ためらいの秋

この曲の表示回数 3,839

秋は恋の 影の部分が
少し浮き立ち しのび寄る季節
長く伸びた 木立の影に
記憶いくつも ひとり歩きする
いとしいけど 過ぎたことだと
言い聞かせて 陽ざしを選ぶ
自由という名の さよならを
私いつも 投げかけてきた
自由を貫くため いくつ
未練悔いなく 風に散らしたか

青い炎 時にざわめく
悪い季節ね 秋はいつだって
枯れ葉の中 思い出も舞う
ため息さえ 気づかず深く
愛したひとの 面影さえ
急に襲い 立ち止まるけど
愛した 日々の重なりなら
今も心を 揺るがせてくけど

自由という名の さよならを
いつも選んだ 私 悔いはない
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:ためらいの秋 歌手:島倉千代子

島倉千代子の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1995-12-29
商品番号:COCA-13008
日本コロムビア

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP