の表示回数 45,302
歌手:

近江俊郎


作詞:

米山正夫


作曲:

米山正夫


黄昏の 灯は ほのかに点りて
懐しき山小舎は 麓の小径よ
想い出の窓に凭り 君を偲べば
風は過ぎし日の 歌をば囁くよ

昏れゆくは白馬か 穂高は茜よ
樺の木のほの白き 影も薄れゆく
寂しさに君呼べど 我が声空しく
遥か谷間より 谺はかえり来る

山小舎の 灯は 今宵も点りて
独り聞くせせらぎも 静かに更けゆく
憧れは若き日の 夢をのせて
夕べ星のごと み空に群れとぶよ
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:山小舎の灯 歌手:近江俊郎

近江俊郎の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1994-01-21
商品番号:COCA-11421
日本コロムビア

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP