試聴する

おんなの一生

この曲の表示回数 11,145
歌手:

島倉千代子


作詞:

阿久悠


作曲:

弦哲也


女に生まれ 女で生きて
このまま女で死ねたらいいと
鏡の中の自分と話す
乾いたくちびる紅で染めて
この身を焦がして
あなたを焼いて
悔いないいのちを感じてみたい
わたしが選んだ生き方は
散る咲くのもわたしのものよ

抱かれて夢を見るのもいいし
誰かと一緒に堕ちるもいいし
季節が変る日ぐれに思う
小指をカリッと強く噛んで
波打つ胸には
真赤なアザが
心のときめきしるして燃える
わたしが見つけた愛の日々
泣くも笑うもわたしのものよ

女の一生
色づく春を
何度も何度もくり返すのね
わたしが手にするしあわせは
夢もうつつもわたしのものよ
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:おんなの一生 歌手:島倉千代子

島倉千代子の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1999-06-19
商品番号:COCP-30435
日本コロムビア

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP