試聴する

くちべに挽歌

この曲の表示回数 9,495
歌手:

島倉千代子


作詞:

石本美由起


作曲:

浜圭介


いのちのかぎり 咲いたとて
さだめに散らす 花もある
そっと着物の 襟に吹く
夏の終わりの 別れの風に
秋が淋しい おんな町

添えないならば 死にたいと
怨んで泣いた 夜もある
爪のさきまで 燃えながら
愛を重ねた 夢から覚めて
口紅がせつない わかれ町

一途な恋を 失くしたら
心の中に 冬がくる
人の噂の 裏通り
古い女と 指さされても
思い切れない みれん町
icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:くちべに挽歌 歌手:島倉千代子

島倉千代子の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2009-10-21
商品番号:COCP-35834
日本コロムビア

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP